ネコじかけのBlog

うちの猫(シマ)とフィギュア、外猫の記録。
VOCALOID関連の話題、展示会のレポート。

タグ:イベント

ブログネタ
ボーカロイド に参加中!
2018122220クリスマス&忘年会 39の集い。10
 主催者近影。

 今年も「クリスマス&忘年会 39の集い」が某場所で開催されました。
 今年は昨年以上に参加者も多く大盛況。

 もちろん祭壇も設置されていますよ。
2018122211クリスマス&忘年会 39の集い。1 2018122212クリスマス&忘年会 39の集い。2 2018122213クリスマス&忘年会 39の集い。3

2018122214クリスマス&忘年会 39の集い。4 2018122215クリスマス&忘年会 39の集い。5


2018122216クリスマス&忘年会 39の集い。6
 うちからはねんどろいど勢として、ミクダヨーさんとMEIKOさん。
 MEIKOさんマジ天使! ダヨタン星人再び!

2018122217クリスマス&忘年会 39の集い。7
 ぬいぐるみ勢は法被着たMEIKOさん、クリスマスなのでサンタMEIKOさん、そして寝そべり初音ミクさん。


 今年はNゲージ、プラレールエリアが誕生。
 そこにダヨチャレとあみチャレが開催されていました。
2018122218クリスマス&忘年会 39の集い。8
 斜めから。

2018122219クリスマス&忘年会 39の集い。9
 ダヨチャレ&あみチャレ。


 みんなお楽しみのケーキ。
2018122221クリスマス&忘年会 39の集い。11


2018122222クリスマス&忘年会 39の集い。12
 みことさんが持ってきたケーキ。

2018122223クリスマス&忘年会 39の集い。13
 エポキシパテさんのミクさんイラストがプリントされたケーキ。

2018122224クリスマス&忘年会 39の集い。14
 とーいさんの雪ミクさん達のイラストがプリントされたケーキ。

 この後、プレゼント交換会、そして、まもさんのボーカロイドキーボード&VJ明石にゃんのライブが開催されました。
 写真はありませんが、大いに盛り上がりました。

 今年もいいクリスマス&忘年会となりました。
 関係者の皆さんお疲れ様でした。

 (深夜の初音ミク撮影60分一本勝負 12/28【ねぎらう】に投稿。)
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ブログネタ
ボーカロイド に参加中!
2017122408クリスマス&忘年会 39のつどい。2
 縦目界のレジェンド あぶらぼうず先生、とーい先生のイラストが花を添えるクリスマスケーキ。

 関西のとある場所にて、初音ミクファンが集まってクリスマス&忘年会が開催されました。
 この記事には人は足くらいしか写ってないんですが、参加者は結構いて、にぎやかに楽しく過ごすことができました。

2017122407クリスマス&忘年会 39のつどい。1
 うちからはMEIKOさん達と、ミクダヨーさんが参加。

2017122409クリスマス&忘年会 39のつどい。3
 受付は? どでかジャンボふわふわぬいぐるみミク! 
 どでかジャンボふわミクさんは、ふわミク営業部長 ねこまんじゅうさん所有。

 いつもの祭壇。
2017122410クリスマス&忘年会 39のつどい。4
 関西ダヨチャレ支部長 Mapさんの尽力により、ダヨチャレも開催。ミクダヨーさん以外も参加してます。

2017122411クリスマス&忘年会 39のつどい。5
 うちのMEIKOさん達はここにいます。

2017122412クリスマス&忘年会 39のつどい。6
 ダヨチャレ参加中のうちのミクダヨーさん。台のついているミクダヨーさんがうちのです。

2017122413クリスマス&忘年会 39のつどい。7
 ドールやぬいぐるみ達ももちろんいますよ。

2017122414クリスマス&忘年会 39のつどい。8
 プロジェクターでは上映会。どでかふわミクさんもペンライト持って応援。
 プロジェクター関係は、AV(オーディオビジュアル)技術担当ばんちょさん所有。

 ツイッターなどを見ていたらわかるかと思いますが、ボードゲームや上映会、VOCALOIDキーボードの体験、プレゼント交換会など、楽しい企画が用意されており、みなさん和気あいあいとしてこの場、この時間を楽しんでいたのが印象的でした。
 昨日も鏡音誕生会があったにもかかわらず、みなさんお元気ですね!
 (私は残念ながら不参加でした。)

 そして一番忘れてはならないのがこの会を仕切ってくれた関西ダヨラー会長兼イベント本部長ナオミさん
 あなたがいなければこの会はありませんでした。

 最後に、主催者はじめとしたサポートしてくださったメンバーの皆さん、参加者各位に御礼申し上げます。

 注)メンバーの肩書は私が勝手につけたものや誰かが言っていたものを使いました。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

 ショッピングモールの屋内広場で介助犬のチャリティイベントが開催されていたので、ちょっとのぞいて来ました。

 介助犬がどんなことをしているのか、どのように訓練しているのかなどを簡単に実演を交えながら説明。
 そして、車椅子に乗って介助犬にエスコートしてもらうと言う体験をさせてくれると言うので、周りを見て誰も手を上げないので、やってみることにした。

 まずは車椅子を自分ひとりで操作してくるっと短いコースを一周。
 なんか、意外に操作しやすい。

 次に横に介助犬をつけて操作。介助犬は黒ラブの「アルト」くん。
 一段高い演台の上で車椅子に乗っていたのだが、そこからオレが落ちないように外側についてくれている。
 まったく初めてのオレが相手でもちゃんと横についてくれるんだな。とても感心した。

 そして、次は鍵を落として、それを拾ってくれる実演。
 ちょっと手間取ったけど、ちゃんと取ってくれました。

 いつも(言うことを聞かないのが基本の)ネコばかり追いかけているからなのか、こんな従順に言うことを聞いてくれる経験がなくてちょっと感激。
 アルトくんは介助犬としては活躍していないらしく、このようなイベントのPR犬として活躍しているとのこと。
 介助犬として活躍できるのは、3、4匹のうちの1匹くらいだそうな。

 その後、子供たちが体験に手を上げ始めた。結局、6人くらいの子供がエントリーして、楽しそうに車椅子に乗っていた。
 この体験がやがて花開くことになると信じています。

 結局大人で体験したのはオレだけか。
 まあオレが手を上げたから、その後が行きやすかったのかも知れないと思っておこう。

 介助犬を育成するのは結構大変みたい。だから、あまり普及していない。知名度も少ない。
 資金も人材も少ない中で、このようなイベントで啓蒙活動をしている。
 きついだろうが、がんばって欲しいと思う。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ