ネコじかけのBlog

うちの猫(シマ)とフィギュア、外猫の記録。
VOCALOID関連の話題、展示会のレポート。

タグ:SHINA

ブログネタ
ギャラリー散策 に参加中!
行ってきたで。
 心に残る作品を求めて・・・。

<かげうつし |写映|遷移|伝染|>
 2012.11.3-2012.11.25 月休
 11:00-19:00 入館18:45まで
 京都市立芸術大学ギャラリー@KCUA
 京都市中京区油小路御池押油小路町238-1

 とりあえず目に入ったのが、入ったところにでっかい女性のグラビア写真がくしゃくしゃになってたり、部屋の隅に積み上がってたり。
 そんな作品の作家さんは2Fでは色々な場所の写真の影を連続的につなぎ合わせるコラージュ写真を作っていた。
 この影の写真は面白かった。

<制作の為の実験レポート 池上良子>
 2012.11.17-2012.11.25 月休
 11:00-19:00 入館18:45まで
 京都市立芸術大学ギャラリー@KCUA GalleryC
 京都市中京区油小路御池押油小路町238-1

 シャーレに人体の一部の写真や顕微鏡写真を貼り付けたものをさらに壁に投影している。
 顕微鏡からそのまま写しているなら興味をそそられたりするが、何だかなと言う感じ。

<「雪に氷に」万華鏡・吉田真展>
 2012.11.18-2012.12.22 水休
 11:00-19:00 最終日17:00まで
 SHINA
 京都市中京区室町三条下ル西側御倉町73 誉田屋 奥

 ステンドグラスで飾られた万華鏡。覗くだけではなく、外見も楽しめる作品。
 万華鏡の本体が透明のガラスの三角柱だが、これを覗くとちゃんと中に万華鏡独特のあの模様が見える。
 この角度では透明のガラスでも反射して見えるんだな。

 様々な作家さんにデザインをしてもらった作品もとても興味深い作品。

 1Fのショップに前回の展示に出展されていた久米圭子さんの金工作品が置かれていた。
 植物の種をモチーフとした作品。
 これが見ていて惚れ惚れする。
 このような素晴らしい作品をもっと見たい。

<浅野式子展>
 2012.11.17-2012.12.9 月火休
 13:00-18:00
 gallery C.A.J
 京都市中京区富小路御池下る松下町129

 シルバーのリボン状のものを編んで作られるジュエリー作品。

 糸のような金属を編んで作る作品は見たことがあるが、平べったいものを編むのはなかなか見ない。
 方向性があるので、先に曲げてからでないと編めないなど、難度が高くなる。

 指輪を持ってみたが、編んであるので弾力性がある。ふわふわするのが面白い。

 棚に小林京和さんの作品があった。
 絶対温度 Kと言うシリーズらしい。
 多面体の中に結晶構造が作られている。
 これも美しい。
 関西で個展して欲しい。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ブログネタ
ギャラリー散策 に参加中!
行ってきたで。
 心に残る作品を求めて・・・。

<鶴田憲次展>
 2012.10.23-2012.10.28
 12:00-19:00 最終日18:00まで
 ギャラリー恵風
 京都市左京区丸太町通東大路東入ル南側聖護院山王町21-3

 ギャラリーに入った時、目の前の絵の清流の質感が伝わってきた。
 近づくと、半分点描画のような作風。
 一気にリアリティがなくなる。
 しかし、少し離れると表情が変わるのが面白い。
 特に水の質感、光の反射の表現が素晴らしい作品だった。

<京都3つ編みカフェ巡り>
 2012.10.13-2012.10.31
 11:30-21:30
 ごはんcafeたまゆらん
 京都市左京区浄土寺西田町108-4

 三つ編みのヅラをかぶせたい猫達を公募し、写真展をすることでチャリティを行うと言うイベント。
 3つの会場のうちの1つ、ごはんcafeたまゆらんさんに行ってきた。

 ヅラをうまく着こなしている猫、着こなしていても三つ編みと言う髪型の性格上、何とも昭和チックな雰囲気になってたりするのが楽しい。

 白玉ぜんざいを食べた。
 白玉ぜんざいの上にアイスクリームが載せてあり、それだけでも美味しかったが、添えてあるココナッツミルクをかけるとまた違う味わいがあった。

<Sの眼−金沢卯辰山工芸工房2012 第二回− 久米圭子×浦中廣太郎>
 2012.10.11-2012.11.13 水休
 11:00-19:00 最終日17:00まで
 SHINA
 京都市中京区室町三条下ル西側御倉町73 誉田屋 奥

 金工作品の展示。

 久米圭子さんの作品。
 これは好みの作風だ。
 植物をモチーフとした金工作品。
 入れ子構造や、巧みな網の組み合わせ、そのパーツがレンコンの輪切りだったりするのも面白い。
 植物の種子を脈だけ残したような作品は、スケルトンの如く内部の構造が見えているようで興味深い。

 このような作品は心踊らせる。
 見ていて飽きない。

 創作に1ヶ月程かけるらしいのだが、構想の方が時間がかかるそうだ。

 浦中廣太郎さんの作品。
 主に花器のような入れ物の作品。
 表面の模様の入れ方の妙。金属だが温かみを感じる。
 小さな入れ物の中は漆塗り。金属に漆とは面白い。

 お二人ともまだ30歳前だそうで、まだまだ伸びそうな感じ。
 将来が楽しみな作家さん達である。

<大黒浩子展「猫がいる日常」>
 2012.10.23-2012.10.28
 11:00-19:00 最終日18:00まで
 堺町画廊
 京都市中京区堺町通御池下ル丸木材木町681

 猫の水彩画作品。
 この時期にこのギャラリーで個展を開催しているそうだ。
 今回初めて寄らせてもらった。

 鉛筆の下絵と水彩画の相性がいい。
 下絵は極力軽く、水彩で形を載せていく感じか。
 水彩の淡く載る色の広がりが猫の雰囲気とマッチする。

 作家さんは猫が好きで猫を飼われているだけあって、猫の仕草やフォルムをちゃんと絵に表現されている。
 猫好きなら、特に納得してもらえると思う。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ブログネタ
ギャラリー散策 に参加中!
行ってきたで。
 心に残る作品を求めて・・・。

<宮田彩加展「knots」>
 2012.8.11-2012.8.31
 10:00-21:50〜23:20
 京都みなみ会館
 京都市南区西九条東比永城町79

 刺繍の作品展。
 今回は土台の布がない、糸だけの刺繍作品。
 ネコがモチーフになった作品があった。かわいらしい茶トラの子ネコがこっち向いている。
 他にも動物たちが並ぶ、爬虫類、鳥類、無脊椎動物。
 作品の端の糸を処理せずにそのまま置いているのが良い感じ。

<「隠喩としての宇宙」展>
 2012.7.20-2012.10.7
 12:00-19:00
 ホテルアンテルーム京都
 京都市南区東九条明田町7

 ホテルのロビーに作品が並ぶ。

 目に惹いたのが、望遠鏡を覗くと、月に着陸した宇宙船、月を走る月面車、そして宇宙飛行士が見える。
 遠くの石の上にミニチュアを置いて、それは望遠鏡で覗いてもらう作品。
 これは子供が楽しめそう。

 後、腕のほくろを線で結んで、あたかも星座のように見せている写真作品。
 モノクロで、地味だけど何だか面白い。

<高橋行雄絵画展>
 2012.8.1-2012.8.14
 10:00-20:00
 大丸京都店 美術画廊
 京都市下京区四条通高倉西入立売西町79

 猫の絵の作品展。
 鉛筆、色鉛筆で描いている。

 ネコの仕草、ポーズをうまく表現できていることから、ネコのことをよくわかっていると言うのがわかる。

 黒ネコとそれ以外の柄のネコの描き方を変えているのが面白い。
 黒ネコは毛並みなどの詳細部分ををあえて明確にせず、ぼかすことで柔らかい雰囲気を醸し出しているように思える。
 他の柄の猫達は写実的に表現、柄の入り方、顔の表情をうまく表現しているように感じる。

 ネコ好きは見に行って損はないと思う。

<琉球稲嶺ガラス 稲嶺盛吉展−輝光−>
 2012.7.7-2012.8.14 水休
 11:00-19:00 最終日17:00まで
 SHINA
 京都市中京区室町三条下ル西側御倉町73 誉田屋 奥

 琉球ガラスの作品展。

 DMにある作品がまるで陶器のような佇まいだが、実際見るとガラスなんだなぁと思わせる。
 気泡をわざと出すことで光の乱反射による外見の変化をつけていたりするのがまた面白い。

 金色はカレー粉を混ぜて出していたり、色々な表現法を考えて作品に生かしているそうだ。

<とどまり ゆらめく・藤永覚耶展>
 2012.7.31-2012.8.12 月休
 11:00-19:00 最終日18:00まで
 Gallery PARC
 京都市中京区三条通御幸町弁慶石町48 三条ありもとビル[カフェ クラッセ]2F

 写真から布に点描し、それを溶剤でぼかすことでブレ、ボケを表現しているそうだ。
 大きな作品なので、遠くから見ると何が写っているかおぼろげながらわかるが、近くだとわかりにくい。

 そういう表現法なんだなという印象。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ブログネタ
ギャラリー散策 に参加中!
絵画鑑賞。シマ
 魅力的な作品はどこにある?

 今日は久し振りに京都。

<ファンクション・ディスファンクション展>
 2012.6.8-2012.7.14 日月祝休
 11:00-19:00
 TKGエディションズ京都/TKGセラミックス
 京都市下京区西側町483

 見てくれは変わっているけど、実用性があるとおもいきや、ほんと使えるの?って感じの陶器や木彫り、金属の器などが並ぶ。
 すりこぎ付きの乳鉢は下の容器のヒビにすったものが入り込んでしまいそうな。
 私的には何だか消化不良・・・。

<一力昭圭×Yong Joo Kim −TWIST−>
 2012.6.13-2012.7.1 月火休
 13:00-18:00
 gallery C.A.J
 京都市中京区富小路御池下る松下町129

 タイトルにTWISTとある通り、撚り合わせるというコンセプトのアクセサリーの展示。

 一力昭圭さんのアクセサリー。
 ビニールで作られたネックレスやブレスレットは透明のビニールに彩色が施され、これからの暑い季節にも合いそうな清涼感がある。
 普段は平面状で、それを撚ってかたちにする。
 平面状にしておけるので、コンパクトに片付けることもできると言う。

 Yong Joo Kimさんのアクセサリー。
 マジックテープを短冊状に切ったものをつなぎあわせて作られたアクセサリー。マジックテープをこの様に使う考えに感心する。
 細いマジックテープを曲げて固定して、様々な形を作り出すことができるのは面白い。
 アクセサリーだが、子供の知育玩具の様相。
 しかし、形を整えるため、そして崩れた時の現状復帰が難しいため、糸で固定しているそうな。バラすことはできない。

<狩野智宏展「cosmogony 進化」>
 2012.6.7-2012.6.26 水休
 11:00-19:00 最終日17:00まで
 SHINA
 京都市中京区室町三条下ル西側 誉田屋 奥

 ガラスのオブジェ。
 暗い部屋の中、水を貯めた5つの黒い箱の上に長径70cm程、重さ70kgのガラスの塊がそれぞれ乗っている。
 ガラスの中には気泡が漂い、彩色されている。それらが下からの光に照らされて幻想的な雰囲気を醸し出す。

 タイトル「cosmogony」は宇宙生成論や天地創造と言う意味。
 ガラスの中の気泡や色が、宇宙誕生のイメージに重なる。

 中の気泡や彩色を見ると、偶然ではなく、計算されて入れられていることがわかる。

 この後に行ったギャラリーで聞いたのだが、一つの大きなガラスの塊をサンドペーパーで削ってあの形にしているらしい。
 一つのガラスの塊を冷却するのに3ヶ月だそうな。1つ350万円と聞く。
 まあ、絶対的な値としてはべらぼうな額だと思う(つまり買えない)が、値段的には妥当な線ではないだろうか。

 小さなガラスオブジェが飾られていた。
 これも中の色がとてもきれいに入っている。

 作家の狩野智宏さんは、あの狩野派の血を受け継ぐ人物だそうで、絵ではなくガラスでとても素晴らしい作品を作っている。

 1Fのショップでは狩野氏やその他の作家さんの作品が並んでいたが、これも結構見応えのあるものだった。

 この建物自体も、元々は蔵だったところで、2F部分のギャラリーの作りも面白い。
 階段の目隠しには和紙を用いていたり、京都らしい雰囲気でとてもおしゃれ。

<古田利一ガラス展−Knitting shine−>
 2012.6.19-2012.7.1 月休
 12:00-19:00 最終日17:00まで
 ギャラリーH2O
 京都市中京区富小路通三条上ル福長町109

 ガラス作品の展示。

 Knittingと言う意味が見ればわかるガラスの皿。
 ガラスを細い棒にして、それをあたかも編みこんでいるように配置する。
 このような器を作ろうとしているところが面白い。

 光に当てると表面のキラキラと下に映る影、そしてガラス棒の間隙からストレートに下に当たる光が幻想的に目に飛び込んでくる。

 この魅力を写真に収めるのは難しそうだ。
 本物にはかなわないから仕方がないのだが。

 作家さんは写真も30年ほどされているそうで、DM用の写真をどのように決めるかなどの話をしてくれた。

 このガラスの細い棒を的確に表現する言葉が「ところてん」。
 この作品を見たお客さんが言ったそうだ。
 太さも雰囲気も確かに「ところてん」やなぁ。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ