ネコじかけのBlog

うちの猫(シマ)とフィギュア、外猫の記録。
VOCALOID関連の話題、展示会のレポート。

タグ:番画廊

ブログネタ
ギャラリー散策 に参加中!
絵画鑑賞。シマ
 魅力的な作品はどこにある?

<愛猫狂>
 2012.5.18-2012.5.26 日休
 11:00-18:00 月-金 11:00-17:00 土
 乙画廊
 大阪市北区西天満2-8-1 大江ビルヂング101

 トヨクラタケルさん
 切り紙とフェルトを用いた作品。
 家の窓から巨大猫のしっぽが出ているのは見ていて面白い。

 中野範章さん
 メタルアート
 ダンボール箱に入った捨て猫、手足の関節が動かせたりしそうなのは嬉しくなってくる。

 榮真菜さん
 卵テンペラ画
 猫の横顔の絵が目を惹いた。
 ありのままの猫の絵。猫の存在感が伝わってくるよう。
 ポートフォリオを見ると、機械と融合した臓器の絵があり、無機質と有機質の緩やかな結合の美しさを感じた。
 他の作品を見てみたいと思わせる。

<小曽根環展-風の軌跡->
 2012.5.21-2012.5.26
 11:00-19:00 平日 11:00-17:00 土
 番画廊
 大阪市北区西天満2-8-1 大江ビル1F

 木目柄を布にプリント。
 木目調の柄はオフィスなどに貼られているとオシャレな感じ。

<猫科の7人の女と、オス猫>
 2012.5.15-2012.5.26 月休
 12:30-19:30 火-土 12:30-17:00 日最終日
 ギャラリー びー玉
 大阪市北区紅梅町2-6 昭和ビル206号室

 桐山暁さん
 銅版画、雑貨。
 画風が好み。柔らかく包み込むような感じ。
 透明樹脂にコラージュしたアクセサリーあり。

 天野千恵美さん
 立体、絵画。
 小さな猫の置物は可愛らしく、うまいこと考えてるなと感心する。

<19CUBES>
 2012.5.17-2012.5.27 5/21月休
 13:00-19:00 火-土 13:00-17:00 日
 ART COCKTAIL
 大阪市北区天神橋2丁目北1-1 久徳ビル2F

 1辺30cmの立方体の木箱を使って作家さんたちが表現する展示。

 薫る石さん
 shaking hands
 引き出しの取手が小さな人間の手。触ってみると何だかしっくりくる。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ブログネタ
ギャラリー散策 に参加中!
絵画鑑賞。シマ
 魅力的な作品はどこにある?

<武田美幸展>
 2012.4.23-2012.4.28
 11:00-19:00 平日 11:00-17:00 土
 番画廊
 大阪市北区西天満2-8-1 大江ビル1F

 コラージュ作品。
 ガラスを使ったレイヤーで半立体に仕上げているところは面白い。
 作風は勢いがあり、表現の自由さを感じる。

<蛇目展>
 2012.4.24-2012.4.29
 13:00-19:00 最終日17:00まで
 ART COCKTAIL
 大阪市北区天神橋2丁目北1-1 久徳ビル2F

 様々な色のアクリル絵の具を塗り重ね、その層を彫刻刀で削ることで面白い柄を出す。
 面白い製作法を思いついたものだと感心する。
 サイケデリックな色彩と表面の削られた凹凸が良い感じにマッチして面白い。

<Spring Photo Collection 2012 part1>
 2012.4.19-2012.5.2
 11:00-18:00
 MAG南森町アートギャラリー
 大阪市北区東天満2-10-16

 題から、桜やその他の花の写真が多い。
 何やら桜の花の色が私好みではないのか、なんだかチカチカした。

<銅版画三人展>
 2012.4.24-2012.4.29
 12:00-19:00 最終日17:00まで
 MU東心斎橋画廊
 大阪市中央区東心斎橋1-12-14

 銅版画作品。
 コップに入ったジュースに見立てた作品がユーモアがあり面白いと感じた。

<サクライロ●7>
 2012.4.24-2012.4.29
 12:00-19:00
 ギャラリー・アビィ
 大阪市中央区南船場2-2-28 順慶ビル212号室

 桜にまつわる写真展。
 皆さん、セオリー通り桜の花に絡めていたが、その中で9つの店の桜餅の写真があった。
 なんだかこれに全部持って行かれた感じ。少なくとも私の中では。

<ハナテンvol.11>
 2012.4.24-2012.4.29
 13:00-21:00 火-金 13:00-21:00 土 13:00-18:00 日
 BEATS GALLERY
 大阪市中央区南船場2-7-20 大阪屋安堂寺橋ビル4F

 恒例の花の写真展。
 ここの面白いところは投票で好きな写真3つ、嫌いな写真3つを選ぶ投票があるってところ。
 好きなのはともかく、嫌いな写真って選びにくい。
 しかし、嫌いなものも書いていく。
 そのせいで、写真のイメージが頭から抜けていく感じがする。
 振り返ってみたら強く印象に残ったものがない。
 数が多いということもあるし、花という被写体と言う事もあるのかも知れない。

 なんだか、作品よりも投票システムに気が行ってしまった感がある。

<Photobackセレクション展>
 2012.4.24-2012.5.6 水休
 12:00-20:00 最終日18:00まで
 Acru Gallery
 大阪市中央区南船場3-7-15 北心斎橋サニービル西側B1F

 フォトブックの展示会。
 これだけフォトブックがあったら、どれを見るか迷うし、全ては見られない(見る気になれない)。
 手に取ったものは全て猫写真だった。
 これは自分がねこてんに出す写真をまだ決めかねているということもある。
 選ぶのに困るほどたくさんあるので、きっと自分が気に入ったブックが見つかるでしょう。

<肖像写真>
 2012.4.24-2012.4.29
 13:00-20:00 火-金 12:00-20:00 土 12:00-18:00 日
 ギャラリーマゴット
 大阪市西区新町1-8-24 四ツ橋プラザビル7F

 ポートレートの展示会。
 私的にはポートレートはカラーの方が好き。
 特に女性は華やかに撮った方がいいかなと思ってます。
 人を被写体にするのは私はほとんどありえないので、あくまでも希望ですが。

 周りの景色なども入れることで、賑やかな雰囲気になる一方、人に集中できないと言う面も。
 そう考えていくと、シンプルに人だけ写っているのがいいのかとも思ったり。
 考えていくうちに、なかなか奥の深いものだと思えるようになってきた。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ブログネタ
ギャラリー散策 に参加中!
絵画鑑賞。シマ
 魅力的な作品はどこにある?

<松田 彰展「言葉のように」>
 2012.4.16-2012.4.21
 11:00-19:00 平日 11:00-17:00 土
 番画廊
 大阪市北区西天満2-8-1 大江ビル1F

 真っ黒に塗られた板が壁に貼られている。これが作品。
 ベニア板に紙を貼り付けて、溝をところどころに配置して、後は鉛筆で塗っていくと言う製作法。
 何かを描き出すというより、何が描き出されるかを見る。
 無心に鉛筆で塗る(作家は描くと言っていた)と、ここはこうしたいああしたいというのが出てくる、それのままに鉛筆を走らせるとのこと。

 見ているうちに、ところどころの紙の端の線が出てきてみたり、鉛筆の線の流れを見たり、そういうところが見えてきた。
 そういうのを感じるのがいいのだろうか。

<CAUSE ON THE SURFACE-不透明な層の潜みと湧出する光>
 2012.4.16-2012.4.21
 11:00-19:00 平日 11:00-17:00 土
 Oギャラリーeyes
 大阪市北区西天満4-10-18 石乃ビル3F

 2人の作家の展示会。
 特にモチーフもなく描いていると言う作家の作品、それで何かを感じてくれという。
 確かに眺めていくうちに何かの景色に見えてきたりしたが、まあ、そういうのを感じて欲しいのだと解釈してみる。

<高田陽三展「Modeling Sound Project 第1章 AIR "first verse"」>
 2012.4.7-2012.4.28 日月、5/20,21休
 12:00-19:00
 YOD Gallery
 大阪市北区西天満4-9-15

 作家は音を可視化したいという欲求を果たすために様々なチャレンジを行なっているという。
 今回は音を伝える「空気」を表現したいとのこと。
 それで、赤い正方形の中に白いドットがランダムに出てくるものを壁に投影し、その光を複数の鏡を使って反射することで、光の筋を創りだす。
 その光の筋を、空間にスモークを焚いて可視化する。

 これがまた面白い。
 最初は部屋の暗さに慣れていないからあまり見えてこないが、慣れてくると光の筋が様々な方向から走っているのが見える。
 場所を変えて眺めることで、光の筋の見え方も変わり、作者の意図などがわからなくても充分楽しめる。
 もっと大きなところでやると面白そうだ。

<堀田文昭写真展>
 2012.4.13-2012.4.23
 10:00-18:00 10:00-12:00 4/22 最終日16:00まで
 西天満千寿ビル5階ギャラリー

 水面を撮っている写真家の作品展。
 風景などの写真も飾られているが、水面の写真が最も光っていた。
 水面の光沢、波紋がとてもうまく表現されていると感じた。

<新谷麻木新作展>
 2012.4.8-2012.4.18
 11:00-18:00 平日 11:00-17:00 土日
 ギャラリー風
 大阪市中央区北浜2-1-23 日本文化会館9F

 陶芸作品。
 とても素朴て、そして可愛らしい作品が並ぶ。
 動物などがモチーフになっており、表面には太陽をイメージした彩色。
 力強さも感じる。

<New York.「Looping NY.」>
 2012.4.18-2012.4.22
 11:00-19:00 最終日17:00まで
 ギャラリーアルテスパーツィオ
 大阪市北区曽根崎新地2-1-13 巽住宅梅田ビル302

 3部作の最終。動画作品。
 動画と言っても、あっと驚かせたりするものではなく、NYの様々な場所や人々の営みを淡々と記録しているショートムービーがiPadで見ることができる。
 一生懸命見るというより、眺めているのがいいのかも知れない。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ブログネタ
ギャラリー散策 に参加中!
絵画鑑賞。シマ
 魅力的な作品はどこにある?

<瀬川公馨展>
 2012.4.5-2012.4.14 日休
 11:00-18:00 月-金 11:00-17:00 土
 乙画廊
 大阪市北区西天満2-8-1 大江ビルヂング101

 油絵の抽象画。
 どちらかと言うとダークなイメージ。
 サブタイトルに「TSUNAMI」とあるので、東日本大震災のこともあるのだろう。 
 抽象画はその作品だけで作者の意図を掴むのは至難の業だと感じる。
 簡単に言えば「わからん」(笑)

<坂井淳二展-Lluna de Febrer->
 2012.4.9-2012.4.14
 11:00-19:00 平日 11:00-17:00 土
 番画廊
 大阪市北区西天満2-8-1 大江ビル1F

 リトグラフと手書きの作品。
 紙なのに床材のような光沢があるのは何重にも版を重ねているから。
 格子状や菱形などのシンプルなデザイン。
 ポートフォリオを見ると、以前の作品と比べてデザインの基本は変わっていないがシンプルになっていっている。
 立方体の作品も以前はあったようだ。

 デザインの複雑さから、色の濃淡などをアピールする作風に変えていったということだろう。
 立体好きからすると、立方体の作品を見てみたかった。

<outdoors>
 2012.4.11-2012.4.20
 12:00-19:00 最終日17:00まで
 ハッテンギャラリー
 大阪市北区西天満4-8-5 衣笠ビル4F

 ふらふら外に散歩に出かけたついでに撮ってきたって感じの写真展。
 それ以上でもそれ以下でもないという感じ。
 まあ、そんなもんです。

<女子会2012>
 2012.4.9-2012.4.18
 11:00-18:00 11:00-17:00 日
 瀧川画廊
 大阪市北区西天満4-5-7

 写実画の女性の絵が目を惹く。
 目を惹くが、もうちょっと頑張ってもらいたい。

<ペインタリネス2012>
 2012.4.3-2012.4.21 日休
 11:00-19:00 平日 11:00-17:00 土
 ギャラリー白
 大阪市北区西天満4-3-3 星光ビル2F・3F

 分厚く塗った絵の具の一部をはがして木を表現している絵がうまいこと工夫しているなと感じた。
 絵のようでもあり版画の版のような感じでもあり。

<下和弘展>
 2012.4.9-2012.4.28
 11:00-18:00
 アートサロン山木
 大阪市北区西天満4-7-17 サンレガシー1F

 陶器の展示。
 デザインが素晴らしい。
 カエルやヤモリ、鳥、ヘビ、昆虫などをモチーフに、容器の蓋の立体的なデザインが目を惹く。
 陶器でここまで細かく表現できるものなんだなと感じさせる。
 荒々しくゴツゴツした焼き物より、こういう緻密な作品の方が好み。
 重箱のような作品もこの形状を焼き物で仕上げて維持している、その技術に惚れ惚れする。
 容器の中に描きこまれた絵も美しく、また細かい。
 これを作るのには相当な技術と時間が必要だろうなと感じる。

 この作品を見ることができてよかった。

<ANIMAL SPIRIT>
 2012.4.14-2012.4.15
 12:00-20:00
 hitoto
 大阪市北区天満3-6-3 鉄道広告社ビル2F

 動物園、サファリパークで撮影した動物写真。
 動物園内で撮ったとは思えないくらいの自然さ。
 動物たちの一瞬の表情を捉えた作品が光る。

 パンダがツボでした。


 ちなみに、今日行った番画廊、瀧川画廊、ギャラリー白、アートサロン山木は、FESTART大阪2012に参加しています。
 様々な分野の作品を一気に見ることができる機会ですので、興味ある方はぜひ。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ