ネコじかけのBlog

うちの猫(シマ)とフィギュア、外猫の記録。
VOCALOID関連の話題、展示会のレポート。

タグ:gallery_near

ブログネタ
ギャラリー散策 に参加中!
白白庵 × gallery near「tokonoma展 -Japanese "TOKONOMA" Style Exhibition-」
 2013.7.26-2013.8.14 8/1木、8/8木休
 12:00-22:00 12:00-17:00 7/26、最終日
 gallery near(閉廊)
 京都市左京区田中里ノ前町34-2 珠光ビル百万遍B1F
 cafe dining near 店内

 白白庵出展作家 : かのうたかお、金理有、篠崎裕美子、田村一、津田友子、船戸あやこ 各氏
 gallery near出展作家 : 池原悠太、田中加織、谷口朋栄、寺脇扶美、林葵衣、宮田彩加 各氏

 床の間に飾ることを考えた、壁掛けの平面作品とその下に置く立体作品を組み合わせた展示。

 宮田彩加さん「めで鯛WARP」 と 津田友子さん「鳳凰の舞」
 宮田彩加さんの作品は掛軸のような感じに仕上げている作品。
 鯛の身体が梅花柄の布の上で三重にWARPしている。
 その下に津田友子さんの鳳凰の翼をイメージした花器。
 勢いよく飛び跳ね、WARPする鯛と飛び立つ鳳凰の組み合わせ。

 篠崎裕美子さん「クラムボム」
 何かヘンテコな形だが、コミカルであり、勢いがある。
 私は風神雷神をイメージした。
 表面の細かい凹凸は釉薬を絞って細かくつけたもの。
 パティシエをしていたと言う。

 林葵衣さん「くずれる - 黒 Edition2」、「くずれる - 白 Edition2」
 EとRのハンコを中央から上、下と交互に垂直に押そうとして作りあげた作品。
 このきっちりしていないところが人間だと言うことを訴えたい。

 宮田彩加さんの小品 「PatternWARP RED」、「PatternWARP GREEN」、「PatternWARP YELLOW」
 色に注目した作品。
 下地の布の柄とあいまったデザインが面白い。

 「ShellWARP -マンボウガイ-」、「ShellWARP -フジツガイ-」、「ShellWARP -ホラガイ-」
 前回の展示の類似系。
 貝をWARPする。

(20160420追記)
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ブログネタ
ギャラリー散策 に参加中!
行ってきたで。
 心に残る作品を求めて・・・。

<20130087 宮田彩加個展>
 2013.2.20-2013.4.19 土日月休
 10:00-17:00 10:00-18:00 2/23-3/3
 京都造形芸術大学 美術工芸学科長室ギャラリーBIXKO_KITCHEN
 京都市左京区北白川瓜生山2-116 京都造形芸術大学 人間館実習棟

 これまでのシリーズをすべて見ることができた。
 特に手刺繍だった頃の「擬態」作品を見ることができて満足。

 WARP兇虜酩覆エルンスト・ヘッケルの生物図版を用いた作品で、美しい生物デザインをわざと崩すと言う所がまたにくい。
 糸を選択して崩しているので、あたかも輪切りで内部構造を見ることのできる解剖図のように映るのがまた探究心をそそられるような。
 またはスケッチの下絵を見るようにも映ったり。
 眺めていて、いろいろな想像をかきたてられるのが楽しい。

 先日、図書館でこの図版を見たことを思い出した。
 図鑑のようで美術的な要素が高い本だなとは思っていた。

 DMのヒョウはワープ後靴に変わっていた。(WARP A)
 ワニはバッグに、ヘビは帽子に。
 それらを裏から見ると赤い。鮮血の赤。
 それを組み合わせてDMのデザインにしていたということ。

 生物図版や細胞の姿のような刺繍では見かけないモチーフを使ってくれる所も気に入っている理由の一つ。

 次の作品展が楽しみ。
 果たしてどんな手であっと言わせてくれるか。

<20130088 2012年度京都造形芸術大学卒業展/大学院修了展>
 2013.2.23-2013.3.3
 10:00-18:00
 京都造形芸術大学
 京都市左京区北白川瓜生山2-116

 気になった展示を紹介。

 楢崎友里さん 海を読む
 海の波を撮影した写真を製本し、テーブル上に並べている。
 本の見開きの曲面が波に見えるのが面白い。
 鑑賞者が自由にページをめくることができ、様々な海の様子を表現できる。

 田中優太さん -猫、魚を釣り、チャリを漕ぐ-
 とあるイラストを3D化。
 イラストの不気味な猫の様子が上手く表現できている。

 稲森俊樹さん サウンド・コミュニケーション
 作品のうち、首吊りの紐にヘッドホンがつけられていて、座って聞いている姿はあたかも首を吊っているかのような風貌。
 ブラックさが面白い。

 京都造形芸術大学の方は学内をフルに使った展示。
 余りにもあちこちに展示場があるので、移動でかなりの時間を費やしてしまった。パンフレットを落ち着いて読んだら、モデルコースがあったのか。

 京都精華大学は大きく場所を分けてしまっているので、行かない所を決めれば回りやすい。

 じっくり見ようと思ったら一校を一日かけて回るくらいでないとダメだな。

<20130089 池原悠太展「不揃いの接続」>
 2013.2.15-2013.2.27 2/21木休
 12:00-22:00 最終日17:00まで
 gallery near
 京都市左京区田中里ノ前町34-2 珠光ビル百万遍B1F cafe dining near 店内

 退廃的な世界観が見える作品。
 基本は手描きのバーツをPCでコラージュして仕上げている。

 退廃的だが、何かしらの生物を配しているのは、退廃的な中に生のみずみずしさを吹き込んでくれるように感じる。

 パーツをコラージュする手法は単に絵画だけに留まらず、アニメーションにも応用でき、作品の幅が広がる。
 そのことも考えてのことらしい。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ブログネタ
ギャラリー散策 に参加中!
行ってきたで。
 心に残る作品を求めて・・・。

<20130062 稲垣智子個展「はざまをひらく」(展覧会ドラフト2013「Project ’Mirrors’」)>
 2013.2.5-2013.2.26
 10:00-20:00
 京都芸術センター ギャラリー南
 京都市中京区室町通蛸薬師下る山伏山町546-2

 映像を用いた作品はある程度の時間を鑑賞に充てなければならないが、それを全て見てもらうのは中々難しい。
 何か目を惹くことが必要。

 女性が口紅塗ってそれを男性がキスで舐めとるもの、と言うような映像があったが、それも同じことの繰り返しなのて、飽きてしまう。
 もう一つの映像は話している言葉を聞けば面白いのかも知れないが、それがうまく聞き取れなかったので残念。

<20130063 稲垣智子個展「beautiful sʌn」(展覧会ドラフト2013「Project ’Mirrors’」)>
 2013.2.5-2013.2.26
 10:00-20:00
 京都芸術センター ギャラリー北
 京都市中京区室町通蛸薬師下る山伏山町546-2

 これも同じ作家さんの作品で、キュレーターが異なる。
 温室の中に入ると、目の前にはでっかい女性。プロジェクターで映されている。
 身体がでかいから窮屈そう。
 態勢を変えるのも一苦労。その苦しさが顔に表れている。
 それを見ている私。
 周りが暗いから中からは外が見えないが、逆に外からは中がよく見える。
 苦しい顔を見せている女性を見ながら、自分がどんな顔をしているか、外からは見ることができ、しかも中からはわからない。
 それに気づいたのは見終わって外に出た時。
 何とも言えない感じ。

 このような自分を試されるような展示はじわじわくる。

<20130064 石井美緒:いずれ逝く夏>
 2013.2.12-2013.2.17
 11:00-19:00
 Gallery PARC
 京都市中京区三条通御幸町弁慶石町48 三条ありもとビル[カフェ クラッセ]2F

 メインの展示は昨年の展示よりも以前に制作された作品。
 円筒形の建物に食い込んで存在する動物の骨格。
 建物の屋上には溜まっている水を示すガラスがある。
 朽ち果てた骨と建物、そこに水と言う生命の片鱗を感じさせる存在があることで、生と死の混然一体となったイメージが想起される。

 新作が3点あった。
その中で、白い卵か何かの果実かわからないが、その断面からとげとげしい骨らしいものが露出している作品が、異彩を放っていた。
 下の台も作品の一部。
 これは面白い作品だ。

<20130065 TAKE OUT ART!-アートを"お持ち帰り"する小作品展->
 2013.2.1-2013.2.13 2/7木休
 12:00-22:00 最終日17:00まで
 gallery near
 京都市左京区田中里ノ前町34-2 珠光ビル百万遍B1F
 cafe dining near 店内

 何と言っても宮田彩加さんのファイバーアートを楽しみにやってきた。展示はKnotシリーズ。
 支持体のない刺繍、下世話に言えば着けるのがもったいないアップリケ。
 おおよそ刺繍で作らなさそうなものを作ってしまうのがいい。

 佐野優作さんの作品は金箔を用いたもの。
 金箔を使った伝統的な技法で、古いデザインと新しいデザインを組み合わせている所が面白い。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ブログネタ
ギャラリー散策 に参加中!
絵画鑑賞。シマ
 魅力的な作品はどこにある?

 今日は京都。人がぎょうさんいたのは祇園祭の影響。

<田垣千夜子写真展「0℃」>
 2012.7.13-2012.7.18
 12:00-22:00 最終日17:00まで
 gallery near gallery"S"
 京都市左京区田中里ノ前町34-2
 珠光ビル百万遍B1F cafe dining near 店内

 氷のマクロ近接撮影。
 氷の中の泡の形が冷凍状態の違いによって変わるということがわかって面白い。

 ポートフォリオを見て、以前この人の写真を見たことがあると確信した。
 その写真は小さい数字が数多く書かれている紙の写真。
 確か円周率表だったような。
 探したらあった(■ギャラリー散策20100618。 トイカメラ写真月間2010 トイカメラバトルロワイヤル@ギャラリー・アビィ)。
 くるみボタンを何気に購入していた。

<三角関係-Triangle point->
 2012.7.6-2012.7.18 木休
 12:00-22:00 最終日17:00まで
 gallery near gallery"L"
 京都市左京区田中里ノ前町34-2
 珠光ビル百万遍B1F cafe dining near 店内

 三角関係と聞いて、男女関係とか思う人が多いかも知れないが、私はなぜか三角形を頭に思い浮かべていた。
 それで、幾何学的な作品があるかなと思っていた。
 たしかにそれっぽいのはあったけど、ちょっと私の思っていたのとは違っていたので、そういう意味では裏切られた感じ。

 色のパターンで3を表現してみたりしている作品やトリオという概念を出している作品など、私の考えはやっぱり底が浅いもんだと思わされる。

<発散する点・足盍家展>
 2012.7.3-2012.7.15 月休
 11:00-19:00 最終日18:00まで
 Gallery PARC
 京都市中京区三条通御幸町弁慶石町48 三条ありもとビル[カフェ クラッセ]2F

 人毛を用いた作品。
 人毛を用いた作品と言えば私は高橋涼子さん(IN / OUT(2010)−MIND CONTROL−(2012)@Studio J)を思い浮かべるが、今回の足高寛美さんの作品は主にかぎ針で編んでいる作品と言うことで少し違うアプローチか。
 人毛のような硬く、反発性のある質感のものを編み込むのは後で反発して、毛羽が立ってしまったりするのだが、その状態が髪の毛であることを主張している。
 丁寧に編み込まれた人毛は美しいのだけれども、やはりどこかおどろおどろしいものを感じてしまう。

 材質としては細いワイヤーに近いのかも知れない。
 細いワイヤーを編みこんで作品を作っている濱田菜々さんを思い出した。
■ギャラリー散策20120303。 Duality@GALLERY 301due)

<宙〜ただよう思考〜>
 2012.7.14-2012.7.29
 13:00-20:00 平日 12:30-20:00 土日祝 最終日17:00まで
 art project room ART ZONE
 京都市中京区河原町三条下ル一筋目東入ル大黒町44 VOXビル1・2階

 グループ展。
 布で作られたのれん、布状のもの、撚ってひも状にしたもの、それらの先を切り取ったものをそのまま地面に落としている。
 なぜ形を変えているのが、なぜ切り取られているのか。

 オープニングパーティが始まる直前だったので、作品をそれほどじっくり見る環境ではなかった。
 次があるので、早々に外へ。
 これをラストにしておけば、パーティに潜り込めたか・・・残念。

 京都に来ることがあって、忘れていなければまた見に来よう。

<第5回協同企画公募展おんさ【写真】>
 2012.7.6-2012.7.16 水休
 12:00-20:00 最終日18:00まで
 GALLERY 9
 京都市中京区寺町通四条上ル東大文字町311-1 プリントQ2F

 大阪、兵庫、京都のギャラリーが共同で企画展を行なっている「おんさ」。
 写真部門はここGALLERY 9で開催。

 某ギャラリースタッフさんの作品がやっぱりどこかに行っている。
 実際にあちこち移動して撮影しているみたいだが、添えてある文章もどこかへ行っている感がある。それが彼のいいところ?ではあるのだけれど。
 そして、やっぱり何を訴えたいのかもあまりわからない。
 それが彼らしいところでもあるのだろうけど。

<galleryMain ポストカード展 -FINAL->
 2012.7.6-2012.7.16 水休
 14:00-20:00 平日 13:00-20:00 土日祝 最終日18:00まで
 galleryMain
 京都市下京区寺町通り松原下ル 植松町731-1 小林ビル2F/3F

 ポストカードを展示販売する展示会。

 思いの外猫写真が多くて嬉しい限りだったが、一番目を引いた作品はネコをモチーフにしたデコレーション料理を撮影したポストカード。
 この人の写真展を開催して、パーティでその料理を出すという企画なんて面白いのではなかろうか。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ブログネタ
ギャラリー散策 に参加中!
絵画鑑賞。シマ
 魅力的な作品はどこにある?

 今日は京都のギャラリーを散策。
 全て徒歩で行ってみた。

<京芸Transmit Program#3 「Metis – 戦う美術-」>
 2012.4.7-2012.5.20 月休(4/30開館、5/1休館)
 11:00-19:00
 京都市立芸術大学ギャラリー@KCUA
 京都市中京区油小路御池押油小路町238-1

 台に置かれた肉の塊を叩きながら、聴診器を胸に当てて心音を聞いている裸の男の映像が印象的だった。
 その作家が偶然にも今日トークショーをすると言うので聞いてきた。
 彼の作品は変なんだけど面白い。心をがっちり掴まれる感じ。

 彼の奥さんも今回作品を出展している。
 今出展している作品より、以前のモチーフである自画像を描く、の方が興味深い。
 自画像を描くにあたって、どんな自分を描けばいいのかわからないと思ったそうな。
 しかし、周りの人や環境で自分を定義すればいいと考えつき、それを絵にしたということだった。

<わたしたちのかたち>
 2012.5.1-2012.5.6
 10:00-18:00 最終日16:00まで
 ギャラリー象鯨
 京都市中京区姉小路通柳馬場東入る菊屋町573-1

 ガラス作品と陶器作品。それぞれの作品を作っている作家さん2人の展示。

 フラスコのような容器が並ぶガラス作品、形も色も面白い。
 花器の大きさが予想より大きく、ダイナミックな感じ。光の透過と反射がとてもきれいに映る。

 一方、陶器作品はキノコをモチーフとしているものが多い。
 穴を開けて中が見えるようにしているのは、ガラスと違って中が見えないので、中を見えるようにしたとのこと。
 キノコ型のランプは古民家に合わせた作品で、確かに古民家のようなところで夜に見るととても雰囲気が出るだろうなと感じる。
 穴の開いた陶板ともう一枚の陶板、2枚合わせてネジで止めた壁掛けや、水道の蛇口を模して作った作品と技術に裏打ちされた遊び心が面白い。

<”上を向いて歩こう”が流れていた頃>
 2012.4.24-2012.5.6 月休
 12:00-19:00 最終日17:00まで
 ギャラリーH2O
 京都市中京区富小路通三条上ル福長町109

 LEDライトと金属を組み合わせ、加工によって、昭和の雰囲気のするもの、古いテレビや街灯などを制作。
 その中でも幻灯機が面白い。ちゃんと壁に「H2O」と映しだされているところが芸が細かい。

<Melissa Cameron>
 2012.4.14-2012.5.6 月火休
 13:00-18:00
 gallery C.A.J.
 京都市中京区富小路御池下る松下町129

 通りがかりに見つけたアクセサリーの店。
 展示の作品は、缶の蓋をくりぬいて、その外側からある一定の幅で内側をくりぬいていき、それを立体に再構成している。
 市販の何かの容器として使われているごく普通の缶容器なのに、こんな加工をされるととても美しく見える。

 他の作家さんの作品も並べられていた。
 その中で、多面体を使った作品があった。
 大好物ですよ、多面体。小林京和氏の作品だった。
 正十二面体の中に対角線を配し、更に複雑な構造に。
 半田で留めているとのことだが、この細かい構造にするのは大変だろう。
 もちろん違和感はない。
 美しい構造を構成できる技術が素晴らしい。

 こういう素晴らしい作品を見ると、そのことを誰かに話したくなる。
 ギャラリーのスタッフと暫く話をしていた。

 ジュエリーは装飾物としては興味はないが、構造物としてとても興味がある。
 何でこんなに惹きつけられるのかと思う。

<度会保浩展>
 2012.5.1-2012.5.6
 11:00-19:00 最終日18:00まで
 アートスペース虹
 京都市東山区三条通神宮道東入ル3丁目東町247

 陶芸の作家さんだから、陶器作品かと思っていたらステンドグラスだった。
 ギャラリーの扉も作品の一つ。
 いつもはガラスの扉で開口部から中の作品が丸見えのギャラリーだが、今回はステンドグラスの加工で作られた扉に変わっていた。
 そして、中には大きなガラス瓶を模した作品。作品はその2つだけ。
 ギャラリーの真ん中に置かれたガラス瓶の存在感がすごい。

<宮田彩加個展 「野菜WARP」>
 2012.4.28-2012.5.9 木休
 12:00-22:00 最終日17:00まで
 gallery near
 京都市左京区田中里ノ前町34-2 珠光ビル百万遍B1F cafe dining near 店内

 刺繍作品。
 野菜や果物の断面をかなりリアルに刺繍で表現した作品だが、一部が歪んだり伸ばされたりしている。
 これがなければリアルな刺繍、でもあえて歪みを入れるところがミソ。
 切った時の動きを表現したという。
 「WARP」と言う表現が絶妙だと感じる。

 作家さんの以前の作品に「擬態」と言うものがあった。
 これも面白そうだ。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ