ネコじかけのBlog

うちの猫(シマ)とフィギュア、外猫の記録。
VOCALOID関連の話題、展示会のレポート。

カテゴリ:展示会・講演会2 2005

ミラノ展
 2005.9.6-2005.10.16
 9:30-17:00
大阪市立美術館
 大阪市天王寺区茶臼山町1-82

 今日は友人と大阪市立美術館へ行った。
 今日、ここを訪れたのは「ミラノ展」を鑑賞するため。

 この展覧会の売りはレオナルド・ダ・ヴィンチの「レダの頭部」。
 もっと大きいものだと思っていた。
 本当に小さい。駅で配っているA4のチラシのほうがでかい。

 この展示会の作品の中でおれが気になった絵はエミリオ・ロンゴーニの「鳥」。
 一見して、描いてある木がとても気になった。どう見てもこれは桜だ。
 木に乗っている鳥の巣を眺めている修道女に桜の木や花は違和感を覚えるが、それがなんだかいい。
 なんだかいわくつきの作品らしい。それもおれを引き付けたのか。

 もう一つ、ジュゼッペ・アルチンボルトの追随者の「春」
 花や果物を組み合わせて、人の姿を作っている。なんか日本でも人の身体を組み合わせて人の顔を作ったような絵があったような。
 そういう作風も気になったのだが、なんで名前が残ってないんだ?
 「追随者」ってなんだ?

 そういえば、どこどこの画家、と言うような、本人の名前が残ってない作品が散見された。それはちょっと悲しいもんだ。

 まあ、一番気になったのは、「ドゥオーモ」。あちらこちらでこの名前を聞くのだが、某公共放送の1キャラクターの名前が頭に浮かんできて、妙に気になる。
 ミラノの聖堂の名前なんだって。
続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ギュスターヴ・モロー展
 2005.7.7-2012.11.4 月休(月が祝の場合、火休)
 10:00-18:00 10:00-20:00(金土)
 兵庫県立美術館
 神戸市中央区脇浜海岸通1-1-1

 今日は兵庫県立美術館ギュスターヴ・モロー展を見に行った。象徴主義を代表する画家の一人であるギュスターヴ・モローの絵を一度生で見てみたいとは思っていたのだ。

 一時期、ギュスターヴ・アドルフ・モッサという画家の絵に惹かれて、象徴主義について調べたことがあった。モッサはあまり有名ではないみたいで、資料や文献自体もそれほど見かけられなかったが、モローはかなり多くの資料や文献があったことを覚えている。

 うーん、どうも、おれの心を捉える絵がない。ギリシャ神話や聖書については知識もあまりないし、興味もあまり持っていないからだろうか。

 モローの絵が印象に残らなかったのには、もう一つ理由があった。
 モロー展のチケットに、「コレクション展II」を見ることができるチケットがついていた。
 せっかく来たのだから見て行こうかというレベルで大して期待もしていなかったのだが、ところがどっこい、こっちのほうが面白かったのだ。

 ということで、こちら
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ