ネコじかけのBlog

うちの猫(シマ)とねんどろいど、外猫の記録。
VOCALOID関連の話題、展示会のレポート。

タグ:ART_HOUSE

ブログネタ
ギャラリー散策 に参加中!
 久し振りに展示会を回ったので記録。

2017111106うちのくろいねこDM
 野田トモコ個展「うちのくろいねこ」よりお借りしました。

 野田トモコ個展「うちのくろいねこ」
 2017.11.2-2017.11.13 火水休
 9:00-18:00 ラストオーダー17:45
 平岡珈琲店
 大阪市中央区瓦町3-6-11

 野田トモコさんの飼っていた黒ネコ もずくちゃんの写真展。
 黒ネコって撮るのが難しいけど、野田さん自身が長年猫写真を撮ってきているのと、自分の飼い猫で撮る回数が多いのもあるのだろうけど、やっぱりうまく撮ってる。
 周りの風景との合わせもいい。
 もずくちゃん、2014年に亡くなってるんですね。遅まきながらご冥福をお祈りします。

2017101706星降る森の猫たち@ ART HOUSEのお知らせ。
 猫屋芳樹堂きりえ個展「星降る森の猫たち」よりお借りしました。

 猫屋芳樹堂きりえ個展「星降る森の猫たち」
 2017.11.9-2017.11.13
 11:00-19:30
 ART HOUSE 2Fギャラリー
 大阪市西区北堀江1-12-16

 猫屋芳樹堂さんの猫とファンタジー感をモチーフとした切り絵が並ぶ。
 今回はOHPフィルムに印刷して、裏から光を当てる作品を作っていた。
 部屋を暗くするとそれがよく見える。
 絵柄も多分それ用に合わせて夜空の星を背景に入れている。
 これは結構いいんじゃないかな。雰囲気もいいし。

2017111107小さなギャラリー〜切り絵の世界〜チラシ
 小さなギャラリー〜切り絵の世界〜よりお借りしました。

 小さなギャラリー〜切り絵の世界〜
 2017.11.8-2017.11.14
 10:00-20:30
 大丸心斎橋店 北館12F 滝の広場
 大阪市中央区心斎橋筋1-7-1

 今井清香さんの切り絵作品展。
 最近の作品がほとんどだけど、繊細な線と表現力はますます冴えてるよな、この人は。
 「パパラッチ」と言う作品が昔のカメラに羽根と脚が生えてる風貌で面白い。
 しかも蚊をイメージした脚とドローンをイメージした羽根、ブンブン耳元でうるさい蚊とパパラッチのイメージを重ね合わせているところが面白い。

ブログネタ
ギャラリー散策 に参加中!
2017101706星降る森の猫たち@ ART HOUSEのお知らせ。

猫屋芳樹堂きりえ個展「星降る森の猫たち」
 2017.11.9-2017.11.13
 11:00-19:30
 ART HOUSE 2Fギャラリー
 大阪市西区北堀江1-12-16

 猫とどこか懐かしい情景をモチーフとした切り絵を制作されている猫屋芳樹堂さんが切り絵の個展をされるそうです。

ブログネタ
ギャラリー散策 に参加中!
行ってきたで。
 心に残る作品を求めて・・・。

<3人の365日 昆虫・海の生き物・野鳥>
 2012.11.22-2012.12.5 日祝休
 10:00-18:00 最終日15:00まで
 オリンパスギャラリー大阪
 大阪市西区阿波座1-6-1 MID西本町ビル

 海の生き物も野鳥もいいシーンをとらえていたりして見応えがあったが、
 特に海野和夫さんの昆虫写真に目が行く。
 昆虫に対する愛おしい気持ちが表れているかのような写真。
 虫たちの表情が見えるのが面白い。
 これくらいアップで虫やクモを撮りたいもんだ。

<満田享切り絵展「壱と零」>
 2012.11.29-2012.12.11 12.5水休
 12:00-19:30
 ART HOUSE 2Fギャラリー
 大阪市西区北堀江1-12-16

 前回の蝶よ花よの艶やかな様相とは一変、ザトウクジラが部屋にやってきた。
 BGMにクジラの鳴き声と波の音が流れ、幻想的な雰囲気を醸し出す。

 あー、こう来たかと思う作品。
 これ、切り絵? これってどうなの?と思う人もいるかも知れない。
 私としては期待以上の作品だった。

<野間靖子写真展「街はフルムード〜very best of ソコラヘブン2012〜」>
 2012.11.27-2012.12.2
 12:00-19:00
 ギャラリー・アビィ
 大阪市中央区南船場2-2-28 順慶ビル212号室

 昭和チックな町並みが大好きな野間さんの初個展。
 昭和チックと言ってものどかな感じではなく、怪しげ?な感じ。
 タイトルの「フルムード」。
 この言葉がこの写真展をうまく表現していると思う。

 どこで見つけてくるんだって言う風な街角の風景、寂れた(本人曰く「死にかけの」)商店街などなど。
 平成になってもう24年も経つのに、まだこんな風景が残っているんだなと。

 ギャラリーを一見するだけでも、タイムスリップしたような感覚を楽しめるし、一つ一つの写真をじっくり見ていくと新たな発見があったりしてまた面白い。

 この様な風景を撮影しておくことは大切なことだと思う。
 気が付いたらもうなくなってることがあるからだ。

 彼女が展示するときはいつもおみやげを用意していて、今回は(も?)展示作品などをいくつか印刷したしおり。
 このしおりも味わい深い。

 作家さん本人もとてもおもしろい方で、最終日以外は18時過ぎ、最終日は終日在廊されているらしいのでぜひこの時間を狙って行ってみてはいかがかと。

 野間靖子さん

<ココロノオト next door / photo exhibition>
 2012.11.26-2012.12.2 水休
 12:00-20:00 最終日18:00まで
 Acru Gallery
 大阪市中央区南船場3-7-15 北心斎橋サニービル西側B1F

 写真教室の生徒さんのグループ写真展。
 青っぽく仕上げている写真や同じ写真をカラーとモノクロで仕上げている写真があると思えば、女の人の顔をどーんと大きくプリントしている写真まで、様々な表現法を見ることができて、非常に参考になった。

ブログネタ
ギャラリー散策 に参加中!
行ってきたで。
 心に残る作品を求めて・・・。

<岩本雅晴作品展>
 2012.8.8-2012.8.25 8/12-19休
 12:00-19:00
 ギャラリー遊気Q
 大阪市中央区伏見町2-2-6 青山ビル1F

 鉄やステンレスを材料にしたオブジェの展示会。

 洋服掛けやちょっとした椅子などの実用品、そして二科展に出展されたと言う作品。

 二科展の作品が面白い。
 テーブルと椅子、テーブルの上にはギター、つるの着いたブドウの実、カップにスプーン、ポットが置かれている。
 これが全て鉄やステンレスで作られている。
 ギターはちゃんと弦が張られてあり、弾くことができる。

 そこで弾かせてもらった。
 とは言うものの、楽器に何の素養もない私、ギターもほとんどわかりません。
 まあ、ギター演奏より、ギター自体が重いことに往生した。
 材質の違いが音に出たような気がする。やはり木とは音が違う。

<フォトパス みんなでつくるオリジナル写真集作品展>
 2012.8.9-2012.8.29 8/11-19、日休
 10:00-18:00 最終日15:00まで
 オリンパスギャラリー大阪
 大阪市西区阿波座1-6-1 MID西本町ビル

 オリンパスの写真投稿サービス「フォトパス」の写真を展示した写真展。
 色々なコミュニティがあり、その中からいくつかのコミュニティの作品が出展されていた。

 ネコのコミュニティに目が行くのは当然。
 突っ伏した状態、でも腕が曲がって頭とは逆の方向を向いている格好で寝ていたネコがとても気になった。
 とても気持ちよさそうに寝ているのはわかるが。

 他に虫のコミュニティの作品で、ある写真家さんの作品、アリの頭部の表面の状態までよく見ることのできるマクロ写真で、こういうのを見るとマクロ撮影をしたくなる。

<大木一範写真展 nontitled3>
 2012.8.7-2012.8.26 8/13-20休
 13:00-20:00 火-金 12:00-20:00 土 12:00-18:00 日
 ギャラリーマゴット
 大阪市西区新町1-8-24 四ツ橋プラザビル7F

 ギャラリーマゴットオーナーの大木さんの個展。

 どちらかと言うと自然が多い田舎方面のモノクロ写真。
 頻度の高い被写体が墓。
 ある意味夏らしい作品。

 家に囲まれた空き地にぽつんと一つ佇む墓、誰の墓だろう。
 こんなところに墓をたてると、どうも近所とのトラブルにもなりかねない。
 そんなことを考えながら写真を眺めていた。

 夏休みを挟んで再来週に一部展示替えの予定だそうだ。

<COVER>
 2012.7.21-2012.8.11 水木休
 14:00-19:00
 CAS
 大阪市浪速区元町1-2-25 A.I.R.1963 3F

 6名の作家さんが、過去にある作品を「カバー」する展示会。
 そのままズバリを出してもしかたがないので、自分なりのアレンジなりを加えることになるのだろう。

 カバーということを抜きにしても面白い作品が並んでいた。

 今村源さんの「ワイヤースケッチ」。
 とある人物の線画のスケッチをワイヤーを使って立体に仕上げている。
 ワイヤーはあのキノコの菌糸のような加工が。
 キノコはどこだと探したが見つからなかった。
 過去の参照にした作品を知らなくても十分楽しめる作品。

 笹岡敬さんのロウソクとガラスを使ったオブジェ。
 火の点ったロウソクを凹レンズ状ガラスの上に載せ、上からライトを当てることで壁に映る光と影を楽しむことができる。
 上からの光を手でかざして一部隠すと、壁に映る光が面白く形を変え、軽く息を吹いてロウソクの炎を揺らすと、ロウソクで温められた空気のゆらぎがゆらゆらと動くのが壁に映る。
 この光と影で遊ぶと面白い。

 過去の作品を見ても見なくても、その作品が面白いので、私にとっては「COVER」と言うのはあまり関係なかったかな。

<小林美幸ドールハウス展「和みの世界」>
 2012.8.2-2012.8.14 8/7,8休
 12:00-19:30
 ART HOUSE 1Fギャラリー
 大阪市西区北堀江1-12-16

 ミニチュアのドールハウスの展示会。

 この人の金魚の作品を見たら、すごいことがわかる。
 それ以外にも屋台やら店やら、とても見応えのある作品が並んでいる。

 パン屋のドールハウス。パンの作りこみが尋常ではない。
 これだけ細かい作業をこんなにたくさんのパンに施すことがよくできるもんだと感心する。

 高山の屋台、さるぼぼの人形が売られている。この小さい人形も形をちゃんと作られているのが驚きだ。

 相変わらずの惚れ惚れする作品だった。

<fotofabrica 2012>
 2012.8.6-2012.8.19 水休
 12:00-20:00 最終日18:00まで
 Acru Gallery
 大阪市中央区南船場3-7-15 北心斎橋サニービル西側B1F

 写真と手作りの作品をセットで展示する作品展。
 おいそれと出展できないなと思える作品のクオリティの高さが光る。

 木の表面に直接写真を印刷したピアス掛けとピアスの作品、ネコの写真を採用していたために注目。
 ピアス抜きでも良かった? いやいや、とてもおしゃれな作品でした。

ブログネタ
ギャラリー散策 に参加中!
絵画鑑賞。シマ
 美術館、ギャラリー散策も面白いですよ。

<JPS2011年新入会員展-私の仕事->
 2011.7.29-2011.8.4
 10:00-19:00 最終日14:00まで
 富士フイルムフォトサロン
 大阪市中央区備後町3-5-11 富士フイルム大阪ビル1F

 野口隆史さん
  雪の降る被災地、自衛隊員が瓦礫の中で手を合わせる。
  時間が止まったような感じを受ける。
  タイムリーで身近に感じるからかも知れないが、ぐっと来た。

<ロレンツォ・フェルナンデス展>
 2011.6.30-2011.7.31
 11:00-20:00
 ギャルリーためなが大阪
 大阪市中央区城見1-4-1 ホテルニューオータニ大阪アーケード内

 フォロワーのリツイートで偶然知る。

 こんなに大きな絵なのに、写真にしか見えない。もちろん、よく見ると絵かなと言うのはわかるところもあるが、じっとよく見ていてもわからないところもあるのが凄い。

 金属の表面反射や傷、汚れ、折り紙の紙の質感、人の肌、枯れかけた花びらの感じ。
 ボカし方が自然。

 写実的な絵画が好きな方はぜひ見て欲しい。

 ギャラリーのWebサイトは曲者。
 オールフラッシュのサイトなので、iPhoneから参照できない。
 しかも開廊時間の記述が見当たらない。
 いい作品を展示しているのに、この点は残念。

<中根賢治 高垣真理 「こらぼ二人展」>
 2011.7.28-2011.8.2
 12:00-19:30
 ART HOUSE
 大阪市西区北堀江1-12-16

 ワイヤーワークのベンチとキャラクターのフェルトのコラボが実に可愛くてよかった。

<A to Z>
 2011.7.28-2011.8.2
 12:00-19:30
 ART HOUSE
 大阪市西区北堀江1-12-16

 アルファベットをイラストで表現した作品。
 子供が喜びそう。子供の英語教室の壁に貼るのがいいかな。


人気ブログランキングへ

blogram投票ボタン

ここの写真や記事を気に入ってくれたらクリックよろしくお願いします。

それで評判は?
 写真や絵を見るのも好きです。

 大阪猫祭りの猫ふん2011も始まり、ギャラリー巡りに勤しむ日々。

<猫文具展>
 2011.4.28-2011.5.10 5/4水休
 12:00-19:30
 ART HOUSE 2Fギャラリー
 大阪市西区北堀江1-12-16

 一つ、いい雰囲気の絵があった。
 クーピーみたいなので描かれているのだと思うけど、猫が手を上げて立っている絵。
 何だか好きだな、この雰囲気。

<大江慶之個展 プレイ>
 2011.4.8-2011.4.30 日月祝休
 11:00-19:00
 TEZUKAYAMA GALLERY
 大阪市西区南堀江1-19-27 山崎ビル2F

 体操服姿の子どもが花に飾られた何かをかぶっているオブジェ。よく見ると頭蓋骨だった。
 壁から腕が出ていて、ヤモリの切れたしっぽを持っている手のオブジェ。
 かたつむりが壁を張っていると思ったら、貝から出ている部分がピースをした腕だったり。
 体操服姿の子どもがでっかいハエを抱えている。その子がかぶっている体操帽は中央で白と赤に色分けされている。昔よくやったな。
 見ていると、実に楽しくなってくる。作者はそれを楽しんでいるんだと思う。
 それで、「プレイ」なのかとふと感じる。

 今年2月に森美術館に観に行った小谷元彦展、その作品が頭をよぎった。

<猫町JAZZ横丁 山賀清春ARTカーニバル>
 2011.4.22-2011.5.15
 12:00-19:00
 Swing MASA JAZZ HOUSE
 大阪市浪速区恵美須東3-2-24

 ジャンジャン横丁を通っていて偶然見つけた。
 猫だというのでふらふらと中に。
 ジャスを奏でる猫などの絵やオブジェを作っているのを展示販売している。
 GWと盆休みにしかオープンしていないらしい。
 作家さんの猫、ナッツの写真が飾られていたが、長毛の黒ネコで実にゴージャス。

<igu伝のせかい>
 2011.4.26-2011.5.8
 12:00-19:00 最終17:00まで
 茶臼山画廊
 大阪市天王寺区茶臼山1-11

 昨年から注目しているイラストレーターのiguさんの個展。
 会場に入ると、大きな「クツカー」が。
 独特のデフォルメのキャラクターたちの絵を見るととても楽しくなってくる。
 iguさんも在廊されていて、話しさせていただきました。
 キャラクターの一つである「まっくろさん」を真っ黒に焼印するコーナーで木に焼印してみました。
 木の焦げる匂いが何だかよい感じ。
 知らない間に時間が経っていました。長居してスミマセンでした。

<猫なのだぁ〜!展>
 2011.4.29-2011.5.8
 14:00-19:00
 Nano Gallery
 大阪府大阪市天王寺区茶臼山町1-19 米田ビル1F&3F

 一つ気になるイラストがあった。とてもスムースに入ってくる猫の絵。
 切り絵の作品も気になるところ。

<Francois Perrodin 展>
 2011.4.28-2011.5.10 5/4水休
 12:00-19:00(月-土) 12:00-17:00(日、最終日)
 spectrum gallery
 大阪市中央区瓦屋町1-6-2 長屋再生複合ショップ「惣」2階

 これは一体なんだろう、と言うのが第一印象。
 立体テトリスみたいな感じのパーツが壁に貼られている。
 色は暗め。
 これはなんだろうと考えるのがいいんだと自分なりに考える。
 イメージが自分の中で組みあがっていくのを感じる。
 しばらく見て、感じるものを自分に取り入れる。
 それでいいんじゃないかと思った。
 作家はどう考えているのか、直接聞きたいところではあるが。

<My2 POJAGI ポジャギ展 vol.2>
 2011.4.25-2011.4.30
 13:00-20:00 最終17:30まで
 art gallery そら/sora+
 大阪市中央区谷町6-4-28

 韓国のパッチワークみたいなもの。
 薄手の布を使っているので、透けて見える。
 透けて見えるということで、天井に吊るして、照明を透かしてみたりできるところが面白い。

<続・男写真展>
 2011.4.27-2011.5.2
 13:00-20:00 最終18:00まで
 22tu-tu gallery
 大阪市中央区北久宝寺町3-4-1 豆庭ビル4F

 自分が出展しているので、また見に来た。
 猫の写真を全面に出しているのは私だけです。
 ぜひお越しください(笑)

<マルタねこ2>
 2011.4.26-2011.5.15 月、第3日休
 12:30-20:00 火-木
 12:30-21:30 金土
 15:00-21:00 日
 Catteria Cloud Nine
 大阪市淀川区東三国1-25-10

 昨年に引き続いて、マルタねこです。
 マルタの猫、私も見に行きたい。
 プランターの横に寝ているキジトラがお気に入り。
 
 ここは生きた猫もいるので、ネコたちと戯れて、御飯食べて帰ってきた。


 なお、大阪市営地下鉄は4/29-5/8、ノーマイカーフリーチケットを使うことができる。
 600円で地下鉄・ニュートラム・市バスが1日乗り放題。3回乗れば損はしない。
 大阪市内を回るなら使わない手はないと思う。

 今日、これだけギャラリーを回れたのもノーマイカーフリーチケットのおかげです。

(参加します)
  続・男写真展(4.27-5.2、大阪 22tu-tu gallery) ← 開催中。
  公開グループ展「猫ふんじゃったな@」(5.10-5.22、大阪 ギャラリーマゴット)


人気ブログランキングへ

blogram投票ボタン

ここの写真や記事を気に入ってくれたらクリックよろしくお願いします。


それで評判は?
 写真や絵を見るのも好きです。

<白黒つけない 後半>
 2011.4.19-2011.4.24
 11:00-19:00
 NADAR/OSAKA
 大阪市中央区南船場3-2-6 大阪農林会館B1F

 カラーの写真とその写真をモノクロにしたものとを一緒に並べている写真があった。
 モノクロも面白いものですよ、と言うアピールにはなると思う。

<裸体>
 2011.4.19-2011.5.1
 4/25月休
 12:00-19:00
 最終日18:00まで
 壹燈舎
 大阪市中央区南船場2-6-21 グラン・ビルド心斎橋301号

 胸の谷間など、ごく狭い部分の滑らかな曲面がとても美しく映る。
 ぼかして、周辺を暗くすることで淫靡な感じに仕上げているものもあった。

 表現の妙を感じた。

<イツキ一人展 無記日>
 2011.4.19-2011.5.8
 4/25,5/2月休
 12:00-19:00
 ギャラリー・アビィ
 大阪市中央区南船場2-2-28 順慶ビル212号室

 一番先に目に入ったのが、ほとんどが真っ黒な写真。
 これに何か惹かれるものがあった。

<光と、影>
 2011.4.19-2011.4.24
 12:00-19:00
 ギャラリー・アビィ
 大阪市中央区南船場2-2-28 順慶ビル212号室

 電柱の下から撮った写真、照明が輝くすぐそばにトランスが二つ。
 この写真が気に入った。
 見上げるような写真は何だか好き。

<タナベサオリ いらすと作品展 『ソラネコとほしかわもり』>
 2011.4.21-2011.5.3
 4/27水休
 12:00-19:30
 ART HOUSE
 大阪市西区北堀江1-12-16

 映像可されている作品があった。
 絵の幻想さとマッチした音楽、3分間という絶妙な時間がまたいい。

<公開グループ展『花より団子』>
 2011.4.19-2011.4.24
 13:00-20:00(火-金)
 12:00-20:00(土)
 12:00-18:00(日)
 ギャラリーマゴット
 大阪市西区新町1-8-24 四ツ橋プラザビル7F

 桜の花と青空の写真。
 モノクロの写真とカラーの写真があったが、私は青空の青が写ったカラー写真のほうが好み。
 この写真は青空の青を生かしたほうがいいと感じた。

(参加します)
  続・男写真展(4.27-5.2、大阪 22tu-tu gallery)
  公開グループ展「猫ふんじゃったな@」(5.10-5.22、大阪 ギャラリーマゴット)


人気ブログランキングへ

blogram投票ボタン

ここの写真や記事を気に入ってくれたらクリックよろしくお願いします。



今日のギャラリー散策。

ブログの輪201001s
 第4回ブログの輪 写真展2010
 いろいろな作家さん。
 2010.5.15-2010.5.23 11:00-19:00
 ギャラリー アルテ スパーツィオ
 大阪市北区曽根崎新地2-1-13-302

 「ここまで!」 チャイ母さん。
 キジトラが茶トラに抱きついてるのが微笑ましい。

 「エゾフクロウと小さな訪問者ハシブトガラ」 長岡勇さん。
 エゾフクロウの顔がちょっとしかめっ面っぽくて面白い。

 「枚方パークにて」 伸之助さん。
 EOS kiss X2を改造、赤外線撮影。
 緑が真っ白に写る。石は黒っぽく。幻想的。
 面白いところに目を付けたなと思う。

 「バッタは子持ちに限るねぇ〜」 hanamizuki2996さん。
 バッタを食うとことは見たことあるが、卵はないな。
 目を惹く作品ではある。

 「生」 t-morinoさん。
 カエルを食するアオサギ。題名通り、生を感じる。

 「大きな葉っぱの間から」 benisijimiさん。
 蓮の実からひょこっと飛び出たカエルがかわいらしい。

pocorit01s
 pocorit すこしゆっくり
 caki2(caco+kimusubi)
 2010.5.13-2010.5.18 12:00-19:30(last17:00)
 ART HOUSE
 大阪市西区北堀江1-12-16

 caco(浅野ちかこ)さん。
 ステンドグラスのような造形物。
 アクセサリー、モビールなど。
 ガラスも薄曇りのもの、模様のあるもの、光を優しく通す。

 kimusubiさん。
 木の家具。
 子供用の机や椅子、丸椅子など。
 肌触りが柔らかで心地良い。

猫ふんじゃったな@チラシ2
 『Trivial Scene vol.2』
 サイトーシンさん。
 2010.5.18-2010.5.23 12:00-20:00(last18:00)
 ギャラリーマゴット
 大阪市西区新町1-8-24-7

 家の前、駐車場、車の上、おれもネコを見かけたことがあるところ。町のあちこちにネコがいる。
 おれは町にネコがいるだけで生き生きするような気がする。
 ネコしか見てないからこう思うのだろうが。

 普通の人なら、ふと気づけばネコがいた、となるのだろうか。

 出展者に話を聞くことができた。
 ネコを通して町を見るということで、主眼は町。ネコがいなくても写真は成り立つ。
 ネコの存在をあまり出さないように、あえてネコにあまり近づかないように撮影とのこと。

 前回展示した作品も見ることができた。
 路地でネコが遊んでる写真や、最後の写真に人の影(撮影者)が写っている写真、これを展示するとそちらに目が行ってしまうだろう。

 前回はアドバイスもあって、ネコに動きのある写真も入れたが、今回はネコに注目がいかないようにそういうものは避けたと言う。
その目論見はは成功していると感じる。

igu伝01s
 igu伝 EXHIBITION
 iguさん。
 2010.5.9-2010.5.29(5.23 休) 12:00-23:00(日祝休)
 cafe nino
 大阪市西区新町1-8-1-1

 どこで見ても多分目を惹くデザイン。見ていて楽しくなる。
 原画は直の彼女の息遣いを感じさせる、完成画とはまた違った趣きがある。
 発想カードという、カードの下に隠れているカードを想像すると言うものが置いてあった。
 めくると、思ってもみないことが描かれていて、とても面白い。

 ロコモコ丼とあずきチャイをいただいた。
 五穀米がおいしい。半熟の卵とハンバーグ、混ぜて食べる。うまい。
 食後のあずきチャイ、中にあずきが入っている。

 cafe ninoは5月末で閉じるそうな。

続きを読む

このページのトップヘ