ネコじかけのBlog

うちの猫(シマ)とフィギュア、外猫の記録。
VOCALOID関連の話題、展示会のレポート。

タグ:京都芸術センター

ブログネタ
ギャラリー散策 に参加中!
川上幸子展「Lineament−線と生成、或いは解体−」
 2014.11.26-2014.11.30 大広間
 2014.11.26-2014.12.7 和室「明倫」
 10:00-20:00 最終日17:00まで
 京都芸術センター 大広間、和室「明倫」
 京都市中京区室町通蛸薬師下る山伏山町546-2

 2週続けての京都。
 結構ワクワクして見に来たけど、インパクトが思ったよりなかった。
 大広間のインスタレーション、あれだけ? もう少し複雑にしてもよかったんじゃないかな。
 線画作品はいいなぁと思ったけど、しばらくすると悪く言えば見飽きた。
 レイヤーと三角形から成り立つ線画を組み合わせた面白い作品で、京都造形大で見たときはあっと思ったけど、あれよりも作品の大きさもあって、数もあるというのに、何だろう、この失望感は。
 トークイベントの前に作家とトークイベントの相手の方とが作品を見ながら話をしているのを聞いていたけど、それほど惹きつけられる話でもなかった。

 何か、自分の中に悪いイメージがついてしまったのかなとか思ったり。
 多分、あのインスタレーションが期待外れだったからかもな。あれでテンション下がった。

 その後のカメラが壊れたこととかでホンマついてない。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ブログネタ
ギャラリー散策 に参加中!
Political Narcissism
 2014.11.8-2014.11.24
 13:00-20:00 平日 12:30-20:00 土日祝
 19:00- 11/8(イベント)
 ARTZONE
 京都市中京区河原町三条下ル一筋目東入ル大黒町44 VOXビル1・2階

 ナルシシズムと銘打ってあるからか、どの作品も「どや」って感じに見えてくる。特に2Fの展示。
 目立ってなんぼみたいな印象を受けるのは気のせいか。
 1Fの入口近く、蝶の幼虫の絵を初っ端に置いているのはかなりあざとくて好き。

Katy Hackney展
 2014.11.15-2014.12.7 月火休
 13:00-18:00
 gallery C.A.J.
 京都市中京区富小路御池下る松下町129

 イギリスの作家の作品。
 先のフランスの作家、アメリカの作家と続いての登場とのこと。
 大陸とは違う感性があるのかも知れない。
 木を用いたジュエリーはどことなく和をイメージする。同じ島国の思想があるのだろうか。

 そのことより、矢印と言う記号をデザインに用いた作品が目を惹く。
 矢印があるだけで作品と鑑賞者との間に物語を作り出せるような気がする。

大黒浩子展「猫がいる日常」
 2014.11.18-2014.11.23
 11:00-19:00 最終日18:00まで
 堺町画廊
 京都市中京区堺町通御池下ル丸木材木町681

 色鉛筆を用いた猫のイラスト作品。
 柔らかく、淡いイメージが暖かく包み込んでくれる感じ。
 その中で、雪の広場を駆ける三毛猫の姿を描いた絵。猫の走る姿、しっぽの立ち様や足取りが躍動感に溢れているものの、緊張感はなく、やっぱり柔らかく仕上げているのがこの作家さんらしい。

小谷元彦「Terminal Moment」
 2014.11.11-2014.12.14
 10:00-20:00
 京都芸術センター ギャラリー北・南
 京都市中京区室町通蛸薬師下る山伏山町546-2

 インスタレーション作品。
 新作は幽体の知覚を発展させたイメージを受けた。

 正直言って、森美術館で見た「幽体の知覚」展のHollowシリーズが彼の作品の中では一番好きで、今も変わらない。
 これに惹かれて東京や高松まで行ったくらいだから。
 そこまでの魅力が今回の作品群には残念ながらなかった。
 彼の作風は具体的な形状から離れていくのだろうか。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ブログネタ
ギャラリー散策 に参加中!
2012070501行ってきたで。
 心に残る作品を求めて・・・。

<20130324 石見恵理展−a moment−>
 2013.9.10-2013.9.15
 12:00-19:00 12:00-18:00 日
 ギャラリーマロニエ GALLERY4
 京都市中京区河原町通四条上る塩屋町332

 水をためた容器に透明樹脂の丸い塊をいくつか置き、その下からライトを当てる。
 天井からは定期的に水滴が容器に落ちる。
 水滴によって作られた波紋がライトに照らされて壁に映る。
 光の波紋が壁を渡るのがとても幻想的。
 光を透明樹脂に通すことで光が柔らかくなる効果があるのかな。

<20130325 清水真由美 ・ 松尾一朝展>
 2013.9.3-2013.9.15 9/9月休
 12:00-19:00 最終日17:00まで
 ギャラリーにしかわ
 京都市中京区河原町四条上ル塩屋町332

 様々な色の土を使って陶器を作っている清水真由美さん、モザイクのようにガラスを組み合わせて作品を作っている松尾一朝さんの作品展。

 松尾一朝さんの作品。
 植物の種をモチーフとした容器は形状はもちろんのこと、表面のシワからも種をイメージできる。
 表面の色のグラデーションが絶妙。

 清水真由美さんの陶器は多彩な色を使用していて眺めていて楽しい。

 展示されている部屋を漠然と眺めると、お二人の作品が渾然一体となっているような気分になる。
 陶器とガラスという異なる素材だが、方向性が似ているというかなんというか。

<20130326 梅猫写真展Vol.4 「ウメネコノミクス」>
 2013.9.2-2013.9.14
 11:00-19:00 最終日18:00まで
 キトゥンカンパニー
 京都市下京区五条烏丸西入る 上諏訪町294-1

 梅小路公園の地域猫「梅猫」たちの写真展。
 梅猫たちの人を信頼している姿がとてもほほえましい。
 ここ最近、梅小路公園には行っていないが、また行ってみなければ。
 そんな猫達に囲まれて、京都を歩きまわった疲れを癒やす。
 知らない間にうとうとしていたようだ。

 京都どうぶつあいごの会

<20130327 夏休み企画展「dream scape − うたかたの扉」>
 2013.8.3-2013.9.16
 10:00-20:00
 京都芸術センター ギャラリー北・南ほか
 京都市中京区室町通蛸薬師下る山伏山町546-2

 大西康明さん「垂直の隙間」
 逆さに吊るされた木の枝。それがまるで氷に覆われたかのように真っ白に染まっている。
 よく見ると、木の枝からは糸が垂れ下がり、その糸も含めた木の枝の表面や床には白い結晶がびっしり付着している。
 背景には黒い森のようにも見えるパネル。
 とても寒々しく、とても幻想的。
 メイキング映像を上映しているのを見ると、糸はホットメルト接着剤、白い結晶は尿素の飽和水溶液を噴霧することで作られるそうな。

 松澤有子さん「つむぐ」
 暗い部屋の中に入って、だんだん見えてくるのは光に照らされた床にびっしり「生えて」いるのは葉脈だけになった葉。しかも、何色かに色を付けられているようだ。
 そして、ところどころに葉の生えたエリアが光に照らされて浮いている。
 部屋の風の流れが葉を軽く揺り動かす。
 光に照らされて壁にその影が映る。
 私は一体どこにいるのだろうと思わせるような、この世のものとは思えない感じ。

 両氏の作品とも外の世界を忘れさせる。
 まさに夢の様な世界を作り出していたように感じる。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ブログネタ
ギャラリー散策 に参加中!
行ってきたで。
 心に残る作品を求めて・・・。

<20130062 稲垣智子個展「はざまをひらく」(展覧会ドラフト2013「Project ’Mirrors’」)>
 2013.2.5-2013.2.26
 10:00-20:00
 京都芸術センター ギャラリー南
 京都市中京区室町通蛸薬師下る山伏山町546-2

 映像を用いた作品はある程度の時間を鑑賞に充てなければならないが、それを全て見てもらうのは中々難しい。
 何か目を惹くことが必要。

 女性が口紅塗ってそれを男性がキスで舐めとるもの、と言うような映像があったが、それも同じことの繰り返しなのて、飽きてしまう。
 もう一つの映像は話している言葉を聞けば面白いのかも知れないが、それがうまく聞き取れなかったので残念。

<20130063 稲垣智子個展「beautiful sʌn」(展覧会ドラフト2013「Project ’Mirrors’」)>
 2013.2.5-2013.2.26
 10:00-20:00
 京都芸術センター ギャラリー北
 京都市中京区室町通蛸薬師下る山伏山町546-2

 これも同じ作家さんの作品で、キュレーターが異なる。
 温室の中に入ると、目の前にはでっかい女性。プロジェクターで映されている。
 身体がでかいから窮屈そう。
 態勢を変えるのも一苦労。その苦しさが顔に表れている。
 それを見ている私。
 周りが暗いから中からは外が見えないが、逆に外からは中がよく見える。
 苦しい顔を見せている女性を見ながら、自分がどんな顔をしているか、外からは見ることができ、しかも中からはわからない。
 それに気づいたのは見終わって外に出た時。
 何とも言えない感じ。

 このような自分を試されるような展示はじわじわくる。

<20130064 石井美緒:いずれ逝く夏>
 2013.2.12-2013.2.17
 11:00-19:00
 Gallery PARC
 京都市中京区三条通御幸町弁慶石町48 三条ありもとビル[カフェ クラッセ]2F

 メインの展示は昨年の展示よりも以前に制作された作品。
 円筒形の建物に食い込んで存在する動物の骨格。
 建物の屋上には溜まっている水を示すガラスがある。
 朽ち果てた骨と建物、そこに水と言う生命の片鱗を感じさせる存在があることで、生と死の混然一体となったイメージが想起される。

 新作が3点あった。
その中で、白い卵か何かの果実かわからないが、その断面からとげとげしい骨らしいものが露出している作品が、異彩を放っていた。
 下の台も作品の一部。
 これは面白い作品だ。

<20130065 TAKE OUT ART!-アートを"お持ち帰り"する小作品展->
 2013.2.1-2013.2.13 2/7木休
 12:00-22:00 最終日17:00まで
 gallery near
 京都市左京区田中里ノ前町34-2 珠光ビル百万遍B1F
 cafe dining near 店内

 何と言っても宮田彩加さんのファイバーアートを楽しみにやってきた。展示はKnotシリーズ。
 支持体のない刺繍、下世話に言えば着けるのがもったいないアップリケ。
 おおよそ刺繍で作らなさそうなものを作ってしまうのがいい。

 佐野優作さんの作品は金箔を用いたもの。
 金箔を使った伝統的な技法で、古いデザインと新しいデザインを組み合わせている所が面白い。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ブログネタ
ギャラリー散策 に参加中!
パラレル
 パラレル!(2008.9.11 パラレル。より)

パラレルワールド京都
 2011.11.11-2011.11.23
 10:00-20:00
 京都芸術センター
 京都市中京区室町通蛸薬師下る山伏山町546-2

 最終日なのでまた見に来た。前回(2011.11.11)はこちら
 八谷和彦「視聴覚交換マシン」の見学とクワクボリョウタ 「10番目の感傷(点・線・面)」を見るのが目的。

八谷和彦「視聴覚交換マシン」
 視聴覚交換マシンは体験するのが一番いいのだろうが、相手がいなかったので残念ながら見学だけでもしておく。
 見学だけでも面白かった。
 ペアの二人がマシンを装着して、そこから握手をしたり、また他のことをするというもの。
 まず、自分の向いている方向の映像は相方が見ている映像になるので、自分がどういう状況にあるのかを見ようと思えば、相方に見る方向を指示することになる。そして、自分の状況を把握して・・・・ ということになるが、なかなかうまくいかないのが外から見ていて面白い。
 自分があの立場になったら多分同じ事でうろたえるだろう。

 私が見たペアは3組で2組は男女、1組は女性同士だった。
 男女のペアは2組とも握手をするのがゴールだったが、もう1組の女性同士のペアはお互いをデジカメで撮影する行動に出た。これがまた面白かった。
 デジカメの液晶で、自分が写っているのがわかるってのがミソ。

クワクボリョウタ 「10番目の感傷(点・線・面)」
 国立国際美術館「世界制作の方法」でこの作品を見てから、クワクボリョウタ氏は私の中ではかなり魅力的な作家の一人となった。
 小さなLEDライトをつけた鉄道模型がゆっくりと走る暗闇の中、ライトに照らされる線路沿いに置かれた日用品たち。その影が壁に映し出される。
 列車が動けば影も変わる。トンネルに入れば周りも真っ暗に。自分が列車に乗っているかのような感覚。
 ターミナル駅のビル群を模したブロックの間に入ってゴール、そして、そこから急加速で反対方向に戻っていく。
 影がまるで走馬灯のように過去へ引き戻される。
 そして、またスタート。

 これは体験してみないとわからない面白さがある。
 影って2次元だと思っていたが、3次元なんだと思わせる。
 座り込んで眺めるのもよし、立って上から俯瞰で眺めるのもよし。
 1往復最後まで見たら出ようと思っていたが、何だか出るのが惜しくて、3往復ぐらい見た。
 どんなものかはわかっているはずなのに、なんでこんなに何度も見てしまうのか。

 惜しむらくは、最終日で祝日だったので人が多かったことと子供の話し声、そして外部からの音。
 古い校舎の板張りの廊下は歩行音が大きい。
 静寂の中、一人で見ていたい作品。

田中耕一郎、児玉裕一、茂出木龍太、左居穣 「Tabio Slide Show」
 靴下を履いて、板張りの床を滑る体験。
 今日は滑らずに会場で大画面で流れているPVを眺めていた。
 今までそんなに意識していなかったが、これ結構いい。
 曲もめっちゃ好みだ。GutevolkのPicnicと言う曲。(今も好きな曲です。)

 母娘が靴下履いて滑ろうとしていたが、時間がなくて滑っているところを見ることができなかった。
 他の人が滑っている所を見たかったな。

「Picnic」
 作詞、作曲、歌:西山豊乃
 Tabio「Tabio Slide Show」CM曲。

(2016.9.19追記)
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ブログネタ
ギャラリー散策 に参加中!
絵画鑑賞。シマ
 美術館、ギャラリー散策も面白いですよ。

<MIT×100>
 2011.11.21-2011.12.4
 13:00-20:00 平日 12:30-20:00 土日祝
 art project room ART ZONE
 京都市中京区河原町三条下ル一筋目東入ル大黒町44 VOXビル1・2階

 6カ国約30人の作家の小作品を100点以上展示。
 残念ながら、私的にピンとくるものがなかった。
 悪いって言うわけではないが、特に見に来なくてもよかったかな。

 以前、作品を見たことがある作家さんが参加しているのに気がついた。

<森恭仁子作品展〜森の住人達〜>
 2011.11.22-2011.11.27
 11:00-19:00
 11/26、27 18:00まで
 アートスペース567
 京都市中京区夷川通烏丸西入る巴町92

 偶然通りかかったギャラリーの展示。
 鬼や龍、猫などの動物の立体作品。
 粘土で成形し、表面に和紙を貼り、最後に表面の加工をする。
 この加工によって、まるで木の彫り物のような作品に見えたり、表面の和紙の感じがとても柔らかく温かい作品になったりする。
 作品の動物たちがちょっと面白い、ちょっと笑えるような顔つきなのがいい。

 偶然見つけたギャラリーでいいものを見つけるととても嬉しい。
 飛び込みで入るのもいいもんです。

<パラレルワールド京都>
 2011.11.11-2011.11.23
 10:00-20:00
 京都芸術センター
 京都市中京区室町通蛸薬師下る山伏山町546-2

 最終日なのでまた見に来た。
 八谷和彦「視聴覚交換マシン」の見学とクワクボリョウタ 「10番目の感傷(点・線・面)」を見るのが目的。
 別の記事に書きます。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ブログネタ
ギャラリー散策 に参加中!
パラレル
 パラレル!(2008.9.11 パラレル。より)

パラレルワールド京都
 2011.11.11-2011.11.23
 10:00-20:00
 京都芸術センター
 京都市中京区室町通蛸薬師下る山伏山町546-2

 国立国際美術館で開催中の「世界制作の方法」。
 ここに展示していたクワクボリョウタ氏の作品「10番目の感傷(点・線・面)」がここでも見ることができる。
 見ると、今日アーティストトークもあり、クワクボ氏も出席されるとのこと。
 これは行かなければ。

クワクボリョウタ「10番目の感傷(点・線・面)」
 暗闇の部屋の中、小さなLEDライトをつけたNゲージの列車が走る。
 線路の横には日用品が置かれていて、列車のLEDライトに照らされて、壁に置かれているものの影が映る。

 壁に映る影を見ることで、あたかも列車に乗り込んだような感覚を受ける。
 会場には座布団が置かれ、座って鑑賞することができた。
 この作品は暗闇の中、静かにゆったり見るのがいい。

 クワクボリョウタ氏の作品以外にも興味のある作品があった。

八谷 和彦「視聴覚交換マシン」
 二人一組で体験する作品。
 相手が見ているものを見ることができる。残念ながら試すことが出来なかった。

田中耕一郎 児玉裕一 茂出木龍太 左居穣 「Tabio Slide Show」
 靴下を履いて、板張りの床を滑る体験。早速試した。
 思った以上に面白かった。滑るのは少しは心得があるので。
 でもスケートと違ってブレードのエッジがないので足元からすっこ抜ける可能性がある。
 ホッケーでのストップをやってみたら、見事すっこ抜けた。当たり前だけど。
 こういうことがありますよとスタッフに言っておいた。

アーティストトーク
 4組5人の作家さんが出席。
 司会の仕切りもあったが、作家さん自身がうまく他の作家さんの作品について話を振ったりしてトークイベントとして聴き応えがあり、面白かった。
 他の作家さんの作品もしっかりサーチしてるものなのだなと感じる。

 面白かったのが、メディアアートなどと書かれるとデジタル的、PCを用いたものを想起してしまうのだが、ここに出席している作家さんの作品はアナログ的なものが多いという点だった。

 文化庁メディア芸術祭 京都展「パラレルワールド 京都」

(2016.4.15追記)
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ