ネコじかけのBlog

うちの猫(シマ)とねんどろいど、外猫の記録。
VOCALOID関連の話題、展示会のレポート。

タグ:3回目

ブログネタ
ギャラリー散策 に参加中!
マウリッツハイス美術館展 オランダ・フランドル絵画の至宝@神戸市立博物館 3回目

<マウリッツハイス美術館展 オランダ・フランドル絵画の至宝>
 2012.9.29-2013.1.6 月休(10.8、12.24開館、2013 1.1休館)
 10:00-17:30 10:00-19:00 土日 入場30分前まで
 神戸市立博物館
 神戸市中央区京町24

 また見にきました。今回で最後。
 今回は他の作品についても書きたいと思う。

第1章 美術館の歴史
 ヨーハン・マウリッツ胸像  バルトロメウス・エッヘルスによる原作の模刻
 甲冑の肩の部分のデザインが象の頭部。
 所々に象のモチーフが使われている。
 象に強さを象徴させているのだろうか。

第2章 風景画
 牧場の牛  バウルス・ボッテル
 牛の肌の表現が絶妙。
 小品ながら、牛の肌の毛の質感を感じることができるのはさすが。

 イタリア風の風景 ヤン・ボト
 この題名をつけた絵画は現在描かれたなら、イメージが全く変わっていただろうと推測される。
 イタリアと聞いて、誰がこんな風景を想像させるのかと。
 人のイメージは時代と共に変わっていく、それを認識させてくれる。

第3章 歴史画(物語画)
 スザンナ レンブラント・ファン・レイン
 女性の驚きの表情に注視。
 のぞきして脅すとは長老やり方が汚いな。

第4章 肖像画と「トローニー」
 真珠の耳飾りの少女 ヨハネス・フェルメール
 最前列で歩いて見る時、絵の表面が照明の光を反射してキラキラ光る。
 その輝きが絵を見えなくしてしまう時があり、残念な気分になることがあるが、この絵の場合、彼女の周りの黒い部分が星のように輝き、花を添える感じに見える。

 絵や照明の配置に影響されていると推測されるが、フェルメールは光の画家だと言われることを考慮して、この展示でも光を操って絵の魅力を引き出しているのかと考えてみると面白い。

 絵までの距離については以前書いたが、照明の影響か、離れると顔色が青かぶりする。
 もっと近くに来て見つめないとダメなんだ。
 見るたびに雰囲気が変わるような気がしている。

 笑う少年 フランス・ハルス
 勢いのある筆づかいが少年のイキイキした様子をうまく表現している。
 悪ガキっぽく映る。
 隣には写実的に描いた肖像画。
 普通はこの画風なんだな。

 ミハエル・オフォヴィウスの肖像 ペーテル・パウル・ルーベンス
 何度見ても元阪神の下柳投手のイメージが拭えない。
 そう言えば、今どこに?

第5章 静物画
 ヴァニタスの静物 ピーテル・クラースゾーン
 頭蓋骨の滑らかな表面、骨同士の嵌合部をしっかり描いているところは写実的。
 こう言うところが見ていてホッとする。

第6章 風俗画
 牡蠣を食べる娘 ヤン・ステーン
 こちらを見る娘のどこかしら後ろめたいような表情がうかがえる。
 それにしても牡蠣に塩は効くのか?

 ヴァイオリン弾き アードリアーン・ファン・オスターデ
 村の居酒屋の前の牧歌的な様子。
 牛の絵のあるポスターみたいなのは牛が行方不明になって探しているのだろうか。

 デルフトの中庭(パイプを吸う男とビールの飲む女のいる中庭) ピーテル・デ・ホーホ
 出入口の前のレンガの道は人がたくさん通るから凹んでいる所の描写が忠実。

 親に倣って子も歌う ヤン・ステーン
 パイプをガキに吸わせているおっさんは今もいるだろう酒をガキに勧めるおっさんとイメージがダブる。

 前日、ホキ美術館名品展を見ていたからか、絵の細部をじっくり見たいと言う衝動に駆られ、今回はまんべんなく見て回った。
 今更になって他の絵をじっくり見たと言う実感が持てた気がしている。
 博物館内にどこかの新聞記事か「耳飾り」だけじゃない、と書かれてある紙が掲示されていたが、3回通ってようやくそれがわかった。

 でも、やっぱり一番長く見ていたのはあの絵でした。
 今日は閉館時間まで滞在していたが、16時30分以降、ぐんと人が少なくなっているのに気がついた。
 まあ、入館時間の制限がこの時間だからと言う理由。
 ラスト30分はほとんど人がいない。
 直前でずっと止まって見ていても何も言われない。
 あー、この時間が狙い目だったんだね。
 てか、考えたらわかるか。

 じっくり見させていただきました。

 これ以降は冬休みにも入ることだし、終了間近なので、混雑するかな。

 マウリッツハイス美術館展オランダ・フランドル絵画の至宝(東京都美術館、神戸市立博物館)のレポート。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

ブログネタ
ギャラリー散策 に参加中!
なんだろう、これは。クロ1
 水を受けるのは猫か器か。(■なんだろう、これは。(2007.7.20)より)

ことの余韻
 2011.10.31-2011.11.12
 13:00-20:00 平日 12:30-20:00 土日祝
 ARTZONE
 京都市中京区河原町三条下ル一筋目東入ル大黒町44 VOXビル1・2階

 もう一度体感しておこうと思って、3度目だけど見に来た。会期も終わりだしね。

「熱」
 3つの熱せられた金属の器に上から水滴が落ちてくる。
 金属に当たった瞬間に熱せられ蒸発する。滴下音の後に沸騰する音と白い蒸気。
 水滴が容器内を小さく分散して転がるのを見ることもできる。
 それが繰り返される。 
 見るのは3回目だけど、やっぱり面白い。

 ■ことの余韻@ARTZONE に行ってきました。(2011.10.31)
 ■ことの余韻 オープニングイベント@ARTZONE に行ってきました 2回目。(2011.11.3)

(2016.4.15分割追記)
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

ブログネタ
ギャラリー散策 に参加中!
フェルメールからのラブレター展@京都市美術館

フェルメールからのラブレター展
 2011.6.25-2011.10.16 月休(祝は開館)
 9:00-17:00
 京都市美術館
 京都市左京区岡崎円勝寺町124

 ここに来るのも3回目となりました。

 今日は、写真を撮っている人として、フェルメール3作品を見てみることにする。

 もし、この絵が写真だったら、
 「手紙を書く女」はあからさまにこちらを意識したカメラ目線だ。
 カメラマンが「はい、こっち向いて。」と言って撮ったという感じを受ける。
 女も自分の一番いい顔を知っているんじゃないか、撮られ慣れてる感がある。

 後の2作品はカメラを意識しているようには思えない。隠し撮りを思わせる。

 「手紙を書く女と召使い」の女は手紙を書くのに必死のパッチでこちらを注視する余裕すらなさそう。
 声をかけると無視されるか、怒鳴られるかという感じを受ける。
 召使いは余裕はあるが、こちらには関心がないようだ。

 「手紙を書く青衣の女」は手紙を読むのに夢中で、心ここにあらずという感じ。
 半ば放心状態で、いい顔をしようと言う考えもない。一番自然な表情が出ていると思わせる。

 7月、8月、9月に美術館へ来たが、後になればなるほど人が多くなっている。10月になると待ち時間も出るかも。
 もしかしたら、9月でも週末は待ち時間あるのかな。

 ■フェルメールからのラブレター展@京都市美術館 に行ってきました。(2011.7.3)
 ■フェルメールからのラブレター展@京都市美術館 に行ってきました。2回目(2011.8.10)

(2016.4.15追記)
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

ブログネタ
うちのネコ3 に参加中!
 8月7日はクロの命日。
 2007年8月7日 10:15にクロは逝ってしまいました。

 話は昨夜(2010年8月6日)から・・・。

 夜になると、シマはオレの部屋には上がってくることがほとんどない。それは単に暑いから。
 しかし、昨夜はなぜか部屋に入ってきては甘えたがる。

 そして、ばたばた走り出したかと思うと・・・。

猫神様!
 神棚に上ってしまいました。
 何かに注視しているような顔。

・・・・・

 そして8月7日当日。
 クロの大きい写真を出した。

クロよ。
 クロよ。

 写真を眺めるシマ。

この後ろに隠れているに違いない。
 この後ろに隠れているに違いない、と額の後ろを覗き込む。

 シマが朝食時に膝に乗って来た。
 またこれも久しぶり。
膝の上はいいぞ。
 膝の上はいいぞ・・・。

 そろそろ出かけよう。
 外はいい天気。あの時のように暑い。

クロとの対話。
 クロよ・・・。

〇〇〇


 墓参りの後、キトゥンカンパニーで開催されているトロNEKOさんの写真展「NEKO日記」vol.1 〜トロイとカリンのなつやすみ〜 を再び見に行く。

 でっかい写真がトロイ君からカリンちゃんにかわってる。
 その他の写真については正直言ってすべての写真を覚えているわけではないから、明確には回答できないけど、こんなの前にあったかなと言う写真があったので、多分それが差し替えになってたのだろう・・・。
 覚えてなくてすんません・・・。

 いつものようにお茶を飲みながら、皆さんと猫談義。
 トロイ君とカリンちゃんの写真に囲まれて猫談義。
 とても穏やかな時が流れる空間。

 今日は夜にライブがあるので16時で閉店。
 また最後までいてしまいました。

 写真展もあと2週間。盆休み(13日、14日)が挟まるので、ますます期間が少なくなります。
 8月21日(土)まで。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

ブログネタ
ギャラリー散策 に参加中!
行ってきたで。

日蘭交流400周年記念特別展覧会 フェルメールとその時代
 2000.4.4-2000.7.2 月休
 9:30-17:00 入場30分前まで
 一般1500円
 大阪市立美術館
 大阪市天王寺区茶臼山町1-82

 7月2日(日)、3度目の「フェルメールとその時代」展に行った。
 この日は日曜日かつ最終日であり、混雑は容易に予想できた。
 わたしは本来、6月28日(水)に行こうと思っていたのであるが、そのときですら、行列が天王寺公園内まで延び、これはいかんと思い、断念したのである。
 しかし、わたしはその日に前売り券を購入しており、これにより、最終日に行列に並ぶことを覚悟して出かけたのである。

 早く行って、できるだけ炎天下を避けようと、家を7:45に出発し、天王寺公園入り口に8:30頃に着いた。
 すでにチケット売り場の前に長蛇の列ができていた。
 しかし、わたしには先日購入した前売り券がある。券を持っている人は、少なくともチケット購入の列に並ぶ必要はないのである。
 そのまま中へ入ったが、中にもすでに列があり、列は美術館の裏にある慶沢園から蛇行して続いている。ここのところ、連日にわたってできている列よりは短い。

 8:45頃から列に並んだ。真夏の太陽が照りつけ、暑くてたまらない。
 暑さに強いわたしでさえこれなのだから、暑いのが苦手な人はこの列を見ただけでもいやになるだろう。
 これもすべて「彼女」に会いに行くためである。
 今回の展示を見ることができるのは今日が最後なのだから。

 9:00頃から列が動きはじめる。
 開館は9:30のはずだが、時間を早めて開館したのだろうか。
 9:30頃に慶沢園から抜け、美術館の前に出て、日よけのためのテントの下にはいることができたが、まだ先は長い。
 10:00にやっと美術館に入場できた。
 しかし、中でも20分程度待たされ、やっと、絵を見ることができた。

 この美術館所蔵の屏風絵などはもちろんのこと、他の絵もさっと流した。
 じっくり見たのは、「聖プラクセディス」と、もちろん「青いターバンの少女」である。他の絵はもういい(笑)

 しかし、わたしが見たい絵には、人が一段と群がっている。「聖プラクセディス」は、プラクセディスのやさしい顔が心を和ませる。
 まさに「聖女」と言う感じである。この絵も好きな絵である。

 「青いターバンの少女」の前には一段と人が群がっており、一番前に立っている人は立ち止まることを許されず、ベルトコンベアのように順々に動いて見るほどであった。
 しかし、後ろに行くと、立ち止まってみることが可能である。
 わたしはここで、ずっと「彼女」を見つめていた。

 周りはかなりの人数でごった返していたが、わたしは「彼女」と二人きりで会話をしているような感覚におそわれた。
 その場を去ろうとすると、「彼女」がわたしを呼びとめるような気がした。
 なかなか、その場を離れられなかった。

 わたしは自分の部屋に「青いターバンの少女」の額絵を飾っており、いつも見ているはずなのだが、実物の「彼女」と目があうと、ドキッとしてしまう。
 実物のパワーは額絵の比ではない。この日もそうだった。
 私の心は「彼女」にドキッとして、「彼女」の瞳に吸い込まれて、離れない。
 いつも彼女に見つめられていたいと思う。この日、わたしは自分の目に「彼女」の姿を焼き付けた。

 売店でグッヅを見ていたが、ポストカード、アクセサリー類の一部がもう完売であった。
 売店の人が「今日は8:50から開館した」と言っていた。道理で9:00頃に列が動いたわけだ。

 「彼女」を惜しむ気持ちのまま、11:30に美術館から出た。
 その後、行列に並んだことではじめて知った、慶沢園や園内にある池を見て周った。
 緑豊かな森や鳥が羽を休めている景色を見て、絵を見た余韻を楽しんでいた。

 この日で、「フェルメールとその時代」展は幕を閉じた。
 7月3日から、検査、梱包が始まり、われわれを魅了した絵は故郷に帰っていく。

 今回の展示会には合計3回行きました。
 日蘭交流400周年記念特別展覧会 フェルメールとその時代

(2016.4.15過去の私が書いたweb記事より一部加工して転載)
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

このページのトップヘ