ネコじかけのBlog

うちの猫(シマ)とフィギュア、外猫の記録。
VOCALOID関連の話題、展示会のレポート。

2005/03

 朝から雨。結構降っている。
 雨が降ると気分が落ち込む。雰囲気がうっとうしいということもあるが、この天気じゃネコが出てこないことが、一番嫌なこと。
 この分だとネコたちはいないかなと思いつつ、足はいつもの神社へ。

 見渡す限りネコの姿がない。
 参道の横、公民館の隅。こんなところにいるはずなのに。
 ネコがいない。
 この雨だからどこかで雨宿りをしているのだろう。こんな天気の日には出てこられないよ、とあきらめる。

 神社の参道を歩く。灯篭が並んでいる。
 そのうちの1つに、もこもことしたものが。
 おお、こんなところに!

 ネコがちょこんと座っていた。こちらにお尻を向けて。
 おれにはこのネコがまるで暗闇の中に燦然と輝く灯篭の明かりのように見えた、と言えば大げさだな。

灯篭ネコ。

 灯篭の穴から顔が見える。なんともおかしい。
 (深夜のネコチャン撮影60分一本勝負 11/3に投稿。(2020.11.3))
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

 いつものように神社へ行く。

 神社の手前の駐車場に黒ネコがいた。手を出せば寄って来てくれるネコだ。今、おなかに赤ちゃんがいる。
 元気な赤ちゃんを産んでくれよ、と頭をなでる。

 神社の参道の横に今日もネコたちがそろっている。でも、子ネコたちがいないな。

 しばらく写真を撮っているとネコがおれの背後を眺めている。振り向くと、塀の上に子ネコ2匹がたたずんでいた。
 子ネコたちもそろって、みんな日向ぼっこ。

 ネコたちが朝日を浴びながら毛づくろいをはじめた。
 毛づくろいをしているときは結構チャンスだったりする。毛づくろいに熱中しているせいか、普段なら近づくと逃げるようなネコも至近距離まで近づけたり、触らせてくれないネコでも触らせてくれることがあるのだ。

 おれはそっと肉球に触ってみた。
 やわらかくて、ぷにぷにして、なんと気持ちいいものなんだろうか!

ネコと肉球と私。

 飼い猫と接触のほとんどないおれは、肉球を触らせてくれるネコもおらず、肉球を触ったことがほとんどなかったのだ。

 とてもうれしい。今日はとてもいい気分だ。

 今日から元画像のサイズを大きくしました。

 (深夜のネコチャン撮影60分一本勝負 11/2に投稿。(2020.11.2))
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

 神社へ向かう。
 今日はいつもの面子が集まっていた。

びっくりしたなぁ、もう。

 そんなに驚くなよ。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

 今日は1本早い列車で行ってみよう。

 いつものように陸橋から定点観察地を見る。ここのところ、ネコを見かけることはほとんどなくなってしまったのだが、今日は違った。

 駅のホームのそばに2匹のネコが。
 元祖親子ネコの子供2匹だろう。

 急いでホームへもどる。
 ネコを見つけた場所へ向かったが、2匹は見当たらない。その代わりに草むらにネコが1匹潜んでいるのを見つけた。
 しかし草が邪魔ではっきり見えない。少し顔をのぞかせたところを撮るが、ちゃんと撮れているかどうか。

 草むらのネコを何枚か撮って、立ち去ろうとしたときに、2匹のネコを見つけた。
 こんなところに潜んでいたとは。
 久しぶりに至近距離で彼らを見る。

お久しぶり。

 しばらくして、彼らは去っていった。
 今日は早く出てきてよかった。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

 さっそく、近所のマンションでネコを発見。ほほにほくろのあるネコ。いつもふさふさのシッポをなびかせて優雅に歩いている。

 触ってみたいが、近寄らせてくれない。

触りたい。

 何枚か撮ると、電池切れの表示が。充電してなかったのか。
 一旦帰宅し、仕切りなおし。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

 いつもの神社で。

 ネコたちがかたまって暖を採っている。今日は本当に寒い。昨日が暖かかったから、さらに寒さが身にしみる。ネコたちも毛皮を着ているとはいえ、この気温の変化には閉口していることだろう。

ネコだまり。

 それはそれとして、灰色シマの子ネコがサバ白ネコの上にのっかかってるのがかわいいやないですか。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

 神社へ行く。
 なぜか、ネコたちが集まっている。猫口密度高い。

みんな大集合。

 よく見ると、カリカリが置いてある。カリカリ目当てにみんな大集合だ。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

 夕方に神社へ寄った。
 夕方になるとちょっと人懐っこくなるのは、えさをくれるのだと思っているからなんだろうか。
 黒シマネコを撮影していると、くしゃみして、その鼻水が付いた。きたねぇなぁ。

 子ネコに手を出してみると、面白いように食いついてくる。

食われた。

 本当に食われた。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

 夕方、神社へ寄ってみる。
 ここのところ、日も長くなり、夕方のネコも撮影できる環境になったのはうれしい。

 ネコの撮影をしていると、犬を連れたおじさんとおばさんがやってきて、おもむろに袋の中身を置いていった。
 何かと思えば、魚らしい。ネコたちのえさか。

 それに気がついたネコからえさへ殺到する。風邪っ引きのネコはにおいに気が付かないのか、のんびりしているが、やがてえさ場へ走っていった。
 みんな一心不乱に食べている。食えるときに食っとかんとね。

 いつも渋い感じの子ネコ、見るとかなり大きい切り身をくわえている。かなりしたたかなやつと見た。

貪り食う。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

 神社へ近づくごとに気分が上向きになってきた。

 今日は暖かい、ネコたちも気持ちよさそうに日向ぼっこだ。
 今日もこいつらは元気だ。

 つい調子に乗って、1匹のネコに挨拶しようとしたら逃げられた。
 しかしそのネコは灯篭の中からおれの様子をうかがっている。

敵か味方か。

 敵が味方か見極めているのか。
 おれは味方だと思ってるんだが。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

 今日も神社へ来る。今朝もネコから始める生活。
 こいつらがいるから、おれの気分はかなりよくなり、いい一日のスタートが切れるのだ。
 おくつろぎのところ、お邪魔します(笑

早く元気になれ。

 帰りにも神社へ寄る。
 おれに触らせてくれる黒シマネコ(上の写真の右側)、そして、ちょっと目つきが悪いが憎めないサバ白ネコ(同左側)、その両方ともが風邪を引いているらしい。
 黒シマネコは手を差し出すと、おでこを手に当ててくる。おれもこいつをなでてやる。そして、サバ白ネコのほうにも手を差し出す。一旦逃げられるも、黒シマネコと寄り添っているときに接触を試みる。
 今度はなでさせてくれた。背中をさすりながら、早く元気になれと祈る。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

 この先行き止まり、と入口に書かれた路地の中に入ってみる。車や人を入れないためにわざと書かれている場合もあるかなと思ったのだが、本当に行き止まりだった。

 路地の奥の家の前にネコを発見し、カメラのセッティングをしながら近寄る。
 ふと目を横にやると、間近にネコが。こんなに近くにネコがいるとは思わなかった。

フェイント。

 この路地にはネコが3匹もいた。行き止まりの路地にも入ってみるもんだ。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

 今日は大阪キタを歩く。
 駅の近くは人でごった返していて、どうも息苦しい。

 しかし、駅から少し離れると人通りも少なく閑散としてくる。
 それにつれて、地元の人間の生活の匂いがクローズアップされる。ここで人が暮らしてるんだなと感じる。

 狭い路地を歩く。ネコがいそうな雰囲気だ。

 気が付くと、間近にネコが歩いていた。おれを見て物怖じしないところを見ると、ここら辺の人にかわいがられてるんだなと感じる。えさも置いてあったし。

 しばし、このネコと戯れる。

地元の匂い。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

 今日は外に出たときにぽつぽつと雨が降り出した。
 今日も神社へ行く。雨が降ってもここのネコたちは必ずいる。

 サバ白ネコが伸びをする。気持ちよさそうな顔と思いきや、なんか目はマジだ。

マジです。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

 神社で写真を撮る。
 ネコは特に何も思っちゃいないだろうが、ふとしたしぐさが面白い。

ここだけの話。

 何か悩み事かい? おれに話してみな。
 なに? 恥ずかしいだって?
 話せば楽になることだってあるんだよ。
 思い切って、このおいちゃんに話してみないか?
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

 神社へ行く。
 今日は少し曇り気味で太陽の光は少なかったが、ネコたちがその光を求めて集まっている。

 親分、今日は爪の手入れらしい。

爪とぎ。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ