ブログネタ
ギャラリー散策 に参加中!
絵画鑑賞。シマ
 魅力的な作品はどこにある?

<しまだそう個展「理、在る。」>
 2012.4.2-2012.4.14 日休
 12:00-19:00 12:00-17:00 土
 2kw gallery
 大阪市西区京町堀1-13-2 藤原ビル5F

 「理」という字が入ったタイトルと何ともシュールな感じの絵。
 そのスレ違いを感じる。
 それまでといえばそれまで。

<旗屋吉員・渡辺晶子展「クラナッハノカノン」>
 2012.4.2-2012.4.14 日休
 12:00-19:00 12:00-17:00 土
 2kw 58
 大阪市西区京町堀1-13-2 藤原ビル5F

 写真のコラージュ。
 中世の人物、女性の絵画を写真の切り貼りで作っているような作風。

<ちゃぶ台系女子展>
 2012.3.31-2012.4.13 月休
 15:00-20:00 火-金 12:00-18:00 土日
 展現舎
 大阪市西区江戸堀1-23-19 グランビルド江戸堀1004号室

 正直言って絵柄が好きではない。
 ポスターを見た時にこれはやめとこ、と思った。
 でも、大化けする可能性もあるので見てみた。

 一つ面白いオブジェがあった。
 作者が飼っているハムスターを粘土で作ったものらしいが、どう見てもハムスターじゃない。
 カレイのように2つの目が片方に並び、一見牛かと思う体型。
 これは目を惹いた。

<陶芸の提案2012>
 2012.4.4-2012.4.17
 10:00-20:00
 アート解放区
 大阪市北区梅田3-1-3 JR大阪三越伊勢丹6F

 こんなオブジェも作れるんだな、陶芸はと思わせる作品が並ぶ。複数の作家さんの展示会。
 動物を作った作品は何ともユーモラスな雰囲気が面白い。

 液晶テレビの画面が中から破られて、外にボールが転がっている。
 このボールがCGのような荒いドットで創り上げられたような感じ。
 この作風、どこかで見たことがあると思ったら、■ギャラリー散策20100622。の「増田敏也展 -image-」で見たんだった。
 そして、この展示会の企画にギャラリー白が入ってた。納得。
 先月にこの展示をギャラリー白でしてたんだな、見逃していた。