ネコじかけのBlog

うちの猫(シマ)とフィギュア、外猫の記録。
VOCALOID関連の話題、展示会のレポート。

タグ:neutral_production

ブログネタ
ギャラリー散策 に参加中!
2012070501行ってきたで。
 心に残る作品を求めて・・・。

neutral production「レゾン・デートル」 ギャラリートーク&レセプション
 2013.10.5
 15:00-16:00
 ギャラリーあしやシューレ
 兵庫県芦屋市親王塚町3-11

 展示会レポート:■neutral production「レゾン・デートル」(2013.9.22)

 トーク:笹岡敬(特定非営利活動法人CAS運営委員長)× neutral production

<過去の作品について。>
2004
 映像を宙に浮かせるアイデア
2006
 スクリーンにスピーカーを付けてスクリーンを揺らす。
 映像を立体に見せる。
 揺れ幅が少ない。
2007
 電磁石を使ってスクリーンを揺らす。
 うるさい。
2007
 容器に水を少し貯めて、下からスピーカーで振動させる。
 水面に光を当てて壁に反射した光を見る。
 光の帯が溶けていくような。
2012
 蓄光塗料を塗った粒に光を当て、光を発した状態で下からスピーカーで重低音を発すると粒がだんだんばらけてくる。

 スクリーンより水や粉のようなものに映したい。

 映す内容に意味をなくしたい。
 投影方法に視点。

 作家の存在感を消したい。

 完全なテクノロジーにしてしまわない、アナログを残したい。
 ブラックボックス化させたくない。
 見ればどうなっているかが鑑賞者がわかる。

<今回の展示作品について。>
 中央の作品と四隅のパイプの作品。
 粒の運動の物理的制限。

 粒を吹き上げる方法としてスピーカーの振動を利用していたが、限界がある。
 ファンの風を使うように。

 neutral production「レゾン・デートル」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ブログネタ
ギャラリー散策 に参加中!
2012070501行ってきたで。
 心に残る作品を求めて・・・。

neutral production「レゾン・デートル」
 2013.9.18-2013.10.6 月火休(9/23、24開廊)
 12:00-18:00
 10:00-15:00 最終日
 ギャラリーあしやシューレ
 兵庫県芦屋市親王塚町3-11

 以前、CASで作品を見た時(■neutral production展@CAS に行ってきました。)の何とも言えない好奇心と落ち着きを味わいたいがために見に来た。

 暗闇の中、無数の直径1mm程の発泡ビーズが下からの送風装置の風に吹き上げられる。
 吹き上げられたビーズにスポット照明の光が照らされ、数パターンの光のスリットやスポット照射によって、様々な形が闇の中に浮かび上がる。

 今回の展示は一つの大きなメイン装置とその四隅に透明なパイプ。
 そのパイプの中にもビーズが封入されていて、送風装置で吹き上がる。
 そして全てコンピュータ制御されている。

 発泡ビーズの集合体を光のスリットで切断し、断面を見せるところが見ていて何ともワクワクする。
 光のスリットが交差するときの切断面の動きが興味深い。
 こういうところにワクワクするのは掴みようもない集合体を平面に切り分けるところを見ることができることが自分的にツボなんだと思う。

 そして、今回の透明パイプの中のビーズの動きも面白い。
 吹き上がったビーズ、風を受けて勢い良く上がるものもあれば、失速して落ちていくものもある。
 そして光のあて方を変えることで、動くビーズの残像が線になって目に残る。
 そして、風がなくなるとビーズが落ちていく。そして消灯。
 パイプの中のビーズの挙動についてはどうなのかなとあまり期待もしていなかったのだが、何とも面白い挙動を見せてくれた。

 そして、ひと通り観察を終えると、後は何も考えずぼんやり眺めてみる。
 送風装置の風を送る音、光の点滅、闇に浮かび上がりふわふわ飛び舞う白い粒。
 この暗闇のせいもあるのだろうか、とても心が落ち着く。

 今回も見に来てよかった。

 10月5日(土)に作家さんとCASの笹岡さんのギャラリートークがある。
 面白い話が聞けそうだ。

 neutral production「レゾン・デートル」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ブログネタ
ギャラリー散策 に参加中!
絵画鑑賞。シマ
 魅力的な作品はどこにある?

neutral production展
 2012.6.16-2012.7.7 水木休
 14:00-19:00
 CAS
 大阪市浪速区元町1-2-25 A.I.R.1963 3F

 暗闇の中、発泡スチロールの小さい粒を空気で吹き上げ、それをライトで照らして粒の挙動を見ることができる展示。

 定期的に吹き上がる発泡スチロールの粒、それを照らす光線によって見える形が変わってくる。
 全体を照らすライトの時は、粒が噴水のように見える。
 スリットのように薄いライトがスライドする時は、粒の集合体の断面を見ることができる。
 そして、スリットを十字形にした時には粒の平面が十字に交わっているのが見える。

 これは3次元空間の平面を視覚化するものとして応用できそうだ。

 浮遊する粒を見ていると、結構高いところまで上がっているものもあったことが意外だった。

 そんな物理的なことはさておいても、光に照らされた粒の集合体は見ているだけできれいで、何だか心が安らぐ感じ。
 吹き上がった上の方の粒はまるでホタルのようにフワフワ舞うのも面白い。

 この発泡スチロールの小さい粒を見ていると、昔、兵庫県立美術館での体験型展示を思い出した。
 発泡スチロールの小さい粒が敷き詰められたエリアに作品が埋まってるもの。
 あれは面白かった。(2005.7.22 ■2005年度コレクション展供兵庫県立美術館 に行ってきました。

 neutral production展
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ