ブログネタ
ギャラリー散策 に参加中!
行ってきたで。
 心に残る作品を求めて・・・。

<光のかけら>
 2012.12.11-2012.12.16
 12:00-19:00 最終日18:00まで
 壹燈舎
 大阪市中央区南船場2-6-21 グラン・ビルド心斎橋301号

 写真とは光を捉えるものだと感じる。そんな作品が集まった。

 その中でも、光の効果をとてもうまく表現されている作品があった。
 しかも、プリントに使っている用紙の表面と写しだされている被写体の表面の状態とが非常に合致していた。
 目に写る2次元的なものだけではなく、表面の凹凸をうまく感じさせる用紙の使用がその効果を更に引き出している。

 これこそ、被写体に合った用紙の選択がより効果的にその写真の表現を高めることなのかと感心した。

<フVQ大樹写真展「浴びるように眠りたい」>
 2012.12.11-2012.12.16
 12:00-19:00 12:00-20:00 12.14 12.15
 ギャラリー・アビィ
 大阪市中央区南船場2-2-28 順慶ビル212号室

 130万画素のトイデジカメで撮影した写真展。
 これだけ低画素なら小さくプリントするところだが、逆に大きなプリントにして展示している。

 かなり色も大げさに出たり、白いところが飛んでみたり、多分私からすると使えないと感じるところだが、アビィというお世辞にも大きいとは言えないギャラリーに大きなプリントでこの写真を並べられると、いや、これでいいんだよって言う圧力で迫って来られる感じがする。

 私が最も惹きつけられたのは、白い壁の写真。
 正方形の白い板が何枚か貼り付けられているように見える壁。
 周りは光量落ちで暗くなり、中央より少し上に白い箱状のものが貼り付けられている。

 あえてこれは何かはきかなかった。

 色の成分が少ないものを表現のできにくいトイデジカメで撮影することがまた面白い。

 使ったトイデジカメVQは、ファインダーもない、本当に小さなカメラ。
 バッテリーは単四電池1本。
 SDカードに保存。