ネコじかけのBlog

うちの猫(シマ)とフィギュア、外猫の記録。
VOCALOID関連の話題、展示会のレポート。

2010/04

ブログネタ
うちのネコ2 に参加中!
朝の目覚め。
 しっかり目は開いてるでしょ!

続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ブログネタ
うちのネコ2 に参加中!
玄関にて。
 シマは家の者が玄関に行くと、大概付いてくる。

早く開けよう。
 出かけようとするとシマはこのように扉の前に陣取る。
 誰かが家に帰ってきた時でもここにいる。

続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ブログネタ
外のネコ に参加中!
そこはね・・・。
 カナちゃん、そこにいるとサクラが・・・。

う〜ん、惜しい。
 これでいい?
 いや〜、まだちょっとなぁ・・・。

 今日はいい天気で昼間は結構暑かった。

水を飲むカナちゃん。
 今日は暑くなったからね、少し動くと喉が渇く。

ん?どうした?
 おもむろに対岸の方を向くカナちゃん。

うわっ!
 なんと川を歩いて渡りだしたカナちゃん。

泳ぐほどじゃないけど。
 泳ぐほどじゃないけど。結構深いところまで入っていきます。
 さすがはカナと名づけたことだけあって、水に強いのか?

カナの足跡。
 カナちゃん、無事に対岸にたどり着き、そばに寄ってきた。
 濡れた足跡がかわいい。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ブログネタ
うちのネコ2 に参加中!
緊急事態発生!
 上空7m、黒い飛行体発見。
 直ちに配置につけ!

続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ブログネタ
うちのネコ2 に参加中!
じっくり。
 穴が開くほどじっくり紙を見つめるシマ。
 何も書いてないんだけどね。

穴が開くほど・・・。
 って、ほんまに穴開いてるやん!
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ブログネタ
外のネコ に参加中!
モデルのさいちゃん1。
 珍しくじっとしてくれています。
 ようやくモデルの自覚が・・・。

続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

一体化?
 アマガエルがアジサイの葉にうずくまってます。
 明日から天気が崩れます。

雨雨降れ降れもっと降れ。
 いい人はいないけど、いい虫ならいるかも。

 アマガエルとアジサイと言えば梅雨だけど、まだ早いよ。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ブログネタ
うちのネコ2 に参加中!
昼間は寝て待て。
 今日も暖かい。ちょっと暑いくらいだ。
 気持ちよさそうに寝てます。

 寝るの大好きだもんね。

 ここでも・・・

ただ寝転がっているわけではない。
 ボクはただ漫然とくつろいでいるわけではないのです・・・。

 それってどういうこと?
 それは。。。

続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ブログネタ
外のネコ に参加中!
無理矢理入れてみる。
 花の横を通りかかったところを撮影。
 どうもさいちゃんは花とは合わない。
 もっと粘ってみるか・・・。

 シダレザクラが今、花ざかり(もう葉っぱも出てきているけど)。

まだ咲いている。
 カナちゃんにこちらまでおいでいただき、撮影会です。

見返りカナちゃん。
 桜の花の中、こちらを見返るカナちゃん。

続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ブログネタ
うちのネコ2 に参加中!
今はこちら。
 今からちょっと外を覗くことができる。結構楽しみ。
 それをさせてくれる人は視線の先にいる。
 よって、オレには用はない。決してこちらは向かない。

続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

大仏プリン。
 大仏プリンと言う奈良に行ったときの土産もんです。
 結構濃厚な味で、中に小豆が入っているところがよかった。

三笠焼1。
 近鉄奈良駅前の湖月で売られていた三笠焼です。
 まあ、どら焼きみたいなもんです。

三笠焼2。
 もちろん、普通のどら焼きなら買ってきません。
 iPhoneと大きさを比べてみました。

三笠焼3。
 ついでに重量も量ってみました。
 457gありました。

 おいしかった。あんこ最高。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ブログネタ
外のネコ に参加中!
寝たままで失礼します。
 さいちゃんは寝たままでもいいんだよ。

しゃなりしゃなり。
 ともちゃんが桜の花の絨毯を優雅に歩いてくる。

ともちゃん撮影会。
 いいねぇ、ともちゃん。そんな感じで行ってみようか。

塀の上を歩く。
 まあ、こんなことは朝飯前なんだけどね。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ブログネタ
うちのネコ2 に参加中!
スキあり!
 お腹もふもふの刑に処する!

 もふもふ気持ちいい。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ブログネタ
うちのネコ2 に参加中!
朝は眠い。
 床暖房があるからポカポカ暖かくて気持ちいい。
 眠くなるよな。

続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

 奈良県立美術館へ行って来たのだが、奈良まで来たらやっぱり見ておきたいものがある。

 今日4月16日はあいにくの雨模様。
 しかし、そんなことで諦めてもいられない。

第一街シカ発見。
 JR奈良駅から奈良県立美術館を目指す。
 県立美術館の手前で、第一街シカ発見。
 奈良のシカって、奈良公園の限られたところにいるものと思っていたので、県立美術館へたどり着く前に会えるとは思っていなかった。

一心不乱。
 シカたちは下草と桜の花びらを食べていました。
 お尻の白いところがかわいらしい。

おもむろに・・・。
 しっぽが上がると・・・。
 ポロポロと・・・。

 ちゃんと汚さないようにしている。

静かな公園に。
 静かな公園にシカが佇んでいた、って感じの写真。

静かな湖畔に。
 静かな湖畔にシカが佇んでいた、と言う感じの写真。


 シカがこう言う風な鳴き声だとは思いませんでした。

 次は大仏さん。

 修学旅行の学生が溢れ返る東大寺へ。

東大寺大仏殿。
 東大寺大仏殿。
 奈良の大仏さんがいるところ。でっかい建物です。

シダレザクラ。
 シダレザクラ。
 もうちょっと華やかな予定だったのだが・・・。
 雨のせいなんです! って、腕のせいやろ。

奈良の大仏1。
 久々に見た奈良の大仏。
 大きいもんです。

奈良の大仏2。
 違う方向から撮影。このころは客がほとんどおらず、静かなものでした。

 奈良といえば、シカと大仏は欠かせない、そういう旅でした。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ブログネタ
うちのネコ2 に参加中!
行ってきたで。

M.C.エッシャー展〜視覚の魔術師〜
 2010.3.20-2010.5.9 月休(3/22開館 3/23休、5/3開館 5/6休)
 9:00-17:00 9:00-19:00(金土) 入館は30分前まで
 奈良県立美術館
 奈良市登大路町10-6

 ツイッターのつぶやきで知った M.C.エッシャー展へ行ってきました。
 エッシャーといえば、ありえない図形を元にした絵や横に移動すると次々に違うものが現れる絵などが有名であるが、その作風になる前に制作していた版画なども展示されていた。

 錯覚のトリックを用いた表現、座標変換による表現、異質なものを組み合わせた表現、これらを組みわせてとても興味深い作品を展開している、これがエッシャーの醍醐味。

「立方体とマジックリボン」
 出っ張っているところが目を移していくと引っ込んでいるかのように見える錯覚を使っている。

「メタモルフォーゼ?」
 左から右に移動して行くと次々に主題が変わって行く。
 空白が主題に、そしてさらに新しい空白が主題に。
 右から左に、左から右に移動して見て、初めてその面白さがわかる。静的な絵画を動的に楽しむものである。

-----

「四面体の小惑星」
 四面体の表面に建物や階段がある。
 この惑星では平面がねじ曲げられている。外から見ると建物のラインが湾曲しているように見えるが、ここで住んでいる人たちはのこれが直線なのだ。

「上と下」
 一枚の絵で同じ建物を上から見たものと下からみたものを同時に見ることができる。
 この紙の中では垂直線を異なるように設定してある。

 上2つの作品は空間から違う空間への座標変換による表現を行っている。
 その表現の元になる作品は「写像球体を持つ手」だろう。
 自分が手で持っている球面に自分の姿が映っている。
 空間の球面に対する写像である。

------

「静物と街路」
 1つの絵に2つの世界。
 本の並べられている机の延長が街の建物の間の通りになっている。
 あり得ない世界。シュルレアリスムとつながる。

------

「24の寓意画」
 オレは、風俗画や風刺画、寓意画など、絵に意味が隠れていたりするものは好みなのだが、エッシャーに関して言えば、他のものが面白くてこの作品にはインパクトがないと感じる。

 エッシャーの作品は初め、芸術とは認められなかった。
 まず最初に注目したのは数学者や結晶学者などの理系分野である。
 確かにこの絵を見て、芸術というよりは頭の体操的なものを感じるだろう。

 ビデオを見ていると、驚いたことに、エッシャーが中学レベルの数学でも苦手とするような人だったそうだ。
 あの作品を見ていると緻密に計算されて制作されたものと思っていた。

 教科書で学ぶような数学の勉強は興味もなく、苦手だった彼ではあるが、直感で幾何学的、パターン化思考を行っていた。
 それは彼の内から沸き立つインスピレーションを表現したい欲求からであった。
 そのインスピレーションはアルハンブラ宮殿のモザイク模様に衝撃を受けた時から生まれたものだと思うが、その元は父親の影響もあったのではないか。

 数学の勉強はわからなかったのかも知れないが、平面や立体の表現に対しては卓越した感受性を持った人だったのだろう。

(2016.4.14追記)
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ