ブログネタ
ギャラリー散策 に参加中!
Perfect World. クロ
 「Perfect World」風クロ。

小川信治展−干渉する世界−
 2006.9.30-2006.12.24 月休(月が祝の場合翌火休)
 10:00-17:00 10:00-19:00 金
 国立国際美術館
 大阪市北区中之島4-2-55

 国立国際美術館は今日、無料だそうな。
 今日は「小川信治展−干渉する世界−」が目的。この人、なにやら面白そうな作品を発表している。
 以前、JR大阪駅へ向かっている途中にポスターを見て、興味を覚えたのである。そこにはフェルメール「牛乳を注ぐ女」の絵から牛乳を注ぐ女を消した絵が。
 牛乳が入った壷が宙に浮いているのが面白い。でも違和感がない。
 これは見に行かねば、と思った。

 入ると、「Perfect World」と言う作品があった。壁に1枚の絵葉書が貼られていて、そこにはルーペがつけられている。その横にたくさんの絵葉書の写真が並べられている。
 説明を見ると、もともとある絵葉書に鉛筆で加筆してあるらしい。
 ルーペで見て探してみろと挑戦状をたたきつけられているような感じ。実際、どこが加筆されているのかぜんぜんわからない。

 われわれが見た後、子供が見ようとしてルーペに触ったら、係員が飛んできて注意されていた。係員は丁寧に布でルーペをきれいに拭いていた。これも作品の一部?

 同じように、ピサの斜塔が2本あったり、建物の前に立っている女の子が2人いたりする作品があった。どれも1つしかないものが2つあるからわかるのだが違和感がない。

 「Chain World」という映像作品があった。古い絵葉書の画像が映され、そこからある一部にズームインして、またズームアウトしたら別の絵葉書の画像になっていると言うもの。
 うまく連続してつなげることができるもんだなと感心。

 ようやくあの「牛乳を注ぐ女」が現れた。何度見ても面白い。これを筆頭にフェルメール作品を基にした作品が8つあった。
 一連の作品は「Without You」と言うもの。絵画の中心人物が抜けている。
 人物が持っている道具などはちゃんと置かれている。人物に隠れて見えないものが描かれていて、それも違和感がまったくない。
 「ああ、天文学者がいないよ〜。手紙を読む女がいないよ〜。」とか話しながら見ていた。
 それにしても寂しい。中心人物がいないと寂しい。
 さすがに「青いターバンの少女(真珠の耳飾りの少女)」を基にするのは面白くないだろうな。

 次は「Without You」から発展したような感じの「連続体」
 絵画に現れる人物をそれぞれ別の画面に書いたもの。
 「最後の晩餐」を基にした作品があり、イエスがいない絵と、弟子がすべていない絵、そして、ユダがいない絵があった。イエス以外で個人を消すならば、やっぱりユダだろうな。

 その次に映像作品があった。「干渉世界」と言われる作品だ。
 背景と建物、人物がひとつの画面にあり、違和感なく風景として見えているのに、人物だけがスライドして消えていったり、建物が消えていったりする映像。

 4枚の絵でひとつの作品となっているものがあり、隣同士の絵はひとつの建造物だけ共通させたまったく別の風景画となっている。

 最後に、「モアレの風景」と言う作品集。フランスのモン・サン・ミッシェルが基になっている風景画。建物が変わっていたり、線路が敷かれていたり、どれも本物とは違っているらしいのだが、どれも本物っぽい。

 「国立国際美術館ニュース」と言う冊子が無料で配布されているらしく、NO.156を見ると小川信治について書かれていた。これは手に入れておきたいが、配布されているものがまったくない。係員に聞いてみたら、まだ配布をしていないらしい。後ほど取りに行こう。(ゲットしました。)

 小川信治展は予想以上に楽しめた。これは面白い。うまいこと考えたなと。どの作品を見ても、とても緻密に描かれている。これだけ緻密に描かれているからこそ、これら作品が成り立つのだろう。基になった作品を横に置いて見てみたいと感じた。

 この作品を最後に見ることにしてよかった。「エッセンシャルペインティング」を後にしてしまうと、途中で打ち切って外に出てしまうだろうから。

 地下1階のミュージアムショップへ行く。隣に、人の影が写った壁がある。どこかから投射しているのかと思ったら、壁に描いていた。これも作品で「影」(高松次郎)と言う作品らしい。
 ショップで図録が売られていた。「エッセンシャルペインティング」の図録が2000円、「小川信治展−干渉する世界−」のそれが1200円。

 う〜ん、なんだかなぁ・・・。
 オレ的には値段を入れ替えてもいいかなと。入れ替えても、「エッセンシャル−」は高いような気がする。
 (図録を買わなかったことを後悔。)

 小川信治展−干渉する世界−

(2016.4.15分割追記)