ブログネタ
ギャラリー散策 に参加中!
絵画鑑賞。シマ
 美術館、ギャラリー散策も面白いですよ。

<岐阜県美術館所蔵 ルドンとその周辺−夢見る世紀末展>
 2011.10.15-2011.11.13
 10:00-20:00 最終17:00まで
 閉館30分前までに入館
 美術館「えき」KYOTO
 京都市下京区烏丸通塩小路下ル東塩小路町

 「ポール・ゴビヤールの肖像」の清楚な女性の横顔にほっとする。
 でもこのような絵ばかりだったら、ルドンも有名にはならなかったかも。当たり前過ぎる。
 でも、好きやなぁ、この絵は。

 「蜘蛛」の足の数が10本なのが気になって仕方がない。

 ちょっと外したかも。

<動かない空>
 2011.10.21-2011.10.31 10/26水休
 14:00-20:00 平日
 13:00-20:00 土日祝
 最終日18:00まで
 galleryMain
 京都市下京区寺町通り松原下ル 植松町731-1 小林ビル2F/3F

 写真の位置が低い。ちょうどいい場所にはテキスト、それも文字間隔がバラバラにして読みにくくしてある。
 疲れた後に見るものではないことは確かだ。
 頭が動かなかった。

<「さび」と「さびしい」 展>
 2011.10.21-2011.10.31 10/26水休
 14:00-20:00 平日
 13:00-20:00 土日祝
 最終日18:00まで
 galleryMain
 京都市下京区寺町通り松原下ル 植松町731-1 小林ビル2F/3F

 私には何も伝わってこない。
 ここまで来てこんなことになるとは私がさびしい。

<アトリエMOCCO三人展>
 2011.10.28-2011.10.31
 11:00-19:00 最終日17:00まで
 Gallery Take two
 京都市中京区御幸町通御池上ル亀屋町399 カーサ御幸1F

 降原龍さんの絵、ツキノワグマがまるで絵から出て来るかのような立体感が目を惹く。
 藤村和佳子さんの植物の絵、葉脈の一本一本を丁寧に描き込んだ葉の存在感。
 絵の間に飾られている外川祐さんのカエルのコミカルなフィギュアが見ていて楽しくなる。

 心に伝わるものを見ると、気持ちも良くなり、元気も出て来る。

 今日思ったこと。
 色々な表現が存在するが、自分自身の中でしっくり来るものと来ないものがあるのは確か。
 素直に思ったことを大事にする。


<参加します>

公開グループ展「町猫2011」DM
町猫2011
2011.11.8-2011.11.20
11/14月休
13:00-20:00 火-金
12:00-20:00 土
12:00-18:00 日
ギャラリーマゴット
大阪市西区新町1-8-24
四ツ橋プラザビル7F
入場無料


(2016.4.14分割追記)