ネコじかけのBlog

うちの猫(シマ)とフィギュア、外猫の記録。
VOCALOID関連の話題、展示会のレポート。

タグ:橘画廊

ブログネタ
ギャラリー散策 に参加中!
行ってきたで。
 心に残る作品を求めて・・・。

<20130078 第21回近畿大学文芸学部芸術学科造形芸術専攻制作展>
 2013.2.19-2013.2.24
 9:30-17:00 入場16:30まで
 大阪市立美術館 地下展覧会室(第1室)
 大阪市天王寺区茶臼山町1-82

 近畿大に芸術学科があるのはこの学科の学生をフォローする機会があって初めて知った。
 卒業制作展があると言うので見に行った。

 目を惹いた作品の感想は次の通り。

 Soft germ glasses 三木安奈さん
 グラスファイバーをちぎって成形、焼成する。確かにガラスだがそう言う手もあったかと。
 その手法に感心。

 トワトワトワ 宮本佳恵さん
 針金で人体骨格プラス背中から手が。
 千手観音像がイメージだろうな。
 背中の手がなくても目を惹きそう。

 ひぐらしい 樋口佳奈さん
 なんたって猫の絵。
 おうちのニャンコを描いているようだ。
 猫の寝ている姿など、猫の質感をうまく描けている。
 他にも犬やハムスターの絵もかわいらしい。

 信号待ち 渋谷隼人さん
 信号待ちの人たちのシルエットを織りで表現。おしゃれなタペストリーとして使えそう。

 友ヶ島第三砲台ミュージアム 尾崎篤人さん
 以前ここに撮影しに行った人の写真を見た事がある。
 煉瓦造りの建物は博物館にあっている。これは売り込みに行くべき。

 ONE TYPO -漢字とアルファベットを組み合わせたタイポグラフィ- 持永沙綾さん
 愛、新、戦、偽をそれぞれの英単語のアルファベットと記号を組み合わせて作っている。
 偽の字を反転させているところがツボ。

 バタフライエフェクト 大野彩乃さん
 各地域の動物や植物の絵を蝶の形にしている。蝶の中にまた世界が広がる感じかいい。
 我々の活動がこの動植物達に影響を与えると言う意味も込められていると思う。

 星憧 北野実加さん
 球形に筒状のパーツが載せられている陶器。
 表面の模様が木星などの模様に見えたり、筒状のパーツと合わせると宇宙の誕生をイメージさせる。

 大樹と成れ 佐近麻友子さん
 高さ1m、直径10〜20cmくらいのとても細長い花器。
 表面の凹凸が気になる。指の跡だと言うが、綺麗にならしてもいいものなのに。
 しかし、そこに生命を感じる。
 大樹だからこの凹凸が花器に生命を吹き込むのだろう。
 表面の模様が今後の勢いを示しているような気になる。

<20130079 「フィルムカメラと、アナログプリントの写真展」フィルムで撮ったらレンズで焼く会>
 2013.2.12-2013.2.24
 11:00-19:00
 NADAR/OSAKA
 大阪市中央区南船場3-2-6 大阪農林会館B1F

 展示を変えて後半。
 暗い照明の下、腕時計やカメラが置かれたテーブルの上を撮った写真、男の隠れ家と言う感じがする。
 その隣には口に入れるものが置かれた台のある部屋、チラシが落ちていたりして、生活感が出てくる。
 この相反する二枚の写真が並ぶ展示だが、相反するイメージではなく、どちらも同じ雰囲気なのは照明のせいだけだろうか。
 写真の向こう側にベビーベッドがあるところがこの二枚の写真を結びつけているのだろうと感じる。

<20130080 田中麻子展 Bless you>
 2013.2.11-2013.2.23 日休
 12:00-19:00
 橘画廊
 大阪市西区西本町1-3-4 大阪陶磁器会館B1

 鉄で作られた植物のオブジェ。
 ギャラリーに入った時はちょっと面食らった。
 予想以上にリアルな植物が床から「生えていた」から。
 実際は置いているだけなのだが、あたかも生えているかのような自然さ。
 葉の波打ち具合、光沢感、茎の感じも極々自然。色も少し青く見える。
 しかし、触ってみると確かに鉄だった。
 触って鉄だとわかってもちょっと離れて見ると自然な茂みに変わる。
 この感じは体験してみて自分でも可笑しかった。

<20130081 あなたの身近な公共性2 地域猫>
 2013.2.22
 19:00-21:00
 アートエリアB1
 大阪市北区中之島1-1-1
 京阪電車中之島線なにわ橋駅 B1コンコース

 今日は猫の日。そんな日に猫の話題でラボカフェがあったので行ってみた。

 私は地域猫については、関心もあり、知識もあるつもり。
 ただし、自分自身では何もしていない。

 最初にゲストから地域猫についての概略なとの説明があり、それを元にゲスト、スタッフ、観客で議論をすると言う進め方。

 一言で地域猫と言っても切り口が多くて、てんでばらばらに発言したところでそれぞれについて深い話にはならない。
 そこを上手く誘導できたらよかったのかなとも思うけど、あれだけの観客、考えも知識も議論に対する能力も違うので、まとめるのは大変だろう。

 猫に困っている人達が多く参加できて、その人たちとの対話になると、もう少し議論にもなったかと。
 変にこじれる可能性もあるけど。

 私は地域猫に対する当事者意識も、苦情も取り立ててなかったので、質問すらなかなか浮かんでこない。

 しかし、話を聞いている限りでは飽きることもなく過ごすことができた。
 Nさんに参加してもらったらよかったかと思った。

 こういう場所には関心のある人しかいないと言う出来レース状態になることが多いと思ったが、地域猫と言葉を知らない人達も参加していたところを見ると、啓発にはいい場になっているかな。

 出席者が地域猫について、少しでも関心を持ってもらえたらこの場の存在意義があると言うものだと感じた。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ブログネタ
ギャラリー散策 に参加中!
絵画鑑賞。シマ
 魅力的な作品はどこにある?

<丸尾那海展>
 2012.6.11-2012.6.23 日休
 12:00-19:00 12:00-17:00 土
 2kw gallery
 大阪市西区京町堀1-13-2 藤原ビル5F

 DMに騙された。
 部屋に入った時にそう思った。
 でも、これはいい騙し。

 白い部屋(これは前からだが)の床に短い棒が無数に散乱している。
 よく見ると、爪楊枝だった。
 しかも、何故か白く塗られているものと普通のものが混ざっている。

 壁際に椅子が3つ置いてあったので、そこで座って眺めてた。

 何で白く塗られてるものとそうでないものがあるのか。
 何本くらい使っているのか。
 ビュッフォンの針の問題ってあったな。
 枯れた芝生のようだ。

 そんなことをぼんやり考えながら座ってた。

<谷口和正展 TRACE -fragment->
 2012.6.18-2012.6.30 日休
 12:00-19:00 最終日17:00まで
 橘画廊
 大阪市西区西本町1-3-4 大阪陶磁器会館B1

 鉄で作られた立体作品。
 一辺10cm程の立方体や直径10cm程の円柱の表面が柄に切り抜かれていて、中の照明で光が漏れるのを、また、壁に映る光と影を楽しめる。
 おしゃれな照明として使えそう。

 しかし、ポートフォリオを見て、何でこっちやなかったんかと思ってしまった。
 直径40cm位の球にアルファベットが切り抜かれている。それが中の光で壁に映ってとてもいい雰囲気。
 これ一つ部屋の真ん中に置いて、あたかもプラネタリウムのように鑑賞するのも悪くない。

<現代アートコースグループ展「ゆとり主義」>
 2012.6.4-2012.7.28 日休
 12:00-19:00
 GALLERY 1963
 大阪市浪速区元町1-2-25 A.I.R.1963 1F

 成安造形大学の学生のグループ展。
 金属の網を人型にカットして枠に重ねてぶら下げている作品が面白かった。
 立体効果を期待した展示だと思う。

<EXPRESSERS THE PHOTO EXHIBITION 1st>
 2012.6.18-2012.6.24 水休
 12:00-20:00 最終日18:00まで
 Acru Gallery
 大阪市中央区南船場3-7-15 北心斎橋サニービル西側B1F

 人物写真のグループ展。
 スナップ的なものではなく、撮影を目的にモデルを用意して、魅力的に仕上げて行くと言う撮影。
 私からすれば、多分やらないだろう撮影。
 だからこそ興味もある。

 どの写真もモデルさんはきれいに写ってるし、それは皆さん最低限のことだろうから、後はどのように見せるかだろう。

 顔の輪郭を飛ばしてしまって、目と唇だけ写っている写真は、この展示の中では異色で目を惹いた。
 門外漢の鑑賞者である私からすれば、この様な異色の作品がうれしい。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ブログネタ
ギャラリー散策 に参加中!
絵画鑑賞。シマ
 魅力的な作品はどこにある?

<藤原博子展>
 2012.4.17-2012.4.22
 12:00-19:00 最終日17:00まで
 ラッズギャラリー
 大阪市福島区福島3-1-39 メリアス会館102号

 抽象画。
 絵とタイトルがまるで一致しない。雰囲気すら合っていない。
 それとなく見えても来ないので、逆に面白くなってくる。

<山田裕子作品展>
 2012.4.17-2012.4.22
 12:00-19:00 最終日17:00まで
 ラッズギャラリー
 大阪市福島区福島3-1-39 メリアス会館102号

 ガラス作品。
 気泡の入った半透明のガラスの温かさを感じることができる作品。
 桜の花の置物がこのガラスにはとても合っているように思えた。

<深木シゲミ個展「KEMONOBITO」>
 2012.4.18-2012.4.29 月休
 14:00-19:00 火-金 12:00-20:00 4/21 12:00-18:00 土日
 展現舎
 大阪市西区江戸堀1-23-19 グランビルド江戸堀403号室

 異形の人型生物の立体作品。
 胸に丸い穴があり、そこには宝石たちが輝く。そんな女の子をかたどった作品。
 後は、か弱き生物の皮を被った女の子たちの立体作品。これがタイトルの「KEMONOBITO」にあたる。
 ジオラマのような展示がとてもマッチする。

<長谷川一郎展"beauty in a world">
 2012.4.16-2012.4.28 日休
 12:00-19:00 12:00-17:00 土
 2kw gallery
 大阪市西区京町堀1-13-2 藤原ビル5F

 アクリル画作品。
 青空の表現がとてもきれいで、抜けるような青空がうまく表現されていると感じる。
 爽快な青空。

<中井希展>
 2012.4.16-2012.4.28 日休
 12:00-19:00 12:00-17:00 土
 2kw 58
 大阪市西区京町堀1-13-2 藤原ビル5F

 木版画作品。
 どこか懐かしい雰囲気を醸し出す作品たち。
 木版画の優しさと日本画で用いる絵の具によるどことなく懐かしい感じ。
 柔らかい気分になる作品だった。

<エレナ・フェラーリオスカッキ展“A Cicada Singing in the Night: Memorie de Melodie”>
 2012.4.16-2012.4.21 日休
 11:00-19:00 平日 12:00-17:00 土
 橘画廊
 大阪市西区西本町1-3-4 大阪陶磁器会館B1

 古い絵葉書を彷彿させるような日本の舞妓さんなどのモノクロ写真に着色している写真。
 それにセミの画像をコラージュしている。
 日本人ではこういう作品はなかなか作れそうにない。

<山崎直秀展>
 2012.4.16-2012.4.21 日休
 11:00-19:00 平日 12:00-17:00 土
 橘画廊
 大阪市西区西本町1-3-4 大阪陶磁器会館B1

 写真の上に透明ガラスを載せ、その上に透明な樹脂を塗って、それをまた撮影すると言う手法でできた写真。
 最初、私はカメラの前に透明樹脂を塗ったガラスをかざして撮影したものだと思っていたのだが、そうではなかった。
 どちらかと言うと、私の考えた方が面白いんじゃないか。

<小松美羽作品展「画家の原点回帰〜ウガンダ〜」>
 2012.4.19-2012.5.2 日祝休
 10:00-18:00 最終日15:00まで
 オリンパスギャラリー大阪
 大阪市西区阿波座1-6-1 MID西本町ビル

 写真と銅版画作品。
 ここで銅版画作品が展示されるのも珍しい。
 銅版画がメインだからそうなってるんだろうか。
 銅版画は素朴さと力強さを感じる。
 ゴリラの写真はかなり近いところで撮られたらしい。
 迫力ある写真があった。

<井上正詞個展「写色絵感」>
 2012.4.17-2012.4.22
 12:00-19:00
 ギャラリー・アビィ
 大阪市中央区南船場2-2-28 順慶ビル212号室

 写真と絵のコラボ作品。
 今回は1枚の作品の中で写真の続きを絵にしている作品があった。
 これこそコラボ。

<水銀灯2>
 2012.4.17-2012.4.29 月休
 12:00-19:00 最終日18:00まで
 壹燈舎
 大阪市中央区南船場2-6-21 グラン・ビルド心斎橋301号

 前回はカラー、今回はモノクロ。
 前回のほうが「水銀灯」のイメージは出ていたのでは?
 水たまりに街灯の光が反射して見えている写真に惹かれた。

<二眼レフグループ写真展”R∞T”>
 2012.4.16-2012.4.22 水休
 12:00-20:00 最終日18:00まで
 Acru Gallery
 大阪市中央区南船場3-7-15 北心斎橋サニービル西側B1F

 二眼レフで撮影した写真展。
 二眼レフはゆっくり撮れると言う。
 記録と言うより絵を描く感じに似てくるのだろうか。
 私の写真に対する考えとは全く異なるが、作品を作り出すのが楽しいというのは伝わってくる。

<廃れもの>
 2012.4.17-2012.4.22
 13:00-20:00 火-金 12:00-20:00 土 12:00-18:00 日
 ギャラリーマゴット
 大阪市西区新町1-8-24 四ツ橋プラザビル7F

 廃墟ではない、街にある朽ち果てていっている物たちの写真展。
 ペンキが剥げてみたり、家全体に蔦が生えてみたり。
 全てモノクロ写真だというのは、そちらのほうが表現しやすいのかな?

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ