ネコじかけのBlog

うちの猫(シマ)とねんどろいど、外猫の記録。
VOCALOID関連の話題、展示会のレポート。

タグ:大黒浩子展「猫がいる日常」

ブログネタ
ギャラリー散策 に参加中!
2017100409大黒浩子展 猫がいる日常@堺町画廊 DM
 大黒浩子展「猫がいる日常」@堺町画廊 DM
 (大黒浩子展 猫がいる日常よりお借りしました。)

大黒浩子展「猫がいる日常」
 2017.10.17-2017.10.22
 11:00-19:00 最終日18:00まで
 堺町画廊
 京都市中京区堺町通御池下ル丸木材木町681

 毎年、この時期に堺町画廊で猫のイラストの個展をされている大黒浩子さんの個展が今年も開催されます。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

ブログネタ
ギャラリー散策 に参加中!
2016100503「猫がいる日常」。
 毎年この時期に個展を開催されている大黒浩子さんから今年も個展を開催されるとの案内をいただきました。
 猫の絵を描かれている作家さんです。(シマの横に置いてあるのは今回いただいたDMです。)

 大黒浩子展「猫がいる日常」
 2016.10.18-2016.10.23
 11:00-19:00 最終日18:00まで
 堺町画廊
 京都市中京区堺町通御池下ル丸木材木町681
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

ブログネタ
ギャラリー散策 に参加中!
行ってきたで。
 心に残る作品を求めて・・・。

<鶴田憲次展>
 2012.10.23-2012.10.28
 12:00-19:00 最終日18:00まで
 ギャラリー恵風
 京都市左京区丸太町通東大路東入ル南側聖護院山王町21-3

 ギャラリーに入った時、目の前の絵の清流の質感が伝わってきた。
 近づくと、半分点描画のような作風。
 一気にリアリティがなくなる。
 しかし、少し離れると表情が変わるのが面白い。
 特に水の質感、光の反射の表現が素晴らしい作品だった。

<京都3つ編みカフェ巡り>
 2012.10.13-2012.10.31
 11:30-21:30
 ごはんcafeたまゆらん
 京都市左京区浄土寺西田町108-4

 三つ編みのヅラをかぶせたい猫達を公募し、写真展をすることでチャリティを行うと言うイベント。
 3つの会場のうちの1つ、ごはんcafeたまゆらんさんに行ってきた。

 ヅラをうまく着こなしている猫、着こなしていても三つ編みと言う髪型の性格上、何とも昭和チックな雰囲気になってたりするのが楽しい。

 白玉ぜんざいを食べた。
 白玉ぜんざいの上にアイスクリームが載せてあり、それだけでも美味しかったが、添えてあるココナッツミルクをかけるとまた違う味わいがあった。

<Sの眼−金沢卯辰山工芸工房2012 第二回− 久米圭子×浦中廣太郎>
 2012.10.11-2012.11.13 水休
 11:00-19:00 最終日17:00まで
 SHINA
 京都市中京区室町三条下ル西側御倉町73 誉田屋 奥

 金工作品の展示。

 久米圭子さんの作品。
 これは好みの作風だ。
 植物をモチーフとした金工作品。
 入れ子構造や、巧みな網の組み合わせ、そのパーツがレンコンの輪切りだったりするのも面白い。
 植物の種子を脈だけ残したような作品は、スケルトンの如く内部の構造が見えているようで興味深い。

 このような作品は心踊らせる。
 見ていて飽きない。

 創作に1ヶ月程かけるらしいのだが、構想の方が時間がかかるそうだ。

 浦中廣太郎さんの作品。
 主に花器のような入れ物の作品。
 表面の模様の入れ方の妙。金属だが温かみを感じる。
 小さな入れ物の中は漆塗り。金属に漆とは面白い。

 お二人ともまだ30歳前だそうで、まだまだ伸びそうな感じ。
 将来が楽しみな作家さん達である。

<大黒浩子展「猫がいる日常」>
 2012.10.23-2012.10.28
 11:00-19:00 最終日18:00まで
 堺町画廊
 京都市中京区堺町通御池下ル丸木材木町681

 猫の水彩画作品。
 この時期にこのギャラリーで個展を開催しているそうだ。
 今回初めて寄らせてもらった。

 鉛筆の下絵と水彩画の相性がいい。
 下絵は極力軽く、水彩で形を載せていく感じか。
 水彩の淡く載る色の広がりが猫の雰囲気とマッチする。

 作家さんは猫が好きで猫を飼われているだけあって、猫の仕草やフォルムをちゃんと絵に表現されている。
 猫好きなら、特に納得してもらえると思う。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

このページのトップヘ