ネコじかけのBlog

うちの猫(シマ)とねんどろいど、外猫の記録。
VOCALOID関連の話題、展示会のレポート。

タグ:怠け者の天国

ブログネタ
ボーカロイド に参加中!
2017030101怠け者の天国。
 怠けたい人募集。

2017030102怠け者の天国。2
 元の絵はピーテル・ブリューゲル「怠け者の天国」。

 ねんどろいどMEIKOさんは聖職者、ねんどろいどぷちMEIKO V3ちゃんは農民、ねんどろいどぷちMEIKOちゃんは兵士役です。

 真ん中にいる卵ちゃんは、以前「ブリューゲル版画の世界」(美術館「えき」KYOTO)で購入したもの。
 卵ちゃんだけ本人(?)役です。

 怠けてる人もまあ普通の生活ができる世の中がいいな。
 懸命に働きたい人はどんどん働いて稼いでもらって贅沢三昧してもらえれば。

ゆで卵がスプーン挿して歩いてくる。
 ゆで卵がスプーン挿して歩いてくる。(怠け者の天国より。)

 先週の話になりますが、10月30日に「ブリューゲル版画の世界」@美術館「えき」KYOTOへ行ってきました。
 ピーテル・ブリューゲルと言う16世紀の画家の作品を展示していたのだが、その版画がまた面白い。
 この時代にこんなおもろい怪物たちを登場させるとは。

 その中で、「怠け者の天国」と言う作品があった。
 3人の男性がごろ寝している。
 その周りには豚がナイフを背中に背負って歩いていたり、ハムが置いてあったり、まあ、何もしなくても食べ物が手に入る状況にある。
 まさに怠け者が夢見る世界ってわけだ。
 オレもこんな世界に住んでみたいなぁと思ったりする。

 そこに、ゆで卵がスプーン挿して歩いてる絵があった。
 それがめっちゃユーモラスで、思わずメモ帳に落書きした。

 鑑賞後ショップへ行くと、なんとこのゆで卵のフィギュアが売られていた。
 そして、思わず購入してしまったと言うわけ。

 フィギュアがなかったら、上の写真はオレの落書きになっていたことだろう。

 なんともいえないユーモラスな姿。
 何かこれを見ることができただけで行ってよかったと思ったのはあながち嘘じゃない。

 ちなみに、この怠け者の天国の隣には絞首台があるとのこと。
 怠け者は地獄に落ちろってことなんだな。

ベルギー王立図書館所蔵 ブリューゲル版画の世界
2010.10.22-2010.11.23 10:00-20:00(last17:00)
美術館「えき」KYOTO
一般900円

公式HP : http://bruegel.jp/(削除されています。)
注)音が出ます。右上に音をOFFにできるボタンがあります。
このサイトでは「卵ちゃん」と名づけられています。

(2016.10.14追記)

このページのトップヘ