ネコじかけのBlog

うちの猫(シマ)とフィギュア、外猫の記録。
VOCALOID関連の話題、展示会のレポート。

タグ:阪急うめだギャラリー

ブログネタ
ギャラリー散策 に参加中!
行ってきたで。
 心に残る作品を求めて・・・。

<20130186 ニューシティ・アートフェアOSAKA>
 2013.4.24-2013.4.28
 10:00-20:00 10:00-21:00 金土 10:00-18:00 4/24、28
 阪急うめだギャラリー
 大阪市北区角田町8-7 阪急うめだ本店9F

 日本の現代美術フェア。

 初日は閉場間近でさらっとしか見れなかったものの、目を惹く作品があった。
 その作品がなければ多分再来場はなかった。

 Gallery 点さんの出展ブースの金属工芸作品、河野迪夫さんの作品。
 銅を加工し、生物をイメージした作品を作り出している。

 そのフォルムは優雅でかつ洗練されている。
 曲面を視線でなぞるのが心地いい。

 特に目を惹くのはエイをモチーフにした大きめの作品。
 細い尾のシャープさと描く曲線の美しさ、胴体部分のスリットの模様の美しさが際立っている。

 じっくり見ていると、スタッフの方が説明してくれた。
 実はその人が作家さんだった。
 素晴らしい作品を目の前に作家さんと話ができるのはとてもうれしいことだ。

 以前、SHINAで見た金属工芸作品について話すると作家さんをよく知っているとのこと。やはり同じ工房、金沢卯辰山工芸工房出身だった。

 同じブースの小曽川瑠那さんの花びらをかたどったガラス作品もとても儚い感じが表れていて美しい。
 この人も同工房出身。

<20130187 まるごと猫フェスティバル>
 2013.4.24-2012.4.30
 10:00-20:00 最終日17:00まで
 阪神百貨店梅田本店 8階催場、9階「ステージ9」
 大阪市北区梅田1-13-13

 この時期恒例の猫関連の雑貨展示販売。
 今年はねこふんにも参加されている。

 数ある展示の中で、今回初出展の福嶋吾然有さんの猫絵画とフェルト猫は以前から注目している。
 猫絵画はコラージュ作品。
 花の写真などを貼り付けて、その上から描く方式。
 コラージュの花の写真を貼り付ける場所が絶妙で、猫の姿に上手く溶け込んでいるが、存在感を失わない。
 フェルト猫は初めて彼女の個展を見た時にテーブルに置いてあるのを見て、これはすごいと思った作品。
 変にデフォルメされているのではなく、自然体の猫の姿が上手くかたどられている。見ていると尖った心が丸くなるような感じ。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ブログネタ
ギャラリー散策 に参加中!
行ってきたで。
 心に残る作品を求めて・・・。

<ホキ美術館名品展>
 2012.12.12-2012.12.30
 10:00-21:00 10:00-20:00 12.25-29 最終日18:00まで
 入場30分前まで
 入場料一般800円
 阪急うめだギャラリー
 大阪市北区角田町8-7 阪急うめだ本店9F

 写実画専門美術館のホキ美術館。
 見に行きたいと思いつつ実現していなかったのだが、向こうからやって来てくれた。
 今回は名品展と称して60点程の作品が出展されている。

 ここに出展されていた作品は選び抜かれた作品だけあってどれも素晴らしいものであったが、その中で特に目を見張る、見惚れる作品がいくつかあった。

 森本草介さんの作品の女性の肌の美しさ。
 五味文彦さんの作品の静物の表面の光沢の生々しさ。
 島村信之さんの作品の女性の清楚な姿。
 石黒賢一郎さんの作品の飾り気のない女性の親しみ易さ。
 藤原秀一さんの作品の猫の生き生きした姿。
 磯江毅さんの作品の紐のほつれの表現。

 特に石黒賢一郎さんのこの作品。
 何だろう、向こうから呼ばれてるような気がしてふらふらと寄ってしまう。

 写実画を見て、写真みたいと言う感想がまずあると思うし、実際私もそうだった。
 しかし、作品を見て行くうちに写真を超えたものがあることに気づく。
 そう、これは絵画なんだ。

 写実画の展示会で面白いところは、鑑賞者が絵をマジマジと真正面、右、左、下から顔を近づけて鑑賞している姿をたくさん見ることができること。鑑賞と言うか観察に近い。

 と言う私もそのクチだったが。

 磯江毅さんを知って、写実画に注目し始めたが、本当にすごい画家がこの日本にいることが嬉しい。
 そして、写実画専門美術館を設立してくれた保木館長に感謝。
 早いうちに本陣に乗り込まなければと、決意を新たにした。

<ホキ美術館とっておきの話>
 2012.12.19
 15:00-16:30
 阪急うめだホール
 大阪市北区角田町8-7 阪急うめだ本店9F

 ホキ美術館の保木館長、広報の安田先生、そして画家の森本草介さんが出演。
 司会はおかけんたさん。芸人てはなく、アート愛好家としての出演。

 ホキ美術館ができるまでの話、ホキ美術館の構造や内部の展示について、美術館設立のきっかけになった絵を描いた森本草介さんの話など。

 おかけんたさんには悪いが、彼の「エエ声」はちょっとこの場には違和感があったように感じた。

<コンテンポラリーアートジュエリー展2012>
 2012.12.19-2012.12.25
 10:00-21:00 最終日18:00まで
 阪急うめだ本店 アートステージ
 大阪市北区角田町8-7 阪急うめだ本店9F

 CAJの作品が出展されていると聞いて見に行ってきた。
 接客をしていた女性のネックレス、円形のパーツを組み合わせた面白いもの。
 どの作家さんの作品ですか?ときくと、私ですとのこと。
 作家さんだった。
 苗加(のうか)さんとおっしゃる。
 材料はストロー。輪切りにして加熱圧縮して作られている。
 単純だがいいデザインだ。

 そして、小林京和さんの作品。
 多面体格子の集合体のアクセサリー。
 その中でガラス玉を2つ、格子の中に入れているものが。
 C60フラーレンの内部に原子を封入することができるそうだが、それを彷彿とさせる。
 この構造体はいつ見ても美しい。

<現代の具象絵画-それぞれのリアリティー展>
 2012.12.19-2012.12.25
 10:00-20:00 最終日18:00まで
 美術画廊記
 大阪市北区角田町8-7 阪急うめだ本店7F

 ホキ美術館名品展でも出展されていた作家さんの作品も置かれている。
 改めて、今現在活躍されている作家さん達なんだなと思う。

 それに加えて若手の作家さん達の作品も置かれている。
 その中でとても印象深い作品を見ることができた。

 今井喬裕さんの作品。
 細緻な絵ではないが惹きつけられるものがある。
 後でパンフレットを見るとまだ製作途中とのこと。
 他の作品と比べると細緻ではないと感じていたが、そういう理由か。
 でも、このままでも十分魅せる絵になってると思う。
 完成品を見てみたい。

 もし、私が保木館長みたいな金があって、即断即決のコレクターだったら、買っているだろう。
 もちろん、金銭面でキツイので買いませんが。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ