ネコじかけのBlog

うちの猫(シマ)とフィギュア、外猫の記録。
VOCALOID関連の話題、展示会のレポート。

タグ:GALLERY_301_due

ブログネタ
ギャラリー散策 に参加中!
2018021806「8区の図」「ある星の風景」@GALLERY 301 due。1
 8区の図。

竹村文宏個展 「ある星の風景」
 2018.2.16-2018.2.26 水休
 12:00-18:00 最終日17:00まで
 GALLERY 301 due
 神戸市中央区栄町通1-1-9 東方ビル301

 入ったところにあった作品を見て、絵具を塗り重ねて作った作品だなと思い、そのような作品が並んでいるのかなと思いつつ見ると、確かにそうなんだけど、造形的に面白い作品があったのが収穫。

2018021806「8区の図」「ある星の風景」@GALLERY 301 due。1

 「8区の図」という作品。(撮影及びブログのアップ許可もらってます。)

 同心円が描かれ、中央から直線を外側に引いた円形のキャンバスに道路や建物が細い線で立体に作られている。ジオラマみたいな作品。

2018021807「8区の図」「ある星の風景」@GALLERY 301 due。2

 これは男子が好きそうな作品だな。斜めから眺めたくなる。

2018021808「8区の図」「ある星の風景」@GALLERY 301 due。3

 中央にパラボラアンテナ。この絵の全体像を思い浮かべるとここにパラボラアンテナを置きたくなる気持ちがわかる。

 作家さんにきくと、この立体の細い線は針金みたいなものではなく、絵の具を固めたものらしい。
 なぜこういう作品を作ったのかときくと、学校で「絵具の間違った使い方」という課題が出て、それで思いついたという。
 確かに絵具の正当な使い方ではないよな。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ブログネタ
ギャラリー散策 に参加中!
旅と鉄道写真展2014
 2014.4.18-2014.4.27 月休
 12:00-19:30 最終日17:00まで
 メリケンギャラリー
 神戸市中央区波止場町6-5 上屋SO-KO 2F

 展示点数の少なさと、充実して無さが際立つ。
 あまり来ることもないけど、その理由としては展示自体がどうもつまらないからというのもある。
 久し振りに訪れてみたもののやっぱり面白くない。

ワタナベミツヒロ作品展
 2014.4.24-2014.4.29
 11:00-18:00
 神戸波止場町TEN×TEN
 兵庫県神戸市中央区波止場町6-5

 この展示場の雰囲気の暗さがどうも取っ付きが悪い。
 偶然、ライブの時間に来れたのがよかった。
 作品的には私の趣味には合わないかな。

YUMIKO ONO EXHIBITION「LANDSCAPE」
 2014.4.19-2014.4.29 水休
 12:00-18:00
 GALLERY 301
 神戸市中央区栄町通1-1-9 東方ビル301

 ドライアイスを用いた作品。
 水槽の中のジオラマにドライアイスでスモークをかけた作品はもう少し工夫すればもっと面白くなるような気もする。
 GALLERY 301はネットでの情報発信をもっとしてくれたほうがありがたい。

堀尾貞治展
 2014.4.19-2014.4.29 水休
 12:00-18:00
 GALLERY 301 due
 神戸市中央区栄町通1-1-9 東方ビル3F

 堀尾さんの精力的な活動はすごいもんだと思う。
 作品自体はどうも。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ブログネタ
ギャラリー散策 に参加中!
行ってきたで。
 心に残る作品を求めて・・・。

<20130226 堀健展「ちいさな水たまり」>
 2013.5.17-2013.5.27 水休
 12:00-18:00
 GALLERY 301
 神戸市中央区栄町通1-1-9 東方ビル301

 DMを見て、今までの作風とは全く違うものではないかと思っていたが、その通りだった。

 水滴をイメージさせる木の彫刻とその頭に載せられたプラスチックの輪っか。
 今回のテーマは水らしい。

 壁に作られた棚に小さな作品が並べられている。
 土台に用いられている木は3種類。それぞれの木の色、風合いが異なる。
 そして、その上にはプラスチックの輪っか。
 ホースで水を飛ばして振った時に不規則に踊る軌跡を思わせる。

 ここにまで来て、不意にこれらが動き出すんじゃないかと気を緩めずに観察している自分がいた。
 しかし、今回の作品は躍動感はあったものの、動くことはない。

 今までの磁石を使った作品のミニチュアがあった。
 赤いボタンを押している間、それぞれ砂鉄の波打つ様子、カプセルがコロコロ転がる様子を見ることができる。

 これがなければ、彼の作品展とは思わなかったかも知れない。

<20130227 大橋麻里子個展「名もない街」>
 2013.5.17-2013.5.27 水休
 12:00-18:00
 GALLERY 301 due
 神戸市中央区栄町通1-1-9 東方ビル3F

 以前見た作品は「雨」をモチーフにしていて、少し物悲しくも落ち着く雰囲気だったように記憶しているが、今回は街並みをモチーフに、明るい雰囲気に仕上げている。

 街並みであることはわかるものの、特定の場所などはわからない。
 どこともわからない街をおぼろげに眺めている感じを味わえる。

<20130228 Gilbert Garcin写真展>
 2013.5.18-2013.6.30 月火祝休
 12:00-18:00
 TANTO TEMPO
 神戸市中央区栄町通2-1-3 謙昌ビル3F

 コラージュ写真の展示。
 デジタル的にコラージュしているのではなく、写真を切り取って貼り付けるなどして作られた作品と言うことだが、下手にしてしまえば陳腐なものになってしまうのだろうけど、それがまた上手く仕上げている。

 写真が示しているメッセージもとても上手く練られていて、単純に見ているだけでも面白い。

 このアイデアを生み出す作家さんの思考にも感銘を受けた。

<20130229 「Self Portrait」写真展>
 2013.5.14-2013.5.19
 12:00-19:00 最終日18:00まで
 Kobe 819 Gallery
 神戸市中央区海岸通4-3-17 清和ビル37号

 自分自身を被写体とする写真展。
 撮影法もカメラを自分の方向に向け、どこかに置いて、オートやリモコンで撮影するのもあるだろうし、レンズをこちらに向けてノーファインダーで撮ったり、鏡に映して撮ったり、様々だろう。

 自分自身が撮影者なので、人に見せないような一面も写真に収められているのだと思う。
 しかし、それを改めて人に見せるというのは一体どう言う心境なんだろうか。

 ばっちり自分の顔を写している写真からは芯の強さを感じるように思う。
 顔がはっきりわからない写真からは雰囲気やどちらかと言うとネガティブな心象を表現しているようにみえる。

 最後の作品はツッコミ用ですか?

<20130230 2013年度シュピーゲル選抜写真展>
 2013.5.17-2013.5.23
 10:00-19:00 最終日14:00まで
 富士フイルムフォトサロン大阪 スペース1
 大阪市中央区備後町3-5-11 富士フイルム大阪ビル1F

 長年続く写真クラブの選抜写真展。
 宮崎shihiroさん、sophieさんが出展。

 モノクロフィルム写真の宮崎shihiroさん。
 ロープが中心に通っている作品は以前も見た記憶があるが好きな作品。

 sophieさんのカラーなのにモノクロチックな作風は今回も発揮。
 小鳥の形の板みたいなものの写真はバーディーをイメージ?

<20130231 マツシマススムとグループ展>
 2013.5.17-2013.5.23
 10:00-19:00 最終日14:00まで
 富士フイルムフォトサロン大阪 スペース2、3
 大阪市中央区備後町3-5-11
 富士フイルム大阪ビル1F

 どこかの山の夜の登山風景の写真がとても美しかった。
 登山道を登る登山者の灯りを長時間露光で線にしている、
 眼下の街の夜景も相まってとても幻想的。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ブログネタ
ギャラリー散策 に参加中!
行ってきたで。
 心に残る作品を求めて・・・。

<20130134 樋口尚展「連続〜つなぐ〜」>
 2013.3.4-2013.3.24
 11:00-19:00
 アトリエ2001
 神戸市灘区城内通5-3-8

 新聞紙見開きを半分に切って、それを少し重ね合わせて貼る。
 そうして貼られた新聞紙が壁やら床やらに連なっている光景。

 誰もいないアトリエで新聞紙が連なっているのを眺める。
 アトリエの室内の状態が雑念としているせいか、どこまでも安っぽく、またしっくりしている。

<20130135 樋口尚展「連続〜つなぐ〜」>
 2013.3.16-2013.3.27 金休
 11:00-19:00 最終日17:00まで
 アトリエ苺小屋
 神戸市中央区下山手通2-13-10 聯合ビル503号室

 アトリエ2001のコラボ企画。
 ここの展示はアトリエ2001とは違って糸を使った作品。

 木板にネジを複数付け、そこに様々な色の糸を絡めて作る作品。
 この作風の方が珍しいものだと言う。

 糸の絡み具合が多角形を作り出し、クモの網のようにも見える。

<20130136 SHIHO FUJIWARA 風の軌跡供
 2013.3.15-2013.3.25 3/20水休
 12:00-18:00
 GALLERY 301
 神戸市中央区栄町通1-1-9 東方ビル301

 和紙と墨の作品。
 和紙を折り、墨溜まりに浸けることで和紙を染める。
 ある程度の濃さはコントロールできるので、グラデーションなどを付けることはできるが、ムラが出ることで味わいのある色合いになっている。

 隣の部屋に過去の作品の写真があったが、ここにも興味深い作品があった。
 和紙を墨で染めたパーツを壁面を被覆する作品。
 パーツが不規則な形なところが面白い。
 実際の作品を見てみたい。

<20130137 荷札人たち&ココの詩たち展・支倉隆子>
 2013.3.15-2013.3.23 水休
 12:00-18:00
 GALLERY 301 due
 神戸市中央区栄町通1-1-9 東方ビル3F

 荷札に色を付け、何やら言葉を付けた作品。
 壁には言葉遊びの詩。

 どうもピンとこない。
 まあ、そんなものなんだろう。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ