ネコじかけのBlog

うちの猫(シマ)とフィギュア、外猫の記録。
VOCALOID関連の話題、展示会のレポート。

タグ:SAI_GALLERY

ブログネタ
ギャラリー散策 に参加中!
林延子展-Strategy of Empathy-
 2014.1.7-2014.1.25 日月休
 12:00-19:00 火-金 12:00-17:00 土
 SAI GALLERY
 大阪市西区江戸堀1-8-24 若狭ビル4F

 薄い紙にプリントした写真の一部分を点描のように針で穴を開け、裏返しにして展示する。
 薄い紙に透けて見える写真、そして針の穴が形作るもの。
 これは面白い。

 木目の見える木の板の上からシルクスクリーンで木目を垂直方向につける。

 絵葉書の文字の部分を四角く切り取って、絵葉書側を向けて展示する。
 DMの写真がこのシリーズだった。

 風景写真の絵葉書を外でビデオ撮影する。
 風景写真をアップにして、映す場所を動かす。
 外の音と共に見ていると、あたかもその風景自体を撮影しているような錯覚に陥る。
 そのイメージがリンクする谷川俊太郎の詩を日本語の分からない人に文字の形を書き写させる。
 その書き写した物を別の人に書き写させる。それを20回繰り返すともう元の日本語が全くわからなくなる。

 面白いと思うけれども、多分作者が思っている物は理解できていない。
 私自身の思慮の浅さが浮き彫りになるような感じ。
 もどかしい気持ちが少しある。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ブログネタ
ギャラリー散策 に参加中!
行ってきたで。
 心に残る作品を求めて・・・。

<20130237 浅野孝之展「receptacle」>
 2013.5.14-2013.6.1 日月休
 12:00-19:00 火-金 12:00-17:00 土
 SAI GALLERY
 大阪市西区江戸堀1-8-24 若狭ビル4F

 器がテーマ。
 蚊取り線香の素材の器。
 それに火をつけて、燃えて崩れていくビデオも一緒の作品。
 ボケーッと眺めていたい。

 本来器である洗面器やワイングラスのための器。
 木製で、洗面器の方は器というより台みたいな感じ。
 ワイングラスの方はワインの形に切り取られた板を十字に組み合わせてある。
 器の器という入れ子構造が面白い。

 湖をトレースした平面作品。
 湖は地球上の水の器と言う考え。
 単に色を塗ったり、紙を焼いて穴を開けて表現したり。
 火を使って水を表現すると言う対決関係に注目。

<20130238 猫展>
 2013.5.21-2013.6.2 5/27月休
 12:00-20:00 12:00-17:30 6/1 最終日17:00まで
 ギャラリーパライソ
 大阪市中央区西心斎橋2-10-27 森ビル3F

 恒例の猫をモチーフとした作品の展示会。

 猫の身体に宇宙をイメージするロケットなどを表した切り絵が目を惹いた。
 猫のいる風景を描いた作品が見ていて和む。

<20130239 それぞれの生活2013>
 2013.5.21-2013.6.2 5/27月休
 12:00-19:00
 ギャラリー・アビィ
 大阪市中央区南船場2-2-28 順慶ビル212号室

 恒例の企画展。
 3月3日、4月4日、5月5日に撮った写真を時系列に展示する。

 出展者さんがその時どのようなものを撮影しているかを眺めていく。
 枚数が多く、天井から床近くまで写真が貼られているので追っていくのは大変。
 だが、注目しているところが同じだったりすると妙な親近感が湧いてきたり。
 そして、これだけたくさん写真があると勝手に目が猫を探してしまう。
 なぜか他の動物があったかどうかは記憶が無い。

<20130240 ぐるっぺ「偶」Exhibition2013>
 2013.5.21-2013.6.2 5/27月休
 12:00-19:00 最終日18:00まで
 壹燈舎
 大阪市中央区南船場2-6-21 グラン・ビルド心斎橋301号

 ビニールシートに覆われた車やシャッター、「光風」と言うタイトル。
 タイトルの付け方がなんだか気に入った。
 その他の出展者のタイトルがあまりにもストレート過ぎたからかも知れない。

<20130241 一人一展>
 2013.5.21-2013.5.26
 11:00-19:00
 NADAR/OSAKA
 大阪市中央区南船場3-2-6 大阪農林会館B1F

 新部さんの作品。
 丸椅子が4つ並んでいる写真。ドラムを想起させる。
 見ると「リズム」と言うタイトル、うまくあっている。
 上手くはまったタイトルは作品をより一層魅力的にするのだと思う。

 伸之助さんの紫外線写真にもっていかれた。
 これってサイエンスビーツに出したものじゃなかったっけ?
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ブログネタ
ギャラリー散策 に参加中!
行ってきたで。
 心に残る作品を求めて・・・。

<20130049 佐藤未希展「STRUCTURE/COSMOS」>
 2013.1.26-2013.2.17
 11:00-19:00
 Yoshimi Arts
 大阪市西区江戸堀1-8-24 若狭ビル3F

 以前はより写真のような絵だったような気がするが、今回の作品は絵画的に感じる。
 それが良い悪いではなく、より重みを感じる。

 汚れがなければきれいな作品。しかし、この汚れが必要。
 今回は汚し方もきれいな作品、言い換えれば一般に受け入れられそうなデコレーションがある作品があった。
 その一方で、女性の生々しさを存分に匂わせている作品もあり、その幅の広がりが作風を模索しているのか、広げたまま行くのか。
 今後の作品も楽しみ。

<20130050 森本絵利展>
 2013.1.22-2013.2.9 日月休
 12:00-19:00 火-金 12:00-17:00 土
 SAI GALLERY
 大阪市西区江戸堀1-8-24 若狭ビル4F

 キャンパスに白いドットが並ぶ。
 隣には正の字の書かれた表のような物。
 ドットが緑系の色のものはまるで色盲のテストのようだ。
 そして、唯一理解できた細い紙を輪っかにしてつないだ飾り、よくホームパーティなどで作られる飾りの小さい物。
 7000以上の1×10mm紙片を使っているそうだ。

 色盲のテストで、何か気が付いたのだろう。
 よく見ると、何かが描かれているのが見えた。
 しかし、何が描かれているのかはわからない。
 複雑に折れ曲がった線であろう。

 聞くと干潟らしい。
 隣の表は点を打った数とか、どの太さの筆を使ったとか、どのタイミングで点を打ったのか、と言うことを書いたメモだと言う。

 そんな工程表まで作って描かれた点描画。
 ぱっと見では何が描かれているかわからない。
 描かれているものより、その制作に至る思想が気になった。

<20130051 宇宙>
 2013.2.7-2013.2.12
 11:00-18:00
 ギャラリー道
 大阪市西区京町堀1-13-21 高木ビル2F

 宇宙を表現した展示。
 一言で宇宙と言っても、宇宙空間や星で表現する人もいれば、宇宙人関係で表現する人など様々だ。

 それぞれが彩られたカエルが描かれたTシャツがあった。カエルの絵はリアル系でいい感じ。

 脳みそをかたどった編物がついた帽子はネタ的にありか。

 宇宙に行って、地球の良さに気が付くような回帰的感想。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ブログネタ
ギャラリー散策 に参加中!
行ってきたで。
 心に残る作品を求めて・・・。

<内藤伸彦展「ひびむこうへ」>
 2012.11.19-2012.12.1 日休
 12:00-19:00 12:00-17:00 土
 2kw gallery
 大阪市西区京町堀1-13-2 藤原ビル5F

 土の板を乾燥させてひびを生じさせ、それに木の枝などを組み合わせた展示。

 普通に土を乾燥させてもひびは生じない。内部に原因があって初めてひびができる。
 板が崩れないように中に支柱を入れているので、それがひびを作る原因になっている。

 木の枝を下に土の板を上にしたまるで椅子のようにディスプレイした作品を見て、あたかも地中から地面を見上げるような感覚にとらわれた。

<芳木麻里絵展>
 2012.11.6-2012.11.24 日月休
 12:00-19:00 火-金 12:00-17:00 土
 SAI GALLERY
 大阪市西区江戸堀1-8-24 若狭ビル4F

 シルクスクリーン印刷を繰り返し立体を作り出している。
 レースの敷物やニットのセーター、毛糸の玉など、立体仕立てだけあって、質感がより伝わってくる。とても美しい。

<いなか道>
 2012.11.20-2012.11.25
 13:00-20:00 火-金 12:00-20:00 土 12:00-18:00 日
 ギャラリーマゴット
 大阪市西区新町1-8-24 四ツ橋プラザビル7F

 「いなか道」と聞いて、どんな写真が並んでいるかはまあ想像つくよなと思いつつやって来たら、一人だけ異質な写真。
 テーマに沿っていると言えばそうだけど、他のテーマじゃないの?と思わせるような写真。

 でもこれはこの作家さんが撮りそうな写真。
 これはまた面白い。

 オーソドックスな田舎の風景ではない写真をこの写真展に出して来るセンスをちょこっとだけでも欲しい感じ。

<Serendipity>
 2012.11.20-2012.11.25
 11:00-19:00
 NADAR/OSAKA
 大阪市中央区南船場3-2-6 大阪農林会館B1F

 風景から抽象的なものまで、様々な写真が集まった。

 3枚組の写真を出している作家さん。
 黒い犬が見つめる先に花と木の水滴、犬の瞳の透明度と水滴の透明度の対比を見る。
 犬の目線が花の水滴と木の水滴とレベルを合わせているのが面白い表現。

 複数の作家さんの展示は写真自身もそうだが、額装が気になる。
 自分がワンパターンなので、何かしら変えたいと思っているのだろうか。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ブログネタ
ギャラリー散策 に参加中!
絵画鑑賞。シマ
 魅力的な作品はどこにある?

<佐藤未希展『1 breath, 2 contact』>
 2011.11.25-2011.12.23
 11:00-19:00
 Yoshimi Arts
 大阪市西区江戸堀1-8-24 若狭ビル3F

 DMに使われている人物の顔が多重露光している写真、しかしそれは絵だった。
 顔がダブって映っているのだから変なはずなのだが、何だかしっくり来る。
 時には一部が乱暴に剥がされたような人の顔の絵、そこからは血のような赤い跡も。
 何を意味しているのか、見るこちら側が試されているようだ。

<8 books and 8 pictures 鈴木清>
 2011.11.29-2011.12.24
 日月休
 12:00-19:00 火-金 12:00-17:00 土
 The Third Gallery Aya
 大阪市西区江戸堀1-8-24 若狭ビル2F

 鈴木清の写真と写真集、それが8枚、8冊対で置かれている。
 生活感漂う写真が目立つ。

<常設展 中ザワヒデキ/藤本由紀夫/村岡三郎>
 日月休
 12:00-19:00 火-金 12:00-17:00 土
 SAI GALLERY
 大阪市西区江戸堀1-8-24 若狭ビル4F

 ドラムが自動で回り、中に入ったものが音を出すオブジェ。
 藤本由紀夫と言う名前にどこか引っかかった。
 兵庫県立美術館での体験型展示で見た記憶がある。
 聞いてみるとそのとおりだった。

<プロペラ>
 2011.11.29-2011.12.4
 11:00-19:00
 NADAR/OSAKA
 大阪市中央区南船場3-2-6 大阪農林会館B1F

 女性5人組「hygge」のグループ展。
 全体的に見て、色、光をうまく生かした表現をされているなと感じる。
 同じ色でまとめてみたり、淡い感じを生かしてみたり、グッと引き締めてみたり、おしゃれな配置や色でキメてみたり。
 ちょっと決めつけかも知れないが、女性らしい感じが出ているのかなと感じる。

<Light & Shadow>
 2011.11.29-2011.12.11
 12/5月休
 13:00-20:00 火-金 12:00-20:00 土 12:00-18:00 日
 ギャラリーマゴット
 大阪市西区新町1-8-24 四ツ橋プラザビル7F

 中津の阪急線がJR貨物線がまたぐところの下からの写真、大胆に光と影だけで表現されているのがとても潔い感じがする。
 あと、猫が夜の石畳の上を歩いて行く姿。窓からは光。とてもかっこいい猫の写真。

 明るいところは飛ばしてしまって、真っ黒なところは黒く塗りつぶしてしまってもええやんって感じの写真が自分ではなかなか撮ることができないなと感じる。
 自分の中ではじけるものがないな。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ