ブログネタ
ギャラリー散策 に参加中!
行ってきたで。
 心に残る作品を求めて・・・。

<第6回ギャラリー・アビィオールスターズ戦>
 2012.12.26-2012.12.29
 12:00-19:00
 ギャラリー・アビィ
 大阪市中央区南船場2-2-28 順慶ビル212号室

 2012年にギャラリー・アビィで複数回出展した作家さんにエントリー権利がある今年のトリを飾る恒例の写真展。
 投票制で、1位は個展代金2万円サービスの特典つき。

 アビィで複数回出展されているということで、変に全体がアビィ色がついているのは嫌だなとは思っていたが、様々な作品が集まっていたと感じる。
 見るところは色々あったが、投票は私なりのインパクトの強さで選んだ。

 選んでからオーナーと話をしながら、写真を見ているうちにこれはいいなと思い始める作品が一つ。
 すぐに入ってくる作品としばらくしてじわじわくる作品がある。
 2回見ないといけないんじゃないかとか思ったり。

<尾仲浩二写真展「I'm full オナカイッパイ」>
 2012.12.28-2013.1.31
 10:00-20:00 最終日17:00まで
 ギャラリー・アセンス美術
 大阪市中央区心斎橋筋1-6-10 心斎橋アセンス5F

 ご本人の数冊の写真集から抜粋したオリジナルを展示。
 スナップ写真作品。
 街中や海沿いの町などをモノクロやカラーで撮影している。
 カラー作品の色が時代を感じさせる作品があったが、モノクロよりも時間の流れを表現するにはいいのかも知れない。

 ちょうど作家さんが自分の作品を解説しているときにギャラリーに入ったので、それを聞きながら、作品を見た。
 作家さんもおっしゃっていたが、街並みの写真は時間が経てばたとえ陳腐なものでも価値が出てくる。
 写真が資料でなくて思い出となるラインはどこなんだろうとおっしゃっていたが、面白い視点だと感じた。