ネコじかけのBlog

うちの猫(シマ)とフィギュア、外猫の記録。
VOCALOID関連の話題、展示会のレポート。

タグ:ギャラリーすずき

ブログネタ
ギャラリー散策 に参加中!
行ってきたで。
 心に残る作品を求めて・・・。

<20130066 岩澤有徑展>
 2013.2.5-2013.2.17 月休
 12:00-19:00 最終日17:00まで
 ギャラリーすずき
 京都市東山区東分木町282

 平面と映像のインスタレーション。
 いくつかの点で描かれた円形のものは、地球をあらわす。
 それを今回はLEDライトでも表現。
 それとクラゲが水中を浮遊している所を大きく壁に投影している作品。
 円形のものが地球を表し、その中で繰り広げられている生命の営みを映像が示す。
 地球に対する想いを感じさせる作品群だ。

<20130067 にしたにけいこ写真展「ネコ+(プラス)」>
 2013.2.6-2013.3.4 2/10,19,22,26休
 12:00-22:00 12:00-17:00 2/21
 ごはんcafeたまゆらん
 京都市左京区浄土寺西田町108-4

 今回は家ネコと外ネコの写真を展示。
 やっぱり思い入れを存分に感じられるのが、トロイくん、カリンちゃん、オレオくんの3にゃんの写真。
 紹介の所の写真がまさに箱入り。存分に愛情を受けて育ってるなと感じさせる。
 その箱の中のネコたちの三者三様の姿が性格を表していそうな感じで面白い。

 外ネコの写真は特に2にゃん絡みの写真が目を惹く。
 後ろ姿の2にゃんなんて、いい雰囲気出してる。

 食事も美味しく、それに欠かせないのがネコスタッフ。
 猫カフェではないものの、ネコがいるのがここのいいところ。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ブログネタ
ギャラリー散策 に参加中!
行ってきたで。
 心に残る作品を求めて・・・。

<堀健展「circulation」>
 2012.12.4-2012.12.16
 12:00-19:00 最終日17:00まで
 ギャラリーすずき
 京都市東山区東分木町282

 磁石を用いた作品の展示会。
 今回の展示は砂鉄をまいて、その下から磁石を円周上に回転させているもの。
 磁石が回転すると上の砂鉄が磁力線に沿って立ち上がったり元に戻ったり、それが波となって円周上に現れる。
 その装置が部屋に複数置かれていて、どの装置も一心不乱に砂鉄の波を起こしている。
 このシステム、ナンセンスで実に面白い。
 磁石を回すモーターの低い音もそれを助長させる。

 作家さん曰く、磁石遊びを大人になってやったらどうなるか、とのこと。
 見ていて面白いし、やっているのも面白いのではないかと。

<Photograph&Jwellery Exhibition/融解(市川綾子、飛田陽代)>
 2012.12.15-2012.12.19
 12:00-19:00 最終日18:00まで
 ギャラリーみやがわ
 京都市中京区炭之座町415

 シルバージュエリーと写真の二人展。

 ジュエリーの造形が美しい。
 おそらく平板をくり抜き、それを折り返すことにより立体を作っている。
 折り返し方によってこんなにも面白い立体構造を作り出せるのかと感心。

 写真の下にもオブジェが飾られており、その造形も美しい。

<row - thickness:KIM Mitsuo works 金光男展>
 2012.12.14-2012.12.27 月休
 11:00-19:00
 Gallery PARC
 京都市中京区三条通御幸町弁慶石町48 三条ありもとビル[カフェ クラッセ]2F

 蝋の上からシルクスクリーンプリントし、それに熱を加えてわざと形を崩す。
 形の崩れ方をわかりやすくするためか、点描やラインを目立たせるプリントにしてある。
 プリントが蝋の下に潜り込んだらまた面白いのではないかと感じる。

<門田訓和個展「before that」>
 2012.12.8-2012.12.24
 13:00-20:00 平日 12:30-20:00 土日祝 最終日17:00まで
 art project room ART ZONE
 京都市中京区河原町三条下ル一筋目東入ル大黒町44 VOXビル1・2階

 折り紙を使って形を作り出し、それを撮影した写真展。

 多重露光しているのか、後からいじっているのかわからないが、それが紙がどこからどこまで続いているのかわからなくなって、面白い効果を出している。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ