ネコじかけのBlog

うちの猫(シマ)とフィギュア、外猫の記録。
VOCALOID関連の話題、展示会のレポート。

タグ:MU東心斎橋画廊

ブログネタ
ギャラリー散策 に参加中!
行ってきたで。
 心に残る作品を求めて・・・。

<大崎のぶゆき展「リバーシブルストーリーズ」>
 2012.12.3-2012.12.22 日休
 12:30-18:30
 ギャラリーほそかわ
 大阪市浪速区元町1-2-25 A.I.R.ビル3F

 リバーシブルと言うタイトルがまずわからなかった。
 映し出される映像は絵がだんだん溶けて流れて行くもの。

 どこがリバーシブルか。
 横に貼られていた絵。
 これは色を補色にして描いたもの。
 これはリバーシブル。

 壁にかけられた赤いジャケット。
 これもリバーシブルか?
 残念ながら違った。でも、その下に赤の補色の緑色の服が隠されていた。

 部屋の隅にはカメラ。
 カメラと言えばネガとポジ。
 これもリバーシブル。

 映し出されていた映像。
 これもバイクのミラーに反射させて投影されていた。
 これもリバーシブル。

 だから何なんだと思うけど、まあそう言うことだ。

<友田多恵子展>
 2012.12.11-2012.12.23 月休
 12:00-19:00 12:00-17:00 日
 MU東心斎橋画廊 1F
 大阪市中央区東心斎橋1-12-14

 作家本人が梳いた紙をあたかも岩のようにギャラリーに置いている。
 それがまた巨大。
 この作家さんの作品を2年前にCASOで作品を見たことがある。
 あのギャラリーは広大なので、これくらいのものを置いても圧迫感はないかも知れないが、今回のギャラリーの大きさからすると本当に巨大で圧迫感がある。 それがインパクトがあってよい。

 他に小物も壁にかけられていたりしたが、やはり「巨岩」がインパクトあって、他の作品の存在を消し去ってしまっていた。

<来田広大個展「Drawing "bird-eye view"」>
 2012.12.11-2012.12.23 月休
 12:00-19:00 12:00-17:00 日
 MU東心斎橋画廊 2F
 大阪市中央区東心斎橋1-12-14

 黒板にチョークで日本の山(槍ヶ岳)とドイツの山の姿を描いたものがメイン。
 他も多分山の姿を描いたもの。
 タイトルのように鳥瞰図の如く描かれている。

 そして、部屋には山を模したものだろうか、布製の天井から吊り下げられた山状のオブジェ。そこには雪の如くチョークの粉が積もり、周りにも散らばっている。

 チョークを用いたのは雪をイメージしたものなのだろうか。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ブログネタ
ギャラリー散策 に参加中!
絵画鑑賞。シマ
 魅力的な作品はどこにある?

<武田美幸展>
 2012.4.23-2012.4.28
 11:00-19:00 平日 11:00-17:00 土
 番画廊
 大阪市北区西天満2-8-1 大江ビル1F

 コラージュ作品。
 ガラスを使ったレイヤーで半立体に仕上げているところは面白い。
 作風は勢いがあり、表現の自由さを感じる。

<蛇目展>
 2012.4.24-2012.4.29
 13:00-19:00 最終日17:00まで
 ART COCKTAIL
 大阪市北区天神橋2丁目北1-1 久徳ビル2F

 様々な色のアクリル絵の具を塗り重ね、その層を彫刻刀で削ることで面白い柄を出す。
 面白い製作法を思いついたものだと感心する。
 サイケデリックな色彩と表面の削られた凹凸が良い感じにマッチして面白い。

<Spring Photo Collection 2012 part1>
 2012.4.19-2012.5.2
 11:00-18:00
 MAG南森町アートギャラリー
 大阪市北区東天満2-10-16

 題から、桜やその他の花の写真が多い。
 何やら桜の花の色が私好みではないのか、なんだかチカチカした。

<銅版画三人展>
 2012.4.24-2012.4.29
 12:00-19:00 最終日17:00まで
 MU東心斎橋画廊
 大阪市中央区東心斎橋1-12-14

 銅版画作品。
 コップに入ったジュースに見立てた作品がユーモアがあり面白いと感じた。

<サクライロ●7>
 2012.4.24-2012.4.29
 12:00-19:00
 ギャラリー・アビィ
 大阪市中央区南船場2-2-28 順慶ビル212号室

 桜にまつわる写真展。
 皆さん、セオリー通り桜の花に絡めていたが、その中で9つの店の桜餅の写真があった。
 なんだかこれに全部持って行かれた感じ。少なくとも私の中では。

<ハナテンvol.11>
 2012.4.24-2012.4.29
 13:00-21:00 火-金 13:00-21:00 土 13:00-18:00 日
 BEATS GALLERY
 大阪市中央区南船場2-7-20 大阪屋安堂寺橋ビル4F

 恒例の花の写真展。
 ここの面白いところは投票で好きな写真3つ、嫌いな写真3つを選ぶ投票があるってところ。
 好きなのはともかく、嫌いな写真って選びにくい。
 しかし、嫌いなものも書いていく。
 そのせいで、写真のイメージが頭から抜けていく感じがする。
 振り返ってみたら強く印象に残ったものがない。
 数が多いということもあるし、花という被写体と言う事もあるのかも知れない。

 なんだか、作品よりも投票システムに気が行ってしまった感がある。

<Photobackセレクション展>
 2012.4.24-2012.5.6 水休
 12:00-20:00 最終日18:00まで
 Acru Gallery
 大阪市中央区南船場3-7-15 北心斎橋サニービル西側B1F

 フォトブックの展示会。
 これだけフォトブックがあったら、どれを見るか迷うし、全ては見られない(見る気になれない)。
 手に取ったものは全て猫写真だった。
 これは自分がねこてんに出す写真をまだ決めかねているということもある。
 選ぶのに困るほどたくさんあるので、きっと自分が気に入ったブックが見つかるでしょう。

<肖像写真>
 2012.4.24-2012.4.29
 13:00-20:00 火-金 12:00-20:00 土 12:00-18:00 日
 ギャラリーマゴット
 大阪市西区新町1-8-24 四ツ橋プラザビル7F

 ポートレートの展示会。
 私的にはポートレートはカラーの方が好き。
 特に女性は華やかに撮った方がいいかなと思ってます。
 人を被写体にするのは私はほとんどありえないので、あくまでも希望ですが。

 周りの景色なども入れることで、賑やかな雰囲気になる一方、人に集中できないと言う面も。
 そう考えていくと、シンプルに人だけ写っているのがいいのかとも思ったり。
 考えていくうちに、なかなか奥の深いものだと思えるようになってきた。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ