ネコじかけのBlog

うちの猫(シマ)とねんどろいど、外猫の記録。
VOCALOID関連の話題、展示会のレポート。

タグ:Nano_Gallery

ブログネタ
ギャラリー散策 に参加中!
2017122404ギャラリー散策20171223 その3DM


公募グループ展「Christmas Exhibition 2017」
 2017.12.23-2017.12.27 木金休
 14:00-20:00 14:00-18:00 水
 SUNABA GALLERY
 大阪市北区中崎西1-1-6 吉村ビル302

 入ってすぐの作品から何だかちょっとひねくれた感じの絵。クリスマスらしくない作品。
 込宮宴さん。
 「切り絵 無題A」
 落書きぽい黒猫を切り絵にしている。
 表現が面白い。

 新竹季次さん。
 「雨産み」
 イモリの産卵。上から落ちてくる卵が孵化している。下にいるイモリがそれを受け止めようと手を挙げていたり。歓迎しているようにも見える。
 生命の誕生を表した作品かなと。
 「累」
 お供え物を食べるネズミ。
 これ面白い。
 お供え物を取っていくのはカラスの方がなじみがあるけど、ネズミを出してくるところがいい。

グループ展『年末宝石箱 2017』
 2017.12.17-2017.12.30
 14:00-20:00 最終日19:00まで
 Nano Gallery
 大阪市天王寺区茶臼山町1-19 米田ビル1F&3F

 浅野優香さん。
 四角い箱の中に写真を入れ、天井から吊るす。
 上から覗かないと見られない。
 見るとビニール袋に入った全裸らしい女性の写真。
 全体を見ようとすると、天井からのテグスに頭が当たってハッとする。
 これは面白い。

 新竹季次さん。
 「あだし」
 「あだし」は化かな、化野念仏寺ってあるし。
 草むらに横たわる痩せた犬、傍らには頭蓋骨、上には草に留まるキリギリス、空には半月。
 もう命幾ばくもない犬と草に留まるキリギリスの高みを見比べる。
 頭蓋骨はその犬の飼い主だそうな。先にくたばったと言うこと。
 新竹さんが会場にいたので話しすることができた。
 この作品、ツイッターで貼るのに失敗したとか言っていた作品だった。
 何とかリカバリーしたそうな。

〇〇〇

 ■ギャラリー散策20171223 その1 ギャラリー白、天野画廊。
 ■ギャラリー散策20171223 その2 Oギャラリーeyes、YOD Gallery、pad gallery。
 ■ギャラリー散策20171223 その3 SUNABA gallery、NANO gallery。

ブログネタ
ギャラリー散策 に参加中!
行ってきたで。
 心に残る作品を求めて・・・。

<戦国!真田抜け穴パラダイス>
 2012.12.21-2012.12.28
 14:00-19:00
 Nano Gallery
 大阪市天王寺区茶臼山町1-19 米田ビル1F/3F

 今回3回目の年末年始恒例の企画展。
 そらのまめとNano Galleryの展示を年末と年始で総入れ替えする。

 イラストや写真、フィギュアやフェルト作品が並ぶ。
 展示会のタイトルから戦国武将をモチーフとした作品がほとんど。
 その中で、一番の季節もののサンタクロースのフェルト作品が浮いてた。
 クリスマス過ぎても浮いちゃうけど。

 作品としては、墨絵の戦国武将が迫力があってよかった。

それで評判は?
 写真や絵を見るのも好きです。

 大阪猫祭りの猫ふん2011も始まり、ギャラリー巡りに勤しむ日々。

<猫文具展>
 2011.4.28-2011.5.10 5/4水休
 12:00-19:30
 ART HOUSE 2Fギャラリー
 大阪市西区北堀江1-12-16

 一つ、いい雰囲気の絵があった。
 クーピーみたいなので描かれているのだと思うけど、猫が手を上げて立っている絵。
 何だか好きだな、この雰囲気。

<大江慶之個展 プレイ>
 2011.4.8-2011.4.30 日月祝休
 11:00-19:00
 TEZUKAYAMA GALLERY
 大阪市西区南堀江1-19-27 山崎ビル2F

 体操服姿の子どもが花に飾られた何かをかぶっているオブジェ。よく見ると頭蓋骨だった。
 壁から腕が出ていて、ヤモリの切れたしっぽを持っている手のオブジェ。
 かたつむりが壁を張っていると思ったら、貝から出ている部分がピースをした腕だったり。
 体操服姿の子どもがでっかいハエを抱えている。その子がかぶっている体操帽は中央で白と赤に色分けされている。昔よくやったな。
 見ていると、実に楽しくなってくる。作者はそれを楽しんでいるんだと思う。
 それで、「プレイ」なのかとふと感じる。

 今年2月に森美術館に観に行った小谷元彦展、その作品が頭をよぎった。

<猫町JAZZ横丁 山賀清春ARTカーニバル>
 2011.4.22-2011.5.15
 12:00-19:00
 Swing MASA JAZZ HOUSE
 大阪市浪速区恵美須東3-2-24

 ジャンジャン横丁を通っていて偶然見つけた。
 猫だというのでふらふらと中に。
 ジャスを奏でる猫などの絵やオブジェを作っているのを展示販売している。
 GWと盆休みにしかオープンしていないらしい。
 作家さんの猫、ナッツの写真が飾られていたが、長毛の黒ネコで実にゴージャス。

<igu伝のせかい>
 2011.4.26-2011.5.8
 12:00-19:00 最終17:00まで
 茶臼山画廊
 大阪市天王寺区茶臼山1-11

 昨年から注目しているイラストレーターのiguさんの個展。
 会場に入ると、大きな「クツカー」が。
 独特のデフォルメのキャラクターたちの絵を見るととても楽しくなってくる。
 iguさんも在廊されていて、話しさせていただきました。
 キャラクターの一つである「まっくろさん」を真っ黒に焼印するコーナーで木に焼印してみました。
 木の焦げる匂いが何だかよい感じ。
 知らない間に時間が経っていました。長居してスミマセンでした。

<猫なのだぁ〜!展>
 2011.4.29-2011.5.8
 14:00-19:00
 Nano Gallery
 大阪府大阪市天王寺区茶臼山町1-19 米田ビル1F&3F

 一つ気になるイラストがあった。とてもスムースに入ってくる猫の絵。
 切り絵の作品も気になるところ。

<Francois Perrodin 展>
 2011.4.28-2011.5.10 5/4水休
 12:00-19:00(月-土) 12:00-17:00(日、最終日)
 spectrum gallery
 大阪市中央区瓦屋町1-6-2 長屋再生複合ショップ「惣」2階

 これは一体なんだろう、と言うのが第一印象。
 立体テトリスみたいな感じのパーツが壁に貼られている。
 色は暗め。
 これはなんだろうと考えるのがいいんだと自分なりに考える。
 イメージが自分の中で組みあがっていくのを感じる。
 しばらく見て、感じるものを自分に取り入れる。
 それでいいんじゃないかと思った。
 作家はどう考えているのか、直接聞きたいところではあるが。

<My2 POJAGI ポジャギ展 vol.2>
 2011.4.25-2011.4.30
 13:00-20:00 最終17:30まで
 art gallery そら/sora+
 大阪市中央区谷町6-4-28

 韓国のパッチワークみたいなもの。
 薄手の布を使っているので、透けて見える。
 透けて見えるということで、天井に吊るして、照明を透かしてみたりできるところが面白い。

<続・男写真展>
 2011.4.27-2011.5.2
 13:00-20:00 最終18:00まで
 22tu-tu gallery
 大阪市中央区北久宝寺町3-4-1 豆庭ビル4F

 自分が出展しているので、また見に来た。
 猫の写真を全面に出しているのは私だけです。
 ぜひお越しください(笑)

<マルタねこ2>
 2011.4.26-2011.5.15 月、第3日休
 12:30-20:00 火-木
 12:30-21:30 金土
 15:00-21:00 日
 Catteria Cloud Nine
 大阪市淀川区東三国1-25-10

 昨年に引き続いて、マルタねこです。
 マルタの猫、私も見に行きたい。
 プランターの横に寝ているキジトラがお気に入り。
 
 ここは生きた猫もいるので、ネコたちと戯れて、御飯食べて帰ってきた。


 なお、大阪市営地下鉄は4/29-5/8、ノーマイカーフリーチケットを使うことができる。
 600円で地下鉄・ニュートラム・市バスが1日乗り放題。3回乗れば損はしない。
 大阪市内を回るなら使わない手はないと思う。

 今日、これだけギャラリーを回れたのもノーマイカーフリーチケットのおかげです。

(参加します)
  続・男写真展(4.27-5.2、大阪 22tu-tu gallery) ← 開催中。
  公開グループ展「猫ふんじゃったな@」(5.10-5.22、大阪 ギャラリーマゴット)


人気ブログランキングへ

blogram投票ボタン

ここの写真や記事を気に入ってくれたらクリックよろしくお願いします。


このページのトップヘ