ネコじかけのBlog

うちの猫(シマ)とフィギュア、外猫の記録。
VOCALOID関連の話題、展示会のレポート。

タグ:CAS

ブログネタ
ギャラリー散策 に参加中!
2012070501行ってきたで。
 心に残る作品を求めて・・・。

<20130307 槙下晶個展「猫とワイルドキャットたち2013」>
 2013.9.5-2013.9.10
 11:00-19:00 初日12:00から 最終日18:00まで
 ギャラリー4匹の猫
 大阪市北区茶屋町5-2

 絵本「アミューズメントミュージアム」の原画がメイン展示。
 後、来年のカレンダーの原画など。

 槇下さんのネコといえばリアルとコミカルのいいところを取った画風。
 表情豊かなネコ科の動物たちが面白い。
 今回のメインの絵本はネコ科の動物を名前付きで紹介している。
 いわば図鑑としても見ることができる。
 いつものように絵本やカレンダー、ポストカードなどの販売もあります。

<20130308 いのちの数だけ...可南 つちびと展>
 2013.9.3-2013.9.15 9/9月休
 11:00-19:00 11:00-17:00 日
 ワイアートギャラリー
 大阪市北区堂山町15-17 ACT3-1F

 陶器で作られた人や動物たちの展示。
 陶器の人型を「つちびと」と名付けているそうだ。

 人や動物たちの表情はとても優しい。とても微笑ましく見える。
 しかし、何だか物悲しさも含んでいる。
 そんな雰囲気を醸し出す作風がとても心にしみる。
 心をあたたかくさせてくれる。

 作品を外で撮影した写真がまたいい味を出している。
 場所の選び方、作品の置き方など、作品が一番生きるようなシーンを選んでいるのがわかる。
 添えられている言葉も秀逸。

 特に目を惹いた作品について綴ってみる。

 「いのちの数だけ…」
 展示会のタイトルにもあるメインの作品。
 地面にしゃがみこむ女性と大型犬、そして猫達。
 その表情から女性と犬や猫達の信頼関係が窺い知れる。

 「いつかのアルバム」
 ベンチに座った男女の間に大型犬。みんな笑顔。
 しかし、このタイトルからして何か良からぬことが起こってしまったことを想起させる。

 「一心同体」
 キジ白をお腹にのせた女性、女性とネコとのとてもあたたかい関係が伺える。
 重いけど、つながってるって感じがするんだよね。

 「手を差し出す人」
 子猫を手を差しのべる子供。
 両手の上に載せた子猫、そして歩いてくる子猫。
 同じ生命、見捨てられない、との言葉。

 「虹ねこ」
 「虹の橋」をヒントに考えだされたマスコット。
 虹色の羽が生えているネコたち。
 この作品を撮った写真がまたいい味出している。
 タンポポの綿毛との組み合わせ。

 これらの他にも作品があり、見応えがあった。
 その他、アクセサリーやポストカードの販売もあります。

<20130309 中前寛文展「Fictional Tourism シベリアへのプロローグ」>
 2013.8.31-2013.9.21 水木休
 14:00-19:00
 CAS
 大阪市浪速区元町1-2-25 A.I.R.1963 3F

 部屋に入ると、ヘッドホンを渡される。
 それを聴きながら鑑賞するとのこと。
 ヘッドホンからはロシア語?内容は全くわからない。
 そして目の前には白い筋、岩塩を砕いて敷いたそうだ。
 その先には丸い鏡が鏡面を天井に向いて吊り下げられている。
 その先の壁には胴体にヒビが入ったヴァイオリンが背中を向けてかけられている。
 そのヴァイオリンを鏡に反射された天井のライトの光が照らす。

 何もわからないいわば雑音でも頭の中を整理するには邪魔になる。
 これらの意味を考えても、なかなかまとまらない。
 そのうちに、ある場所に行くとヘッドホンから雑音が多く出ることに気がついた。
 岩塩を敷いた白い筋の上、近づけば雑音が大きくなる。
 まあ、そんなこと関係ないだろうな。

 作家さんの義伯父がシベリア抑留で亡くなり、向こうにお墓があるそうだが、墓参りをするまでこのシリーズを続けるとのこと。ヴァイオリンは遺品で、岩塩はロシアで取れた岩塩だそうな。
 それを聞いても、このインスタレーションの意味付けがイマイチわからなかったが、この感想を書いているうちにふと思いついた。
 岩塩の白い筋はロシアの義伯父の墓への道だ。
 その先に方向を指し示すように遺品のヴァイオリンが光に照らされていると。

<20130310 ANJA GERECKE & STEFAN RUMMEL展「KAPUZE Osaka」>
 2013.8.31-2013.9.21 水木休
 14:00-19:00
 CAS
 大阪市浪速区元町1-2-25 A.I.R.1963 3F

 ダンボールで作られた小さな小屋みたいなスペース。
 中に入るとスピーカーから街の様々な音が聞こえてくる。
 日頃、いちいち意識して聞いていない街の雑踏の音、駅の騒音。
 ベルリンの音と大阪の音をサンプリングしているという。
 狭いダンボールハウスの中、じっと座っているとホームレスになったような気分になる。
 彼らは街の活動をこのように聞いているのだろうか。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ブログネタ
ギャラリー散策 に参加中!
行ってきたで。
 心に残る作品を求めて・・・。

<20130068 森野忠晋写真展「猫500%」>
 2013.2.13-2013.2.25 火休
 12:00-21:00
 猫喫茶「猫の箱」
 大阪市淀川区西中島4-6-4 トムボーイビル1F

 今回は展示写真がかなり多くなっている。
 多いとは言え、もちろん手抜きとかじゃなくて、見応えのある写真が多くなっていると言うこと。

 DMのあの写真はもちろんのこと、アクティブな猫、かわいい猫など、猫の魅力あふれた写真が並んでいて、猫好きにはたまらない写真展になっている。

 このような魅力的な猫たちを撮り切る森野さんのテクニックも指摘しておきたい。

 写真を見終わったら、隣の猫ブースへ。
 本物の猫たちが待ってます。
 (写真展は鑑賞無料ですが、猫ブースは料金要ります。)

<20130069 笹岡敬展「Reflex 2013」>
 2013.2.9-2013.3.2  水木休
 14:00-19:00
 CAS
 大阪市浪速区元町1-2-25 A.I.R.1963 3F

 光をレンズに通して壁に投影する作品。
 ルーペと眼鏡に光を通したものと、フィルム一眼レフカメラのフィルム側から光を通した作品。
 カメラの方は以前見た記憶がある。

 ふーん、そんなものかと言うのは容易いし、実際見ていて楽しいものでもない。
 しかし、ルーペと眼鏡が壁に映し出すライトの形、光路の途中に手をかざしてみた時の影、カメラの逆側からの光の進み方などを考えてみると感心すると言うか納得すると言うか。
 アートと言うより光の性質を見る実験だと感じた。

<20130070 被車界シンドローム>
 2013.2.12-2013.2.17
 13:00-20:00 火-金 12:00-20:00 土 12:00-18:00 日
 ギャラリーマゴット
 大阪市西区新町1-8-24 四ツ橋プラザビル7F

 車を運転しなくなって10年は経つ。車に乗せてもらうこともあまりない。
 街中にいると車がなくても何とでもなる。
 しかし、この世の中には車があふれてる。

 道路に向かってシャッターを切れば多分写るであろう車。
 その景色は我々にとってみれば、大自然よりも当たり前に映る。
 ちょっと田舎の風景と車はやっぱりのんびりしている感じがにじみ出て、都会の風景と車はせせこましい。
 その中でも運転席に犬が乗っている車を見るとホッとする。
 何かいいなあ、この写真。

<20130071 ひとフォト●5>
 2013.2.12-2013.2.17
 12:00-19:00
 ギャラリー・アビィ
 大阪市中央区南船場2-2-28 順慶ビル212号室

 私が被写体にしないものの一つに人間がある。
 しかし、人を撮ることに魅力があることはよくわかる。
 見ていても人間は面白い。

 こう言うのを見ると人も撮っていいかなとか思ってしまう。
 でもなんやかんやで猫しか撮らないな。

 3D写真を出している方がいて、新境地を開かはったなと感じる。
 赤と青のフィルムの眼鏡を通して見る写真。懐かしい。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ブログネタ
ギャラリー散策 に参加中!
行ってきたで。
 心に残る作品を求めて・・・。

<上原浩子個展「鼓動」>
 2012.11.23-2012.12.22 日月休
 11:00-19:00
 TEZUKAYAMA GALLERY
 大阪市西区南堀江1-19-27 山崎ビル2F

 人体と植物との融合体のようなオブジェ。
 何かの実に見えるものでも、肌色で血管が透けて見える。
 人体の延長線上に植物がある感じで、あくまでもメインは人間のよう。

 一見、グロテスクにも見えるオブジェだが、植物の生命の息吹を感じる。
 グロテスクに見えるのは人間の肌をまとっているからだと思う。

<中前寛文展 "CULTURE" series 美しく快適な生活>
 2012.12.8-2012.12.29 水木休
 14:00-19:00
 CAS
 大阪市浪速区元町1-2-25 A.I.R.1963 3F

 人間の指からそこにいる菌を培養して可視化する。
 外国の紙幣を培地に載せてそこにいる菌を培養する。

 自分の指からの菌がずっと痕跡を留めて、自分が死んだ後でも増え続けることを考えると、バカバカしくもあり、楽しくもある。

 ギャラリーの中は生物の実験場の様相。
 アートは何でもありか?
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ブログネタ
ギャラリー散策 に参加中!
行ってきたで。
 心に残る作品を求めて・・・。

<岩本雅晴作品展>
 2012.8.8-2012.8.25 8/12-19休
 12:00-19:00
 ギャラリー遊気Q
 大阪市中央区伏見町2-2-6 青山ビル1F

 鉄やステンレスを材料にしたオブジェの展示会。

 洋服掛けやちょっとした椅子などの実用品、そして二科展に出展されたと言う作品。

 二科展の作品が面白い。
 テーブルと椅子、テーブルの上にはギター、つるの着いたブドウの実、カップにスプーン、ポットが置かれている。
 これが全て鉄やステンレスで作られている。
 ギターはちゃんと弦が張られてあり、弾くことができる。

 そこで弾かせてもらった。
 とは言うものの、楽器に何の素養もない私、ギターもほとんどわかりません。
 まあ、ギター演奏より、ギター自体が重いことに往生した。
 材質の違いが音に出たような気がする。やはり木とは音が違う。

<フォトパス みんなでつくるオリジナル写真集作品展>
 2012.8.9-2012.8.29 8/11-19、日休
 10:00-18:00 最終日15:00まで
 オリンパスギャラリー大阪
 大阪市西区阿波座1-6-1 MID西本町ビル

 オリンパスの写真投稿サービス「フォトパス」の写真を展示した写真展。
 色々なコミュニティがあり、その中からいくつかのコミュニティの作品が出展されていた。

 ネコのコミュニティに目が行くのは当然。
 突っ伏した状態、でも腕が曲がって頭とは逆の方向を向いている格好で寝ていたネコがとても気になった。
 とても気持ちよさそうに寝ているのはわかるが。

 他に虫のコミュニティの作品で、ある写真家さんの作品、アリの頭部の表面の状態までよく見ることのできるマクロ写真で、こういうのを見るとマクロ撮影をしたくなる。

<大木一範写真展 nontitled3>
 2012.8.7-2012.8.26 8/13-20休
 13:00-20:00 火-金 12:00-20:00 土 12:00-18:00 日
 ギャラリーマゴット
 大阪市西区新町1-8-24 四ツ橋プラザビル7F

 ギャラリーマゴットオーナーの大木さんの個展。

 どちらかと言うと自然が多い田舎方面のモノクロ写真。
 頻度の高い被写体が墓。
 ある意味夏らしい作品。

 家に囲まれた空き地にぽつんと一つ佇む墓、誰の墓だろう。
 こんなところに墓をたてると、どうも近所とのトラブルにもなりかねない。
 そんなことを考えながら写真を眺めていた。

 夏休みを挟んで再来週に一部展示替えの予定だそうだ。

<COVER>
 2012.7.21-2012.8.11 水木休
 14:00-19:00
 CAS
 大阪市浪速区元町1-2-25 A.I.R.1963 3F

 6名の作家さんが、過去にある作品を「カバー」する展示会。
 そのままズバリを出してもしかたがないので、自分なりのアレンジなりを加えることになるのだろう。

 カバーということを抜きにしても面白い作品が並んでいた。

 今村源さんの「ワイヤースケッチ」。
 とある人物の線画のスケッチをワイヤーを使って立体に仕上げている。
 ワイヤーはあのキノコの菌糸のような加工が。
 キノコはどこだと探したが見つからなかった。
 過去の参照にした作品を知らなくても十分楽しめる作品。

 笹岡敬さんのロウソクとガラスを使ったオブジェ。
 火の点ったロウソクを凹レンズ状ガラスの上に載せ、上からライトを当てることで壁に映る光と影を楽しむことができる。
 上からの光を手でかざして一部隠すと、壁に映る光が面白く形を変え、軽く息を吹いてロウソクの炎を揺らすと、ロウソクで温められた空気のゆらぎがゆらゆらと動くのが壁に映る。
 この光と影で遊ぶと面白い。

 過去の作品を見ても見なくても、その作品が面白いので、私にとっては「COVER」と言うのはあまり関係なかったかな。

<小林美幸ドールハウス展「和みの世界」>
 2012.8.2-2012.8.14 8/7,8休
 12:00-19:30
 ART HOUSE 1Fギャラリー
 大阪市西区北堀江1-12-16

 ミニチュアのドールハウスの展示会。

 この人の金魚の作品を見たら、すごいことがわかる。
 それ以外にも屋台やら店やら、とても見応えのある作品が並んでいる。

 パン屋のドールハウス。パンの作りこみが尋常ではない。
 これだけ細かい作業をこんなにたくさんのパンに施すことがよくできるもんだと感心する。

 高山の屋台、さるぼぼの人形が売られている。この小さい人形も形をちゃんと作られているのが驚きだ。

 相変わらずの惚れ惚れする作品だった。

<fotofabrica 2012>
 2012.8.6-2012.8.19 水休
 12:00-20:00 最終日18:00まで
 Acru Gallery
 大阪市中央区南船場3-7-15 北心斎橋サニービル西側B1F

 写真と手作りの作品をセットで展示する作品展。
 おいそれと出展できないなと思える作品のクオリティの高さが光る。

 木の表面に直接写真を印刷したピアス掛けとピアスの作品、ネコの写真を採用していたために注目。
 ピアス抜きでも良かった? いやいや、とてもおしゃれな作品でした。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ブログネタ
ギャラリー散策 に参加中!
絵画鑑賞。シマ
 魅力的な作品はどこにある?

neutral production展
 2012.6.16-2012.7.7 水木休
 14:00-19:00
 CAS
 大阪市浪速区元町1-2-25 A.I.R.1963 3F

 暗闇の中、発泡スチロールの小さい粒を空気で吹き上げ、それをライトで照らして粒の挙動を見ることができる展示。

 定期的に吹き上がる発泡スチロールの粒、それを照らす光線によって見える形が変わってくる。
 全体を照らすライトの時は、粒が噴水のように見える。
 スリットのように薄いライトがスライドする時は、粒の集合体の断面を見ることができる。
 そして、スリットを十字形にした時には粒の平面が十字に交わっているのが見える。

 これは3次元空間の平面を視覚化するものとして応用できそうだ。

 浮遊する粒を見ていると、結構高いところまで上がっているものもあったことが意外だった。

 そんな物理的なことはさておいても、光に照らされた粒の集合体は見ているだけできれいで、何だか心が安らぐ感じ。
 吹き上がった上の方の粒はまるでホタルのようにフワフワ舞うのも面白い。

 この発泡スチロールの小さい粒を見ていると、昔、兵庫県立美術館での体験型展示を思い出した。
 発泡スチロールの小さい粒が敷き詰められたエリアに作品が埋まってるもの。
 あれは面白かった。(2005.7.22 ■2005年度コレクション展供兵庫県立美術館 に行ってきました。

 neutral production展
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ブログネタ
ギャラリー散策 に参加中!
絵画鑑賞。シマ
 魅力的な作品はどこにある?

<Metal Accessories & Watch Exhibition -彩人->
 2012.5.18-2012.5.24 日休
 11:00-18:00
 デ・クレアギャラリー&ショップ
 大阪市西区新町1-7-5 プロスペリタ四ツ橋2F

 雑貨店のアクセサリー展示。
 木板と金属板を積み重ねたものを削って作り上げている。
 木の柔らかさを前面に出し、金属のシャープさを上手く組み合わせたアクセサリーは見応えあり。

 ジグソーパズルのピース1つ1つをネックレスに着けるようにしたアクセサリーが気になった。

<柳本明子展>
 2012.5.12-2012.6.2 水木休
 14:00-19:00
 CAS
 大阪市浪速区元町1-2-25 A.I.R.1963 3F

 刺繍作品。
 透明なビニールシートに太い毛糸または針金を使い、街中のごく普通の光景をスケッチしている。
 かなりリアルな刺繍から、シルエットで表現したものまで、見ているのが楽しい。
 屋内なのでDMにあるような青空に透かす展示は見られなかったが、十分面白い。

<柴田精一展「ねじれ世界をねじあける」>
 2012.5.7-2012.5.26 日休
 12:00-18:00
 ギャラリーほそかわ
 大阪市浪速区元町1-2-25 A.I.R.ビル3F

 木版画作品。
 ただ木板を彫っているだけではなく、折り紙のように折り曲げて半立体に仕上げている。
 壁の直角に合わせて黒猫がいたりするのが楽しい。
 DMの作品より他の作品の方が面白いが、DMにするならこの作品だろうな。

<Cats41+ vol.1 猫好きによる4人の猫写真展>
 2012.5.18-2012.5.20
 12:00-19:00 最終日17:00まで
 雑貨屋+ギャラリーディザネ
 大阪市中央区瓦屋町1-5-23

 猫が三度の飯より好き?な4人のおねーさん達の猫写真展。
 写真を眺めていると、ああ、あの人らしいなと思えてくる。
 盛り上げるとこはちゃんとおさえて、上手くまとめてるところは見習いたい。

 まとめると・・・
 やっぱり母にはかなわない。
 昔ながらの三毛猫、ふっくらチャーミング。
 庭でのワイルドさと家でのチャーミングさの比較検討。
 スイーツにゃんこは二度美味しい。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ