ネコじかけのBlog

うちの猫(シマ)とねんどろいど、外猫の記録。
VOCALOID関連の話題、展示会のレポート。

タグ:Gallery_Take_two

ブログネタ
ギャラリー散策 に参加中!
2018050102ギャラリー散策20180429のDM。
 DM(2018.5.1撮影)

PHO-TEX(テキスタイルと写真の関係)
 2018.4.21-2018.5.6 木休
 12:00-19:00
 Gallery Gallery
 京都市下京区河原町四条下ル東側 寿ビル5F


 KYOTO GRAPHIE参加展示。
 写真とテキスタイルとをつなぐというのをテーマに4人の作家さんが作品を展示。

 むらたちひろさん。
 綿布にインクジェットプリントで画像を印刷、フレームに入れて展示。
 布が薄いので裏からもプリントしたものが見えるのが面白い。
 インクのにじみやぼやけも味の一つなんだろうな。

 室田泉さん。
 麻布にサイアノプリントでプリントした作品。
 サイアノプリントの青がいい感じ。フルカラーよりモノクロの方がいいのかなあ。
 モノクロは鑑賞者にいろいろなことを想起させる気がするので。

 吉本直子さん。
 自分のハンカチに転写プリント、ハンカチの一部を糸にほぐした作品。
 記憶の手触りというタイトルだからか触ってみたかったな。

 賀門利誓さん。
 壽ビルディング(このギャラリーがあるビル)の写真。
 フォトコラージュにより構成されているそうなので一見絵画のよう。
 言われなければわからない。
 この作品って、このビルの1Fにドーンと飾ったらいいかも。


BAE JUNG SOON「BREATH 2018」
 2018.4.24-2018.5.6 月休
 12:00-19:00 12:00-18:00 日
 ギャラリーマロニエ GALLERY3
 京都市中京区河原町通四条上る塩屋町332


 和紙と針金で構成されるワイヤーアート作品。
 この作家の作品を以前見たのは2015年だったが、その時の作品は女性らしさを強調した作品だった。
 今回の作品はパーツの形が笹の葉のような形をしていることから、植物をモチーフとしている?
 二つの塊が向かい合っていることから、パートナーとのつながりのようにも思えるし、素直な感情で見ると様々なものが出てくるのかも知れない。


上田恭子展
 2018.4.17-2018.4.29 月休
 12:00-19:00 最終日17:00まで
 ギャラリーにしかわ
 京都市中京区河原町四条上ル塩屋町332 マロニエビル2F


 ショールやカーテンのような身に着けたり部屋を飾ったりできる布作品を展示している。それに派生して人型やアクセサリーなども展示。
 荒く薄い絹布の作品、硬化材を塗布しているので手触りは絹という感じではない。
 硬化材で補強する意味もあるそうな。


Dyo Potamia〜二つの河〜
 2018.4.28-2018.4.30
 13:00-19:00 4/28 11:00-19:00 4/29 11:00-16:30 4/30
 Gallery Take two
 京都市中京区御幸町通御池上ル亀屋町399 カーサ御幸1F

 河東亜樹:彫金作家、河端洋史:ガラス作家


 ガラス作品とジュエリー作品。
 ガラス作家の河端洋史さんと話。
 彫金作家の河東亜樹さんは不在。以前、ひなたで展示を見た記録がある。

 淡い感じの色が縞模様のように浮かぶグラス。4重構造になっているとのこと。
 グラスだけではなくランプシェードも作られていて、こちらもいい感じ。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

ブログネタ
ギャラリー散策 に参加中!
絵画鑑賞。シマ
 美術館、ギャラリー散策も面白いですよ。

<岐阜県美術館所蔵 ルドンとその周辺−夢見る世紀末展>
 2011.10.15-2011.11.13
 10:00-20:00 最終17:00まで
 閉館30分前までに入館
 美術館「えき」KYOTO
 京都市下京区烏丸通塩小路下ル東塩小路町

 「ポール・ゴビヤールの肖像」の清楚な女性の横顔にほっとする。
 でもこのような絵ばかりだったら、ルドンも有名にはならなかったかも。当たり前過ぎる。
 でも、好きやなぁ、この絵は。

 「蜘蛛」の足の数が10本なのが気になって仕方がない。

 ちょっと外したかも。

<動かない空>
 2011.10.21-2011.10.31 10/26水休
 14:00-20:00 平日
 13:00-20:00 土日祝
 最終日18:00まで
 galleryMain
 京都市下京区寺町通り松原下ル 植松町731-1 小林ビル2F/3F

 写真の位置が低い。ちょうどいい場所にはテキスト、それも文字間隔がバラバラにして読みにくくしてある。
 疲れた後に見るものではないことは確かだ。
 頭が動かなかった。

<「さび」と「さびしい」 展>
 2011.10.21-2011.10.31 10/26水休
 14:00-20:00 平日
 13:00-20:00 土日祝
 最終日18:00まで
 galleryMain
 京都市下京区寺町通り松原下ル 植松町731-1 小林ビル2F/3F

 私には何も伝わってこない。
 ここまで来てこんなことになるとは私がさびしい。

<アトリエMOCCO三人展>
 2011.10.28-2011.10.31
 11:00-19:00 最終日17:00まで
 Gallery Take two
 京都市中京区御幸町通御池上ル亀屋町399 カーサ御幸1F

 降原龍さんの絵、ツキノワグマがまるで絵から出て来るかのような立体感が目を惹く。
 藤村和佳子さんの植物の絵、葉脈の一本一本を丁寧に描き込んだ葉の存在感。
 絵の間に飾られている外川祐さんのカエルのコミカルなフィギュアが見ていて楽しくなる。

 心に伝わるものを見ると、気持ちも良くなり、元気も出て来る。

 今日思ったこと。
 色々な表現が存在するが、自分自身の中でしっくり来るものと来ないものがあるのは確か。
 素直に思ったことを大事にする。


<参加します>

公開グループ展「町猫2011」DM
町猫2011
2011.11.8-2011.11.20
11/14月休
13:00-20:00 火-金
12:00-20:00 土
12:00-18:00 日
ギャラリーマゴット
大阪市西区新町1-8-24
四ツ橋プラザビル7F
入場無料


(2016.4.14分割追記)
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

このページのトップヘ