ネコじかけのBlog

うちの猫(シマ)とフィギュア、外猫の記録。
VOCALOID関連の話題、展示会のレポート。

タグ:ギャラリーほそかわ

ブログネタ
ギャラリー散策 に参加中!
行ってきたで。
 心に残る作品を求めて・・・。

<大崎のぶゆき展「リバーシブルストーリーズ」>
 2012.12.3-2012.12.22 日休
 12:30-18:30
 ギャラリーほそかわ
 大阪市浪速区元町1-2-25 A.I.R.ビル3F

 リバーシブルと言うタイトルがまずわからなかった。
 映し出される映像は絵がだんだん溶けて流れて行くもの。

 どこがリバーシブルか。
 横に貼られていた絵。
 これは色を補色にして描いたもの。
 これはリバーシブル。

 壁にかけられた赤いジャケット。
 これもリバーシブルか?
 残念ながら違った。でも、その下に赤の補色の緑色の服が隠されていた。

 部屋の隅にはカメラ。
 カメラと言えばネガとポジ。
 これもリバーシブル。

 映し出されていた映像。
 これもバイクのミラーに反射させて投影されていた。
 これもリバーシブル。

 だから何なんだと思うけど、まあそう言うことだ。

<友田多恵子展>
 2012.12.11-2012.12.23 月休
 12:00-19:00 12:00-17:00 日
 MU東心斎橋画廊 1F
 大阪市中央区東心斎橋1-12-14

 作家本人が梳いた紙をあたかも岩のようにギャラリーに置いている。
 それがまた巨大。
 この作家さんの作品を2年前にCASOで作品を見たことがある。
 あのギャラリーは広大なので、これくらいのものを置いても圧迫感はないかも知れないが、今回のギャラリーの大きさからすると本当に巨大で圧迫感がある。 それがインパクトがあってよい。

 他に小物も壁にかけられていたりしたが、やはり「巨岩」がインパクトあって、他の作品の存在を消し去ってしまっていた。

<来田広大個展「Drawing "bird-eye view"」>
 2012.12.11-2012.12.23 月休
 12:00-19:00 12:00-17:00 日
 MU東心斎橋画廊 2F
 大阪市中央区東心斎橋1-12-14

 黒板にチョークで日本の山(槍ヶ岳)とドイツの山の姿を描いたものがメイン。
 他も多分山の姿を描いたもの。
 タイトルのように鳥瞰図の如く描かれている。

 そして、部屋には山を模したものだろうか、布製の天井から吊り下げられた山状のオブジェ。そこには雪の如くチョークの粉が積もり、周りにも散らばっている。

 チョークを用いたのは雪をイメージしたものなのだろうか。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ブログネタ
ギャラリー散策 に参加中!
絵画鑑賞。シマ
 魅力的な作品はどこにある?

<Metal Accessories & Watch Exhibition -彩人->
 2012.5.18-2012.5.24 日休
 11:00-18:00
 デ・クレアギャラリー&ショップ
 大阪市西区新町1-7-5 プロスペリタ四ツ橋2F

 雑貨店のアクセサリー展示。
 木板と金属板を積み重ねたものを削って作り上げている。
 木の柔らかさを前面に出し、金属のシャープさを上手く組み合わせたアクセサリーは見応えあり。

 ジグソーパズルのピース1つ1つをネックレスに着けるようにしたアクセサリーが気になった。

<柳本明子展>
 2012.5.12-2012.6.2 水木休
 14:00-19:00
 CAS
 大阪市浪速区元町1-2-25 A.I.R.1963 3F

 刺繍作品。
 透明なビニールシートに太い毛糸または針金を使い、街中のごく普通の光景をスケッチしている。
 かなりリアルな刺繍から、シルエットで表現したものまで、見ているのが楽しい。
 屋内なのでDMにあるような青空に透かす展示は見られなかったが、十分面白い。

<柴田精一展「ねじれ世界をねじあける」>
 2012.5.7-2012.5.26 日休
 12:00-18:00
 ギャラリーほそかわ
 大阪市浪速区元町1-2-25 A.I.R.ビル3F

 木版画作品。
 ただ木板を彫っているだけではなく、折り紙のように折り曲げて半立体に仕上げている。
 壁の直角に合わせて黒猫がいたりするのが楽しい。
 DMの作品より他の作品の方が面白いが、DMにするならこの作品だろうな。

<Cats41+ vol.1 猫好きによる4人の猫写真展>
 2012.5.18-2012.5.20
 12:00-19:00 最終日17:00まで
 雑貨屋+ギャラリーディザネ
 大阪市中央区瓦屋町1-5-23

 猫が三度の飯より好き?な4人のおねーさん達の猫写真展。
 写真を眺めていると、ああ、あの人らしいなと思えてくる。
 盛り上げるとこはちゃんとおさえて、上手くまとめてるところは見習いたい。

 まとめると・・・
 やっぱり母にはかなわない。
 昔ながらの三毛猫、ふっくらチャーミング。
 庭でのワイルドさと家でのチャーミングさの比較検討。
 スイーツにゃんこは二度美味しい。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ