ネコじかけのBlog

うちの猫(シマ)とフィギュア、外猫の記録。
VOCALOID関連の話題、展示会のレポート。

2013/09

ブログネタ
うちのネコ4 に参加中!
2013092501開けゴマ。
 ここで念じていると扉は開く!
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ブログネタ
外のネコ3 に参加中!
2013092402警戒中。
 上から人がやってきた。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ブログネタ
うちのネコ4 に参加中!
2013092401ちっちゃい頃から。
 肉球を吸うのはやめられません。
 かわいいんだけど、切ない気分。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ブログネタ
うちのネコ4 に参加中!
2013092302上と下。
 上半身は暴れん坊。下半身はお休み。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ブログネタ
外のネコ3 に参加中!
2013092301夕暮れのネコ。
 程良い光がネコを照らす。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ブログネタ
外のネコ3 に参加中!
2013092202そばにいるだけで。
 ゆっくり眠れる。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ブログネタ
うちのネコ4 に参加中!
2013092201眉毛。
 眉毛と言われても、人間のものとは違います。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ブログネタ
ギャラリー散策 に参加中!
2012070501行ってきたで。
 心に残る作品を求めて・・・。

<20130242 Alternative「深化」写真展>
 2013.9.17-2013.9.22
 13:00-19:30 最終日16:00まで
 Birdie Photo Gallery
 神戸市中央区元町通1-11-7 千成堂ビル4F

 出展作家:葛城禎之、sophie、宮崎shihiro 各氏

 以前から継続しているAlternative展。

 葛城禎之さん
 横一列での展示だが、最初に見た写真と最後の写真とのイメージがかなり異なる。
 岩の割れ目から海が覗く写真。
 ほとんどが岩で黒く潰れた所。そして右端に割れて現れた白い波の立つ少し荒れた海。
 この配置がいい。

 sophieさん
 ワイヤーや網のラインが気になる。
 漁網だろうか、この細いラインの集合体の集積感。

 宮崎shihiroさん
 周辺が白い葉の植物の群生の写真。
 写真の途中でこの葉が平面のデザインのようになるところが面白い。
 立体から平面への移行。複雑な実物から単純なデザインなものへの移行。
 エッシャーの絵を想起させる。

<20130343 AUTUMN ART STATION A4サイズの作品展 第2期>
 2013.9.19-2013.9.24
 11:00-17:30
 最終日16:30まで
 神戸波止場町TEN×TEN
 兵庫県神戸市中央区波止場町6-5

 平面作品でA4サイズならばテーマ自由な作品展。
 今のところ第6期まで予定があるそうな(今回は第2期)

 石原敬子さん
 うちわに描かれた水墨画。
 ナスとキノコがそれぞれのうちわに描かれている。
 この作品を見ただけでは落ち着きのある作品だと思うけれども、その下の感想ノートに貼られた写真を見るとそのギャップになんともはや。
 まあ、そういうことはわかってますけど。

 中岡啓祐さん
 イスラム風の模様をCGで作成した作品を出展。
 ビーツギャラリーのPLAY展での作品の派生だろう。
 シンメトリーの美しさ。
 曼荼羅を想起させ、思想の融合を思わせる。

 ワタナベミツヒロさん
 銅版画作品。
 写真を元に銅版画にしたそうで、写真の雰囲気と銅版画、そして紙質の雰囲気との融合で味わい深くなっていると感じる。

<20130344 空写真展 -sora- 2013>
 2013.9.20-2013.9.29 9/23月休
 12:00-19:30 最終日17:00まで
 メリケンギャラリー
 神戸市中央区波止場町6-5 上屋SO-KO 2F

 出展作家:梅田明美、A.Y、N.K、SAYURI、janis、ジョナサン、はな、森 星象、ヤマオ 各氏

 空のどういう所を見せたいのかが大きな鍵になっているのではないかと感じる。
 紙質、プリントを選択する重要な要素となる。

 空のグラデーションを効果的に見せることができるプリントは?
 空のグラデーションを綺麗に出すのは難しいんだろうなと感じた展示だった。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ブログネタ
ギャラリー散策 に参加中!
2012070501行ってきたで。
 心に残る作品を求めて・・・。

neutral production「レゾン・デートル」
 2013.9.18-2013.10.6 月火休(9/23、24開廊)
 12:00-18:00
 10:00-15:00 最終日
 ギャラリーあしやシューレ
 兵庫県芦屋市親王塚町3-11

 以前、CASで作品を見た時(■neutral production展@CAS に行ってきました。)の何とも言えない好奇心と落ち着きを味わいたいがために見に来た。

 暗闇の中、無数の直径1mm程の発泡ビーズが下からの送風装置の風に吹き上げられる。
 吹き上げられたビーズにスポット照明の光が照らされ、数パターンの光のスリットやスポット照射によって、様々な形が闇の中に浮かび上がる。

 今回の展示は一つの大きなメイン装置とその四隅に透明なパイプ。
 そのパイプの中にもビーズが封入されていて、送風装置で吹き上がる。
 そして全てコンピュータ制御されている。

 発泡ビーズの集合体を光のスリットで切断し、断面を見せるところが見ていて何ともワクワクする。
 光のスリットが交差するときの切断面の動きが興味深い。
 こういうところにワクワクするのは掴みようもない集合体を平面に切り分けるところを見ることができることが自分的にツボなんだと思う。

 そして、今回の透明パイプの中のビーズの動きも面白い。
 吹き上がったビーズ、風を受けて勢い良く上がるものもあれば、失速して落ちていくものもある。
 そして光のあて方を変えることで、動くビーズの残像が線になって目に残る。
 そして、風がなくなるとビーズが落ちていく。そして消灯。
 パイプの中のビーズの挙動についてはどうなのかなとあまり期待もしていなかったのだが、何とも面白い挙動を見せてくれた。

 そして、ひと通り観察を終えると、後は何も考えずぼんやり眺めてみる。
 送風装置の風を送る音、光の点滅、闇に浮かび上がりふわふわ飛び舞う白い粒。
 この暗闇のせいもあるのだろうか、とても心が落ち着く。

 今回も見に来てよかった。

 10月5日(土)に作家さんとCASの笹岡さんのギャラリートークがある。
 面白い話が聞けそうだ。

 neutral production「レゾン・デートル」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ブログネタ
外のネコ3 に参加中!
2013092102鉢猫。
 キジトラがすっぽり入ってました。
 しっくりはまってます。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ブログネタ
うちのネコ4 に参加中!
2013092101ニャンと鳴いて、転がって見上げる。
 こうすれば気を引く事ができることをちゃんと知っている。
 これはワナだ、気をつけろ!

 いつも作業止めてかまってしまいますけどね。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ブログネタ
ギャラリー散策 に参加中!
2012070501行ってきたで。
 心に残る作品を求めて・・・。

<20130339 土師清治展「重力」>
 2013.9.2-2013.9.28 日祝休
 11:00-18:00
 ぎゃるり・うー 屋上ベランダ
 大阪市中央区谷町1-3-1 双馬ビル9F

 大きな木柱をロープで縛り、バランスをとって固定している。
 木柱の重量や床への接触によりバランスを取っているので、そこに重力という力を感じることができる。

 この木柱とロープがつながっているビルも言わばこの作品の一部である。
 そう考えていくと、このビル全体、いやそれを支えている地球も大きく言えばこの作品の要素と言える。
 重力があるからわれわれが存在できる。
 そんな大きなことも考えてみたり。

<20130340 御苗場vol.13 関西>
 2013.9.20-2013.9.23
 10:00-19:00 最終日17:00まで
 京セラドーム大阪 スカイホールB
 大阪市西区千代崎3-中2-1

 御苗場オフィシャルサイト

 今回は前回までのCASOではなく、京セラドームで開催。

 全体的なイメージとしては、高い天井のCASOでは小さな写真での表現がしにくいというか見栄えがしなかったものが、今回はバーテーションに写真を貼る形式で、大きい写真から小さい写真までのバラエティある表現ができるようになったかなという印象。

 その代わり会場の幅が狭く、そこに更にパーテーションでエリアを分けるので間隔が更に狭くなってしまうためにとても窮屈な印象を受け、見て回るのがちょっと苦痛に感じるほどだった。

 これだけたくさんの出展を展示するということ自体がどうなんだろうとは思う。
 作品を見ることができる限度というものがあるだろうし、多分全部はしっかり見きれない。
 少なくとも私はそう。
 だからこういう大量の展示の時はさらっと見て、目につくものだけをじっくり鑑賞する。

 その中で私が最も惹かれた作品が、まな!さんの「卵葬」。
 実のところ、ただケーキを作っているだけなのだが、卵が割れたということから卵がお亡くなりになったという話に持って行き、ケーキを作る手順を葬式になぞらえているところが何とも面白い。
 ナッツをつまんでまるで焼香のように中に入れてみたり、ケーキミックスを入れるのは故人の好きなものとして、オーブンで焼くのは火葬。
 ブックとしてもまとめられており、展示よりもそのブックを見た方がいいかも。
 写真というより、その発想に惹かれるものがある。

 この鑑賞しにくい会場の中でいいものを探すのはなかなか大変だが、この環境下で目を惹くものは(私にとって)本当に惹かれるものなんだろうな。
 そういう意味ではこの鑑賞環境もいいのかも知れない。

 後、所々に目立つ出展者の名前の下に作品がないブース。
 色々事情がある(一つのブースには理由が書かれてあった)のだろうけど・・・。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ブログネタ
外のネコ3 に参加中!
2013092002針のむしろ。
 隙間があるから大丈夫。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ブログネタ
うちのネコ4 に参加中!
2013092001時には無邪気な子猫のように。
 興味あるものは見逃しません。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ブログネタ
ギャラリー散策 に参加中!
2012070501行ってきたで。
 心に残る作品を求めて・・・。

<20130335 鍵谷量子展>
 2013.9.16-2013.9.28 9/22日休
 12:00-19:00 12:00-17:00 土
 2kw gallery
 大阪市西区京町堀1-13-2 藤原ビル5F

 六角形を手で描いている。
 色々な形、濃さ。
 形や濃さにより、平面が歪んで見える。
 何かが隠されているんじゃないかと思い、じっと眺めていると、絵がゆらめいて見えたり。

 六角形の大きさや形を大胆に変えた方が平面の歪みに錯覚できて面白く仕上がっていると感じる。

 お茶を頂き、ふと顔を上げると、この作品たちの発想の元となった蜂の巣が壁にかけられてあった。

 2年前にこの作家さんの作品を見たが、あの時の作品とはまた一線を画しているように思う。

<20130336 大曽根俊輔個展「シロクマベーカリー」>
 2013.9.1-2013.9.30 水・第2土休
 12:00-20:00 12:00-19:00 日祝
 オソブランコ
 大阪市西区北堀江1-23-4 長野ビル403

 木で作られたパン。

 木目が見えて、木だとわかるのだけど、それも作品と馴染んでいる。
 パンの種類によって素材を選び、木の色を作品に生かしているところもいい。

 触ってもいいとのことだったので、持ち上げてみる。
 小さい作品は持ってみると結構軽い。
 でも食パン一斤のような大物はずっしりとしている。

 パンのシワや表面の光沢をはじめとして、あんパンの上面についているゴマやザラメの砂糖の粒も再現されて いて、細かいところまでよく考えられていると感じる。

<20130337 写真集団GUILD写真展「パリ、テキサス、心斎橋」>
 2013.9.16-2013.9.22 9/18水休
 12:00-20:00 最終日18:00まで
 Acru Gallery
 大阪市中央区南船場3-7-15 北心斎橋サニービル西側B1F

 出展作家:角田佳子、濱崎崇、岡宏、野間靖子、ケムラー 各氏

 個人の作品ごとに固められているとは言え、写真のみ展示されていて、誰の作品かわからない。
 写真集団GUILDの個展として展示しているとのこと。

 海岸での写真。
 砂浜にビーチパラソル、貝殻の転がる砂浜、ヤドカリ。
 それに続いて、柱に隠れた部分に魚の死骸や骨、魚をついばむカラスの写真。
 柱を境に世界観が変わるところがいい。
 聞くと、角田佳子さんの作品だと言う。

 「パリ、テキサス、心斎橋」のタイトルの意味が最後までわからなかった。
 まあいいけど。

<20130338 HARVEST+展 vol.1>
 2013.9.14-9.23 9/16月休
 Gallery H_identity
 12:00-20:00 15:00-20:00 初日 12:00-18:00 最終日
 大阪市北区国分寺2-2-29

 フォトピアの教室に併設されていたギャラリーが閉鎖したそうで、場所を変えて開催。

 以前は写真の大きさや枚数が全員同じだったのが、今回は自由になっている。
 自由な方が自分の思う表現ができていい。

 キムラアキコさん
 人と猫との組み合わせ。
 特に子供と猫との反応の対比が面白い。
 猫をなでながら、何でそっぽ向いてるのかとか、手を添える子供無視でガン寝している猫をとか。

 三浦淳宏さん
 橋を上から見下ろした写真。
 大きいプリントなので、見応えがある。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ブログネタ
外のネコ3 に参加中!
2013091902登頂。
 自転車のカゴがゴール。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ