ブログネタ
ギャラリー散策 に参加中!
絵画鑑賞。シマ
 魅力的な作品はどこにある?

<呉本俊松展>
 2012.4.5-2012.4.15 月休
 12:00-19:00 最終日17:00まで
 ラッズギャラリー
 大阪市福島区福島3-1-39 メリアス会館102号

 昨日行ったアートサロン山木のオーナー夫人に面白い展示があると聞いて行ってみた。
 ツギハギのブリキの台の上にサラリーマンらしき男性が立っている。
 確かに面白い。
 それぞれの男性は様々なポーズを取っている。
 なんなんだこれは。
 作品のタイトルを見ると、それを表現したスタイルとなっていて、なるほどと納得させられる。
 台の上の男性(女性やケンタウルスみたいなのもいたが)が物悲しいピエロのように見えた。

<Physical side II>
 2012.4.9-2012.4.29
 11:00-19:00
 Yoshimi Arts
 大阪市西区江戸堀1-8-24 若狭ビル3F

 絵画、ミクストメディアの展示会。
 以前見た作家さんも出展されていた。

 特に目を惹いたのが、鉛筆で描かれた水。安冨洋貴氏の作品。
 ジャンルで言うと写実画になるのだろう。
 遠目から見ると実にリアル。しかし、近づいてみるとやっぱり絵だなと思う。
 しかしながら、それでがっかりするのではなく、絵なんだけど、水の艶めかしさというか、存在感が伝わってくる。目の前に波打つ、流れる水がリアルに感じ取れる。
 なんだか妙な感覚に襲われる。
 これが作家の力なんだろう。
 ただ、写真みたいと評されるのではなく、それを越えたリアルさが伝わる。
 こんな絵は初めて見るかも知れない。

 写実画をもっとたくさん見たいと感じる。
 ホキ美術館行ってみたいなぁ。

 今日行ったYoshimi Artsは、FESTART大阪2012に参加しています。