ネコじかけのBlog

うちの猫(シマ)とフィギュア、外猫の記録。
VOCALOID関連の話題、展示会のレポート。

タグ:大阪現代画廊

ブログネタ
ギャラリー散策 に参加中!
行ってきたで。
 心に残る作品を求めて・・・。

<20130303 小林雄次個展「ねこにガリ版」>
 2013.8.26-2013.8.31
 11:00-19:00 最終日17:00まで
 大阪現代画廊
 大阪市北区西天満4-6-24

 版画作品。
 チョークで簡単に描いたような猫の姿。
 簡単に描いてあるからこそ、猫の仕草やポーズがしっくり来ないと見られたものではないが、そこはうまく描かれている。
 猫の瞳をモチーフに作られた作品は様々な色や素材で表現し、猫の瞳の神秘性を醸し出しているのがいい。

<20130304 アクリュスタッフ作品展「Acru Workers Exhibition 2013」>
 2013.8.26-2013.9.1 8/28水休
 12:00-20:00 最終日18:00まで
 Acru Gallery
 大阪市中央区南船場3-7-15 北心斎橋サニービル西側B1F

 出展作家:シノハラトモユキ、山岸智子、太田龍佑、藤本絢子、稲田祐子、武村肇、伊藤健、古川紗帆、三橋恵、眞佳子、谷口和久、五十嵐聖隆、小林奈々美 各氏

 毎年恒例のアクリュのスタッフさんの作品展。
 製品とはまた違った創作物が興味深い。
 特に目を惹いた方の作品について綴ってみる。

 「rabbit」 「deer」(古川紗帆さん)
 「rabbit」
 漆と毛皮を使ったオブジェ。
 ざらついた表面の黒い板、穴が開けられ、その周辺に毛皮が貼られている。
 穴の中は光沢のある漆塗り。
 覗くと自分の顔が映るのがツボ。
 「deer」
 大仰な木の取手のついたバッグ、開口部に大胆に毛皮が掛けられている。
 この毛皮はバッグの蓋?それにしては目立ちすぎだ。
 これ持って出かけて欲しい。

 古川さんは昨年の作品も目を惹く作品であったことを思い出す。
 鹿の足を模したオブジェ、そしてそれをJR京都駅のバス停の前の道に置いてある写真を展示していたというところも面白かった。

 「存在の中身」(三橋恵さん)
 流木や落ち葉をボードに貼り付けて展示。
 落ちているものでも、このようにしてやれば目を惹くオブジェとなる。
 じっくり見ていると、なにか違うもののように見えてくるのが面白い。
 一方先を水につけて立ててある長い流木、会期終了までにどこまで水が上るか見てみたいような。
 この長い流木を琵琶湖から抱えて電車に乗って持ってきたそうな。
 それはそれで見てみたいような。

 「enishi」(五十嵐聖隆さん)
 本や新聞など、文字の書かれた紙をボードに貼り付けたコラージュ作品。
 文字が書かれている以上、中身を見てしまうのだが、楽譜や外国語の小説らしきものが見られる。
 その中で、手書きで書かれた偏微分についての記述があるのが目を惹く。
 それをわかって集めていたのか、そうではないのか。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ブログネタ
ギャラリー散策 に参加中!
行ってきたで。
 心に残る作品を求めて・・・。

<20130296 ゴーあや個展「ねこのしま」>
 2013.8.19-2013.8.24
 11:00-19:00 最終日17:00まで
 大阪現代画廊
 大阪市北区西天満4-6-24

 絵本「しまねことリュウ」の原画展。
 この絵本はゴーあやさんのほんわかした絵で描かれているけれども、日本の現状や将来の姿について考えさせられる作品となっている。

 ねこのしまの猫達は元ののどかな暮らしに戻ることを選んだが、現実の私達には難しいだろうな。
 私達は私達に合った将来像を私達で描き、それに向かって進まなければならない。
 ねこのしまの猫達が自分達の将来を決めたように。
 できるだけみんなに負担がないように。
 今こそ冷静な判断が求められる。

 それはそうと、DMにもある「ねこのしま」の地図が面白い。
 「ねこのしま」はネコがへそ天、バンザイのポーズで寝そべっている姿。
 地名がその場所にちなんだものとなってたりして、見ていると楽しくなってくる。

 他にも何冊かの絵本が置かれてあり、そしていつもの猫の陶器や雑貨の販売もあります。
 小さな陶器の猫達がたむろしている展示は見ているだけでも面白い。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ブログネタ
ギャラリー散策 に参加中!
行ってきたで。
 心に残る作品を求めて・・・。

<第6回猫蔵の里の猫となかま達展>
 2012.12.16-2012.12.22
 11:00-19:00 最終日17:00まで
 大阪現代画廊
 大阪市北区西天満4-6-24

 恒例の猫をモチーフに作家さん達が多種多様な表現で作った作品の展示販売。

 陶器、フェルト、イラスト、布製品、写真など。
 イラスト一つでも写実的なものやコミカルなものなど様々。
 猫ってやつはこれほどにも創作意欲をかきたてる存在なんだろうな。

<三保谷将史写真展「マチノファスマ」>
 2012.12.19-2012.12.23
 12:00-19:00 最終日18:00まで
 iTohen
 大阪市北区本庄西2-14-18 富士ビル1F

 彼のような作風は私とは正反対の位置にいるような気がする。
 ただ漫然と見ているだけでは、どのようにまとめればいいのかわからない。

 スナップ写真でも、何か面白いとか変なものとか、その意図がすぐにわかるものなら、すぐに感想も出てくるってもんだけど、彼の作品はつかめきれない。
 変なものと言えばそうかも知れないが、面白みには欠ける。

 理解できなければ考える。
 頭を働かせ続ける。
 そして見えてくるものがあるのだろう。

 そんなに考えなければならないのか?
 理解ではなく、感覚を働かせる。

 彼がなぜこれを撮ったとか、出展したとかはこちらには関係ないのではないか。
 彼の意図を汲む必要もないのではないかと。

 色々考えたい人、彼の写真に対する奥深い考えを聞きたい人は見に来てください。

 ちなみに私は、造花の薔薇のアップの写真と影がシミのように映った白いシャッターの写真に惹かれた。

 花のアップの写真はよく見かける。
 きれいやろーって感じの写真。
 でもそれが造花だったらどうだろう。
 布の表面が丸わかり。私はちょっとガッカリする。
 わざわざアップで撮らなくてもいいのにとか思ってしまう。

 影がシミのように映った白いシャッターの写真は、影なのにシミに見えるところがいい。
 影ならいいのか、シミならダメなのかと自問自答する。

 この二つの作品で思うことは二面性。
 本物と偽物、影とシミ。

 ファスマとはラテン語で異様なものと言う意味だそうです。
 マチノファスマで街の異様なもの、と言うこと。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ブログネタ
ギャラリー散策 に参加中!
絵画鑑賞。シマ
 魅力的な作品はどこにある?

<MASAKO&CHIZUKO二人展>
 2012.4.29-2012.5.5
 11:00-19:00 最終日17:00まで
 大阪現代画廊
 大阪市北区西天満4-6-24

 優しいパステル画、そしてモノクロの版画?
 アートにはいろいろな意味を持たせていい。それは作り手の自由だ。
 それを受け取る受け取らないは鑑賞者の自由。(と言い訳を書いて・・・)
 今回の内容、特にモノクロは興醒め。
 作品展のタイトルにそういうものだと書いて欲しかった。
 まあ、思えばパステル画の方もそういう主張。
 こんなふうにオブラートに包んで置いて欲しかった。

 個人の意見です。

<猫ふんじゃったなギャラリー10>
 2012.4.29-2012.5.9
 13:00-19:00
 10WGallery
 大阪市中央区平野町1-6-8-901 メロディハイム平野町10F

 猫ふんの中核、10Wへ早速行って来ました。
 入り口の右手すぐには福にゃんの被り物の写真、なんだかここは福にゃんママさんの特等席のような気がしてきた。去年もそうだったような・・・。
 その隣には、先日惜しくも虹の橋を渡って行った平太くんの写真が並ぶ。
 平太くん回顧録の様相。

 そして、中には壁に写真、絵画が貼られ、テーブルには雑貨類が所狭しと並ぶ。
 まあこれは例年通り。
 うちのシマとそっくりなベツヲくんの写真でキウイさんが参加されていた。
 ベツヲくんのほうがシャープだな・・・。

 木村あきこさんの写真が印象的。写真ではこれが一番気に入った。

 そして、やっぱり目を惹くのが、升田さんの針金のネコ。
 ステンレスの針金を曲げて、一筆書きの要領で作っていく。
 以前聞いたところ、ステンレスは硬いので一度曲げて失敗するとダメなんだそうだ。
 全てを形取らないでネコの柔らかさを表現する置物、そしてちょっと大きな作品は以前の「ヒトスジ−再生」の作風。

 帰りに、アイボリー色の壁に映る針金の影が何とも言えない素晴らしいものだった。
 濃過ぎず、また薄過ぎず、鉛筆で描いたような雰囲気を醸し出す。
 ちょうどライティングも良かったんだろうな。
 これを見ることができただけで、ここに来た甲斐があったと思える、そんな影。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ブログネタ
ギャラリー散策 に参加中!
絵画鑑賞。シマ
 魅力的な作品はどこにある?

<久家多佳恵展>
 2012.4.23-2012.4.28
 11:00-19:00 月-金 11:00-17:00 土
 Oギャラリーeyes
 大阪市北区西天満4-10-18 石乃ビル3F

 版画(リトグラフ)、シルクスクリーン、油彩画の展示。
 DMにあった作品、実物を見るとイメージが変わった。
 円がいくつも整然と並べられ、その円に少しずらした円が重なっている。
 整然と並ぶ金属原子、その核の周りを電子が軌道を描いて回っている、そのように見えた。

 作家さんに話をきく。
 作品を作るときは感覚で、何をモチーフにしようとかは考えていない。
 だから作品自体に意味があるわけではない。

 私は作品を見るとどうしても意味を考えてしまう。
 考え方が根本的に違うのだろう。
 だから面白い。

 また、見た人から作品のイメージを聞くと、それをヒントにまた創作の幅が広がるとのこと。
 私の意見もなにか役に立つのだろうか。

<第3回集団造形会員展>
 2012.4.22-2012.4.28
 11:00-19:00 最終日17:00まで
 大阪現代画廊
 大阪市北区西天満4-6-24

 立体物、絵画の展示。
 入り口にある箱と布を使った作品は目を惹いたが、その他は絵画でちょっと拍子抜け。

<塚田邦彦の世界 ステンドグラス展>
 2012.4.22-2012.4.28
 11:00-19:00 最終日17:00まで
 現代クラフトギャラリー
 大阪市北区西天満4-6-24

 ステンドグラスの展示。
 ステンドグラスと言えば教会の窓にあるような平面作品を思い浮かべるが、ここにある作品は照明として使える立体作品。
 ほの暗い部屋に淡く光るステンドグラスがとても幻想的に映る。

 ジオラマのような作品から、植物や昆虫をモチーフにした作品。
 作家さんが触っていいとおっしゃるので触れてみると、金属部分がたわんで揺れる。それがまた綺麗に映る。

 食虫植物のウツボカズラの葉をモチーフにした照明、トンボをモチーフにしたオブジェ、クラゲをモチーフにした照明が特に目を惹く。モチーフの選択も素晴らしいと感じる。

<NEKOBAKE2012>
 2012.4.24-2012.5.11 日祝休
 12:00-19:00 最終日17:00まで
 ギャラリー遊気Q
 大阪市中央区伏見町2-2-6 青山ビル1F

 今年もやって来ました。
 大阪猫祭りとの異名もあると言われる「猫ふんじゃったなギャラリーたち」。
 今年は昨年よりも増えて、19ギャラリー、20イベントの大所帯となりました。

 その先頭を切って始まったのがこの展示。
 ガラスや陶器、布製品、様々な作品が所狭しと並ぶ。
 私の目を惹いたのは、ろうけつ染めの手ぬぐい。
 色も渋く、ネコたちの顔も優しく柔らかい。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ブログネタ
ギャラリー散策 に参加中!
絵画鑑賞。シマ
 魅力的な作品はどこにある?

<第5回猫蔵の里の猫となかま達展>
 2011.12.11-2011.12.17
 11:00-19:00
 大阪現代画廊 現代クラフトギャラリー
 大阪市北区西天満4-6-24

 以前から気になっていたウッドバーニングの絵、今日は作家さんがおられたのでは話を聞かせてせてもらった。
 点描画で丁寧に描かれたネコ科の動物たち、とても迫力があったり、かわいかったり。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ