ネコじかけのBlog

うちの猫(シマ)とフィギュア、外猫の記録。
VOCALOID関連の話題、展示会のレポート。

タグ:ごはんcafeたまゆらん

ブログネタ
ギャラリー散策 に参加中!
2012070501行ってきたで。
 心に残る作品を求めて・・・。

<20130320 「ズレ」兇修3 林勇気展「the world-つづきのための地図-」>
 2013.9.3-2013.9.15 9/9月休
 12:00-19:00 最終日17:00まで
 ギャラリー揺
 京都市左京区銀閣寺前町23

 5年前に作家さんはこのギャラリーで個展を開き、その時アトリエからギャラリーまでの写真を数多く撮影していた。そして、今回も同じようにアトリエからギャラリーまでの写真を撮影。
 それらの写真をプリントし、それを作家さん本人が手で一枚一枚重ねて行く光景をビデオ撮影し、それをギャラリーで映像を公開している。

 その映像を見た後に暗い部屋へ。
 プロジェクターで壁に写された映像。
 暗い背景に釘やゴミのような小さいものが右から左へ流れていく。
 そのゴミたちをある個数囲っている白い長方形。
 何とも不思議な映像をじっと見つめる。

 そして、最後に見るのがギャラリーの庭の奥にある塀と建物の隙間。
 iPadが置かれ、そこから見える光景と先ほど暗い部屋で見たゴミの流れが合成された映像があった。

 一貫しているのが時間の流れを表現しているということか。
 時間の流れは止められない。
 5年前と今とでは同じ道程でも違う景色が広がる。
 たまゆらんの看板が写っている写真もあった。
 おそらく5年前はなかったんだろう。
 そういうところからも時の流れを実感することができる。
 5年というのは思ってみれば結構長い。
 記憶も結構曖昧になってる。
 これを見て、自分も5年前を振り返ってみたくなった。

<20130321 猫毛祭りin京都 第5回FINAL 〜ネコケもネガイもつめこんで〜>
 2013.9.11-2013.10.15 不定休あり
 12:00-22:00
 ごはんcafeたまゆらん
 京都市左京区浄土寺西田町108-4

 昨年11月にキトゥンカンパニー(京都)で最初に開催されたこのシリーズ。
 ファイナルで再び京都に戻ってきました。
 猫毛フェルトの作品が瓶の中に入って展示されています。

 蔦谷さんのカレンダー形式の作品。メンバーさん達の作品たち。
 最初に見たキトゥンカンパニーでの展示を何となく思い出す。
 再び会った猫毛フェルト作品から、あちこちに旅立った時間を何となく感じることができた(ような気がする)。

 何となくゆるく眺めるのがこれらの展示には似合っているような気がする。
 何となく。
 猫毛だしね。
 何となくゆったりとした時間が流れていくのがいい。

 猫毛祭り

<20130322 星野高志郎×寺澤映美>
 2013.9.3-2013.9.15 9/9月休
 12:00-19:00 最終日17:00まで
 GALLERYはねうさぎ
 京都市東山区夷町158 神宮道ビル2F

 ギャラリーはねうさぎが再開、場所は元々あったところの道を挟んだビルの2F。
 とは言うものの、私ははねうさぎにかつて一度も行ったことはなかった。
 だから、今回が初めて。

 星野高志郎さんの作品は紙に森や滝など、自然の風景を書いて天井から吊るしたもの。
 作品の中を歩いて行くと、自然の中を散策しているかのような感じを受ける。

 寺澤映美さんの作品。
 星野さんの作品とは全く変わって、金属を組み合わせた幾何学的な立体作品。
 大きな作品が二つあり、ドーナツ型や正方形の枠を組み合わせ、ボルトで固定したもの。
 その組み合わせとシンメトリーが美しい。

 鏡のように磨かれた表面に作品の一部や鑑賞者の姿、ギャラリーの壁や天井が映り込むのも、周囲も作品の一部としているのかなと感じた。

 小さな作品が一つ。
 正方形の中に正三角形が一つの角で接続されているパーツを90度回転させて積み上げている。
 小さい分、作品自体の映り込みが万華鏡のようになっている。
 もう少し光を当てた方が見応えがあったかも知れない。

<20130323 選抜展2013>
 2013.9.7-2013.9.15 月火休
 13:00-18:00 最終日10:00-13:00
 gallery C.A.J.
 京都市中京区富小路御池下る松下町129

 出展作家:東亨、福田笑子、山崎知子、大村志帆、小林那菜子、吉川卓 各氏

 東亨さんの作品。「水と最上川」

 この作品だけがDMを見た時から何とも謎だった。
 他の作家さんの作品はアクセサリーとして機能することは一目見てわかった。
 しかし、彼の作品だけは写真ではよくわからない。

 実際この目で見て、やはり他の作品とは違うことを実感できた。
 時計皿のような透明な素材(ガラス?)を二枚合わせ、中空部分に水を入れているのだが、題名からするとこの水は最上川の水を入れているのかと思いきや、作品に添えられた次の言葉でそれもあやふやとなる。

 水は最上川に行くか、行かないか
 水はどこから来たか
 何をしていたか

 コンテンポラリージュエリーの範疇かと言われると疑問なところはあるが、このような作品も取り入れるのもありかな、私としてはこういうのも面白いと感じる。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ブログネタ
ギャラリー散策 に参加中!
行ってきたで。
 心に残る作品を求めて・・・。

<20130285 奥田誠一個展「流転」>
 2013.7.26-2013.8.4
 12:00-19:00 最終日17:00まで
 KUNST ARZT
 京都市東山区三条通夷町155-7 2F

 「震・界」
 椅子の足に切れ目、逆さにし、座面を不安定なところに置く。
 木がバネのようにたわむのが面白い。地震でよく言われる共振を想起させる。

 「転・界」
 木をらせん状に削る。
 木をねじったように見えるのが面白い。

 野外の大規模な作品をポートフォリオで見る。
 これも実際見てみたかった。

<20130286 白白庵 × gallery near「tokonoma展 -Japanese "TOKONOMA" Style Exhibition-」

<20130287 猫のハガキと小物展>
 2013.7.17-2013.8.5 火休、7/27土休
 12:00-22:00
 ごはんcafeたまゆらん
 京都市左京区浄土寺西田町108-4

 Yみちさんの写真のポストカードももちろんいいけど、イラストのポストカードも見逃せない。
 版画調のものやマンガチックなもの、切り絵のようなものまで様々。

 こねーるさんのサヴォンくんのクレイアクセサリーはとてもかわいいのでオススメ。
 この日は本猫も店内でくつろいでおりました。比較して楽しんでください。
 後、猫の足跡柄のついた手ぬぐいなど、猫グッヅ好きにはたまらないかも知れません。

 夏限定のソーダがうまい。
 甘夏、キウイなど。

<20130288 チョコじいぷる〜展>
 2013.8.1-2013.8.18 8/7、14水休
 11:00-19:00
 キトゥンカンパニー
 京都市下京区五条烏丸西入る 上諏訪町294-1

 出展作家 : Yみち氏
 同時開催 : チャコりんとモフモフ王国の仲間たち

 じいにゃんくん、チョコらくんのお茶目なところ、かわいいところ、そしてカッコいいところが見ることができる写真展。

 白黒柄のじいにゃんくん、黒猫のチョコらくん、柄的には多分カメラマン泣かせだと思ったりもするけれども、彼らの魅力をしっかり写し取れていると感じる。

 じいにゃんくんの武勇伝の一つ、ギザ耳になった(耳に穴があいた)時の写真がかわいさとワイルドさとを兼ね備えた最強写真だと思う。

 じいにゃんくん、チョコらくんだけでは白黒しかないと言うことで、同時開催として「チャコりんとモフモフ王国の仲間たち」もあります。
 Yみちさんの親類のおうちのにゃんこたちのベストショットを見ることができます。

 クイズあり、スペシャルなチョコケーキありの楽しい写真展です。
 喫茶店なのでワンオーダーお願いします。
 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ブログネタ
ギャラリー散策 に参加中!
行ってきたで。
 心に残る作品を求めて・・・。

<20130066 岩澤有徑展>
 2013.2.5-2013.2.17 月休
 12:00-19:00 最終日17:00まで
 ギャラリーすずき
 京都市東山区東分木町282

 平面と映像のインスタレーション。
 いくつかの点で描かれた円形のものは、地球をあらわす。
 それを今回はLEDライトでも表現。
 それとクラゲが水中を浮遊している所を大きく壁に投影している作品。
 円形のものが地球を表し、その中で繰り広げられている生命の営みを映像が示す。
 地球に対する想いを感じさせる作品群だ。

<20130067 にしたにけいこ写真展「ネコ+(プラス)」>
 2013.2.6-2013.3.4 2/10,19,22,26休
 12:00-22:00 12:00-17:00 2/21
 ごはんcafeたまゆらん
 京都市左京区浄土寺西田町108-4

 今回は家ネコと外ネコの写真を展示。
 やっぱり思い入れを存分に感じられるのが、トロイくん、カリンちゃん、オレオくんの3にゃんの写真。
 紹介の所の写真がまさに箱入り。存分に愛情を受けて育ってるなと感じさせる。
 その箱の中のネコたちの三者三様の姿が性格を表していそうな感じで面白い。

 外ネコの写真は特に2にゃん絡みの写真が目を惹く。
 後ろ姿の2にゃんなんて、いい雰囲気出してる。

 食事も美味しく、それに欠かせないのがネコスタッフ。
 猫カフェではないものの、ネコがいるのがここのいいところ。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ブログネタ
ギャラリー散策 に参加中!
行ってきたで。
 心に残る作品を求めて・・・。

<鶴田憲次展>
 2012.10.23-2012.10.28
 12:00-19:00 最終日18:00まで
 ギャラリー恵風
 京都市左京区丸太町通東大路東入ル南側聖護院山王町21-3

 ギャラリーに入った時、目の前の絵の清流の質感が伝わってきた。
 近づくと、半分点描画のような作風。
 一気にリアリティがなくなる。
 しかし、少し離れると表情が変わるのが面白い。
 特に水の質感、光の反射の表現が素晴らしい作品だった。

<京都3つ編みカフェ巡り>
 2012.10.13-2012.10.31
 11:30-21:30
 ごはんcafeたまゆらん
 京都市左京区浄土寺西田町108-4

 三つ編みのヅラをかぶせたい猫達を公募し、写真展をすることでチャリティを行うと言うイベント。
 3つの会場のうちの1つ、ごはんcafeたまゆらんさんに行ってきた。

 ヅラをうまく着こなしている猫、着こなしていても三つ編みと言う髪型の性格上、何とも昭和チックな雰囲気になってたりするのが楽しい。

 白玉ぜんざいを食べた。
 白玉ぜんざいの上にアイスクリームが載せてあり、それだけでも美味しかったが、添えてあるココナッツミルクをかけるとまた違う味わいがあった。

<Sの眼−金沢卯辰山工芸工房2012 第二回− 久米圭子×浦中廣太郎>
 2012.10.11-2012.11.13 水休
 11:00-19:00 最終日17:00まで
 SHINA
 京都市中京区室町三条下ル西側御倉町73 誉田屋 奥

 金工作品の展示。

 久米圭子さんの作品。
 これは好みの作風だ。
 植物をモチーフとした金工作品。
 入れ子構造や、巧みな網の組み合わせ、そのパーツがレンコンの輪切りだったりするのも面白い。
 植物の種子を脈だけ残したような作品は、スケルトンの如く内部の構造が見えているようで興味深い。

 このような作品は心踊らせる。
 見ていて飽きない。

 創作に1ヶ月程かけるらしいのだが、構想の方が時間がかかるそうだ。

 浦中廣太郎さんの作品。
 主に花器のような入れ物の作品。
 表面の模様の入れ方の妙。金属だが温かみを感じる。
 小さな入れ物の中は漆塗り。金属に漆とは面白い。

 お二人ともまだ30歳前だそうで、まだまだ伸びそうな感じ。
 将来が楽しみな作家さん達である。

<大黒浩子展「猫がいる日常」>
 2012.10.23-2012.10.28
 11:00-19:00 最終日18:00まで
 堺町画廊
 京都市中京区堺町通御池下ル丸木材木町681

 猫の水彩画作品。
 この時期にこのギャラリーで個展を開催しているそうだ。
 今回初めて寄らせてもらった。

 鉛筆の下絵と水彩画の相性がいい。
 下絵は極力軽く、水彩で形を載せていく感じか。
 水彩の淡く載る色の広がりが猫の雰囲気とマッチする。

 作家さんは猫が好きで猫を飼われているだけあって、猫の仕草やフォルムをちゃんと絵に表現されている。
 猫好きなら、特に納得してもらえると思う。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ