ネコじかけのBlog

うちの猫(シマ)とフィギュア、外猫の記録。
VOCALOID関連の話題、展示会のレポート。

タグ:galleryMain

ブログネタ
ギャラリー散策 に参加中!
行ってきたで。
 心に残る作品を求めて・・・。

<<もじゅうりょくツアー>展>
 2012.12.15-2013.1.14 12.27-28休
 12:00-19:00
 ホテルアンテルーム京都GALLERY9.5
 京都市南区東九条明田町7

 天井からぶら下がったワイヤー、その背後の白い壁に描かれた線画、ワイヤーはスポットライトで壁に影が映る。

 これは何かと見ていると、何やら家に関する熟語が。
 玄関、居間、…
 別の壁にはプレートがモビールのようにぶら下がっていて、美術に関連する熟語が。
 絵画、写真、…

 スケボーのボードに彫った言葉、黒板にデザインされた言葉。

 様々な手法で文字を表現しているのが面白い。

<「梅猫」写真展in梅小路公園2012〜公園で暮す猫達の新しいかたち「梅猫」〜>
 2012.12.23-2012.12.24
 9:00-19:00
 梅小路公園緑の館1Fイベント室
 京都市下京区観喜寺町56-3

 京都の梅小路公園で、野良猫の保護活動をしている京都どうぶつあいごの会か主催の猫写真展。
 今までと違って公園内の施設で開催。

 梅小路公園の「梅猫」の写真が壁に掲示され、雑貨なども展示販売されている。

 猫達の姿、表情は可愛らしく、時にはかっこよく。
 世話をされているので、人に見せる表情は柔らかく、外猫としての引き締まった表情もあり、家猫と外猫の中間のような感じを受ける。

 ここの猫達は私もよくモデルになってもらっているし、今日も撮った。

 ここの猫達を守るために尽力されている京都どうぶつあいごの会の方々には頭が下がる。

<視覚障がい者に向けたデザイン Tactile>
 2012.12.12-2012.12.24 月休(12.24開館)
 11:00-19:00 入館18:45まで
 京都市立芸術大学ギャラリー@KCUA
 京都市中京区油小路御池押油小路町238-1

 視覚障害者にも内容がわかるように作られた本や知育遊具など。

 視覚障害者はすべての作品をさわることができるらしいが、晴眼者は一部の作品はさわれるものの、その他はさわれない。
 作品の管理の問題だろうけど、さわれないのは残念。

 さわることのできる作品をさわって、どんな感じかを試すことができた。
 うまいこと作られているなと感じる反面、目をつぶってさわっていると、これはどう開くのかがわからなくなる冊子など、利用者目線になっているのかわからない作品もあった。

 実際に視覚障害者の方に試してもらっているのだろうか。

 私的には、厚紙を折りたためば立体になるものや、展開図から立体を作り出す本が気になった。

<山口典子個展「Nu doll – Stop Motion Animation – 」>
 2012.12.12-2012.12.24 月休(12.24開館)
 11:00-19:00 入館18:45まで
 京都市立芸術大学ギャラリー@KCUA
 京都市中京区油小路御池押油小路町238-1

 DMを見た時から何やらわからん空気が流れていた。
 麺に覆われているマネキン。これがどないやねんと言うのは仕方がない。

 作品はコマ送りアニメで、麺の小さな束があたかもアメーバのようにマネキンの体の周りを這い回り、マネキンを覆って行く。

 タイトルは「Nu doll」と麺のヌードルとマネキンの姿であるヌード、そしてマネキン自身のdollと、うまいこと考えられてると思う。
 中身がシュールで、どうもついていけてない。

<鍋田政宏写真展「away from barren star」>
 2012.12.21-2012.12.30 火水休
 14:00-20:00 平日 13:00-20:00 土日祝
 galleryMain
 京都市下京区寺町通り松原下ル植松町731-1 小林ビル2F/3F

 電灯一つの薄暗い部屋に、赤錆の色の紙が並ぶ。
 写っているものは白い影。
 形で何かはわかる。

 説明には遠いところの血生臭いこともネットによって自分の知るところとなることについて考えているようなことが書かれている。
 説明を見てしまうと、この赤錆も血の色に見えてしまうが、説明がなければどうだろう。

 人が横になっていたりするものの、周りには花があり、夢の世界のようにも見える。

 一つ、面白い作品を見つけた。
横たわる人、その横には座って片手を挙げている。その手には長い紐のついた楕円形の物をつかんでいるように見える。
 この楕円形の物はマウスに見える。
 この座っている人はネットで遠くの凄惨なことを知ってしまった作者本人かも知れない。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ブログネタ
ギャラリー散策 に参加中!
絵画鑑賞。シマ
 魅力的な作品はどこにある?

 今日は京都。人がぎょうさんいたのは祇園祭の影響。

<田垣千夜子写真展「0℃」>
 2012.7.13-2012.7.18
 12:00-22:00 最終日17:00まで
 gallery near gallery"S"
 京都市左京区田中里ノ前町34-2
 珠光ビル百万遍B1F cafe dining near 店内

 氷のマクロ近接撮影。
 氷の中の泡の形が冷凍状態の違いによって変わるということがわかって面白い。

 ポートフォリオを見て、以前この人の写真を見たことがあると確信した。
 その写真は小さい数字が数多く書かれている紙の写真。
 確か円周率表だったような。
 探したらあった(■ギャラリー散策20100618。 トイカメラ写真月間2010 トイカメラバトルロワイヤル@ギャラリー・アビィ)。
 くるみボタンを何気に購入していた。

<三角関係-Triangle point->
 2012.7.6-2012.7.18 木休
 12:00-22:00 最終日17:00まで
 gallery near gallery"L"
 京都市左京区田中里ノ前町34-2
 珠光ビル百万遍B1F cafe dining near 店内

 三角関係と聞いて、男女関係とか思う人が多いかも知れないが、私はなぜか三角形を頭に思い浮かべていた。
 それで、幾何学的な作品があるかなと思っていた。
 たしかにそれっぽいのはあったけど、ちょっと私の思っていたのとは違っていたので、そういう意味では裏切られた感じ。

 色のパターンで3を表現してみたりしている作品やトリオという概念を出している作品など、私の考えはやっぱり底が浅いもんだと思わされる。

<発散する点・足盍家展>
 2012.7.3-2012.7.15 月休
 11:00-19:00 最終日18:00まで
 Gallery PARC
 京都市中京区三条通御幸町弁慶石町48 三条ありもとビル[カフェ クラッセ]2F

 人毛を用いた作品。
 人毛を用いた作品と言えば私は高橋涼子さん(IN / OUT(2010)−MIND CONTROL−(2012)@Studio J)を思い浮かべるが、今回の足高寛美さんの作品は主にかぎ針で編んでいる作品と言うことで少し違うアプローチか。
 人毛のような硬く、反発性のある質感のものを編み込むのは後で反発して、毛羽が立ってしまったりするのだが、その状態が髪の毛であることを主張している。
 丁寧に編み込まれた人毛は美しいのだけれども、やはりどこかおどろおどろしいものを感じてしまう。

 材質としては細いワイヤーに近いのかも知れない。
 細いワイヤーを編みこんで作品を作っている濱田菜々さんを思い出した。
■ギャラリー散策20120303。 Duality@GALLERY 301due)

<宙〜ただよう思考〜>
 2012.7.14-2012.7.29
 13:00-20:00 平日 12:30-20:00 土日祝 最終日17:00まで
 art project room ART ZONE
 京都市中京区河原町三条下ル一筋目東入ル大黒町44 VOXビル1・2階

 グループ展。
 布で作られたのれん、布状のもの、撚ってひも状にしたもの、それらの先を切り取ったものをそのまま地面に落としている。
 なぜ形を変えているのが、なぜ切り取られているのか。

 オープニングパーティが始まる直前だったので、作品をそれほどじっくり見る環境ではなかった。
 次があるので、早々に外へ。
 これをラストにしておけば、パーティに潜り込めたか・・・残念。

 京都に来ることがあって、忘れていなければまた見に来よう。

<第5回協同企画公募展おんさ【写真】>
 2012.7.6-2012.7.16 水休
 12:00-20:00 最終日18:00まで
 GALLERY 9
 京都市中京区寺町通四条上ル東大文字町311-1 プリントQ2F

 大阪、兵庫、京都のギャラリーが共同で企画展を行なっている「おんさ」。
 写真部門はここGALLERY 9で開催。

 某ギャラリースタッフさんの作品がやっぱりどこかに行っている。
 実際にあちこち移動して撮影しているみたいだが、添えてある文章もどこかへ行っている感がある。それが彼のいいところ?ではあるのだけれど。
 そして、やっぱり何を訴えたいのかもあまりわからない。
 それが彼らしいところでもあるのだろうけど。

<galleryMain ポストカード展 -FINAL->
 2012.7.6-2012.7.16 水休
 14:00-20:00 平日 13:00-20:00 土日祝 最終日18:00まで
 galleryMain
 京都市下京区寺町通り松原下ル 植松町731-1 小林ビル2F/3F

 ポストカードを展示販売する展示会。

 思いの外猫写真が多くて嬉しい限りだったが、一番目を引いた作品はネコをモチーフにしたデコレーション料理を撮影したポストカード。
 この人の写真展を開催して、パーティでその料理を出すという企画なんて面白いのではなかろうか。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ブログネタ
ギャラリー散策 に参加中!
絵画鑑賞。シマ
 美術館、ギャラリー散策も面白いですよ。

<岐阜県美術館所蔵 ルドンとその周辺−夢見る世紀末展>
 2011.10.15-2011.11.13
 10:00-20:00 最終17:00まで
 閉館30分前までに入館
 美術館「えき」KYOTO
 京都市下京区烏丸通塩小路下ル東塩小路町

 「ポール・ゴビヤールの肖像」の清楚な女性の横顔にほっとする。
 でもこのような絵ばかりだったら、ルドンも有名にはならなかったかも。当たり前過ぎる。
 でも、好きやなぁ、この絵は。

 「蜘蛛」の足の数が10本なのが気になって仕方がない。

 ちょっと外したかも。

<動かない空>
 2011.10.21-2011.10.31 10/26水休
 14:00-20:00 平日
 13:00-20:00 土日祝
 最終日18:00まで
 galleryMain
 京都市下京区寺町通り松原下ル 植松町731-1 小林ビル2F/3F

 写真の位置が低い。ちょうどいい場所にはテキスト、それも文字間隔がバラバラにして読みにくくしてある。
 疲れた後に見るものではないことは確かだ。
 頭が動かなかった。

<「さび」と「さびしい」 展>
 2011.10.21-2011.10.31 10/26水休
 14:00-20:00 平日
 13:00-20:00 土日祝
 最終日18:00まで
 galleryMain
 京都市下京区寺町通り松原下ル 植松町731-1 小林ビル2F/3F

 私には何も伝わってこない。
 ここまで来てこんなことになるとは私がさびしい。

<アトリエMOCCO三人展>
 2011.10.28-2011.10.31
 11:00-19:00 最終日17:00まで
 Gallery Take two
 京都市中京区御幸町通御池上ル亀屋町399 カーサ御幸1F

 降原龍さんの絵、ツキノワグマがまるで絵から出て来るかのような立体感が目を惹く。
 藤村和佳子さんの植物の絵、葉脈の一本一本を丁寧に描き込んだ葉の存在感。
 絵の間に飾られている外川祐さんのカエルのコミカルなフィギュアが見ていて楽しくなる。

 心に伝わるものを見ると、気持ちも良くなり、元気も出て来る。

 今日思ったこと。
 色々な表現が存在するが、自分自身の中でしっくり来るものと来ないものがあるのは確か。
 素直に思ったことを大事にする。


<参加します>

公開グループ展「町猫2011」DM
町猫2011
2011.11.8-2011.11.20
11/14月休
13:00-20:00 火-金
12:00-20:00 土
12:00-18:00 日
ギャラリーマゴット
大阪市西区新町1-8-24
四ツ橋プラザビル7F
入場無料


(2016.4.14分割追記)
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ