ネコじかけのBlog

うちの猫(シマ)とねんどろいど、外猫の記録。
VOCALOID関連の話題、展示会のレポート。

タグ:ギャラリーマロニエ

ブログネタ
ギャラリー散策 に参加中!
横井ゆうこ展
 2017.4.4-2017.4.15 日月休
 11:00-19:00 最終日17:00まで
 MATSUO MEGUMI +VOICE GALLERY pfs/w 展示室A
 京都市下京区富小路通高辻上る筋屋町147-1

 漆と絵の具を使った絵画と立体作品。

西村勇人「Commons」@MATSUO MEGUMI +VOICE GALLERY pfs/w 展示室B

市民講演会「時空は何でできているのか−ホログラフィー原理からの展望」@京都大学基礎物理学研究所 パナソニック国際交流ホール

DIVE 2017 京都造形芸術大学卒業生優秀作品展
 2017.3.25-2017.4.16
 13:00-20:00 平日 12:30-20:00 土日祝
 ARTZONE
 京都市中京区河原町三条下る一筋目東入る大黒町44 VOXビル1・2階

 廃川の活用法についての発表から何かよくわからないオブジェから洋服のデザインまで、こういうのも全部芸術にまとまるんだと思わせる展示会だった。

二・五次元−絵画考− FINAL
 2017.3.28-2017.4.9 月休
 12:00-19:00 12:00-18:00 日
 ギャラリーマロニエ GALLERY4,5
 京都市中京区河原町通四条上る塩屋町332

 「2.5次元」と言うお題で創作された作品が並ぶ。
 この題をどのように解釈するか、自分の中の「次元」の解釈が問われるのだと思う。
 平面と立体の中間みたいな解釈もあれば、これはどう解釈してるんだろうと思うものまで。
 今日聴いてきた講演会の「ホログラフィー原理」もここに並べられてもおかしくはないと感じた。

シマヅヨウ彫刻展「溶−The Feeling of Melting」
 2017.4.4-2017.4.9 月休
 12:00-19:00 12:00-18:00 日
 ギャラリーマロニエ GALLERY3
 京都市中京区河原町通四条上る塩屋町332

 木を彫って作られた何かが「溶ける」姿を現したオブジェ。
 エントロピーが題材の作品もあった。これも何だか先程の講演会に関わりがあるなぁ。

村山幸子展
 2017.4.8-2017.4.22 木休
 12:00-19:00
 ギャラリーギャラリー
 京都市下京区河原町通り四条下る市之町 寿ビル5F

 天井から布をぶら下げて作られた作品。

maimai jewelry exhibition「銀×和紙×水」
 2017.4.8-2017.4.22 木休
 12:00-19:00
 ギャラリーギャラリーEX
 京都市下京区河原町通り四条下る市之町 寿ビル5F

 水を入れた容器に和紙を入れて、その上から溶けた銀を落として形作られたジュエリーを展示。

ブログネタ
ギャラリー散策 に参加中!
2012070501行ってきたで。
 心に残る作品を求めて・・・。

<20130324 石見恵理展−a moment−>
 2013.9.10-2013.9.15
 12:00-19:00 12:00-18:00 日
 ギャラリーマロニエ GALLERY4
 京都市中京区河原町通四条上る塩屋町332

 水をためた容器に透明樹脂の丸い塊をいくつか置き、その下からライトを当てる。
 天井からは定期的に水滴が容器に落ちる。
 水滴によって作られた波紋がライトに照らされて壁に映る。
 光の波紋が壁を渡るのがとても幻想的。
 光を透明樹脂に通すことで光が柔らかくなる効果があるのかな。

<20130325 清水真由美 ・ 松尾一朝展>
 2013.9.3-2013.9.15 9/9月休
 12:00-19:00 最終日17:00まで
 ギャラリーにしかわ
 京都市中京区河原町四条上ル塩屋町332

 様々な色の土を使って陶器を作っている清水真由美さん、モザイクのようにガラスを組み合わせて作品を作っている松尾一朝さんの作品展。

 松尾一朝さんの作品。
 植物の種をモチーフとした容器は形状はもちろんのこと、表面のシワからも種をイメージできる。
 表面の色のグラデーションが絶妙。

 清水真由美さんの陶器は多彩な色を使用していて眺めていて楽しい。

 展示されている部屋を漠然と眺めると、お二人の作品が渾然一体となっているような気分になる。
 陶器とガラスという異なる素材だが、方向性が似ているというかなんというか。

<20130326 梅猫写真展Vol.4 「ウメネコノミクス」>
 2013.9.2-2013.9.14
 11:00-19:00 最終日18:00まで
 キトゥンカンパニー
 京都市下京区五条烏丸西入る 上諏訪町294-1

 梅小路公園の地域猫「梅猫」たちの写真展。
 梅猫たちの人を信頼している姿がとてもほほえましい。
 ここ最近、梅小路公園には行っていないが、また行ってみなければ。
 そんな猫達に囲まれて、京都を歩きまわった疲れを癒やす。
 知らない間にうとうとしていたようだ。

 京都どうぶつあいごの会

<20130327 夏休み企画展「dream scape − うたかたの扉」>
 2013.8.3-2013.9.16
 10:00-20:00
 京都芸術センター ギャラリー北・南ほか
 京都市中京区室町通蛸薬師下る山伏山町546-2

 大西康明さん「垂直の隙間」
 逆さに吊るされた木の枝。それがまるで氷に覆われたかのように真っ白に染まっている。
 よく見ると、木の枝からは糸が垂れ下がり、その糸も含めた木の枝の表面や床には白い結晶がびっしり付着している。
 背景には黒い森のようにも見えるパネル。
 とても寒々しく、とても幻想的。
 メイキング映像を上映しているのを見ると、糸はホットメルト接着剤、白い結晶は尿素の飽和水溶液を噴霧することで作られるそうな。

 松澤有子さん「つむぐ」
 暗い部屋の中に入って、だんだん見えてくるのは光に照らされた床にびっしり「生えて」いるのは葉脈だけになった葉。しかも、何色かに色を付けられているようだ。
 そして、ところどころに葉の生えたエリアが光に照らされて浮いている。
 部屋の風の流れが葉を軽く揺り動かす。
 光に照らされて壁にその影が映る。
 私は一体どこにいるのだろうと思わせるような、この世のものとは思えない感じ。

 両氏の作品とも外の世界を忘れさせる。
 まさに夢の様な世界を作り出していたように感じる。

ブログネタ
ギャラリー散策 に参加中!
行ってきたで。
 心に残る作品を求めて・・・。

<原初・現実そして記憶>
 2012.8.28-2012.9.9 9/3月休
 12:00-19:00 12:00-18:00 日
 ギャラリーマロニエ GALLERY5
 京都市中京区河原町通四条上る塩屋町332

 3人の陶芸家の作品展。
 各作家さんにはテーマがあって、それが展示会のタイトルになっているという。

 イム・ヨンビン氏「原初」
 まさに「原初」の言葉通りの飾り気のない荒々しい感じの作品。
 過去の作品はまだ縄模様のような手を加えたという感じの作品だったようだが、今回の作品は表面もひび割れてそれを取り繕うようなこともない。自然そのままの姿を示しているような印象。

 ユン・ソンホ氏「現実」
 直方体の辺のところどころに切り欠きがあり、それがアクセントになっている。「原初」を見た後だと、とても理路整然とした印象を受ける。
 展示スペースの窓と反対側の面を白く塗っているのもポイントか。
 焼き物だから仕方がないのかもしれないけれども、一部割れがあったのが残念。この作風だと割れているのはマイナスの印象。

 キム・インシク氏「記憶」
 陶器らしい形の作品。花器や壺、この作品は普通に使えそうだ。
 表面の釉薬を均一に塗らないことで、あたかも木星の表面のような縞柄を作っているようだ。
 それがいい感じ。

<橋本治展「MY WORKS-LIGHT-」>
 2012.8.21-2012.9.2 8/27月休
 12:00-19:00 12:00-18:00 日
 ギャラリーマロニエ GALLERY4
 京都市中京区河原町通四条上る塩屋町332

 金属とガラスを用いたランプシェードの作品展。
 金属の形状が柔らかく、ガラスの表面の凹凸や色が光を優しくとおす。
 大きいガラスとライトの間に小さなガラスや金属を入れることで、まるで影絵のように中のものを映し出す作品が遊び心があって面白いと感じた。

<田代幸展>
 2012.8.21-2012.9.2 8/27月休
 12:00-19:00 12:00-18:00 日
 ギャラリーマロニエ GALLERY3
 京都市中京区河原町通四条上る塩屋町332

 陶器で作られた作品展。
 花をモチーフにした作品が多い。
 花とも見えるし、珊瑚にも見える。そしてプランクトンでこんな形の生物がいたような。
 先カンブリア時代の生物にもこんな感じのものがあったんじゃないかな。
 陶器にすることで、あたかも化石のような印象も受ける。

<林塔子「ORi+アクセサリー展」>
 2012.9.1-2012.10.31 月休
 12:00-19:00 12:00-18:00 日
 ギャラリーマロニエ Glasscase
 京都市中京区河原町通四条上る塩屋町332

 アクセサリーの小展示。
 カラフルな糸によって紡がれたアクセサリーが並ぶ。
 ちょっと素朴な印象。

(20160420追記)

それで評判は?
 写真や絵を見るのも好きです。

<重森陽子展>
 2011.5.24-2011.6.5
 12:00-19:00 12:00-18:00 日
 ギャラリーマロニエ GALLERY3
 京都市中京区河原町通四条上る塩屋町332

 粗く作られた四つ足のオブジェ。
 まるで陶器のかけらを組み合わせて作られたような感じがする。
 それがイヌやカメ、ラクダ、ゾウ、様々な動物に見えてくる。

<翊臀臈検
 2011.5.24-2011.6.5
 12:00-19:00 12:00-18:00 日
 ギャラリーマロニエ GALLERY4
 京都市中京区河原町通四条上る塩屋町332

 針金に和紙を巻いたもので作られたオブジェ。女性の身体をイメージしている。
 ライトに照らされて浮かび上がる作品は幻想的。

 影が床に映っているが、編み込まれた針金の影を映すには離れ過ぎている感がある。
 壁の近くに吊るして、壁に影を映してもよかったかも。

 しかし、改めて見ると、床に映った影がまるで竜のように見えた。
 これは面白い。

 作家さんと話ができた。
 25年くらい、この作風で制作しているという。
 元々は紙でオブジェを作るのに補強の意味も兼ねて針金を使ったと言う。

 作品集を見せてもらったが、紙で覆われた作品もいい。

<ひさしぶりの細密画・コラージュ展示会>
 2011.5.29-2011.6.5
 12:00-19:00
 ガラス小路 かぢ村
 京都市中京区姉小路富小路南西角

 グリーティングカードに使えそうな明るくてファンシーな絵柄。


人気ブログランキングへ

blogram投票ボタン

ここの写真や記事を気に入ってくれたらクリックよろしくお願いします。


このページのトップヘ