ブログネタ
ギャラリー散策 に参加中!
絵画鑑賞。シマ
 美術館、ギャラリー散策も面白いですよ。

<まちてん。>
 2011.11.7-2011.11.12
 13:00-20:00 最終日17:30まで
 art gallery そら
 大阪市中央区谷町6-4-28

 ペンに水彩画の柔らかいタッチで街が描かれている。
 じっと見ていると屋根の上や塀の上に猫がいる。
 こういうのを見ると探してしまう猫の姿。

<ふふゆくるあしおととやま>
 2011.11.7-2011.11.12
 13:00-20:00 最終日17:30まで
 art gallery sora+
 大阪市中央区谷町6-4-28

 陶器で作られた一輪挿しなど。
 焼き物だから硬いのは当たり前なのだが、何とも柔らかい感じのするフォルム。
 
 ガラスの棚に置かれた作品がライトに浴びて壁に映る姿がとても良い感じ。
 畳の上なので、正座して作家さんと少し話しさせてもらった。
 作家さんも柔らかい感じのする方。

<ビバビバ☆撮影旅行展>
 2011.11.8-2011.11.13
 12:00-19:00
 ギャラリー・アビィ
 大阪市中央区南船場2-2-28 順慶ビル212号室

 今年9月に行われた恒例の撮影旅行の時の写真の展示会。
 どうしても目につくのが、麦茶の袋に入ったおかき。
 地元の人にごちそうになったらしい。

<道草を食う-近所の公園->
 2011.11.8-2011.11.13
 11:00-19:00
 NADAR/OSAKA(現 ギャラリーソラリス
 大阪市中央区南船場3-2-6 大阪農林会館B1F

 河川敷を歩きながら撮影したモノクロ写真。
 モノクロからのイメージか、気軽な散歩というイメージではなさそう。

<好きだった景色を忘れないための写真展。>
 2011.11.9-2011.11.21 11/15火休
 13:00-20:00 最終日18:00まで
 22tu-tu gallery(移転、太陽とハリネズミ
 大阪市中央区北久宝寺町3-4-1 豆庭ビル4F

 宮城県メインで震災前の風景などを写した写真展。
 田代島の猫や自分の猫達を撮った作品もある。
 どうしてもそちらに目が行ってしまうのは仕方がない。

 震災後の荒れた姿の写真や映像はメディアなどでかなりたくさん見ることができたが、震災前の姿を見せる写真展と言うのは見たことがなかった。興味ある試みだ。


<参加しています>

公開グループ展「町猫2011」チラシ画像
町猫2011
2011.11.8-2011.11.20
11/14月休
13:00-20:00 火-金
12:00-20:00 土
12:00-18:00 日
ギャラリーマゴット(閉廊)
大阪市西区新町1-8-24
四ツ橋プラザビル7F
入場無料


(20161023追記)