ネコじかけのBlog

うちの猫(シマ)とフィギュア、外猫の記録。
VOCALOID関連の話題、展示会のレポート。

タグ:陶芸

ブログネタ
ギャラリー散策 に参加中!
2020072206Assemble@伊丹市立工芸センター。


Assemble −集積する技法と身体−
 2020.7.18-2020.8.10 月休(8/10開館)
 10:00-18:00(入館17:30まで)
 伊丹市立工芸センター 企画展示室
 兵庫県伊丹市宮ノ前2-5-28

 出品作家: 青木千絵  田中雅文 釣光穂 中村弘峰 宮田彩加

【ワークショップ】
  屮掘璽襪悩遒蹐Αオリジナルカップ!」 日時:8月1日(土) 14:00〜 (所要時間1〜2時間程度) 参加費:2,000円 定員:10名 ※要予約 対象年齢:小学生以上 ※小学1〜2年生は要保護者同伴 講師:田中雅文(陶芸作家)
 ◆岷嵒詑犹供アマビエやオリジナルの妖怪を刺繍してみよう 日時:8月9日(日) 13:30〜 (所要時間2〜3時間程度) 参加費:1,000円 定員:10名 ※要予約 対象年齢:小学生以上 ※小学1〜2年生は要保護者同伴 講師:宮田彩加(刺繍作家)

〇〇〇


 展示を再開してから初めて訪れる。
 喫茶用に置かれたテーブル、いすがすべて撤去されていた。
 展示室に入る前に、名前と連絡先を書いてスタッフに渡さなければならないようだ。


 5人の作家さんの作品展。

 中村弘峰さん。
 5月人形が野球やラグビーをしているような姿をかたどっている。
 表面に和柄をふんだんに用いていて、イメージのミスマッチが楽しい。

 釣光穂さん
 粘土をひも状にしてより合わせ、積み上げて形にする製法の陶器。
 編み物のように見えるのがとても面白い。
 細い色粘土を積み上げて輪切りの断面に絵を出す金太郎飴風の作品もあった。

 宮田彩加さん。
 刺繍作品。
 今回のモチーフはこの展示会のテーマの「身体」になぞらえて、作家本人の頭部MRI断面写真を断面ごとに刺繍し吊り下げて並べたもの。
 サイズがかなり大きくて、離れて展示全体を見るのが面白い。

 会場に作家さんのコメントが書かれていて、彼女の「作品は腐らない」と言う言葉が心に残った。
 今回のコロナ禍で作品展がなくなったのは残念だけど、アトリエに引きこもって作品を作る、と言う彼女の今後の作品を期待してる。

 田中雅文さん。
 この構造、とても気に入っている。
 薄いタイル状の陶器のチップを縦方向横方向に重ね合わせて作られた構造物が何とも言えん味が出ている。上から乗ってつぶしたい気分にもさせられる。

 青木千絵さん。
 人が溶けたような形のオブジェ。黒く光沢のある表面のラバー感。
 とてもなまめかしい。


 展示室Bでは伊丹市立工芸センターの講座の講師と受講生の作品展が開催されています。
 講座の仲間たち3 −工芸センター講座講師と受講生による作品展
 第1期:手織・陶芸・デッサン・水彩木版画(2020.7.18-2020.7.26)
 第2期:染色・ジュエリー・銅版画・木口木版画・ルネサンスギター製作(2020.8.1-2020.8.10)
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ブログネタ
ギャラリー散策 に参加中!
2019112904-イロドリノ庭- 村田彩展@YOD Gallery

-イロドリノ庭- 村田彩展
 2019.11.23-2019.12.7
 日休
 12:00-19:00
 YOD Gallery
 大阪市北区西天満4-9-15

 出展作家:
 村田彩

 2019.11.23 18:00- レセプション

〇〇〇

 村田さんの作品はともすれば毒々しい位の華やかな花をモチーフにした作品が印象深いが、今回は 昆虫も意識した作品になっていると言う。
 言われてみると、形状がイモムシの様な作品があったり、脚があるような作品がある。色使いも華やかではない作品もある。

 各パーツの柄は練り込みで作られている。
 スタッフさんいわく、金太郎飴。
 とてもよくわかる説明だ。

 その柄を描いた作品も展示されていた。
 作品を販売した時に箱に柄を描いているとのことで、その柄を今回はキャンバスに描いて展示したそうだ。
 どことなく民族的な感じを受ける。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ブログネタ
ギャラリー散策 に参加中!
2018021811ギャラリー散策20180218展示会DM。

清原由季個展「ITOKAO-fabtric garden-」
 2018.2.16-2018.2.26 水休
 12:00-18:00 最終日17:00まで
 GALLERY 301
 神戸市中央区栄町通1-1-9 東方ビル301

 webサイトの犬の刺繍作品がとても感じがいい。
 「Vincent」という作品、糸を垂らして処理していないのはなぜか疑問になって作家さんに質問。
 耳からの白い太い糸は明らかにゴッホの耳切断を意図したものだろうが、眉毛辺りの糸の意図はそれほど意味があったわけでもなさそう。
 犬やゴッホみたいな具象作品だけではなく、抽象表現の作品もいくつか展示されていた。
 新聞か雑誌の切り抜きと組み合わせたり、陶器と組み合わせた作品も面白い。

 作家さんいわく、この手法は6年前に始めた。それまでは刺繍はしたことがなく、表現の手法として刺繍という方法を用いているとのこと。

 ■竹村文宏個展 「ある星の風景」@ GALLERY 301 due。

南部楓陶展「愛しのペリット」
 2018.2.17-2018.2.28
 12:00-20:00 最終日17:00まで
 Gallery6
 神戸市中央区海岸通9 チャータードビル2F・3F

 陶器作品の展示。
 DMの2匹の蛇に惹かれてやってきた。
 動物に寓話を合わせた作品がうまく表現されていると感じる。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ