ネコじかけのBlog

うちの猫(シマ)とフィギュア、外猫の記録。
VOCALOID関連の話題、展示会のレポート。

タグ:アートスペース虹

ブログネタ
ギャラリー散策 に参加中!
行ってきたで。
 心に残る作品を求めて・・・。

<脈vol.2 「ゆきてきゆ」>
 2012.8.21-2012.9.2 月休
 11:00-19:00 最終日18:00まで
 Gallery PARC
 京都市中京区三条通御幸町弁慶石町48 三条ありもとビル[カフェ クラッセ]2F

 京都造形芸術大学の在学生、卒業生によるグループ展。
 主な目的は堀健さんの磁石を使った動くカプセル。
 以前、ギャラリーあしやシューレで見た展示で興味を覚えた。

 カプセルがあたかも観葉植物のように生えている枝の先についた立方体の金属の箱の一面の表面をくるくる円を描いて回っている。

 カプセルの動きが、ある時は立ったまま自らを引きずって動き、ある時は回転しながら移動、ある時は横になって移動すると言った面白い動き。
 なんだか没入してしまう魅力がある。

<宮本千春展「ich bin wieder weg - またどっかへ」>
 2012.8.28-2012.9.9 9/3月休
 12:00-19:00 最終日17:00まで
 ギャラリーH2O
 京都市中京区富小路通三条上ル福長町109

 半立体のオブジェの展示。
 木で作られた家の屋根を連ねたような作品。
 どこか異国の地の街の風景の絵も展示されている。
 タイトルにドイツ語が使われているのは、ここがドイツの街であることを示しているのだろうか。
 フェルトシートを重ねて作られた建物を模したオブジェがカラフルでいい感じ。

<非在の庭 Part 1「二瓶晃展 Acte gratuit」>
 2012.8.28-2012.9.2
 11:00-19:00 最終日18:00まで
 アートスペース虹
 京都市東山区三条通神宮道東入ル3丁目東町247

 ギャラリーに入ると、まず真ん中に燃える一つの炎が目に入る。
 そして床には天井から投影されたテキスト、そして時折入る水の音。
 その炎は周囲を白い輪に囲まれ、紫外線センサーが取り囲む。

 テキストは「プロメテウス」に関連することをいろいろ探していくうちに見つけた書籍から。
 真ん中の炎はプロメテウスがテーマだからか。

 真ん中の炎があることで、ただの装置ではなく、何かしら神秘的なものを感じさせる。とても大事な要素。
 近未来の宗教施設がこんな感じではないのかなと勝手に想像。

<dance -京都造形芸術大学大学院修士課程・芸術表現特論参歛蠕作展->
 2012.9.1-2012.9.17
 13:00-20:00 平日 12:30-20:00 土日祝 最終日17:00まで
 art project room ART ZONE
 京都市中京区河原町三条下ル一筋目東入ル大黒町44 VOXビル1・2階

 「感覚」「五感」をテーマに京都造形芸術大学の大学院生が作品を作る。

 中島敦貴氏「COUNT DOWN」
 映像作品。
 白い椅子、テーブルに見立てた白い箱、箱の上に透明の瓶。
 タイトル通り、カウントダウンしていく数字が表示され、カウントが0になった後に、何かが映る。
 箱の上に置かれた瓶の理由がわかった。

 映像作品は鑑賞者をある一定時間拘束する。
 それを全て見ないと意味がない作品だと、最後まで見てくれるかどうかが問題となると思う。
 特にこの作品は最期まで見てもらわないとわからない。
 この作品はカウントがある分、どれだけ見ていればいいかが予測できるから見てくれるんじゃないかと思う。
 うまい導入の仕方だと感じた。

 長沢優希氏の作品がどこにあるのかわからない。
 題名が「空白」とあるからどこかに隠れてるのか?
 ポートフォリオを見る分には、とても面白い作品を作られていると感じたので、作品を見たかった。

<大橋麻里子|平内花歩 二人展「scene-記憶-」>
 2012.9.1-2012.9.9
 12:00-20:00
 元・立誠小学校 1F木工室
 京都市中京区蛸薬師通河原町東入備前島町310-2

 絵画展。

 大橋麻里子氏
 「雨」をテーマに作られた抽象画作品。
 同じ雨をテーマにしていながら、様々な色彩の絵があるのは。自分の見る視点が異なると同じ物を見ていても異なる見え方になるから。
 ランダムに描きなぐっているように見えるがそうではなく、ここにはこの色や形を入れるというのを考えて作っているそうだ。

 平内花歩氏
 DMに掲載されている、糸をからませたような作品に興味を覚えた。
 その作品は紙をくしゃくしゃにした時にできたしわをペンでなぞって描かれたもの。立体ではないものの、実際に見ても糸をからませたように見える。
 他にも毛糸を用いたり、アイロン台のシミを刺繍で隠したような作品があったり、作品の構成が面白い。

<Gen>
 2012.9.1-2012.9.9
 12:00-20:00 17:00-20:00 9/1 最終日17:00まで
 元・立誠小学校 2F
 京都市中京区蛸薬師通河原町東入備前島町310-2

 日本画の展示。

 江川直也氏
 白い雪景色の中、葉を落とした木の存在感。
 寒々としたイメージは白い雪だけのせいじゃなさそう。
 涼しいというより、寒いという印象。
 寂しいという印象。
 暑い夏に寒く寂しい情景が心にしみる。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ブログネタ
ギャラリー散策 に参加中!
絵画鑑賞。シマ
 魅力的な作品はどこにある?

 今日は京都のギャラリーを散策。
 全て徒歩で行ってみた。

<京芸Transmit Program#3 「Metis – 戦う美術-」>
 2012.4.7-2012.5.20 月休(4/30開館、5/1休館)
 11:00-19:00
 京都市立芸術大学ギャラリー@KCUA
 京都市中京区油小路御池押油小路町238-1

 台に置かれた肉の塊を叩きながら、聴診器を胸に当てて心音を聞いている裸の男の映像が印象的だった。
 その作家が偶然にも今日トークショーをすると言うので聞いてきた。
 彼の作品は変なんだけど面白い。心をがっちり掴まれる感じ。

 彼の奥さんも今回作品を出展している。
 今出展している作品より、以前のモチーフである自画像を描く、の方が興味深い。
 自画像を描くにあたって、どんな自分を描けばいいのかわからないと思ったそうな。
 しかし、周りの人や環境で自分を定義すればいいと考えつき、それを絵にしたということだった。

<わたしたちのかたち>
 2012.5.1-2012.5.6
 10:00-18:00 最終日16:00まで
 ギャラリー象鯨
 京都市中京区姉小路通柳馬場東入る菊屋町573-1

 ガラス作品と陶器作品。それぞれの作品を作っている作家さん2人の展示。

 フラスコのような容器が並ぶガラス作品、形も色も面白い。
 花器の大きさが予想より大きく、ダイナミックな感じ。光の透過と反射がとてもきれいに映る。

 一方、陶器作品はキノコをモチーフとしているものが多い。
 穴を開けて中が見えるようにしているのは、ガラスと違って中が見えないので、中を見えるようにしたとのこと。
 キノコ型のランプは古民家に合わせた作品で、確かに古民家のようなところで夜に見るととても雰囲気が出るだろうなと感じる。
 穴の開いた陶板ともう一枚の陶板、2枚合わせてネジで止めた壁掛けや、水道の蛇口を模して作った作品と技術に裏打ちされた遊び心が面白い。

<”上を向いて歩こう”が流れていた頃>
 2012.4.24-2012.5.6 月休
 12:00-19:00 最終日17:00まで
 ギャラリーH2O
 京都市中京区富小路通三条上ル福長町109

 LEDライトと金属を組み合わせ、加工によって、昭和の雰囲気のするもの、古いテレビや街灯などを制作。
 その中でも幻灯機が面白い。ちゃんと壁に「H2O」と映しだされているところが芸が細かい。

<Melissa Cameron>
 2012.4.14-2012.5.6 月火休
 13:00-18:00
 gallery C.A.J.
 京都市中京区富小路御池下る松下町129

 通りがかりに見つけたアクセサリーの店。
 展示の作品は、缶の蓋をくりぬいて、その外側からある一定の幅で内側をくりぬいていき、それを立体に再構成している。
 市販の何かの容器として使われているごく普通の缶容器なのに、こんな加工をされるととても美しく見える。

 他の作家さんの作品も並べられていた。
 その中で、多面体を使った作品があった。
 大好物ですよ、多面体。小林京和氏の作品だった。
 正十二面体の中に対角線を配し、更に複雑な構造に。
 半田で留めているとのことだが、この細かい構造にするのは大変だろう。
 もちろん違和感はない。
 美しい構造を構成できる技術が素晴らしい。

 こういう素晴らしい作品を見ると、そのことを誰かに話したくなる。
 ギャラリーのスタッフと暫く話をしていた。

 ジュエリーは装飾物としては興味はないが、構造物としてとても興味がある。
 何でこんなに惹きつけられるのかと思う。

<度会保浩展>
 2012.5.1-2012.5.6
 11:00-19:00 最終日18:00まで
 アートスペース虹
 京都市東山区三条通神宮道東入ル3丁目東町247

 陶芸の作家さんだから、陶器作品かと思っていたらステンドグラスだった。
 ギャラリーの扉も作品の一つ。
 いつもはガラスの扉で開口部から中の作品が丸見えのギャラリーだが、今回はステンドグラスの加工で作られた扉に変わっていた。
 そして、中には大きなガラス瓶を模した作品。作品はその2つだけ。
 ギャラリーの真ん中に置かれたガラス瓶の存在感がすごい。

<宮田彩加個展 「野菜WARP」>
 2012.4.28-2012.5.9 木休
 12:00-22:00 最終日17:00まで
 gallery near
 京都市左京区田中里ノ前町34-2 珠光ビル百万遍B1F cafe dining near 店内

 刺繍作品。
 野菜や果物の断面をかなりリアルに刺繍で表現した作品だが、一部が歪んだり伸ばされたりしている。
 これがなければリアルな刺繍、でもあえて歪みを入れるところがミソ。
 切った時の動きを表現したという。
 「WARP」と言う表現が絶妙だと感じる。

 作家さんの以前の作品に「擬態」と言うものがあった。
 これも面白そうだ。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ブログネタ
ギャラリー散策 に参加中!
絵画鑑賞。シマ
 魅力的な作品はどこにある?

 今日は京都と大阪。

<南新也展「characterize」>
 2012.3.20-2012.3.25
 11:00-19:00 最終日18:00まで
 アートスペース虹
 京都市東山区三条通神宮道東入ル3丁目東町247

 木の彫刻作品。
 モチーフは日常品。周りに当たり前にあるようなものを木の彫刻で再現している。
 例えば紙パックが一部凹んでいたりするのも再現。見ていて感心しきり。
 台に鏡を用いることで、鏡像を含めて魅せると言う感じを受けた。


<寺田就子展「影の透きまに眩う」>
 2012.3.20-2012.3.31 月休
 12:00-19:00 12:00-18:00 日、最終日
 galerie 16
 京都市東山区三条通白川橋上ル石泉院町394 戸川ビル3F

 小さなビーズと腕時計の部品を組み合わせたオブジェなどが並ぶ。
 時計の部品、歯車などにはちょっと惹かれるが、どうも足りない。
 出ようとすると「こちらにもあるので」と引き戸を開けられた。

 中は暗い部屋。プロジェクターから光が放射されている。
 ガラスの容器やガラス板、鏡の破片などを用いて、そのプロジェクターの光を反射させ、あちこちに光の模様を作り出している。
 おお、これよこれ、こういうのを求めていた。
 光の反射の元がどこにあるのかを探してしまう。
 面白いじゃないか。

 ポートフォリオを見ると、また面白そうな作品があったり。
 ワイヤーを使った作品なんて見てみたい。

 何も聞いてなかったら、不完全燃焼のまま出るところだった。
 ちゃんと案内だけはして欲しい。


<名前のない感情>
 2012.3.20-2012.3.25
 11:00-19:00
 NADAR/OSAKA
 大阪市中央区南船場3-2-6 大阪農林会館B1F

 Acruの小林奈々美さんの初個展。
 ローライフレックスで撮影した正方形の写真がシックなフレームに入って並ぶ。
 自分の父親のいた普段の生活を切り取った写真、そして彼女の苦悩を感じさせるような写真が様々な感情を語りかけてくるような気がしてくる。

 特に目を惹いたのが石垣にかかる枯れた枝、そしてその影の写真。
 木の枝だが石垣に食い込む黒い根のように見える。
 なかなか抜け出せない暗い苦しみを表現しているようだ。

 作家さんの使っているローライフレックスを触らせてもらいました。
 これはとっさには撮れないなぁ。
 でも首からぶら下げて上から覗いて撮るというスタイルは結構いいなぁと思っていたりする。
 後、上のガラスに映る像の雰囲気がなんだか気に入った。

 作家さんとお客さんが話ししているのを聞いていたら、「この色がいいですね」などという感想が。
 私はそういう切り口では写真を見ていないんだなと感じた。
 フィルムでプリントにこだわる人はそういうところを見るのかなぁ。


<物写真展「monokataru…vol.02」>
 2012.3.19-2012.4.1 水休
 12:00-20:00 最終日18:00まで
 Acru Gallery
 大阪市中央区南船場3-7-15 北心斎橋サニービル西側B1F

 物をモチーフにした写真展。
 思い入れのある物から、ただ目に写っただけの物まで、様々な物たちを写しとっている。
 思い入れのある物を撮った写真はなぜ撮ったかなどストーリーがはっきりわかるので、そういう意味でも惹かれるものがある。
 ただ目に写っただけの物の写真はその理由がわからない分、それを越えるインパクトが必要となるので、撮る方も人に見せるという観点からは難しいのではないかと思う。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ブログネタ
ギャラリー散策 に参加中!
絵画鑑賞。シマ
 魅力的な作品はどこにある?

 今日は京都を散策。

<PSYCHE>
 2012.3.6-2012.3.11
 11:00-19:00 最終日18:00まで
 アートスペース虹
 京都市東山区三条通神宮道東入ル3丁目東町247

 長い黒髪の女性モデルの頭に毛髪を巻きつけて作られた昆虫のオブジェが張り付いている。
 そんな写真が並ぶ。
 こんな作品は見たことない。面白い。

<New Contemporaries>
 2012.3.3-2012.3.25 月休
 11:00-19:00
 京都市立芸術大学ギャラリー@KCUA
 京都市中京区油小路御池押油小路町238-1

 樫木知子さんの儚げな、そして物憂げな人物の描写が最初はとっつきにくかったと言うか、受け付けなかったが、見ていくうちに絵の中に吸い込まれるような感じを受けた。見れば見るほど心に入ってくる。
 なんだろう、この感覚は。
 ポートフォリオの作品も見たが、実物を見たいと思う作品がいくつもあった。

 手塚愛子さんのテキスタイル作品。
 完成されている2つの織物をわざわざ糸をほどいて、その両方の糸から一つの織物を作っている。
 それもまた荒っぽい感じに仕上げてあって、そこが何とも言えない滑稽さを覚える。

<「遠くて、近すぎる ドミニク・レイマン」展>
 2012.3.6-2012.3.25 月休
 11:00-19:00
 京都市立芸術大学ギャラリー@KCUA GalleryC
 京都市中京区油小路御池押油小路町238-1

 映像作品。
 スクリーンを真っ白で均一なものにせずに線が入っていたりすることで、映像自体のイメージを変えているのかな。
 あまりぴんと来ない。

<福島加津也展/空中の水平>
 2012.2.24-2012.3.25の金土日
 13:00-20:00
 アトリエ&プロジェクトスペースradlab.
 京都市中京区恵比須町531-13 3F

 コップやテープを使って、空間に水平を作り出している。
 このオブジェの向きを天地逆にすると水平にならない。
 力学的な関係をうまく作って、建物は建てられてるんだよって言うことを見せてくれる、という理解でいいと思う。

<人が記号になるとき>
 2012.3.5-2012.3.11
 12:00-20:00 最終日19:00まで
 MEDIA SHOP
 京都市中京区河原町三条下ル一筋目東入ル大黒町44 VOXビル1F

 何でもかんでも記号にしてしまえって感じを受ける。
 どうも理解がついていかなかった。

<井階麻未個展 ひみつ>
 2012.3.10-2012.3.25
 13:00-20:00 平日 12:30-20:00 土日祝
 art project room ART ZONE
 京都市中京区河原町三条下ル一筋目東入ル大黒町44 VOXビル1・2階

 ひみつと言うから何やら謎めいた作風なのかと思ったが、そうでもなかった。
 タイトルと作品群との乖離を感じる。
 ちょっと納得いかなかった。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ブログネタ
ギャラリー散策 に参加中!
絵画鑑賞。シマ
 魅力的な作品はどこにある?

<桃田有加里個展「ひとになる」>
 2011.12.10-2011.12.25
 13:00-20:00 平日 12:30-20:00 土日祝
 art project room ART ZONE
 京都市中京区河原町三条下ル一筋目東入ル大黒町44 VOXビル1・2階

 サイトで絵を見たときは受け付けなかった。正直見に行こうとは思わなかった。
 しかし、思い直して見に行くことに。
 パーツはとても落ち着く、柔らかい感じなのだが、配置の問題か?
 じっと見ているうちになんだか面白くなってきた。
 何だろう、この心境の変化は。

 そこで、タイトルの「ひとになる」を考えてみる。
 ひとになる、ということはまだ人ではないってことか。
 見てくれはなんだかそんな感じ、人だけどちょっと違う。
 妖怪人間みたいに、早く人間になりたい、と思っているのかどうか。

<Calendar for 2012>
 2011.12.6-2011.12.18 月休
 11:00-19:00 最終日18:00まで
 アートスペース虹
 京都市東山区三条通神宮道東入る3丁目東町247

 A4の台紙に自分なりの作品を貼り付けたりしたカレンダーの展示。
 台紙はギャラリーが用意しているものらしく、全部同じ。
 素直にその台紙に作品を貼り付けたり、直接描いたりしたものもあるが、その台紙自身を切って自分の作品に貼っていたりする作品もあった。
 それぞれ値段がついていて、購入することもできる。

 最も目を惹いて、最も買いたくないカレンダーがあった。
 カレンダーの台紙に、メモ帳から切り取ったらしい紙が1枚貼られているだけのもの。
 これは大胆な作品だ。

<梅猫写真展Vol.2 ハイ、ポーズ!!>
 2011.12.5-2011.12.17 12/11日休
 11:00-19:00
 キトゥンカンパニー
 京都市下京区五条烏丸西入る 上諏訪町294-1

 写真展も今日で最終日。もう一度見てきました。
 ここの猫たちは少なからず知っているので、ああ、このネコあそこで寝てたな、とか思いながら写真を眺める。
 今日は京都どうぶつあいごの会の方や写真出展者の方とも話ができ、有意義な時間を過ごせました。


人気ブログランキングへ

blogram投票ボタン

ここの写真や記事を気に入ってくれたらクリックよろしくお願いします。
なにか思う所があれば、コメントお願いします。
コメントは該当する記事のコメント欄にお願いします。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

シュヴァーブ トム展01s
 シュヴァーブ トム展
シュヴァーブ トムさん
2010.5.25-2010.6.6 11:00-19:00(last18:00)
アートスペース虹
京都市東山区三条通神宮道東入ル東町247

 通りに面して、開口部が広い。
 目を惹く展示があればとてもアピール力のあるギャラリー、アートスペース虹。
 今回はじめて訪れたが、今回の展示にもとてもアピール力のあるものがあった。

 island/島
 直径150cmの球体の内側に360°のパノラマ写真が貼られている。
 それを半分に割って、一方を天井に吊り下げ、もう一方を床においている。
 その間に入って上と下を眺めると、まるで撮影場所にいるかのような感覚にとらわれる。
 これは面白い。

 ギャラリーに入るときにその大きさに目を惹き、そして中を見て楽しめた。
 店のディスプレイとかにいいかも。この大きさだから、場所を選ぶけど。
 価格 応相談だそうで。

 他にもDMにも印刷されているような、多面体の表面にパノラマ写真を印刷している作品などがあった。
 多面体好きな私としてはとても魅力的な作品だった。

 シュヴァーブ トムさんと話をすることができた。
 まだ慣れない日本語で説明していただき、質問にも答えてくれた。

 パノラマ写真に魅せられて、やがて地図投影法などを参考に多面体の表面や球体の内部などにそのパノラマ写真を貼り付けるという作品が出来上がった。

 これからの活躍を期待したいものです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ