ブログネタ
ギャラリー散策 に参加中!
行ってきたで。

2005年度コレクション展
 2005.7.16-2005.11.3 月休(月が祝の場合、火休)
 10:00-18:00 10:00-20:00(金土)
 兵庫県立美術館
 神戸市中央区脇浜海岸通1-1-1

 モロー展のチケットに、「コレクション展供廚鮓ることができるチケットがついていた。
 せっかく来たのだから見て行こうかというレベルで大して期待もしていなかったのだが、ところがどっこい、こっちのほうが面白かった。
 ここにはおれみたいな人間が思っている美術の範疇を超えるような作品が並べられていた。これを見ていくうちに、美術って何でもありか?と思うようになる。

新感覚。眠り猫
 あ、ネコ発見!(藤田嗣治「眠り猫」)
 常設展示室はフラッシュと三脚さえ使わなければ撮影OKらしいので、撮ってきた。

 ある部屋に入ると、一辺が30cmほどの正方形の白い布のクッションが床に一直線にドミノ倒しのように20〜30個ほど並べられている。なんだこりゃ。
 友人が「これなら私でも作れる」と言ってたが、さすがにこれを美術作品だと言って出せないわなと話をしていた。それを美術作品だと言ってしまうところがなんかすごいなと。(森内敬子「作品」)

 「砂の聖書」(荒木高子)と言う作品を見た。砂を固めて本のような形にしたような塊の表面に英語で文字が印刷されている。聖書と書いてあるのだから、内容は聖書なんだろう。
 これを見たときに「本の化石」ってのを思い出した。グリの街の図書館に展示されている指文字が書かれた本が石に変えられてしまったようなもの。(灰羽連盟11話)
 知らん人にとってはなんのこっちゃわからんやろけど。

 極めつけは、杉浦隆夫の「みんな手探り」と言う展示物だ。
 白い発泡スチロールの粒が満たされたエリアがあって、そこに彫刻がいくつか置かれている。そしてその彫刻は発泡スチロールにほとんど埋められていて、直接全体を見ることはできない。
 その彫刻を鑑賞するためには、鑑賞者がその発泡スチロールのプールに入って、手探りで感じるしかない。

新感覚。みんな手探り

 これは面白そうだ。入るのを渋る友人を連れて入ってみた。

 発泡スチロールの感触が最初はなんだか違和感を覚えたが、とても心地よい。
 中に埋められている彫刻を掘り出そうとしてみたが、掘り出した粒が崩れて彫刻を埋めてしまうので、全体を見ることができなかった。手で感じるしか方法がない。
 しかも、彫刻に触れたときに、彫刻の表面と手の間に発泡スチロールの粒が入り込んで、表面がなにでできているのかがすぐにはわからない。とても不思議な感じ。

 彫刻の鑑賞より、発泡スチロールの中に入っている感触がとても心地よくて、なんだか癖になりそう。ここでずっと遊んでいたい気分になる。
 水や雪と違って濡れないし、浮力もないから、しゃがむとそのまま抵抗をあまり感じずに沈む。
 また、発泡スチロールの粒ともなると、静電気であちこちに引っ付いたりして困るのだが、この粒は静電気防止加工を施してあるらしい。だから静電気で引っ付かない。だからさらっとしていていい感触なんだな。

 この中に飛び込んでみたいもんだ。

 今日は友人と二人して、モロー展を見に来たんじゃなくて、発泡スチロールのプールに入りに来たんだなと納得していた。

 ここでどんなものかをちらっと見ることができます。
 
 帰宅してから、服を脱ぐと、白い小さな粒がぱらぱらと落ちてきた。あの発泡スチロールがまだ残ってたんだ。
 その白い粒をクロが食おうとする。すぐに掃除機をかけることになった。何でこんな時間に掃除やってんだろう。

 風呂に入ると、湯船に白い粒が浮かぶ。発泡スチロール恐るべし。

 それはそうと、またフェルメール作品が神戸にやってくるみたい。
 「オランダ絵画の黄金時代 アムステルダム国立美術館展」が2005年10月25日から2006年1月15日まで兵庫県立美術館で開催される。そこに、フェルメールの「恋文」がやってくるようだ。
 日本ではここでしか開催しないそうだ。
 行くこと決定。

(2016.4.15分割追記)