ブログネタ
ギャラリー散策 に参加中!
2012070501行ってきたで。
 心に残る作品を求めて・・・。

<20130306 ジャングルビーツ展>
 2013.8.27-2013.9.1
 13:00-20:00 最終日18:00まで
 BEATS GALLERY
 大阪市中央区南船場2-7-20 大阪屋安堂寺橋ビル4F

 出展作家: 太田恭史、okajimax、小林理絵、伸之助、鈴木郁子、Ryoichi Tsukada、山田常雄 各氏

 「ジャングル」から想像するもの、そしてそれをどう表現するか、人それぞれの考えが面白い。

 自然の森の姿を写し出した鈴木郁子さん、太田恭史さん、山田常雄さん。
 コンクリートジャングルをコラージュで表現したRyoichi Tsukadaさん。
 雑多とした部屋をジャングルを見た小林理恵さん。
 プロレスのマットをジャングルに見立てた伸之助さん(タイガーマスク参照)。
 okajimaxさんはなんだろう?

 Ryoichi Tsukadaさんのコラージュ作品。
 実際に写真を切り取って、アクリル板を重ねてパーツを並べ立体感を出している。
 中央に長方形ミラーを置いているのはそこに観覧者が映って作品が完成と考えているそうな。
 点対称にパーツを配置しているのにちょっと惹かれる。

 山田常雄さんのモノクロ写真。
 光と影の絶妙さが光るのは平常運転だが、タイトルが「ジャングル大庭」と言うところが時代を感じるというかなんというか。

 伸之助さんのお家芸と言える赤外線写真。
 「草も木もないジャングル」はタイガーマスクのオープニングテーマの3番。

 okajimaxさんの作品は鹿の作り物、前面に柵があるのでジャングルというより動物園をイメージする。なにか引っ掛けなような気がしてならない。