ブログネタ
ギャラリー散策 に参加中!
2012070501行ってきたで。
 心に残る作品を求めて・・・。

<20130316 金子宏写真展「雑草」-逞しく生きる->
 2013.9.10-2013.9.15
 9:30-18:30 11:00-18:30 9/10 最終日17:00まで
 伊丹市立図書館「ことば蔵」ギャラリー
 伊丹市宮ノ前3-7-4

 道端に生える雑草を被写体にした写真展。

 どこでもあり、また種類も豊富、背景と合わせると絵になる、いいところに目をつけたなぁ。
 ともすれば植物図鑑になってしまうが、背景の面白さとのマッチングでそういう(つまらない)絵にはならないだろうし、実際そういう作品作りをされていた。

 道や壁、道路の側溝の隙間から生える植物はタイトルにあるとおりどれも逞しい。
 いつも我々が雑草を眺める上からの目線より、地べたすれすれの方が断然面白い。
 地べたすれすれから眺める雑草はもう雑草ではなく、種類で呼ぶべき立派な植物だ。
 「雑草という名前の草はない」と言う昭和天皇の言葉を引用していたが、まさにその通り。
 視線を雑草に合わせることで雑草と言う一括りの(ぞんざいな)ものではなく、個々の植物としてみるのだ。
 そう考えると見上げるようなアングルもあってよかったのかも知れない。