ネコじかけのBlog

うちの猫(シマ)とフィギュア、外猫の記録。
VOCALOID関連の話題、展示会のレポート。

カテゴリ:展示会・講演会2 2012前半

ブログネタ
ギャラリー散策 に参加中!
絵画鑑賞。シマ
 魅力的な作品はどこにある?

<大阪リアリズム・コンプレックス2012>
 2012.6.25-2012.7.7 日休
 10:30-18:30
 瀧川画廊
 大阪市北区西天満4-5-7 三旺ビル2F

 写実画の展示。
 写実画と言ってもいろいろあるわけで、全てが写真のような絵ではない。
 そして、それが悪いかと言うとそうではない。

 リカちゃん人形?の絵。
 白いスカートに当たる日の光の色が何とも自然でしっくり目に入ってくる。
 自然な光が目に入ってくるのは何とも気持ちがいい。

<夏祭り展>
 2012.6.22-2012.6.30 6/25月休
 12:30-19:30 火-土 12:30-17:00 日最終日
 ギャラリー びー玉
 大阪市北区紅梅町2-6 昭和ビル206号室

 何と言っても小林美幸さんのミニチュア。これを見に来たと言っても過言ではないくらい。
 ミニチュアの夜店、金魚屋とたこ焼き屋、そしてスーパーボール釣り屋が並ぶ。
 金魚屋は、泳いでいる金魚はもちろんのこと、金魚をすくうポイやお持ち帰り金魚が入ったビニール袋、建物もうまく作られている。
 たこ焼き屋のたこ焼き、中の具、ソース入れなどもうまく作られていて、見ているだけで楽しくなる。

 今回一番感心したのが、花火セット。
 3種類の袋があり、特にネズミ花火の形がミニチュアで再現されているのが目を惹いた。

<ART / OSAKA / ROOM No.6000>
 2012.6.26-2012.7.16
 11:00-21:00
 多目的ギャラリースペース ディーバ
 大阪市北区梅田1-12-6 イーマ1F

 来週開催のART OSAKAの前哨戦と言える展示で、ドイツのアーティストDunja Eversと大阪のアーティストとのコラボ。

 Eversは日本に滞在していると言うことで、その部屋を再現し、その窓から見える壁に大阪のあちこちの風景の写真を貼り付けている展示があった。
 Eversの気分になって、大阪を見つめ直すような気分にでもなるのだろうか。

 そして、隣の部屋ではデジカメで大阪のあちこちを撮影して写真をスライドショーにした映像作品。
 これも映像を通して、大阪を見つめ直すと言う趣旨か?

 正直なところ、うーん、如何なものかと。
 写真も目を惹くものは猫の写真くらいで、全体をじっくり見ようと言う気にはなれず。
 映像作品は全体を把握するのに時間がかかると言うのが欠点で、よほど惹きつけるものがないと見てもらえない。
 それが欠けていた。

 あくまでも個人的意見です。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ブログネタ
ギャラリー散策 に参加中!
絵画鑑賞。シマ
 魅力的な作品はどこにある?

 今日は久し振りに京都。

<ファンクション・ディスファンクション展>
 2012.6.8-2012.7.14 日月祝休
 11:00-19:00
 TKGエディションズ京都/TKGセラミックス
 京都市下京区西側町483

 見てくれは変わっているけど、実用性があるとおもいきや、ほんと使えるの?って感じの陶器や木彫り、金属の器などが並ぶ。
 すりこぎ付きの乳鉢は下の容器のヒビにすったものが入り込んでしまいそうな。
 私的には何だか消化不良・・・。

<一力昭圭×Yong Joo Kim −TWIST−>
 2012.6.13-2012.7.1 月火休
 13:00-18:00
 gallery C.A.J
 京都市中京区富小路御池下る松下町129

 タイトルにTWISTとある通り、撚り合わせるというコンセプトのアクセサリーの展示。

 一力昭圭さんのアクセサリー。
 ビニールで作られたネックレスやブレスレットは透明のビニールに彩色が施され、これからの暑い季節にも合いそうな清涼感がある。
 普段は平面状で、それを撚ってかたちにする。
 平面状にしておけるので、コンパクトに片付けることもできると言う。

 Yong Joo Kimさんのアクセサリー。
 マジックテープを短冊状に切ったものをつなぎあわせて作られたアクセサリー。マジックテープをこの様に使う考えに感心する。
 細いマジックテープを曲げて固定して、様々な形を作り出すことができるのは面白い。
 アクセサリーだが、子供の知育玩具の様相。
 しかし、形を整えるため、そして崩れた時の現状復帰が難しいため、糸で固定しているそうな。バラすことはできない。

<狩野智宏展「cosmogony 進化」>
 2012.6.7-2012.6.26 水休
 11:00-19:00 最終日17:00まで
 SHINA
 京都市中京区室町三条下ル西側 誉田屋 奥

 ガラスのオブジェ。
 暗い部屋の中、水を貯めた5つの黒い箱の上に長径70cm程、重さ70kgのガラスの塊がそれぞれ乗っている。
 ガラスの中には気泡が漂い、彩色されている。それらが下からの光に照らされて幻想的な雰囲気を醸し出す。

 タイトル「cosmogony」は宇宙生成論や天地創造と言う意味。
 ガラスの中の気泡や色が、宇宙誕生のイメージに重なる。

 中の気泡や彩色を見ると、偶然ではなく、計算されて入れられていることがわかる。

 この後に行ったギャラリーで聞いたのだが、一つの大きなガラスの塊をサンドペーパーで削ってあの形にしているらしい。
 一つのガラスの塊を冷却するのに3ヶ月だそうな。1つ350万円と聞く。
 まあ、絶対的な値としてはべらぼうな額だと思う(つまり買えない)が、値段的には妥当な線ではないだろうか。

 小さなガラスオブジェが飾られていた。
 これも中の色がとてもきれいに入っている。

 作家の狩野智宏さんは、あの狩野派の血を受け継ぐ人物だそうで、絵ではなくガラスでとても素晴らしい作品を作っている。

 1Fのショップでは狩野氏やその他の作家さんの作品が並んでいたが、これも結構見応えのあるものだった。

 この建物自体も、元々は蔵だったところで、2F部分のギャラリーの作りも面白い。
 階段の目隠しには和紙を用いていたり、京都らしい雰囲気でとてもおしゃれ。

<古田利一ガラス展−Knitting shine−>
 2012.6.19-2012.7.1 月休
 12:00-19:00 最終日17:00まで
 ギャラリーH2O
 京都市中京区富小路通三条上ル福長町109

 ガラス作品の展示。

 Knittingと言う意味が見ればわかるガラスの皿。
 ガラスを細い棒にして、それをあたかも編みこんでいるように配置する。
 このような器を作ろうとしているところが面白い。

 光に当てると表面のキラキラと下に映る影、そしてガラス棒の間隙からストレートに下に当たる光が幻想的に目に飛び込んでくる。

 この魅力を写真に収めるのは難しそうだ。
 本物にはかなわないから仕方がないのだが。

 作家さんは写真も30年ほどされているそうで、DM用の写真をどのように決めるかなどの話をしてくれた。

 このガラスの細い棒を的確に表現する言葉が「ところてん」。
 この作品を見たお客さんが言ったそうだ。
 太さも雰囲気も確かに「ところてん」やなぁ。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ブログネタ
ギャラリー散策 に参加中!
絵画鑑賞。シマ
 魅力的な作品はどこにある?

<Ceramic Site 2012>
 2012.6.11-2012.6.23 日休
 11:00-19:00 月-金 11:00-17:00 土
 ギャラリー白/白3
 大阪市北区西天満4-3-3 星光ビル2F/3F

 陶器として見なくても、形状的に興味をそそられる作品が並んでいる。
 もうCeramic Site(陶芸サイト)じゃなくていいのではないかと。

 球面のブロックを組み合わせて中空の球体を作り上げた作品。
 鳥の骨格を模した作品。
 クラインの壺を彷彿させる作品。
 立方体から何かが生えている作品。
 表面がイボイボの作品。

 これらは陶器だ。
 陶器として、陶器でどこまでできるのかと思わせなければならないと考える。
 陶器だからこそ、驚きの目で見る作品もある。

 この中でインパクトはないものの、後からじわじわくるものが須浜智子さんの作品。

 球や立方体、柱体から枝のようなものが生えている。
 その形状はそんなに奇妙なものではないが、見ていて面白く、何故か気持ちが穏やかになるのを感じる。

 立方体の側面から生えているチューブ状の枝の高さはその立方体の高さで切られ、その断面のエッジは淡い黄色に塗られている。同じく立方体のエッジも黄色く塗られる。
 その他の部分は淡いブルー。
 色の取り合わせの妙と言うか、この色だから安らぐのかも知れない。

 円柱状から生えている3本の茎にある葉っぱが正五角形。
 それが頂点を寄せてわずかな間隙できれいに並んでいるところなんか、なんとも可愛らしいじゃないか。

<千原眞理子ウッドバーニング展>
 2012.6.18-2012.6.23
 11:00-19:00 最終日17:00まで
 現代クラフトギャラリー
 大阪市北区西天満4-6-24

 ウッドバーニングと言う木の表面を焼いて描く手法の動物たちの絵の展示。
 以前からこの作家さんのネコ科の動物の絵を見る機会が多く、今回もネコ科率高し。
 点描画の様に描かれた作品は迫力あるトラの姿、威厳のあるユキヒョウの姿を写し出す。
 写真のネコをその隣に描いたフォトフレームなどのインテリアやアクセサリーなども置いてあり、好きな人にはたまらない展示内容。

<荒木奈緒「爪のうえで光らせる屑、音、うつくしいマリア」>
 2012.6.11-2012.6.20
 12:00-19:00 最終日17:00まで
 ハッテンギャラリー
 大阪市北区西天満4-8-5 衣笠ビル4F

 セルフポートレート作品。
 A0写真を床の近くに貼る展示が珍しい。
 作家さんいわく、自分の目線がいつも下にあるから、下に貼るのが自然だと考えていたそうな。
 自分の写真をでっかく自分目線で展示。どれだけ自分中心やねん(笑)

 椅子に座ってみるとちょうどいいくらいかと。
 写真にでっかく写っている本人と話をするというのは何だか面白い。

 展示した写真をこの後どうするのかと聞いたら、さすがに部屋に貼るわけにもいかないし、さりとて捨てるには惜しい、と言うことで丸めてどこかにしまっておくとのこと。

 「うつくしいマリア」って誰のこと?って聞くのを忘れた。

<高松次郎展「The Birth of Land」>
 2012.6.18-2012.7.4 日月休
 11:00-19:00
 YOD Gallery
 大阪市北区西天満4-9-15

 ギャラリーの前を通りかかったら開いていた。
 告知はなかったので、開いているとは思わなかった。
 そして「高松次郎展」との貼り紙。
 YODで高松次郎って書いてあったら、あの高松次郎だと思う。
 入ってみると、自分の思っていた高松次郎の作品とは違っていた。
 絵本の挿絵の原画展だった。

 コンパスと定規で輪郭を取って、それに色彩をつけている作品は「国生み」と言う絵本の挿絵。
 もう一つは宮沢賢治作品の絵本の挿絵。

 あとで調べると、やっぱりあの高松次郎の作品だった。
 私が知らなかっただけでした。
 私が知っている高松次郎作品は国立国際美術館にある「影」。
 今回の展示会はそれより新しい作品らしい。

 ちなみに、今回の展示の告知がなかったのは常設展だからとのことでした。

<夜景>
 2012.6.19-2012.6.24
 11:00-19:00 最終日17:00まで
 ギャラリーアルテスパーツィオ
 大阪市北区曽根崎新地2-1-13 巽住宅梅田ビル302

 夜景をテーマにした公募展。
 恒例の投票もあり。

 夜景と一言で言ってもいろいろなものがあり、ほとんど光のないところの夜景から、きらびやかな都会の光があふれる夜景まで、作家さんそれぞれが思う夜景を見ることができた。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ブログネタ
ギャラリー散策 に参加中!
絵画鑑賞。シマ
 魅力的な作品はどこにある?

<丸尾那海展>
 2012.6.11-2012.6.23 日休
 12:00-19:00 12:00-17:00 土
 2kw gallery
 大阪市西区京町堀1-13-2 藤原ビル5F

 DMに騙された。
 部屋に入った時にそう思った。
 でも、これはいい騙し。

 白い部屋(これは前からだが)の床に短い棒が無数に散乱している。
 よく見ると、爪楊枝だった。
 しかも、何故か白く塗られているものと普通のものが混ざっている。

 壁際に椅子が3つ置いてあったので、そこで座って眺めてた。

 何で白く塗られてるものとそうでないものがあるのか。
 何本くらい使っているのか。
 ビュッフォンの針の問題ってあったな。
 枯れた芝生のようだ。

 そんなことをぼんやり考えながら座ってた。

<谷口和正展 TRACE -fragment->
 2012.6.18-2012.6.30 日休
 12:00-19:00 最終日17:00まで
 橘画廊
 大阪市西区西本町1-3-4 大阪陶磁器会館B1

 鉄で作られた立体作品。
 一辺10cm程の立方体や直径10cm程の円柱の表面が柄に切り抜かれていて、中の照明で光が漏れるのを、また、壁に映る光と影を楽しめる。
 おしゃれな照明として使えそう。

 しかし、ポートフォリオを見て、何でこっちやなかったんかと思ってしまった。
 直径40cm位の球にアルファベットが切り抜かれている。それが中の光で壁に映ってとてもいい雰囲気。
 これ一つ部屋の真ん中に置いて、あたかもプラネタリウムのように鑑賞するのも悪くない。

<現代アートコースグループ展「ゆとり主義」>
 2012.6.4-2012.7.28 日休
 12:00-19:00
 GALLERY 1963
 大阪市浪速区元町1-2-25 A.I.R.1963 1F

 成安造形大学の学生のグループ展。
 金属の網を人型にカットして枠に重ねてぶら下げている作品が面白かった。
 立体効果を期待した展示だと思う。

<EXPRESSERS THE PHOTO EXHIBITION 1st>
 2012.6.18-2012.6.24 水休
 12:00-20:00 最終日18:00まで
 Acru Gallery
 大阪市中央区南船場3-7-15 北心斎橋サニービル西側B1F

 人物写真のグループ展。
 スナップ的なものではなく、撮影を目的にモデルを用意して、魅力的に仕上げて行くと言う撮影。
 私からすれば、多分やらないだろう撮影。
 だからこそ興味もある。

 どの写真もモデルさんはきれいに写ってるし、それは皆さん最低限のことだろうから、後はどのように見せるかだろう。

 顔の輪郭を飛ばしてしまって、目と唇だけ写っている写真は、この展示の中では異色で目を惹いた。
 門外漢の鑑賞者である私からすれば、この様な異色の作品がうれしい。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ブログネタ
ギャラリー散策 に参加中!
絵画鑑賞。シマ
 魅力的な作品はどこにある?

<大阪写真月間2012「1000人の写真展「わたしのこの1枚」」>
 2012.6.13-2012.6.18
 12:00-19:00 最終日18:00まで
 イロリムラ[89]画廊
 大阪市北区中崎1-4-15

 1000人の写真が所狭しと並べられているのを見るのは圧巻。
 これだけあると、一人一人の写真を見ていられないのが現実。
 知り合いを探しながら、目に付く写真を見るという鑑賞スタイルとなる。

 猫の写真で目が止まるのは仕方がない。

 その中で、私としてはアリのマクロ写真に惹かれた。
 アリの頭の表面までしっかり写し込まれていて、アリの観察じゃないけど、勉強になった。

<大阪写真月間2012「写真家150人の一坪展」>
 2012.6.13-2012.6.18
 12:00-19:00 最終日18:00まで
 イロリムラcref
 大阪市北区中崎1-4-15

 森野さんの猫写真。
 猫がいるところ、初春はまだ雪が残っている。
 船から飛び移る猫はこれから暖かくなり、暑くなる季節を予感させる。
 次の個展に繋がりそうな写真。

<関西大学写真部デジタルパート二回生展>
 2012.6.13-2012.6.18
 12:00-19:00 最終日18:00まで
 イロリムラ[89]α
 大阪市北区中崎1-4-15

 色のイメージに合わせた写真を分けて展示している。
 大きなリボンが飾り付けられているところが、写真展にはあまり見られないような気がする。
 写真の横には記名がなく、置かれた冊子に書かれていた。
 これは展示の雰囲気を崩さないという点ではいい。

 池を橋の上から撮った写真。
 天気がよく、青空が水面に写っている。
 橋の上の人の影の部分に青空が写っているのは実際そうなっているのかと思っていたが、実際どうなんだろう。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ブログネタ
ギャラリー散策 に参加中!
絵画鑑賞。シマ
 魅力的な作品はどこにある?

<コレクションの誘惑>
 2012.4.21-2012.6.24 月休(月が祝の場合翌火休)
 10:00-17:00 10:00-19:00 金
 一般1000円
 国立国際美術館
 大阪市北区中之島4-2-55

 現代美術と写真をクローズアップしての展示。

(コレクションの誘惑機20世紀から21世紀へー現代美術の世界)

 現代美術はハマればとても面白いが、全くとっかかりがないと本当につまらない。
 何かのとっかかりがありつつ、新奇性のあるもの。
 自分の記憶や経験、感情との対話じゃないかとも思ったりもする。

 小川信治氏の作品は何度か見ているが、やっぱり面白い。
 精密に描かれた虚構に惹かれる。
 帰りに以前ここで開催された展示会「干渉する世界」の図録を見る。

 後、張られた糸にくるまれた服のオブジェ。こう言うのは直感的にくる。
 塩田千春氏の作品。
 関心のある作家の一人だ。

 デュシャンの作品「触ってください」。
 触ろうにも周りを透明アクリル板に覆われているのですが…。

(コレクションの誘惑供ー由な泳ぎ手ー現代写真の世界)

 米田知子氏の眼鏡シリーズは面白い考えだと感じる。
 作家や音楽家などの著名人の眼鏡を通して、その著書や関連のある書物や楽譜などを写すと言うコンセプトが面白い。

 森村泰昌氏のフェルメール研究シリーズも、対象がフェルメール「画家のアトリエ」と言うこともあって、興味深く見ることができた。
 彼の絵の中の人物に自分がなり切って、そのシーンを作り出して撮影している一連の作品の考えはとても面白く、興味がわく。

 どう写ってるかより、何を写しているか、どんなコンセプトが込められているかをつかむことができ、それが面白い作品に惹かれていることに気がつく。

 これが私が思う写真に対する態度なのかな。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ブログネタ
ギャラリー散策 に参加中!
絵画鑑賞。シマ
 魅力的な作品はどこにある?

<対話する美術/前衛の関西>
 2012.6.9-2012.7.29 水休
 10:00-17:00 入館30分前まで
 一般300円
 西宮市大谷記念美術館
 西宮市中浜町4-38

 最初の部屋「カンヴァス上の格闘」を除いて2人の作家の作品を一部屋に展示したのは作品の対話を促す目的で、展示会のタイトルにもそれが表れている。
 それがうまくいっていると感じた部屋もあれば、どうだろうと思うような部屋もあった。
 ともあれ、このように作品を対比させる展示は面白い。

(カンヴァス上の格闘)
 油彩作品。
 絵の具による凹凸を荒々しく残した作品もあれば、筆のタッチも残さない作品もある。
 数点展示されている作家の作品は作風の変遷を示していて、非常に興味がある。

(時間と物質)
 暗い部屋に2つの作品。
 入口から左右対称の位置に置かれた立方体状の作品にライトが当たる。
 この展示法に美的センスを感じる。

 モーターで回転するガラス瓶に入った角砂糖がコロコロ音を出す藤本由紀夫さんの作品は1995年の作品で、何度も展示しているらしいのだが、まだコロコロ音を出し続けている。
 展示しているうちに角砂糖が砕けて粉になってしまうのではないかと作者は思っていたそうな。
 ガラス瓶は最初は透明だったみたいだが、砂糖が小さな粒になってガラス瓶の内壁について白くなったのかな。最初見た時は陶器かと思った。

(世界を映す)
 構造の妙を感じさせる展示は植松奎二さん。
 これはうまいことバランス取ってるなと感じる作品達が目を惹く。
 植松さんはギャラリーノマルでの展示で初めて知った作家。
 ノマルの展示より面白い。

(目に見えないもの)
 部屋に入ると天井からぶら下がった革の塊が目に飛び込んでくる。
 壁にはその作品をくわえた裸の男の写真が。
 エクトプラズマを表した作品だそうな。
 だから口からくわえてる写真があるのか。
 エクトプラズマって、白っぽくてぼやっとしているもんだと思うけど、これは革で覆われた球を連ねた彫刻で、生々しい。
 革を縫っている縫いしろが表面にあるために、それが革に浮き出た血管やしわのような感じがするので、ともすればグロく感じるかも知れない。

 目に見えないものを表現するにも、し過ぎだ。
 同じ部屋のもう一人の展示が霞んでしまったんじゃないかと。

(色彩の向こう)
 木枠に布を貼り付けた作品は渡辺信子さん。
 木枠のないところに布が曲面を描いているのが美しい。
 青と白の布を用いた床に置かれた作品の白い布の距離感がつかめなくて、一見騙し絵のような感じになっているのが面白い。


<KyoとSamの立体作品展>
 2012.6.10-2012.6.16
 11:00-18:00 最終日16:00まで
 ギャラリーストラッセ
 兵庫県西宮市松生町18-21

 ガラスのオブジェ、革を用いた作品、オートマタなどの作品展。
 以前、何度か作品展にお邪魔したことがある御夫婦の作品だ。

 Kyoさんの革を用いた作品は、以前のものと比べてカラフルになった。ラメ色がついた革をイルカのオブジェに用いていた。
 水からジャンプした時の光沢感を出したかったと言う。

 Samさんはやっぱりオートマタに目が行く。
 時計にしかけられたからくり、ハンドルを回すのが楽しい。
 ブレーメンの音楽隊をモチーフにしたからくり、ハンドルを回す時間は長いけど、その分楽しい仕掛けがどんどん出てくるのが楽しかった。
 オートマタって面白い。

 ちょうど客もいなかった時で、いろいろな話に花が咲いた。
 楽しい時間を過ごさせてもらった。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ブログネタ
ギャラリー散策 に参加中!
絵画鑑賞。シマ
 魅力的な作品はどこにある?

<秋山美歩個展「100%PAPER」>
 2012.6.1-2012.6.14 土日休
 9:00-17:00 14:00-17:00 6/1 最終日15:00まで
 ペーパーボイス大阪
 大阪市中央区南船場2-3-23

 紙で作られた立体作品。
 基本的にはカラフルで楽しい動物達をかたどった作品が並ぶ。
 デフォルメされたものやリアルに近いものまで、見ていて楽しくなる紙の動物達の動物園。

 クロコダイルの背中に取っ手と蓋、チャックを付けたPaperBagと言う作品、ワニ革じゃないけど、ワニ顔がついてるとの説明書き。面白い。
 手に取っていいらしいので、ぜひ一度持ってみて欲しい。

 タバコくわえたイグアナが渋い。

 残念なのは開場時間。
 平日の9時から17時までって、普通の勤め人では見に行けないでしょ。
 せめて土曜日だけでも開けてもらえれば。

<飛ぶ夢>
 2012.6.11-2012.6.16
 13:00-20:00 最終日17:30まで
 art gallery sora+
 大阪市中央区谷町6-4-28

 実在、仮想の動物達の立体、平面作品。
 ワイヤーあり、新聞紙あり、ダンボールありの作品。
 ワイヤーはかなりぐるぐる巻きで形作られているが、ワイヤーアートの楽しみの一つである影の妙も楽しむ事ができる。

 新聞紙の外から紐を巻いている作品が何とも言えない質感を見せてくれたのは意外だった。

 ポートフォリオには以前の展示内容が記録されており、その中の作品も実物を見たくなった。
 特に、ヤギ?が新聞紙が敷き詰められた床を突き破って出て来たような作品は見てみたいと思った。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ブログネタ
ギャラリー散策 に参加中!
絵画鑑賞。シマ
 魅力的な作品はどこにある?

<Drag and Drop>
 2012.6.11-2012.6.23
 11:00-19:00 月-金 11:00-17:00 土
 Oギャラリーeyes
 大阪市北区西天満4-10-18 石乃ビル3F

 抽象画の作家さんが撮ってきた写真の展示会。

 見ても何やらわからん、と思われる抽象画を表現法としている人が、そのものを(割りと)忠実に再現できて、何が写っているのかよくわかる(ものが多い)写真で表現すると言うこの企画自体に興味を覚えた。
 このギャラリーでは初めての試みだそうだ。

 作家さんは3人、それぞれの作家さんのポートフォリオが置かれているので、写真と見比べてみるのも面白い。

 見比べてみれば、ああ、この人っぽいなと言う写真がある、ように思えた。
 これも、先入観があるのか知れないのだけれども。

 ギャラリーの方と話をさせてもらったが、表現法は違うけれども、根底の表現したいことと言うのは自ずと作品に出て来るのではないかと言う。
 この考えは納得できる。

 実際にそれを実感できたように思えたのだが、実感できたことに関しても一抹の疑念も生じる。

 この展示は作品そのものより、表現に対する考え方を問うものなのかなと感じた。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ブログネタ
ギャラリー散策 に参加中!
絵画鑑賞。シマ
 魅力的な作品はどこにある?

<奥野敏晴・容子展>
 2012.6.9-2012.6.17 月休
 12:00-19:00 最終日17:00まで
 ラッズギャラリー
 大阪市福島区福島3-1-39 メリアス会館102号

 陶器とアクセサリーの展示。

 陶器と木を用いたネックレス。
 マカロニ状のパーツを糸でつなげたネックレスはよくありがちで、古代から作られて来た形だが、組み合わせで様々な形状のものを作ることができると言う点で興味深い。

 素焼きの壺をスピーカーの胴体に用いたものがあった。
 どのような音が出るのだろうか。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ブログネタ
ギャラリー散策 に参加中!
絵画鑑賞。シマ
 魅力的な作品はどこにある?

<HENGE Exhibition -Fast Mercy->
 2012.6.1-2012.6.9
 11:00-18:00 月-金 11:00-17:00 土日
 乙画廊
 大阪市北区西天満2-8-1 大江ビルヂング101

 変形するプラモデルのような作品。
 龍から花の首輪に連続的に変形させることができる作品は昨年見たな。
 CDケースに入れられた円形の作品は鶴に変形。
 戦闘機のような作品は半人半機械?みたいな女性に変形する。

 昔、マクロスって言うアニメでバルキリーって戦闘機がロボット形態に変形するのを思い出した。
 変形するロボットものとか好きな人はこの様な作品は面白いのではないかなと感じる。
 実際、この手で変形させてみたかった。

<柳田補展>
 2012.6.6-2012.6.16 日休
 10:30-18:30
 瀧川画廊
 大阪市北区西天満4-5-7 三旺ビル2F

 写実画。
 写実画を見る時、どうしても近づいてじっくり見てしまう。
 そうすると画材の表面が見えて何だかうーん、と言う気になってしまうことが多い。
 今回もそれを感じた。

 しかし、少し離れてみると、実にうまく質感を表現されている。
 椿の絵は椿の花びらの薄いところや、花びらの端の質感、淡く広く照らされた光の反射がうまく表現されていると感じた。
 どちらかと言うと光沢の少ない絵の方が気分良く見ることができた。すっと目に入ってくる感じ。

<白藤晴久ガラス展>
 2012.6.4-2012.6.9
 11:00-19:00 最終日16:00まで
 現代クラフトギャラリー
 大阪市北区西天満4-6-24

 吹きガラスにサンドブラストなどで柄を付けている作品。
 グラデーションの彩色は美しく、形も雫型だったりするので、インテリアにはぴったりかと。
 しかし、うまくまとまり過ぎている感も拭えない。
 あっと驚かせてくれる作品を求めているから、こう言う感想になるんだろうけど。

<新美敬子写真展 地中海の休日〜マルタ、ロドス、シシリーの猫と犬〜>
 2012.6.7-2012.6.19 6/13水休
 10:00-18:00
 パナソニックセンター大阪 2Fコミュニケーションスペース
 大阪市中央区城見2-1-61

 地中海の島の猫と犬の写真展。
 青い空、青い海、カラッと晴れた心地良さそうな気候。
 そんなイメージの地中海の島と猫は合うと思う。

 ルミックスGH1のバリアングルをフルに活用した猫の視線の高さの写真は猫をイキイキと写し出してくれる。

 猫がどーんとでっかく写っている写真はいいねー。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ブログネタ
ギャラリー散策 に参加中!
絵画鑑賞。シマ
 魅力的な作品はどこにある?

<AOKI takamasa写真展「PHOTOGRAPHY」>
 2012.5.30-2012.6.17 月火休
 12:00-19:00
 ブルームギャラリー
 大阪市淀川区新北野1-11-23 ハイム北野B103

 写真の展示とスライドショー。

 街並み、人、そして時々動物たち。
 ブルームギャラリーのそばの淀川で撮られた写真も。
 人工的に作られた都市の下で人間も動物も生きてる。
 日々の生活を営んでいる。そんなことを思い浮かべる。

 テレビの上に乗っていた猫がテレビの裏に隠れるところを撮った写真。
 ふわっと上がった長毛のしっぽの雰囲気がいい。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ブログネタ
ギャラリー散策 に参加中!
絵画鑑賞。シマ
 魅力的な作品はどこにある?

<第27回公募2012日本ジュエリーアート展>
 2012.6.1-2012.6.10 6/4月休
 10:00-18:00 入館17:30まで 最終日15:30まで
 伊丹市立工芸センター
 伊丹市宮ノ前2-5-28 工芸センターB1F

 最近、ジュエリーに興味を覚えている。
 アクセサリーとしてではなく、構造物としてである。
 今回の展示も実用としてはどうだろうというものもあったが、構造的に魅力的なものがいくつか見られた。

 under26部門(26歳以下)と一般部門があり、私が興味をそそられたunder26部門賞、奨励賞、そして入賞のものをピックアップした。

<under26部門賞 檜谷拓弥さん
  ジグソーパズル。柄は国旗をモチーフにしている。

<奨励賞 under26部門 荒井裕美子さん
 ステンレスの目の細かいネットのネックレス。
 薄手の布の様で、ネックレスと言うよりスカーフを巻いている様。
 布の様にシワも作ってある。
 付け心地はどうなんだろうか。

<under26部門 柿本あずささん
 銀粘土によるネット状のアクセサリー。
 ネットの表面でドーナツ状のアクセサリー。入れ子状のものもあり、身につけた時の挙動が面白そう。

<under26部門 吉田祐里さん
 銀の土台に岩絵の具で着色したリング。
 形状が箱のティッシュ。ちゃんと中にティッシュも入っている。入れ替えも可能のようだ。
 柄もどこかで見たような…
 花粉症の女性の味方?
 遊び心たっぷりの作品。

<under26部門 鈴井真綺さん
 黒い紙で作られた切り絵を立体的に組んだリング。
 切り絵を立体で活用しているところがいい。

<一般部門 彦根美代さん
 ヒトデをモチーフにしたチョーカー。
 サファイアの粒が表面に散りばめられていて、結構リアルな形に仕上げてある。

<一般部門 山田美代子さん
 木で作られたリング。
 ナックルダスターを想起させる指を4本入れるリングで、先に動物の爪みたいなものがつけられている。

<一般部門 小林京和さん
 ステンレス製のネックレス。
 ステンレスワイヤーの正十二面体を多数組み合わせて円状にしたもの。
 正十二面体の対角線のワイヤーの精細さも見惚れる。
 横から眺めていると建造物を彷彿とさせる構造。とても美しい。
 ワイヤーアートの見どころである光に照らされてできる影も綺麗だ。

 京都でギャラリー散策していた時に偶然見つけたGalleryC.A.Jで出会った小林京和さんの作品。
 正多面体の組み合わせのアクセサリーはアクセサリーと言う概念を越えて、構造物として美しい。
 私の中では大賞。

<ジュエリーの起点と作品展>
 上記展示の併設展。

<小倉理都子さん
 layer of the momentシリーズ
 現像したリバーサルフィルムとネガフィルムを用いて、アクセサリーを作る。
 現像した後と言うのが、単にリサイクルと言うことだけではなく、そこに写し出されているものを身につけると言うこと。過去の歴史を身につけると言うこと。

<第2回日本ジュエリーデザインコンペティション>
 上記展示の併設展。

<奨励賞 中田綾奈さん
 万華鏡のリングのイラスト。
 これはロマンチックだ。実際に作るのかな?

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ブログネタ
ギャラリー散策 に参加中!
絵画鑑賞。シマ
 魅力的な作品はどこにある?

<秋本幸一展>
 2012.5.29-2012.6.7 月休
 12:00-19:00 最終日16:00まで
 ラッズギャラリー
 大阪市福島区福島3-1-39 メリアス会館102号

 猫の日本画。

 猫のほわほわ感、毛の流れや質感の表現がいい。
 寝転んだり、糸で遊んだりする仕草がとても可愛らしく、猫の行動をうまくとらえられていると感じる。

 平面的な日本画の画法だが、背景にコラージュやリトグラフを使っていたりするのは面白くおしゃれ。

 ポートフォリオにも数点あったが、マンホールと猫の絵が面白そうだ。
 シリーズとしてこれらを出すのもいいかも。

<吉村美枝展「「文字」からの発信-->
 2012.5.29-2012.6.7 月休
 12:00-19:00
 最終日16:00まで
 ラッズギャラリー
 大阪市福島区福島3-1-39
 メリアス会館102号

 漢字をモチーフとした絵画、ステンドグラス、金属作品。

 漢字を象形化すると言うことは起源に戻すと言う感じを受けるが、それを越えたものがあった。
 特にステンドグラスは見ていて楽しいし、美しい。ガラスの色もイメージを沸き立たせるものだ。
 言われなければ漢字を象形化しているとは思えないが、それを抜きにしてもいい作品だと思う。

 壁にかかったステンドグラスが光に照らされてできる光や影がまた美しい。
 ガラスの歪みによる光のグラデーションが幻想的。

<宇山聡範「after a stay」>
 2012.5.28-2012.6.2
 12:00-19:00 最終日17:00まで
 Port Gallery T
 大阪市西区京町堀1-8-31
 安田ビル1F

 ビジネスホテルの部屋の写真展

 全体的に青被りな写真が並ぶ。
 そのために冷たい感じに思える。
 作者が言う淡々と撮影したと言う雰囲気を醸し出す。

 泊まった後の部屋らしいのだが、ほとんどその痕跡は見られない。
 とことん客観的に撮影しているようだ。

 ホテルは結局自分の住処ではなく、短期間で離れるところ。ビジネスホテルならなおさら。
 泊まる人も愛着もなく離れて行く。
 そんなクールな所をクローズアップした作品かなと感じた。

<Quiet Moments>
 2012.5.15-2012.6.2 日月休
 12:00-19:00 火-金 12:00-17:00 土
 The Third Gallery Aya
 大阪市西区江戸堀1-8-24 若狭ビル2F

 2人の写真展。

 鈴木崇さん
 風景とペットボトル?の写真。
 風景は手前にピントがあって、主題と思われる山や島がボケている。同じ景色を撮った写真を2枚に切って角に貼っている。
 これは遠近法による奥行き感を出しているそうな。
 ペットボトルに見える写真も何か模様の様に見える。

 大西正一さん
 ポートレート写真を3D写真にしている。
 見やすいようにステレオスコープ付き。
 ただの3Dではなく、左右服の柄を変えていたりしているところがミソか。

<笹川治子「case.A」>
 2012.6.1-2012.6.17
 11:00-19:00
 Yoshimi Arts
 大阪市西区江戸堀1-8-24 若狭ビル3F

 Aと書かれた惑星をイメージさせるマーク。
 木やプラスチックの廃材を組み合わせた何かのマシーン。
 周りにはそれらを作り出しているであろう人たち。
 Aのマークを旗頭に邁進する人々を見る様だ。

 そして、端には金属光沢のある防護服。顔からは白銀色の固体が噴き出す。

 機械などの人工物に囲まれた現代文明に対するアンチテーゼを感じた。
 防護服のオブジェからは多分原発事故のイメージを彷彿とさせる。
 AはAtomicのAかな。

<monocreate vol.05>
 2012.5.28-2012.6.10 水休
 12:00-20:00 最終日18:00まで
 Acru Gallery
 大阪市中央区南船場3-7-15 北心斎橋サニービル西側B1F

 モノクロ限定写真展。
 モノクロにすることは、世の中にある色を排除すること。
 色と言う重要なファクターをなくすことでマイナスになるのではないかと思われがちかも知れないが、その物の形状や影など、華やかさに隠れていたものをクローズアップするものではないかと感じている。

 カラーとは異なる質感を感じられる作品、光と影の対比を見せてくれる作品。

 モノクロになると、何が写っているかた共にどの様に写っているかの比率が高くなるように思える。

 衛門。さん
 月の光に照らされた木の枝が空に浮かぶ血管の様に見える。
 以前この様な写真を撮ったことを思い出した。

 林誠彦さん
 古いミシンの表面のエンボスの質感がうまくあらわれているように感じる。
 このミシンの今までの歴史を感じる。

<大大阪展「環状線19」 1>
 2012.6.1-2012.6.3
 13:00-21:00 金土 13:00-18:00 日
 BEATS GALLERY
 大阪市中央区南船場2-7-20 大阪屋安堂寺橋ビル4F

 大阪環状線の各駅を各人が担当し、その付近の写真を展示。

 京橋/いけたにいさむさん
 「大阪大空襲」が根底に流れている。
 京橋に落とされた爆弾によって瓦礫の山となったことを感じさせる写真。
 自由の女神がコラージュされているのは象徴的。
 マットに開けられた小さい穴は機銃砲の跡か。
 打って変わって、現在のどちらかと言うと猥雑なイメージの京橋の姿をコントラストを高く、ポップなイメージで見せる。
 戦後を一気に駆け抜けるタイムトラベラーになった気分。

 福島/伸之助さん
 カラー赤外線写真。
 先程の京橋の写真がタイムトラベルならば、こちらは宇宙旅行。
 どことなく地球に似た惑星アンチクトン。
 越えようがない異世界感を覚えるのは痛快。

 天満/ひるたオブジョイトイさん
 赤外フィルター
 桜の写真展の時に使っていた赤外フィルターを使っていると思われる。
 長時間露光による動く被写体のブレ、赤外線フィルターによる変色が面白い。
 扇町公園の写真がどこから撮ったか一目でわからなかった。いいアングル。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ブログネタ
ギャラリー散策 に参加中!
絵画鑑賞。シマ
 魅力的な作品はどこにある?

<京都市南区>
 2012.6.1-2012.6.10
 12:00-19:00 最終日17:00まで
 ハッテンギャラリー
 大阪市北区西天満4-8-5 衣笠ビル4F

 京都と言えば兵庫県に住んでいる私でも観光地と言うイメージ。
 しかし、歩いてみるとそう言うところは特別で、住んでいる人、働いている人が闊歩する他の土地と何ら変わりない。
 そんなところをクローズアップした写真かなと感じる。

 しかし、ところどころに見せるフリマ会場らしき寺とかを見ると、ああ、京都なんかなとか思ってしまうのはただ単にタイトルが「京都市南区」だからかな。

 京都らしくないキョウトスナップ。

<山口紀子個展「再生への序章」>
 2012.5.28-2012.6.2
 11:00-19:00 最終日17:00まで
 現代クラフトギャラリー
 大阪市北区西天満4-6-24

 陶器の展示。
 土台からキノコが生えているオブジェ。
 動植物の死骸を分解し、分解物が新たな生命を育てるキノコを分解と再生のシンボルとして表現している。

 大きな薬瓶に入った作品があったが、一目見てこれは心臓かと思った。
 表面に這う根のようなものが血管、土台の形がまた心臓のよう。
 ダブルミーニングで「生命」を感じさせる展示だった。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ブログネタ
ギャラリー散策 に参加中!
絵画鑑賞。シマ
 魅力的な作品はどこにある?

<黒猫展>
 2012.5.24-2012.6.3 5/29火休
 12:00-20:00 最終日19:00まで
 nearly equal gallery
 大阪市北区中崎2-3-28 Guignol 2F

 黒猫限定のイラスト展。
 階段を上がるとそこには黒猫のオブジェ。以前、ここで個展を開催されていた松長大樹さんの黒猫だ。

 こじんまりしたスペースの壁に作品が並ぶ。
 可愛らしいもの、ファンタジー的なもの、そしてこれはテーマに合ってるのか?と言うものもあるが、一点これは作品か?と言う不可解なものがあった。
 インパクトはあるが、どうもいただけない。

 zunchiさん
 猫のマトリョーシカ、傘猫のイラストが可愛らしい。

 ミワコさん
 花を渡す猫、渡される猫、双方の表情がうまく表現されている。
 シンプルなイラストでストレートに伝わってくるのがいい。

<南公二陶展>
 2012.5.29-2012.6.6 6/4月休
 12:30-19:30 火-土 12:30-17:00 日最終日
 ギャラリー びー玉
 大阪市北区紅梅町2-6 昭和ビル206号室

 陶器作品の展示。
 入口から異世界の雰囲気を醸し出す作品が並ぶ。
 作品が表す世界観はヨーロッパの古い街並み。どこか退廃的な雰囲気もある。
 刃が合わないハサミ、刀身が曲がったナイフ、そして猫のマリオネット。
 ワイングラスの柱も曲がり、黒猫が鎮座したり、爪を研いだり。

 ああ、魔女のいる世界なんじゃないかと思った。

 しかし、その中で歯車が多用されているのはなぜか。
 この頃の人からすると機械は魔術か何かだと思うだろう。そう考えると機械を象徴すると思われる歯車もあっていいのかも。

 マグカップはこの装飾でこの重さ?と言うくらい軽く、形も面白い。
 ワイングラスも使うのがもったいない感じて、眺めながら別のグラスで飲むって感じ。
 まあ、私は飲めないんですが。

<うめぐみ写真展6〜Four Seasons〜>
 2012.5.28-2012.6.3
 15:00-20:00 13:00-20:00 土 13:00-18:00 最終日
 10WGallery
 大阪市中央区平野町1-6-8-901 メロディハイム平野町10F

 ねこふんのトリを飾る恒例の猫写真展。

 今年は四季と言うテーマでメンバーが撮った写真を展示、昨年までの個展の集まりとは違う趣向だ。

 テーマの縛りで何かの不自由さが感じられるのならばそれは面白くないが、全体としてのまとまりが生まれて、グループ展の意義も出てくるかと。

 四季と言うことで、猫と周りの景色と合わせて表現する写真が多くなる。
 今までのうめぐみ展の雰囲気とは異なって見える。この展示はいい。
 そして、日頃は自分の飼い猫の写真をメインに出しているメンバーも外猫の写真を出しているので、そこも新鮮に感じる。

 昨年と比べて雰囲気の変わった写真展だが、変わらないのは写真を見ながらのメンバーとの猫談義の楽しさ。
 これは変わらないでいただきたい。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ