ネコじかけのBlog

うちの猫(シマ)とねんどろいど、外猫の記録。
VOCALOID関連の話題、展示会のレポート。

タグ:猫写真

ブログネタ
ギャラリー散策 に参加中!
 久し振りに展示会を回ったので記録。

2017111106うちのくろいねこDM
 野田トモコ個展「うちのくろいねこ」よりお借りしました。

 野田トモコ個展「うちのくろいねこ」
 2017.11.2-2017.11.13 火水休
 9:00-18:00 ラストオーダー17:45
 平岡珈琲店
 大阪市中央区瓦町3-6-11

 野田トモコさんの飼っていた黒ネコ もずくちゃんの写真展。
 黒ネコって撮るのが難しいけど、野田さん自身が長年猫写真を撮ってきているのと、自分の飼い猫で撮る回数が多いのもあるのだろうけど、やっぱりうまく撮ってる。
 周りの風景との合わせもいい。
 もずくちゃん、2014年に亡くなってるんですね。遅まきながらご冥福をお祈りします。

2017101706星降る森の猫たち@ ART HOUSEのお知らせ。
 猫屋芳樹堂きりえ個展「星降る森の猫たち」よりお借りしました。

 猫屋芳樹堂きりえ個展「星降る森の猫たち」
 2017.11.9-2017.11.13
 11:00-19:30
 ART HOUSE 2Fギャラリー
 大阪市西区北堀江1-12-16

 猫屋芳樹堂さんの猫とファンタジー感をモチーフとした切り絵が並ぶ。
 今回はOHPフィルムに印刷して、裏から光を当てる作品を作っていた。
 部屋を暗くするとそれがよく見える。
 絵柄も多分それ用に合わせて夜空の星を背景に入れている。
 これは結構いいんじゃないかな。雰囲気もいいし。

2017111107小さなギャラリー〜切り絵の世界〜チラシ
 小さなギャラリー〜切り絵の世界〜よりお借りしました。

 小さなギャラリー〜切り絵の世界〜
 2017.11.8-2017.11.14
 10:00-20:30
 大丸心斎橋店 北館12F 滝の広場
 大阪市中央区心斎橋筋1-7-1

 今井清香さんの切り絵作品展。
 最近の作品がほとんどだけど、繊細な線と表現力はますます冴えてるよな、この人は。
 「パパラッチ」と言う作品が昔のカメラに羽根と脚が生えてる風貌で面白い。
 しかも蚊をイメージした脚とドローンをイメージした羽根、ブンブン耳元でうるさい蚊とパパラッチのイメージを重ね合わせているところが面白い。

ブログネタ
ギャラリー散策 に参加中!
2017052207うめぐみ写真展11@ 10WGallery1

うめぐみ写真展11
 2017.5.22-2017.5.28
 13:00-19:00 最終日18:00まで
 10WGallery
 大阪市中央区平野町1-6-8-901 メロディハイム平野町10F

 うめぐみブログ

 八二一先生の写真教室の生徒さん3人で結成された「うめぐみ」のメンバーをメインに写真教室の有志がそれぞれ写真を展示するこの時期恒例の猫写真展。今年は八二一先生も出展。

 堀葉子さん
 琵琶湖の沖島の猫たち。
 海に見えるところは全部淡水。
 でも大きいから海の雰囲気。
 漁業に使う網、堤防と写る猫たちはすっかり海辺の猫だ。海じゃないけど。
 湖で釣りをする人、そしてその釣果をちゃっかりもらった猫。
 のどかに時間が過ぎて行く雰囲気が伝わってくる。
 沖島は一度訪れたことがある。
 残念ながら猫にはあまり会えなかったけど、漁網がかかり、漁船が泊まっている見るからに海辺の漁港と言う感じなのに潮の香りがしないところが面白い。

 まつうらともこさん
 保護猫カフェ「DearCat」の猫たち。
 生駒の保護猫カフェ「DearCat」の猫たちの店内の様子が写されている。
 このカフェの名前通り、保護された猫たちがいる。
 もちろん里親募集もされており、ここで人慣れして新しい家に迎えられる猫もいるそうな。
 保護猫と言うとちょっと物悲しい感じがするのだか、猫たちはとても可愛く、色々な表情を見せてくれている。
 この写真はこの展示が終わったらぜひこのカフェに貼り出して欲しいと思う。

 にしたにけいこさん
 飼い猫のカリンちゃんの写真。
 にしたにさんの写真にはやっぱりカリンちゃんがいなきゃダメだろ、と思う。
 にしたにさんの化身じゃないかと思ったりもするくらいだ。
 そう考えるとセルフポートレートかと。
 まあ、これは私のふざけた考えだけど、そういうのを抜きにしてもこのカリンちゃんは文句なしに かわいいと思う。
 そして、そのかわいさをしっかり写し出しているにしたにさん。
 かわいい猫が見たいなら見に来るべきだと思う。

 ギャラリーの形が変わり、少し小さくなったものの、長方形になったので、鑑賞者としては見やすくなったと思う。

 ギャラリー猫のクーちゃんも出てきてくれて、急遽撮影会に。

2017052208うめぐみ写真展11@ 10WGallery2

ブログネタ
ギャラリー散策 に参加中!
2016111323ギャラリー散策20161113。

ぱっつん教授とカッパちゃんの地域猫って、どんな猫? 写真展
 2016.11.8-2016.11.13
 9:30-18:00 14:00-18:00 11/8 9:30-16:00 11/13
 ことば蔵ギャラリー
 伊丹市宮ノ前3-7-4

 伊丹市内で活動しているNPO法人みゅうみゅうと伊丹市生活環境課が共催している地域猫写真展。
 みゅうみゅうさんは2014年に会を立ち上げ、2015年から伊丹市と協力して地域猫活動を行っている。

 写真展では、保護された子猫の写真や伊丹市の地域猫の写真、そして協力をもらっているNPO法人ねりまねこのかっぱちゃんの写真、そして地域猫に関するポスターや猫の絵などが展示されている。
 今日は最終日だということもあり、結構な人がいた。
 この写真や地域猫に関するポスターを見て、少しでも理解が深まるように願う。

2016 伊丹国際クラフト展「酒器・酒盃台」
 2016.11.12-2016.12.25
 10:00-18:00 月休(祝の時は翌日休)
 10:00-18:00 入場30分前まで
 伊丹市立工芸センター
 伊丹市宮ノ前2-5-28

 伊丹は神戸の灘と並んで日本酒の発祥の地と言われている。
 そういう縁もあってのことだろう。工芸センターでは定期的に酒器の展示会が行われている。
 しかし、私は下戸で酒とは全く縁がない。
 だから、この酒器をオブジェとして見る。

 気になった作品を簡単に記述する。敬称略。

 「茄子徳利」(陶器):勝谷芳正
 茄子の質感をうまく表現されている。この作品を見ていると、茄子って徳利になるためにあの形になってるんじゃないかと思わせる。

 「Torso -stripe-」(磁器):帆足桂
 腹部がストライプ柄のトルソーの徳利。タイトルそのままだけど、その形状を徳利に選んだアイデアがいい。

 「たゆたう」(磁器):杉原晴香
 白い酒器の内面にレース布の塊がついているように見える形状が目を惹く。

 「錦鯉」(漆・麻布・磁石)(磁石→磁器の間違い?):顔冬虹・劉暢(中国)
 しゃちほこを単純化したデザイン、表面に漆で赤黒いマーブル模様。
 この形で魚をイメージさせられるのが面白い。

 「SAKE farm」(真鍮・銅・銀・錫・銀箔):仲村葵
 徳利と器、台全体が牧場のジオラマ風なのが面白い。

 「eternal time」(copper):徐志玟(韓国)
 銅ワイヤーを器の形に編んで作った作品。
 もはや器としては役に立たない。
 「永遠の時間」というタイトルと考えると永遠に酔っぱらわない宴会なんか思い浮かべたりして。

 「ちょっと酒に溺れそうやん」(磁器):神山勝
 酒器の側面から人型が壁を突き刺さっている。
 酒器の外面には魚のイラストや水しぶき、内面は青く短いラインが底に向かって描かれ、液体が底に流れ込むように感じる。
 まさしく人が酒に溺れる姿。ちょっとどころじゃない。

 :)(925 Silver・Wood):MERTENS Samuel,Moritz
 タイトルは海外で用いられているスマイルマークの顔文字。
 シンプルな銀製の器。
 それを敷く木に円形の穴2つと長方形の穴一つ、そこに別の色の木をはめ込んでいる。
 そのはめ込まれた木が置かれた器の外面に笑顔に映るようになっている。

 お花見弁当(木(タモ、イタヤカエデ他)):小林純生
 木製の弁当箱、100×200×150个曚匹梁腓さ。
 内部に小さな箱を収納できる。
 外観はミニチュアの家具のよう。
 木製の円形の杯も用意されている。

潤inoue. Exhibition “block”
 2016.11.11-2016.11.13
 12:00-19:00
 創治朗 -contemporary art gallery-
 伊丹市中央6-1-33 中本ビル2F

 ここにコンテンポラリーアートギャラリーができたことは知っていたけれども、今まで前を通りながら入場することはなかった。
 でも今日は入ってみる。
 展示が何かは入り口で知る。

 潤inoue.さんは大阪のボダイジュカフェのカエルの絵で知った。
 今回の作品は住宅やビルを被った人の絵。
 真実の顔を隠すというのがテーマか。
 仮面をかぶったりと言うのはありがちだけど、住宅やビルを被せるのは面白い。
 彼の絵は写実的な絵で好感が持てる。

 気になった作品がある。
 探査機Aと言うタイトルの絵。
 立方体の形の「探査機」。
 2本のアームが設置されていて、表面は小惑星風のごつごつした感じ。
 その一面が外されて中が見え、白い椅子のある操縦席が見える。
 これって誰か立体化したら面白いんじゃないかな。

 初めて入るギャラリー、多分あの人がオーナーかなと思ったりするもののわからずじまい。
 結局あの中の誰が潤inoue.さんだったのか。

ブログネタ
ギャラリー散策 に参加中!
「水ノ流ルル」DM01

 「水ノ流ルル」
 2011.7.12-2011.7.17
 13:00-19:00 火-金 12:00-19:00 土 最終日18:00まで
 アトリエとギャラリー 晴空(閉廊)
 神戸市中央区海岸通4-3-13 ポートビルディング2F 215号室

 神戸に今春オープンした「アトリエとギャラリー 晴空」。
 そこで初の企画展が開催されるときいて、参加することにしました。

 題名通り水がテーマです。

 もちろん、私は猫写真です。他の人はどうかわかりませんが違う人がほとんどでしょう。

 ギャラリーの近くにはビーフンでおなじみのケンミンのレストランもあります。

 是非とも神戸へ遊びに来てください。

猫ふんじゃったな@

公開グループ展「猫ふんじゃったな@」
 2011.5.10-2011.5.22 5/16(月)休
 13:00-20:00 火-金 12:00-20:00 土 12:00-18:00 日
 ギャラリーマゴット(閉廊)
 大阪市西区新町1-8-24 四ツ橋プラザビル7F
 6Fまではエレベータ、そこからは階段で上ってください。
 もちろん、1Fから階段でもOKです。


 今年の猫ふんは18軒ものギャラリーの参加で大賑わいです。
 今年もこそっと参加させていただきます。

 もちろん猫写真ですよ。当たり前ですが。


ブログネタ
うちのネコ3 に参加中!
続・男写真展DM1

続・男写真展
 2011.4.27-2011.5.2
 13:00-20:00 最終日18:00まで
 22tu-tu gallery(閉廊)
 大阪市中央区北久宝寺町3-4-1 豆庭ビル4F
 1Fのレストラン「レコッコレ」に入り、その奥の階段を4Fまで上がってください。

 4月1日で1周年を迎えた「22tu-tu gallery」で開催される「続・男写真展」に参加します。

 大阪では猫ふん9を筆頭に大阪猫祭りが始まろうという時ですが、猫ふんとは違ったところでも写真展に参加します。

 もちろん私は猫の写真を出します。

 ちなみに、この写真展の後には3回目を迎える「6人のおんなの写真展」が開催され、ここにも猫写真を出される方がいらっしゃるようです。

このページのトップヘ