ネコがフェンスの向こう側で寝ている。そのネコはおれに気づくと、伸びをしてやってきた。久しぶりだな、さいちゃん。
 目の前でごろごろしている。腹も出して、完全にくつろいでいるな。

のび猫。

 手を差し出すとぺろぺろなめだすし。かわいいったらありゃしない。

 ところが、向こうからおっさんがやってきたら、一目散にそちらへ行ってしまった。これには苦笑するしかなかった。

 まあ、ネコのやることだから。