ネコじかけのBlog

うちの猫(シマ)とねんどろいど、外猫の記録。
VOCALOID関連の話題、展示会のレポート。

タグ:巡音ルカ

ブログネタ
ボーカロイド に参加中!
2017013004巡音ルカ8周年。
 ルカ!おめでとう!!

 今日1月30日は巡音ルカが発売された日。
 2009年発売とのことなので、今年で8周年。
 巡音ルカさんについてはあまり書いてなかったのでちょっと書いておこう。

 「ハジメテノオト」を知ってから、初音ミクさんの曲しか聴いていなかったのですが、他のボーカロイドの曲を聴いてみようと思って初めて聴いたのが、巡音ルカ「どりーみんチュチュ」でした。
 このチョイスは単にマジカルミライ2016のセットリストにあったからというのが理由。
 その時はかわいらしいPVと歌だなと思う程度でした。

 その次に聴いたのが「ルカルカ★ナイトフィーバー」「たこルカ★マグロフィーバー
 これらですっかりやられてしまいました。
 この曲を知るきっかけになったのはエポキシパテさんが巡音ルカさんのイラストを付けてこの曲についてツイートしていたから。
 すっかりやられた後にこの日は作者のsamfreeさんが亡くなられた日だというのを知りました。

 でもこれで終わりじゃなかった。
 本当にやられてしまったのはみろんPさんのカバー曲作品「磁力ビギン」。
 未だにこの曲を聴くとゾクゾク来る。
 なお、今日この記事のために巡音ルカV4Xのページを見ていると、デモソングに「残酷な天使のテーゼ」を見つけた。エヴァンゲリオンをあまり知らないおれでも知ってる曲。
 そう言えばこの曲、聴いたときすごいなこれはと感じたんだったな、と眺めていると、「MiRON P」の文字が。
 ああ、これもみろんPさんが作ったんだ。なんかめっちゃ納得してしまった。

 まだまだ聴いていない曲が多く、有名曲も最新曲もあまり知らないんですが、これからも巡音ルカさんの曲もビジュアルも楽しんでいきたいと思っています。

ブログネタ
ボーカロイド に参加中!
2016111321into the BRANEWORLD.1
 ブレーンワールドへ。(PVイラスト:独楽子さん

2016111205青い地球はてのひら。1
 「宇宙のすべてを記述する数式がある。」
 (■青い地球はてのひら。(2016.11.12)より)

 このスライドの下の方に書かれていた「素粒子の標準模型の作用」。
 これで何か面白いことが出て来ないかとGoogle検索する。
 講演していた橋本幸士先生(@hashimotostring)が超ひも理論(超弦理論)の研究者なので、超ひも理論関係のサイトが引っ掛かるかなと思っていたら、とても意外なものが引っ掛かった。

 それは巡音ルカの曲だった。

 膜宇宙(ブレーンワールド)をテーマにした曲だそうだ。
 ここに書かれた膜宇宙の説明は「ブレーンワールド」(wikipedia)から引用されている。

 早速聴いてみる。
 前奏の右から左からやってくる音楽にまずやられる。
 そして、この現実とはかけ離れたようでいてすぐ目の前にいるような感じを受ける音楽の流れに否応がなしに乗せられてしまう。
 とらえどころがなさそうで、しかしこちら側の心はしっかりつかまれてしまってる。
 気が付けばリピートさせて聴いてしまう。そんな曲。

 歌詞がよくわからないけどそれは気にならない。ちなみに初音ミクwikiにも曲の記述がない。
 しかしハミングみたいなものにされてしまうとこの曲の異世界感は雰囲気はなくなってしまい台無しになるのではないかと思う。
 あくまでも何かの言語で歌っているかのように見せなければならない。
 ボーカロイドは歌声も作曲者が操作できる楽器だけど、この曲ではまさしくすべてが音を奏でる楽器。
 歌詞にどんな意味があるのかは溶けてなくなってしまう。

続きを読む

このページのトップヘ