ネコじかけのBlog

うちの猫(シマ)とフィギュア、外猫の記録。
VOCALOID関連の話題、展示会のレポート。

2013/08

ブログネタ
ギャラリー散策 に参加中!
行ってきたで。
 心に残る作品を求めて・・・。

<20130303 小林雄次個展「ねこにガリ版」>
 2013.8.26-2013.8.31
 11:00-19:00 最終日17:00まで
 大阪現代画廊
 大阪市北区西天満4-6-24

 版画作品。
 チョークで簡単に描いたような猫の姿。
 簡単に描いてあるからこそ、猫の仕草やポーズがしっくり来ないと見られたものではないが、そこはうまく描かれている。
 猫の瞳をモチーフに作られた作品は様々な色や素材で表現し、猫の瞳の神秘性を醸し出しているのがいい。

<20130304 アクリュスタッフ作品展「Acru Workers Exhibition 2013」>
 2013.8.26-2013.9.1 8/28水休
 12:00-20:00 最終日18:00まで
 Acru Gallery
 大阪市中央区南船場3-7-15 北心斎橋サニービル西側B1F

 出展作家:シノハラトモユキ、山岸智子、太田龍佑、藤本絢子、稲田祐子、武村肇、伊藤健、古川紗帆、三橋恵、眞佳子、谷口和久、五十嵐聖隆、小林奈々美 各氏

 毎年恒例のアクリュのスタッフさんの作品展。
 製品とはまた違った創作物が興味深い。
 特に目を惹いた方の作品について綴ってみる。

 「rabbit」 「deer」(古川紗帆さん)
 「rabbit」
 漆と毛皮を使ったオブジェ。
 ざらついた表面の黒い板、穴が開けられ、その周辺に毛皮が貼られている。
 穴の中は光沢のある漆塗り。
 覗くと自分の顔が映るのがツボ。
 「deer」
 大仰な木の取手のついたバッグ、開口部に大胆に毛皮が掛けられている。
 この毛皮はバッグの蓋?それにしては目立ちすぎだ。
 これ持って出かけて欲しい。

 古川さんは昨年の作品も目を惹く作品であったことを思い出す。
 鹿の足を模したオブジェ、そしてそれをJR京都駅のバス停の前の道に置いてある写真を展示していたというところも面白かった。

 「存在の中身」(三橋恵さん)
 流木や落ち葉をボードに貼り付けて展示。
 落ちているものでも、このようにしてやれば目を惹くオブジェとなる。
 じっくり見ていると、なにか違うもののように見えてくるのが面白い。
 一方先を水につけて立ててある長い流木、会期終了までにどこまで水が上るか見てみたいような。
 この長い流木を琵琶湖から抱えて電車に乗って持ってきたそうな。
 それはそれで見てみたいような。

 「enishi」(五十嵐聖隆さん)
 本や新聞など、文字の書かれた紙をボードに貼り付けたコラージュ作品。
 文字が書かれている以上、中身を見てしまうのだが、楽譜や外国語の小説らしきものが見られる。
 その中で、手書きで書かれた偏微分についての記述があるのが目を惹く。
 それをわかって集めていたのか、そうではないのか。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ブログネタ
外のネコ3 に参加中!
2013082502こんばんは。
 わざわざ身を乗り出してのあいさつ、ありがとうございます。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ブログネタ
うちのネコ4 に参加中!
2013082501ゆっくり休めよ。
 せっかく風通しのいいところにいるんだから。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ブログネタ
外のネコ3 に参加中!
2013082402緊張と弛緩。
 一人見張り役がいるから安心だ。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ブログネタ
うちのネコ4 に参加中!
2013082401気になるアイツ。
 でも見てるだけ。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ブログネタ
ギャラリー散策 に参加中!
行ってきたで。
 心に残る作品を求めて・・・。

<20130302 hygge「湿度55%」>
 2013.8.20-2013.8.25
 11:00-19:00
 NADAR/OSAKA
 大阪市中央区南船場3-2-6 大阪農林会館B1F

 出展作家:きたがわなおみ、近藤史恵、浪本佳苗、biwa*、ワダナオミ 各氏

 きたがわなおみさん
 猫の足、いわゆる「クリームパン」のアップ写真の隣にキウイフルーツの写真。
 猫の足の毛の感じとキウイフルーツの表面の毛の感じがうまくマッチしている。
 また、キウイフルーツはマタタビ科だったはずなので、猫と深い縁がある。
 猫の事を知っている人ならこの並びの意味に気がつくはず。

 ワダナオミさん
 白いフレーム、白いマットに飾られたカラーのスクエア写真。
 気軽にどこへでも飾れる雰囲気。おしゃれな感じ。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ブログネタ
外のネコ3 に参加中!
2013082302呼んだ?
 見てくれの割りにはかわいい声。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ブログネタ
うちのネコ4 に参加中!
2013082301足元でごろん。
 大あくびでリラックス。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ブログネタ
ギャラリー散策 に参加中!
行ってきたで。
 心に残る作品を求めて・・・。

<20130301 ライティング展>
 2013.8.20-2013.8.25
 13:00-19:30 最終日16:00まで
 Birdie Photo Gallery
 神戸市中央区元町通1-11-7 千成堂ビル4F

 出展作家:喜樂*、かんのきょうこ、かたやまあやこ、伊藤聡子、Superbie、中野利彦、廣田修己 各氏

 光が足りないところは足せばいい。
 ということで、ストロボなどを使って撮影するワークショップが行われた。
 そして、今回はその作品の展示会。

 ネコの激しい動きを止めて撮影したいという欲求があって、以前ストロボを使った撮影をしていたのを思い出した。

 水に沈むオブジェの撮影は面白そうだ。
 水滴や泡がしっかり止まって、ストップモーションの面白みを感じる。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ブログネタ
ギャラリー散策 に参加中!
2013082301美かえる@兵庫県立美術館
 久々の兵庫県立美術館。屋上の「美かえる」がお出迎え。

2013年度コレクション展
 2013.7.6-2013.11.10 月休(祝日の場合は翌日)
 10:00-18:00 10:00-20:00 特別展開催の金土 入場30分前まで
 一般250円(7/6-9/1) その他の期間は500円
 兵庫県立美術館
 神戸市中央区脇浜海岸通1-1-1

<20130300 小企画:美術の中のかたち−手で見る造形 近いかたち、遠いかたち−岡普司・重松あゆみ・中西學>

 兵庫県立美術館の(隠れた)名物企画「美術の中のかたち−手で見る造形」が今年も開催。
 今日来たのはこれがメイン。

 普段触ることのできない作品に堂々と触ることができるのがこの企画の醍醐味。
 もちろん撫でるだけ。乱暴なことをしてはいけません。
 視覚障害者のための触れる企画だが、障害のない人にとっても展示作品を手で触ることができるのは面白いのではないかと思う。
 今回は特に重松あゆみさんの作品が展示されていると知って、とても楽しみにしていた。

 重松あゆみさんの陶器作品はギャラリー白で何度か拝見したことがある。
 何と言っても、あの変わった形状が魅力。
 クラインの壺や三半規管を想起させる形状は数物系の人は結構引きつけられる形状なのではないかと思う。
 そして、表面の色彩。
 グラデーションの色使いがとても美しく、形状とともに作品の神秘性を高めている。

 見るだけでも惹きつけられるあの作品に触ることができる。
 表面の滑らかさや、空洞がどこまであるのかなど、見ているだけではわからなかったことがわかる。

 展示室の最初には岡普司さんの作品。
 鉄、木、紙で作られた作品が並ぶ。
 壁に設置された作品、鉄の冷たさ、表面の荒々しさを手で味わう。

 壁には中西學さんの作品。
 マーブリングのような模様の絵画、表面を透明樹脂でコーティングしてある。
 これは触る意味があまりなかったような。
 一つ立体作品がある。面白い形状の作品。
 目をつぶって表面をなぞってみる。

 そして、重松あゆみさんの作品。
 陶器なので、他の作品を触った後ではまた手を拭くことになった。
 表面はとても滑らかで、触り心地が良い。
 撫でるのに夢中になった。
 空洞にも手を入れて、どうつながっているのかを確認。
 クラインの壺のように変なところから手が出てくるんじゃないかと想像すると面白い。
 まあ、実際はそんなことはないのだが。
 グラデーションの表面は美しく、なめらかな表面の触感と相まって更に作品を魅力的に感じることとなった。
 何度も回って撫でて、空洞に手を入れて、ちょっと離れてみて、また撫でる。
 鑑賞者がいなかったので、スタッフの方と話をしながら。
 作品についての感想などをダイレクトに話しできるのは有意義だった。

 この「美術の中のかたち−手で見る造形」は今後も続けて欲しい。
 作品を触ることができるのはあまり体験できないだろうから、是非体験してもらいたい。

 特別展として、「ルノワールとフランス絵画の傑作展」、「マリー・アントワネット物語展」も開催されていますので、こちらもどうぞ。

(20160420追記)

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ブログネタ
ギャラリー散策 に参加中!
2013082301美かえる@兵庫県立美術館
 久々の兵庫県立美術館。屋上の「美かえる」がお出迎え。

2013年度コレクション展
 2013.7.6-2013.11.10 月休(祝日の場合は翌日)
 10:00-18:00 10:00-20:00 特別展開催の金土 入場30分前まで
 一般250円(7/6-9/1) その他の期間は500円
 兵庫県立美術館
 神戸市中央区脇浜海岸通1-1-1

<20130299 特集 新収蔵品紹介 信濃橋画廊コレクションを中心に>
 信濃橋画廊、今は橘画廊のあるところに長年あった画廊。
 私がその存在を知る前に閉廊してしまった。
 その信濃橋画廊のオーナーが集めたコレクションが兵庫県立美術館に託され、今回の展示となったらしい。
 主に現代美術中心のコレクションは注目するに値する。
 他にも現在美術関連の収蔵品も展示され、ちょっとへんてこな(笑)美術作品を見るのにいい機会かも知れない。

 その中でも目を惹いた作品を幾つか綴ってみる。

 信濃橋画廊関連(オーナー寄贈品)。

 風の柩供35、風の柩供36(橘昭信氏)
 細い木の枝を針金で固定し、全体的に籠のような構造物を作り出している。
 外見は丸い胴体から刺が生えているようなもので、柩というより鳥をイメージした。
 一見ワイヤーワークを想起させるのも目を惹いた要因かも。

 連動(吉田廣喜氏)
 黒いペンで描かれた線画。
 Ωの角ばったような形を連続して描いている。
 上に行くほど密度を上げ、形を小さくしているので遠近感を覚える。
 集まった群衆を見ているようなイメージ。

 泥だんご(谷森ゆかり氏)
 まさしくそのまま。
 私も子供の頃必死に作った経験がある泥だんご。
 表面も磨いてピカピカ。
 こんなのも作品になるんだと思わせる作品。

 その他の展示。

 Steps(祐成政徳氏)
 手すりのついた階段が切り取られたように展示室の壁に置かれている。
 実際階段を上がることも可能。
 ちょっと上がったところから眺める展示は違った印象を受ける。
 視点が変わると面白い。
 昨年の「美術の中のかたち−手で見る造形」に作品を出展されていたのを思い出す。

 いたるところ微分不可能な関数族のみたす方程式(3)(菅野聖子氏)
 大きなキャンバスに方眼を描き、同心円、円に沿って三角状のパーツが多数描かれる。
 大きな風車のように見え、なんだか絵に引きこまれそうな感覚さえ受ける。
 題名も美術作品には珍しい数学の論文のタイトル。
 ワイエルシュトラス関数と言う連続だけどどの点も微分できない関数についての論文らしい。
 なお、(3)とのナンバーがふられているように、いくつかのシリーズとなっている。
 調べた所、(2)が京都近代美術館に収蔵されているようだ。
 機会があれば見に行ってみよう。

 この部屋で鑑賞中、鑑賞者がいなかったので、質問がてらスタッフの方に作品についての話などをしていた。
 作品を見ながら作品と対話をしていたという話を聞いて、とても楽しそうな雰囲気で何だか微笑ましいというか嬉しいというか。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ブログネタ
外のネコ3 に参加中!
2013082202枯れ葉よ・・・・。
 ここだけはもう秋の装い??
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ブログネタ
うちのネコ4 に参加中!
2013082201真面目です。
 格好はこんなだけど、まっすぐ前を見据えています。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ブログネタ
外のネコ3 に参加中!
2013082102行かんといて。
 そう思った時、こっちを向いてくれた。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ブログネタ
うちのネコ4 に参加中!
2013082101もう少し。
 次頑張ろう。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ブログネタ
ギャラリー散策 に参加中!
行ってきたで。
 心に残る作品を求めて・・・。

<20130297 コンテンポラリーアートジュエリー展>
 2013.8.21-2013.8.27
 10:00-21:00 最終日18:00まで
 阪急うめだ本店 アートステージ
 大阪市北区角田町8-7 阪急うめだ本店9F

 ギャラリーC・A・J
 彦根愛さん
 昆虫をモチーフにした布のアクセサリー。
 表面の柄が美しい。ある程度厚みがあり、実際の昆虫に近い。
 展示はまるで昆虫標本のよう。
 作品は見栄えがする蝶が多かったが、他の昆虫もいます。
 詳しく聞けなかったので後で調べたら、織り?

 ギャラリー ドゥ ポワソン
 富松暖さん
 板分銅の形のアクセサリー。
 正方形で、一つの角の部分を折ってピンセットでつまめるようになってるもの。
 展示台に天秤を置いてあって展示の雰囲気もいい。

 輪ゴムの形のブレスレット。
 多数の白い輪ゴムをクッションにして展示されているのがおしゃれ。

 氷砂糖の結晶をかたどったアクセサリー。
 氷砂糖の上に置いて展示。それを作った意思を感じさせる。

 前回よりも出展ギャラリー数が少なくなって、作家も少なくなったような気がする。
 小林京和さんの作品が見られなかったのは残念。

 9Fに上がる前に7Fへ。茶道具・床飾品売場にて魅力的な作品を発見。
 「銀草子」と呼ばれる作品が置かれていた。
 家具や道具、虫や動物、植物などミニチュアの銀製品。
 もちろん実用のものではなく、これらを並べて一つの世界を作り出す。
 言わばジオラマを作るためのミニチュア。
 普通のジオラマとは違い、それほど多くのものを並べずに情景を創りだす。
 普通のジオラマが物語ならば、銀草子は俳句みたいな感じ。
 ショーケースには直径30cmほどの円板にいくつかその世界が創られていた。
 水の波紋を円状のパーツで表現しているところがニクい。
 壊れた舟が沈んでいるのを表現している円板はわざわざそれ用に舟を半分に割ったものを用意し、円板を水面に見立て配置している。
 何とも粋じゃないか。

 銀で創られているので、それなりの値段はする。
 だからとても贅沢な遊びだ。
 こんな余裕のある遊びができる境遇になってみたいものだ・・・。

 その他の店も巡ってみると、お香の陶器の入れ物が子猫の形をしているもの、猫が集まってかごに入っている陶器の置物、トンボをモチーフとした金工のブローチなど、様々な魅力ある作品を発見。
 世の中にはまだまだ魅力的な作品、商品がたくさんあるものだと再確認した。
 一生かけても見切ることはできない程たくさん。

<20130298 岩本雅晴 竹内勢津子 作品展>
 2013.8.6-2013.8.24 8.11-8.18休
 12:00-19:00
 ギャラリー遊気Q
 大阪市中央区伏見町2-2-6 青山ビル1F

 鉄作品の岩本雅晴さん、木工の竹内勢津子さんの二人の展示。

 岩本さんの展示は昨年も拝見している。
 今回の目玉はマリリンモンローのあの有名なシーン。
 ただし腰から下だけ。
 これが部屋の中央にでんと置かれているのは何とも面白い。
 後、鉄で描かれた絵画が秀逸。

 竹内さんは元々仏像を彫っていたが、他にもアクセサリー等を作り、教室で教えてもいるそうだ。
 チェーンのように絡んだアクセサリーは一つの塊から彫り出して作っている。
 こういうのは大好き。
 このアクセサリーがとても美しく、見ごたえあり。
 後、ネコが好きだそうで、ネコの小さな置物も展示されています。
 とても可愛らしく仕上がってます。

 正直言って竹内さんの作品はそれほど期待してはなかったのだが、(うれしい)大誤算だった。
 お二人の作品はそれぞれ素晴らしいものだった。
 見に行ってよかったと思う。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ