ネコじかけのBlog

うちの猫(シマ)とねんどろいど、外猫の記録。
VOCALOID関連の話題、展示会のレポート。

タグ:刺繍

ブログネタ
ギャラリー散策 に参加中!
2018062805宮田彩加個展「この視点」@COHJU contemporary art DM。
 (COHJU contemporary art のサイトからお借りしました。)

 宮田彩加個展「この視点」
 2018.7.7-2018.8.4 日祝休、月:アポイント制
 13:00-18:00
 COHJU contemporary art
 京都市中京区丸太町通寺町西入毘沙門町557 江寿ビル1F

 宮田彩加個展「この視点」

 独自の刺繍手法により作品を制作し続けている宮田彩加さんが個展を開催されます。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

ブログネタ
ギャラリー散策 に参加中!
2018022210張英蘭 韓国刺繍コレクション展。1

張英蘭 韓国刺繍コレクション展
 2018.1.13-2018.2.25 月休(祝の時は翌日休)
 10:00-18:00 入場30分前まで
 伊丹市立工芸センター
 伊丹市宮ノ前2-5-28

 ピョンチャンオリンピック開催を記念して、韓国の刺繍作家 張英蘭さんが収集してきた韓国の伝統刺繍を展示。
 デフォルメした虎や鳥、風景や花、はたまた絵画をかたどったもの、そしてポシャギや刺繍用具、結婚式の衣装まで、様々な表現の刺繍が展示されていて、見ごたえのある展示だった。
 張英蘭さんの作品も展示されていたが、コレクションのような伝統的なものとは違って絵具と組み合わせた抽象表現の作品。これも勢いがあっていい。
 (カメラ撮影OK(フラッシュ不可)、SNSなどのアップOKだそうです。)

2018022211張英蘭 韓国刺繍コレクション展。2
 展示室の入り口からの眺め。こんな感じで展示されています。

2018022212張英蘭 韓国刺繍コレクション展。3
 「鵲虎圖」の一つ(部分アップ)。
 鵲(カササギ)と虎。
 カラスに向かって威嚇している猫って感じがする。

2018022213張英蘭 韓国刺繍コレクション展。4
 花鳥圖の一つ(部分アップ)。
 鳥と虫?。
 鳥が虫をガン見している様子が面白い。

2018022214張英蘭 韓国刺繍コレクション展。5


2018022215張英蘭 韓国刺繍コレクション展。6
 褓(ポシャギ)
 物を包んだり覆う布の総称。
 縁起を担ぐものの意味合いもあり、全体的にきらびやかな感じを受ける。

2018022216張英蘭 韓国刺繍コレクション展。7
 闊衣
 伝統的な婚礼衣装。張英蘭さんのお嬢さんが結婚した時に着た物だそうです。


2018022217張英蘭 韓国刺繍コレクション展。8
 The Vigor Series 21(活力 シリーズ21)
 張英蘭さんの作品。
 キャンバスに絵具と刺繍を合わせた抽象的な作品。
 鑑賞している時は”Vigor”の意味を知らなかったけど、勢いのある作品だと思っていたが納得。

(併催)
 梨花女子大学校美術大学繊維芸術学科OGによる「身のまわりの韓国刺繍アクセサリー展」
 2018.1.13-2018.2.25 月休(祝の時は翌日休)
 10:00-18:00 入場30分前まで
 伊丹市立工芸センター 展示室B
 伊丹市宮ノ前2-5-28

 展示室Bでは、張英蘭さんと出身の梨花女子大学校OG 9名の作品が展示。
 アクセサリー、アート作品が並ぶ。

 2月24日には作家さんのギャラリートークがあるそうです。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

ブログネタ
ギャラリー散策 に参加中!
2018021811ギャラリー散策20180218展示会DM。

清原由季個展「ITOKAO-fabtric garden-」
 2018.2.16-2018.2.26 水休
 12:00-18:00 最終日17:00まで
 GALLERY 301
 神戸市中央区栄町通1-1-9 東方ビル301

 webサイトの犬の刺繍作品がとても感じがいい。
 「Vincent」という作品、糸を垂らして処理していないのはなぜか疑問になって作家さんに質問。
 耳からの白い太い糸は明らかにゴッホの耳切断を意図したものだろうが、眉毛辺りの糸の意図はそれほど意味があったわけでもなさそう。
 犬やゴッホみたいな具象作品だけではなく、抽象表現の作品もいくつか展示されていた。
 新聞か雑誌の切り抜きと組み合わせたり、陶器と組み合わせた作品も面白い。

 作家さんいわく、この手法は6年前に始めた。それまでは刺繍はしたことがなく、表現の手法として刺繍という方法を用いているとのこと。

 ■竹村文宏個展 「ある星の風景」@ GALLERY 301 due。

南部楓陶展「愛しのペリット」
 2018.2.17-2018.2.28
 12:00-20:00 最終日17:00まで
 Gallery6
 神戸市中央区海岸通9 チャータードビル2F・3F

 陶器作品の展示。
 DMの2匹の蛇に惹かれてやってきた。
 動物に寓話を合わせた作品がうまく表現されていると感じる。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

このページのトップヘ