ネコじかけのBlog

うちの猫(シマ)とフィギュア、外猫の記録。
VOCALOID関連の話題、展示会のレポート。

タグ:TANTO_TEMPO

ブログネタ
ギャラリー散策 に参加中!
行ってきたで。
 心に残る作品を求めて・・・。

<20130226 堀健展「ちいさな水たまり」>
 2013.5.17-2013.5.27 水休
 12:00-18:00
 GALLERY 301
 神戸市中央区栄町通1-1-9 東方ビル301

 DMを見て、今までの作風とは全く違うものではないかと思っていたが、その通りだった。

 水滴をイメージさせる木の彫刻とその頭に載せられたプラスチックの輪っか。
 今回のテーマは水らしい。

 壁に作られた棚に小さな作品が並べられている。
 土台に用いられている木は3種類。それぞれの木の色、風合いが異なる。
 そして、その上にはプラスチックの輪っか。
 ホースで水を飛ばして振った時に不規則に踊る軌跡を思わせる。

 ここにまで来て、不意にこれらが動き出すんじゃないかと気を緩めずに観察している自分がいた。
 しかし、今回の作品は躍動感はあったものの、動くことはない。

 今までの磁石を使った作品のミニチュアがあった。
 赤いボタンを押している間、それぞれ砂鉄の波打つ様子、カプセルがコロコロ転がる様子を見ることができる。

 これがなければ、彼の作品展とは思わなかったかも知れない。

<20130227 大橋麻里子個展「名もない街」>
 2013.5.17-2013.5.27 水休
 12:00-18:00
 GALLERY 301 due
 神戸市中央区栄町通1-1-9 東方ビル3F

 以前見た作品は「雨」をモチーフにしていて、少し物悲しくも落ち着く雰囲気だったように記憶しているが、今回は街並みをモチーフに、明るい雰囲気に仕上げている。

 街並みであることはわかるものの、特定の場所などはわからない。
 どこともわからない街をおぼろげに眺めている感じを味わえる。

<20130228 Gilbert Garcin写真展>
 2013.5.18-2013.6.30 月火祝休
 12:00-18:00
 TANTO TEMPO
 神戸市中央区栄町通2-1-3 謙昌ビル3F

 コラージュ写真の展示。
 デジタル的にコラージュしているのではなく、写真を切り取って貼り付けるなどして作られた作品と言うことだが、下手にしてしまえば陳腐なものになってしまうのだろうけど、それがまた上手く仕上げている。

 写真が示しているメッセージもとても上手く練られていて、単純に見ているだけでも面白い。

 このアイデアを生み出す作家さんの思考にも感銘を受けた。

<20130229 「Self Portrait」写真展>
 2013.5.14-2013.5.19
 12:00-19:00 最終日18:00まで
 Kobe 819 Gallery
 神戸市中央区海岸通4-3-17 清和ビル37号

 自分自身を被写体とする写真展。
 撮影法もカメラを自分の方向に向け、どこかに置いて、オートやリモコンで撮影するのもあるだろうし、レンズをこちらに向けてノーファインダーで撮ったり、鏡に映して撮ったり、様々だろう。

 自分自身が撮影者なので、人に見せないような一面も写真に収められているのだと思う。
 しかし、それを改めて人に見せるというのは一体どう言う心境なんだろうか。

 ばっちり自分の顔を写している写真からは芯の強さを感じるように思う。
 顔がはっきりわからない写真からは雰囲気やどちらかと言うとネガティブな心象を表現しているようにみえる。

 最後の作品はツッコミ用ですか?

<20130230 2013年度シュピーゲル選抜写真展>
 2013.5.17-2013.5.23
 10:00-19:00 最終日14:00まで
 富士フイルムフォトサロン大阪 スペース1
 大阪市中央区備後町3-5-11 富士フイルム大阪ビル1F

 長年続く写真クラブの選抜写真展。
 宮崎shihiroさん、sophieさんが出展。

 モノクロフィルム写真の宮崎shihiroさん。
 ロープが中心に通っている作品は以前も見た記憶があるが好きな作品。

 sophieさんのカラーなのにモノクロチックな作風は今回も発揮。
 小鳥の形の板みたいなものの写真はバーディーをイメージ?

<20130231 マツシマススムとグループ展>
 2013.5.17-2013.5.23
 10:00-19:00 最終日14:00まで
 富士フイルムフォトサロン大阪 スペース2、3
 大阪市中央区備後町3-5-11
 富士フイルム大阪ビル1F

 どこかの山の夜の登山風景の写真がとても美しかった。
 登山道を登る登山者の灯りを長時間露光で線にしている、
 眼下の街の夜景も相まってとても幻想的。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ブログネタ
ギャラリー散策 に参加中!
行ってきたで。
 心に残る作品を求めて・・・。

<20130163 名古根美津子写真展>
 2013.4.13-2013.5.12 月火祝休
 12:00-18:00
 TANTO TEMPO
 神戸市中央区栄町通2-1-3 謙昌ビル3F

 セルフポートレートの写真展示。

 セルフポートレートと言うものの、本人の顔が隠れてしまっている。
 DMの写真のように目玉焼きを置いてみたり、カーテンで隠してみたり。

 セルフポートレートから自分を見つけるというのに疑問を抱いていたそうで、ポートレート写真では顔が重要な要素だと思うが、それをあえて隠して制作している点が面白い考え。

 このような面白い発想や思想に惹かれる。
 写真自体はそれを表現する一つの道具。
 写真を見るのではなく、作家の思想を読み解く、そう言う展示もいい。

<20130164 猫街劇場写真展 永田收>
 2013.4.1-2013.4.15 火休
 12:30-20:00 最終日19:00まで
 トンカ書店
 神戸市中央区下山手通3-3-12 元町福穂ビル2D

 猫写真の展示。

 展示作品はネコの存在感を堂々と表現するものが目立つ。
 言わばネコのポートレート。
 モノクロ写真は色を排除し、アウトロー的な感じを受ける。
 街にこっそり息づく猫達、決して街のメインではないが重要な要素ではあると思う。
 そんな印象を受けた。

<20130165 birdie企画展「LINE」>
 2013.4.10-2013.4.18 4/12金休
 13:00-19:30 13:00-17:00 月 最終日16:00まで
 Birdie Photo Gallery
 神戸市中央区元町通1-11-7 千成堂ビル4F

 ギャラリーマゴットとの共同企画展。
 「線」をテーマにした作品が集まった。

 展示に電柱や鉄塔、電線が目立つ。
 似通った物が被写体として出ているとは言え、作家さんのそれぞれの切り口があって面白い。

 Superbieさんの太陽や月を電柱と絡ませた作品。
 オレンジ色の光がまるで幻燈機を思い起こさせる。
 機材とテクニックを駆使した見応えのあるいい作品だと思う。

 ギャラリーマゴットとの展示の違いを見るのも面白いのではないか。
 ギャラリーマゴットのLINEは4月21日まで。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ブログネタ
ギャラリー散策 に参加中!
行ってきたで。
 心に残る作品を求めて・・・。

<20130138 Garrett O. Hansen写真展「Partner & Passage」>
 2013.3.9-2013.4.7 月火祝休
 12:00-18:00
 TANTO TEMPO
 神戸市中央区栄町通2-1-3 謙昌ビル3F

 旅行した時の作家さんの奥さんの写真を展示。
 面白いのは奥さんの写った写真の隣にその写真の一つ前か後の写真を並べてプリントしている点。

 奥さんといたその場所の雰囲気が伝わってくるようで、そのセットでストーリーを感じさせる。
 何てことはない写真だと思うけど、見せ方が上手いと感じる。

<20130139 PORTRAITS - ポートレイトの新しい息吹>
 2013.3.2-2013.3.31 月火祝休
 12:00-18:00
 theory of clouds
 神戸市中央区海岸通2-4-8 第2日新ビルB1

 5人のポートレート写真。
 被写体の経歴を含めた作品、森の中に不自然にいる人間など、ちょっと変わった物を付け加えている作品が多いと感じる。

 その中で最も目を惹いたのが、最後に見たカラスの写真。
 今、飛び立とうとしているカラスの瞬間がとてもかっこいい。
 私の中でなんだか他の写真が飛んでしまった。

<20130140 Jewellery & Metal Exhibition>
 2013.3.20-2013.3.25
 11:00-19:00 最終日17:00まで
 gallery shop Si
 神戸市中央区元町通4-1-5 2F

 神戸芸術工科大学の学生さんの作品展示。
 シンプルな形状のもの、面白い形状のもの、様々なジュエリーや置物が見ていて面白い。
 特に円形の金属を組み合わせた器はシンプルな円形をうまく使った作品だと感じた。
 同じ人が作ったペーパーウェイトがまたいい。
 辺が湾曲した正四面体を3つ溶接して作られたもの。
 これも置いて欲しかった。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ブログネタ
ギャラリー散策 に参加中!
行ってきたで。
 心に残る作品を求めて・・・。

<20130004 臼井大貴写真展・黄金の郷>
 2013.1.5-2013.1.27 月火祝休
 12:00-18:00
 TANTO TEMPO
 神戸市中央区栄町通2-1-3 謙昌ビル3F

 写真を見て思ったのが「赤い」。
 赤く塗られた屋根、錆びている壁、夕日、ほとんどの写真に共通する「赤」。タイトルの黄金より目立っているような気がする。
 田舎の風景と言うことで、寂れた、朽ちた雰囲気。
 黄金の郷にしては派手さがない被写体だ。

 作家曰く、黄金=日本の原風景と言う。
 被写体のつじつまは合う。
 黄金=日本の原風景と言うのは私からすれば少し違和感があるが、別の考え方をすると、この景色は日本の隠れた宝、黄金なのかも知れない、とふと思った。

<20130005 常設展>
 2013.1.15-
 11:00-19:00
 ギャラリー開
 神戸市中央区栄町通3-1-7 栄町ビルディング3F

 常設展だったが、興味ある作品がいくつか。
 ペンキの塗られた木板、所々に穴が開けられている。
 その穴が模様に見え、また、その奥にも何かあるのをのぞくのが面白い。

 鉄のオブジェ。
 昔の筆箱のような形、中の板がスライド式になって、ネジ留めしてあるところが気に入った。
 鉄だけど柔らかみのある作品。

<20130006 登録有形文化財兵庫県公館画用紙写真展>
 2013.1.10-2013.1.15 水休
 11:00-18:00 最終日17:00まで
 ギャラリーMiyake
 神戸市中央区元町通3-6-9 2F

 神戸にある兵庫県公館の写真を画用紙にプリントした写真展。
 ここに来る前に兵庫県公館に寄ってみた。内部は見ていないが、外観は好きな人にはたまらないと思う。

 画用紙にプリントするのはなぜか。
 シャープさが失われるのではないかと思ったのだが、実はそれが狙いだと言う。
 画用紙の表面では必要以上に解像度を出してくれない。それがいいと言う。
 自分の撮った写真はできるだけ全てを表現したいと思うところだが、逆の発想だ。
 面白い。
 そして、写真は被写体への案内だと言う。
 写真見てよかったら、ぜひここへ行ってみてくださいとのこと。

 小西六で勤めていたそうで、写真のことはよく知っているだろうから、この発想が出て来るのかな。
 写真を留めている画鋲の頭を紙でカバーして目立たなくしているのは、なるほどなと感じた。
 この発想はありそうでなかった。
 まあ、画鋲で写真を固定しているのは写真展では初めてだったから、発想しようがないか。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ブログネタ
ギャラリー散策 に参加中!
絵画鑑賞。シマ
 魅力的な作品はどこにある?

<チャン・ヒュンスク個展>
 2012.7.5-2012.7.15 7/9月休
 12:00-18:00 最終日17:00まで
 DELLA-PACE
 神戸市中央区北長狭通4-9-10 黒澤ビル1F

 コンテンポラリージュエリーの展示。
 彫刻と金属工芸の技術が光るジュエリーがとても魅力的。
 特にステンレスワイヤーを接続してバネ状に繋いだブレスレットやネックレスは必見。
 バネ状の形態を生かして、変形できるところがとても面白く、目を惹く。
 首や手に飾ってもいいのだが、これはむしろどこかに置いて鑑賞したい。

 形状をまずは考えて作るのだが、作家さん自体も変形までは読めず、自分でも意外な形状になったり、最初思っていた形状よりも見栄えのする形状が見つかったり、それが楽しいとおっしゃっていた。

 最終日に駆け込んだので、ぜひ見に行って下さいとは書けないのが残念。
 次の展示を期待したいところ。

<写真と言葉展機
 2012.7.3-2012.7.16 月休
 12:00-19:30 最終日17:00まで
 メリケン画廊
 神戸市中央区波止場町6-5 上屋SO-KO 2F

 写真に言葉を添えた作品の展示。
 はがきサイズの作品とフォトブック作品があった。

 フォトブック作品の中に2匹のネコを撮っているものがあった。
 フォトブックになると情報量が多くなるので、言葉と言うよりストーリーだな。

<梶なゝ子 展−そうだった−>
 2012.7.14-2012.7.27
 11:00-19:00
 ギャラリー開
 神戸市中央区栄町通3-1-7 栄町ビルディング3F

 陶器を中心としたインスタレーション、絵画の展示。
 そのもの自体に意味はなく、その形、その有り様を見て欲しいと作家さんは言っていた。
 どうしても意味を考え、どういう意図で作られたのかを問うてしまう。
 それはわからないことが不安だから。
 しかし、そんなことを考えないで、ただあるものを見る。
 心に浮かんだものがあなたがこの作品に関する印象である。
 難しいことはなにもないが、考え込むとこれほど難しいものはないような気がする。

<乃村拓郎展「Can you shed tears?」>
 2012.7.11-2012.7.18
 12:00-18:00 最終日は17:00まで
 GALLERY 301
 神戸市中央区栄町通1-1-9 東方ビル301

 ひびの入ったガラス、錆びた金属の棒、表面塗装を剥がされたジュースの缶、などが並ぶ。

 この中でも錆びた金属の棒が惹きつけられるものがあった。
 ゆうに2m以上はある金属の棒、上は錆び、下は光沢がある。錆びているところと光沢のあるところとの境目くらいが曲げられている。

 錆びたところから光沢のあるところまでを眺めて時間の流れを感じさせるものがあったが、実際は全体が錆びた棒を一部を磨いたとのこと。

<渡邉博史写真展「American Studies/Japanese Studies」>
 2012.6.16-2012.7.22 月火祝休
 12:00-18:00
 TANTO TEMPO
 神戸市中央区栄町通2-1-3 謙昌ビル3F

 今回のこの写真展、目を惹く作品があった。
 異国の街、夜の帳が降りる街にほのかに光る街灯。
 人は誰も居ない。
 そのほのかに光る街灯、そして照らされている壁。
 何だかうまく収まりすぎて、セットのように見えてしまったり。

 写真集の見本が置かれていたので、中を見た。
 この写真のページを見て驚いた。
 違う作品かと思うくらい、街灯が照らす光が違っていた。
 原本を見ることの大切さを目の当たりにした。

 でも、この写真集に載っているこの作品だけを見せられたら、それはそれでいいと思うのかも知れないけどね。
 いや、あんなに光の範囲が広いのなら評価はしなかったかも。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ブログネタ
ギャラリー散策 に参加中!
絵画鑑賞。シマ
 魅力的な作品はどこにある?

 今日は神戸を散策。

<ねこ〜猫の写真・切り絵・造形作品など〜>
 2012.2.21-2012.3.10
 10:00-18:00 最終日16:00まで
 ラインの館
 神戸市中央区北野町2-10-24

 猫の写真、陶器の猫のオブジェなどが並ぶ。
 個性のある面構えのキジ白の写真。
 こういうのを見つけるとうれしくなるなぁ。
 あと、子猫はやっぱり反則的可愛さ。

 行くまでが結構な坂道なので、いい運動になります。


<木いろ展>
 2012.2.28-2012.3.4
 12:00-18:00 最終日17:00まで
 DELLA-PACE
 神戸市中央区北長狭通4-9-10 黒澤ビル1F

 ふらっと立ち寄った。
 木で作られた箱を作られている作家さんと椅子などの家具を作られている作家さんとの2人展。

 木の箱は、木の表面に溝を作り、薄く切った色のついた木を差し込んで柄を作る手法。
 とてもシャープで美しい格子模様が出る。
 名刺入れがとてもおしゃれ。スライド式のフタがクール。
 値段もそれなりにするがそれだけの価値はあると思う。

 二人がけの木の長椅子、ちゃんと二人それぞれが座る位置に湾曲をつけてあるところがいい。


<SPROUT萌芽>
 2012.3.1-2012.3.20 水休
 11:00-19:00
 ギャラリーPAXREX
 神戸市中央区海岸通2-4-8 第2日新ビルB1

 くず野菜を水に浸しておくと、芽が出たりする。
 その姿をいろいろな景色を背景に撮影している写真。

 私はその野菜を置いている透明の台に注目。
 その野菜の姿が写っていたり、背景が写り込んでいたり、通して見えていたりするのを眺めるのが面白い。


<PHOTOGRAPHY on ASPHALT>
 2012.2.11-2012.3.4 水祝休
 11:30-19:00
 TANTO TEMPO
 神戸市中央区栄町通2-1-3 謙昌ビル3F

 中国かな、札束を前にたくさん積んで、その裏に男が座っている姿。
 裸のねえちゃんを抱いている男たちがたむろする風俗店?
 猥雑なシーンの写真が良くも悪くも目立った。


<桃組荷札展>
 2012.3.2-2012.3.13 水休
 12:00-18:00
 ギャラリーBAZARA倶楽部
 神戸市中央区栄町通1-1-9 東方ビル3F

 荷札に文字と柄を書き込んだものが壁に貼られたロープに所狭しと貼られている。
 言葉を読み解けば何かのメッセージが得られるのだろうか。
 タグが貼られている以上のものを私は掴むことができなかった。


<Duality>
 2012.3.2-2012.3.13 水休
 12:00-18:00 最終日17:00まで
 GALLERY 301
 神戸市中央区栄町通1-1-9 東方ビル301

 今日一番期待していた展示。
 ワイヤーをゆるく編んで上着様にしている作品。
 暗い部屋にライトがあり、作品が吊るされている。
 テーブルにはワイヤーで作られた徳利とコップ様のもの。

 ライトに照らされた作品の影が壁に映る。
 ワイヤーは影も楽しめる。むしろ影を楽しめ、というのは言い過ぎか。
 作品数が少なかったのが残念。部屋の大きさからするとちょうどいいのだが。


<冬の風景展供
 2012.2.14-2012.3.4 月休
 12:00-19:30 最終日17:00まで
 メリケン画廊
 神戸市中央区波止場町6-5 上屋SO-KO 2F

 冬のシーンを写しとった写真が並ぶ。
 いかにも冬らしいもの、ちょっとどうやろと思うもの、まあ作家さんが冬の風景だと言うんだからそうなんだろう。

 雪原に一本の木の写真が目を惹いた。
 とても潔い感じがする。

 地蔵さんの顔の前にクモの巣とクモ、しかもクモにピントが合っている写真。
 私が撮っても多分こうなるだろう。やっぱりクモですよ、クモ。


<初晴ノ茶話>
 2012.3.3-2012.3.4
 15:00-19:00
 アトリエとギャラリー 晴空
 神戸市中央区海岸通4-3-13 ポートビルディング2F 215号室

 アトリエとギャラリー 晴空さんが一周年。
 オープンの時と同じようにお茶会をするというので挨拶へ行って来ました。
 次の一年も、ますますの活躍を期待したいものです。


<kemu展>
 2012.3.2-2012.3.8 3/5月休
 13:00-19:00 平日 12:00-19:00 土日 最終日18:00まで
 アトリエとギャラリー 晴空
 神戸市中央区海岸通4-3-13 ポートビルディング2F 215号室

 タバコをモチーフにしたイラスト作品。
 この作品だったらもっと暗いところで見せたほうがいいかな。
 昼間より夜、バーみたいなところで展示するとかが似合う気がする。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

それで評判は?
 写真や絵を見るのも好きです。

 今日は神戸方面。

<家の猫 外の猫3 小畑敦子個展「猫絵巻」>
 2011.4.5-2011.4.10
 10:00-18:00 12:00-18:00(4/5) 10:00-17:00(4/10)
 兵庫県立美術館 ギャラリー棟1Fアトリエ1
 神戸市中央区脇浜海岸通1-1-1

 油絵の猫の絵の展示会。
 70cm×10mのキャンバス地に描かれた猫たちも圧巻だったが、床の模様が猫の絵になっているような隠し絵や、入れ子の絵になってるものなど、ちょっと面白い絵が印象に残った。
 案内のイラストを旦那さんが描かれていて、コミカルな絵に力が緩む感じ。


<CRYPTOGRAM>
 2011.3.26-2011.4.17
 3/30,4/6,13水休
 11:30-19:00
 TANTO TEMPO
 神戸市中央区栄町通2-1-3 謙昌ビル3F

 あちこちの街の風景を切り取った写真展。
 DMに採用されていたドーム型の屋根が印象的。


<手にとるポストカード展>
 2011.3.29-2011.4.10
 4/4月休
 12:00-19:00 最終日17:00まで
 メリケン画廊
 神戸市中央区波止場町6-5 上屋SO-KO 2F

 ポストカードの展示販売。
 ポストカードに向く絵柄と写真展に展示する絵柄は違うかなぁ、とか思いつつ眺めていた。


アトリエとギャラリー 晴空
 展示会などはなかったのだが、近くに来たので、ちょっと顔を出してきた。
 長居はするつもりはなかったのだが、結果的に長居をしてしまった。どうもここは居心地が良すぎる。
 恒例の福図鑑もGWに開催されるようです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

 ギャラリーPAXREXを出て、前の道を少し歩くと、TANTO TEMPOに着く。
 nomoto piropiro写真展「into the silent land / kobe」を見てきました。

 モノクロで色がついているのが青っぽい写真。

 青っぽい色は生気を失ったものに写る。
 子供の腕はまるで作り物のよう。
 その子供の腕に羽根がボロボロの蝶。

 隣に閉鎖される百貨店の最後の姿、店員が並んでお辞儀している。

 共に滅び行くもの。
 絵の並びが面白い。

 あと、上半身裸の男性の写真。静脈が目立つ。青いからかな?

 写真には分厚いアクリルガラス。
 表面の凹凸や紙質を感じさせることがない。
 これが青っぽい色の写真とあいまって、クールな表現に寄与している。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

 今日3月20日は神戸へ出かけました。

 神戸といえば、TANTO TEMPOサイトーシンさんの名刺に書いてあったので初めて存在を知ったのであるが・・・。

 この日、開催されていたのは「Meg Birnbaum写真展

 農場の日常と遊園地みたいなところの写真。アメリカだそうな。
 「ハレとケ」と言うのを思い出した。
 日頃は一生懸命働き、年に数回の祭りで楽しむ。

 トイカメラで撮影しているそうな。
 カメラの種類とかいいカメラ持ってるとか持ってないとかは作品の善し悪しの理由にならんのですね。

 もっと言ってみれば、自分に合わないものは合わない。合うものは合う、わかるものはわかるし、わからんもんはわからん。


続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ