ネコじかけのBlog

うちの猫(シマ)とねんどろいど、外猫の記録。
VOCALOID関連の話題、展示会のレポート。

タグ:MATSUO_MEGUMI+VOICE_GALLERY_pfs/w

ブログネタ
ギャラリー散策 に参加中!
横井ゆうこ展
 2017.4.4-2017.4.15 日月休
 11:00-19:00 最終日17:00まで
 MATSUO MEGUMI +VOICE GALLERY pfs/w 展示室A
 京都市下京区富小路通高辻上る筋屋町147-1

 漆と絵の具を使った絵画と立体作品。

西村勇人「Commons」@MATSUO MEGUMI +VOICE GALLERY pfs/w 展示室B

市民講演会「時空は何でできているのか−ホログラフィー原理からの展望」@京都大学基礎物理学研究所 パナソニック国際交流ホール

DIVE 2017 京都造形芸術大学卒業生優秀作品展
 2017.3.25-2017.4.16
 13:00-20:00 平日 12:30-20:00 土日祝
 ARTZONE
 京都市中京区河原町三条下る一筋目東入る大黒町44 VOXビル1・2階

 廃川の活用法についての発表から何かよくわからないオブジェから洋服のデザインまで、こういうのも全部芸術にまとまるんだと思わせる展示会だった。

二・五次元−絵画考− FINAL
 2017.3.28-2017.4.9 月休
 12:00-19:00 12:00-18:00 日
 ギャラリーマロニエ GALLERY4,5
 京都市中京区河原町通四条上る塩屋町332

 「2.5次元」と言うお題で創作された作品が並ぶ。
 この題をどのように解釈するか、自分の中の「次元」の解釈が問われるのだと思う。
 平面と立体の中間みたいな解釈もあれば、これはどう解釈してるんだろうと思うものまで。
 今日聴いてきた講演会の「ホログラフィー原理」もここに並べられてもおかしくはないと感じた。

シマヅヨウ彫刻展「溶−The Feeling of Melting」
 2017.4.4-2017.4.9 月休
 12:00-19:00 12:00-18:00 日
 ギャラリーマロニエ GALLERY3
 京都市中京区河原町通四条上る塩屋町332

 木を彫って作られた何かが「溶ける」姿を現したオブジェ。
 エントロピーが題材の作品もあった。これも何だか先程の講演会に関わりがあるなぁ。

村山幸子展
 2017.4.8-2017.4.22 木休
 12:00-19:00
 ギャラリーギャラリー
 京都市下京区河原町通り四条下る市之町 寿ビル5F

 天井から布をぶら下げて作られた作品。

maimai jewelry exhibition「銀×和紙×水」
 2017.4.8-2017.4.22 木休
 12:00-19:00
 ギャラリーギャラリーEX
 京都市下京区河原町通り四条下る市之町 寿ビル5F

 水を入れた容器に和紙を入れて、その上から溶けた銀を落として形作られたジュエリーを展示。

ブログネタ
ギャラリー散策 に参加中!
2017040802西村勇人「Commons」@MATSUO MEGUMI+VOICE GALLERY

西村勇人「Commons」
 2017.4.4-2017.4.15 日月休
 11:00-19:00 最終日17:00まで
 MATSUO MEGUMI +VOICE GALLERY pfs/w 展示室B
 京都市下京区富小路通高辻上る筋屋町147-1

 西村勇人「Commons」(KG+)

 この後聴きに行く「市民講演会「時空は何でできているのか−ホログラフィー原理からの展望」@京都大学基礎物理学研究所 パナソニック国際交流ホール」と大いに関連があるので見ておきたかった。

 黒板の写真。
 理論物理は数学を用いて事象を記述する。
 その記述が残されている黒板。
 この世の中で起こっている事象の根源であろうことがここにある。

 「理化学研究所数理創造プログラム2017」
 左端に水道のついている流しの絵が気になる。これだけが明らかに違う事柄。

 「村山斉機構長の黒板、東京大学カブリ数物連携宇宙研究機構」
 多分、今日聴きに行く講演会に大いに関係ありそうな内容だと思う。
 講演者の一人、大栗博司氏は東京大学カブリ数物連携宇宙研究機構の研究員だったはず。

 黒板に書かれた内容は正直言って理解できない。
 所々で見知ったことを見つけられる。私の知識はそんな程度。

 作家の西村勇人さんは実験施設などを撮影し、作品として発表している人で、核融合実験炉の写真を見たことがある。ポートフォリオにその作品があった。
 この様な装置にも美を見つけることができる。

このページのトップヘ