ネコじかけのBlog

うちの猫(シマ)とフィギュア、外猫の記録。
VOCALOID関連の話題、展示会のレポート。

タグ:GALLERYはねうさぎ

ブログネタ
ギャラリー散策 に参加中!
2012070501行ってきたで。
 心に残る作品を求めて・・・。

<20130351 佐々木伸佳硝子展>
 2013.9.17-2013.9.29 9/23月休
 12:00-19:00 初日15:00から 最終日17:00まで
 ギャラリーにしかわ
 京都市中京区河原町四条上ル塩屋町332 マロニエビル2F

 レース技法で制作されたガラス作品。
 ガラス容器の表面や内部に細く白い線が見事な模様を描き出す。

 皿などの表面のレース編みのような模様も美しいのだが、ガラスの内部に広がる白線もどても美しい。
 これはガラスの中に三次元空間の座標を取ったように見え、ガラスの中に広がる空間の重力場を示しているようだ。
 こんなふうに力が働いて・・・・みたいな。
 ガラスの中に宇宙を見たような気がする。

<20130352 つもとみらい個展「せをはやみ」>
 2013.9.24-2013.9.29
 12:00-19:00 最終日17:00まで
 GALLERYはねうさぎ
 京都市東山区夷町158 神宮道ビル2F

 赤い糸を部屋に張り巡らせた作品。

 片方が釘に結び付けられた糸がもう片方で束ねられ、床へ垂れ下がる。

 赤い糸と言うと運命の赤い糸を連想させるが、そう言う意図があるのだろうか。

<20130353 山田那美個展「窓を描く」>
 2013.9.24-2013.9.29
 12:00-19:00 最終日17:00まで
 GALLERYはねうさぎ
 京都市東山区夷町158 神宮道ビル2F

 部屋の入口にあった透明アクリル板に描かれた街並みの風景。
 街並みは白い線で簡略化されて描かれており、一見パズルのようにも見える。

 そしてそれがスポットライトに照らされ、すぐ下にある台に影が映る。

 アクリル板上の白い線と台に映る黒い影の線との組み合わせが妙にしっくりくる。
 光と影、白と黒の対比がいい感じ。
 簡略化されたものだから、何も考えずに入ってくる感じがする。

 この白い線は紙を切って作ったもの。
 それを支えるのにアクリル板を用いている。

 この作品ができるまでは窓から見える街並みをクレパスや岩絵の具で描いていたが、線のシャープさを出したいとの考えで、この方法に行き着いたとのこと。

 この後で見た岩絵の具で描かれた街並みもカラフルで質感があり面白い仕上がり。

<20130354 稲富春奈「存在のあと」>
 2013.9.24-2013.9.29
 12:00-19:00 最終日17:00まで
 KUNST ARZT
 京都市東山区夷町155-7 2F

 タイトル通り、存在そのものではなく、その「跡」を鑑賞する。

 温度計を添えた氷が溶けていくのを鑑賞。
 もっとも今日は氷は溶けた後で、その痕跡として水を通す穴を開けられた氷を載せていた台には添えられた温度計が落ちていて、その台の下に水が溜まっている。
 私はそれを見る。

 シャーレにオブラートを敷いたもの。ここに作家さんが育てている植物へやった水が葉から落ちる一滴をここに落とす。
 その一滴の水の跡がオブラートに残る。
 私はそれを見る。

 ギャラリーの外に面した窓も作品だと言う。
 作家さんの展示が決まってから窓掃除を辞めてもらい、展示期間の最初に作家がその窓の一部拭き取る。
 そこには展示期間中についた付着物が溜まる。
 その跡を私は見る。

 そしてまだ作品があった。
 帰りに小さな封筒を渡される。
 中にはオイルが少量つけられていて、体温程度で溶け、香りが出る。それを温めて匂いをかいで欲しいとのこと。

 展示を見て、恐竜の足跡の化石を想起させる。
 恐竜そのものではなくても、恐竜がいたことがこの化石でわかる。
 跡でそのものの存在を感じることができる。

 帰宅して貰ってきたオイルをかいでみた。
 何の匂いなのかわからないけど、ちょっとスッとした匂い。

<20130355 生駒啓子陶展-確かなもの 不確かなもの->
 2013.9.24-2013.9.29
 12:00-19:00 最終日18:00まで
 ギャラリー恵風 1F
 京都市左京区丸太町通東大路東入ル南側聖護院山王町21-3

 直径1.5mほどの輪が二つ。
 どちらも陶器でできていて、30cm×50cmほどの陶板をつなげて作られている。
 片方が黒く、片方は白い。
 黒いのが確かなのか、白いのが確かなのか、そこら辺はわからないし、そこに当てはめるのが正しいのかもわからないけど、考えることはそんなところかと思いつつ輪っかを眺めていた。

 作家さんの知人らしき人が2人いて談笑されていたので、ついに思ったことを言えなかった。
 「この中に入っていいですか?」
 言ったらよかったかなぁ。

<20130356 植田麻由展「A Lump of Feelings」>
 2013.9.24-2013.9.29
 12:00-19:00 最終日18:00まで
 ギャラリー恵風 2F
 京都市左京区丸太町通東大路東入ル南側聖護院山王町21-3

 カラフルでちょっと変わった形の陶器が並んでいる。
 しかも一部の作品は触っていいという。
 特に立体物の作品は本当のところ触りたくて仕方がない。
 商品として売られているものは触ってもいいところが多いが、ギャラリーとなると触っちゃダメっていうところが多いので、こういうのは嬉しい。
 しかも面白い形をした陶器なので、触りがいがあるというか。

 カラフルな色遣いも手伝ってか、何だかウミウシを思わせる作品や、バネ状の形をした作品が触りがいが特にあった。
 バネ状の形なんてちゃんと作れるんだなと思う。
 私が思っている以上に陶器は自由だな。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ブログネタ
ギャラリー散策 に参加中!
2012070501行ってきたで。
 心に残る作品を求めて・・・。

<20130320 「ズレ」兇修3 林勇気展「the world-つづきのための地図-」>
 2013.9.3-2013.9.15 9/9月休
 12:00-19:00 最終日17:00まで
 ギャラリー揺
 京都市左京区銀閣寺前町23

 5年前に作家さんはこのギャラリーで個展を開き、その時アトリエからギャラリーまでの写真を数多く撮影していた。そして、今回も同じようにアトリエからギャラリーまでの写真を撮影。
 それらの写真をプリントし、それを作家さん本人が手で一枚一枚重ねて行く光景をビデオ撮影し、それをギャラリーで映像を公開している。

 その映像を見た後に暗い部屋へ。
 プロジェクターで壁に写された映像。
 暗い背景に釘やゴミのような小さいものが右から左へ流れていく。
 そのゴミたちをある個数囲っている白い長方形。
 何とも不思議な映像をじっと見つめる。

 そして、最後に見るのがギャラリーの庭の奥にある塀と建物の隙間。
 iPadが置かれ、そこから見える光景と先ほど暗い部屋で見たゴミの流れが合成された映像があった。

 一貫しているのが時間の流れを表現しているということか。
 時間の流れは止められない。
 5年前と今とでは同じ道程でも違う景色が広がる。
 たまゆらんの看板が写っている写真もあった。
 おそらく5年前はなかったんだろう。
 そういうところからも時の流れを実感することができる。
 5年というのは思ってみれば結構長い。
 記憶も結構曖昧になってる。
 これを見て、自分も5年前を振り返ってみたくなった。

<20130321 猫毛祭りin京都 第5回FINAL 〜ネコケもネガイもつめこんで〜>
 2013.9.11-2013.10.15 不定休あり
 12:00-22:00
 ごはんcafeたまゆらん
 京都市左京区浄土寺西田町108-4

 昨年11月にキトゥンカンパニー(京都)で最初に開催されたこのシリーズ。
 ファイナルで再び京都に戻ってきました。
 猫毛フェルトの作品が瓶の中に入って展示されています。

 蔦谷さんのカレンダー形式の作品。メンバーさん達の作品たち。
 最初に見たキトゥンカンパニーでの展示を何となく思い出す。
 再び会った猫毛フェルト作品から、あちこちに旅立った時間を何となく感じることができた(ような気がする)。

 何となくゆるく眺めるのがこれらの展示には似合っているような気がする。
 何となく。
 猫毛だしね。
 何となくゆったりとした時間が流れていくのがいい。

 猫毛祭り

<20130322 星野高志郎×寺澤映美>
 2013.9.3-2013.9.15 9/9月休
 12:00-19:00 最終日17:00まで
 GALLERYはねうさぎ
 京都市東山区夷町158 神宮道ビル2F

 ギャラリーはねうさぎが再開、場所は元々あったところの道を挟んだビルの2F。
 とは言うものの、私ははねうさぎにかつて一度も行ったことはなかった。
 だから、今回が初めて。

 星野高志郎さんの作品は紙に森や滝など、自然の風景を書いて天井から吊るしたもの。
 作品の中を歩いて行くと、自然の中を散策しているかのような感じを受ける。

 寺澤映美さんの作品。
 星野さんの作品とは全く変わって、金属を組み合わせた幾何学的な立体作品。
 大きな作品が二つあり、ドーナツ型や正方形の枠を組み合わせ、ボルトで固定したもの。
 その組み合わせとシンメトリーが美しい。

 鏡のように磨かれた表面に作品の一部や鑑賞者の姿、ギャラリーの壁や天井が映り込むのも、周囲も作品の一部としているのかなと感じた。

 小さな作品が一つ。
 正方形の中に正三角形が一つの角で接続されているパーツを90度回転させて積み上げている。
 小さい分、作品自体の映り込みが万華鏡のようになっている。
 もう少し光を当てた方が見応えがあったかも知れない。

<20130323 選抜展2013>
 2013.9.7-2013.9.15 月火休
 13:00-18:00 最終日10:00-13:00
 gallery C.A.J.
 京都市中京区富小路御池下る松下町129

 出展作家:東亨、福田笑子、山崎知子、大村志帆、小林那菜子、吉川卓 各氏

 東亨さんの作品。「水と最上川」

 この作品だけがDMを見た時から何とも謎だった。
 他の作家さんの作品はアクセサリーとして機能することは一目見てわかった。
 しかし、彼の作品だけは写真ではよくわからない。

 実際この目で見て、やはり他の作品とは違うことを実感できた。
 時計皿のような透明な素材(ガラス?)を二枚合わせ、中空部分に水を入れているのだが、題名からするとこの水は最上川の水を入れているのかと思いきや、作品に添えられた次の言葉でそれもあやふやとなる。

 水は最上川に行くか、行かないか
 水はどこから来たか
 何をしていたか

 コンテンポラリージュエリーの範疇かと言われると疑問なところはあるが、このような作品も取り入れるのもありかな、私としてはこういうのも面白いと感じる。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ