ネコじかけのBlog

うちの猫(シマ)とねんどろいど、外猫の記録。
VOCALOID関連の話題、展示会のレポート。

カテゴリ:My Favorite

ブログネタ
ねんどろいど に参加中!
2017053004ねんどろいど初音ミクマジカルミライ2016Ver.1
 誰だ、「幕張ちゃんはうちには来ないんだよ。」なんて言ったのは。

 ツイッターで話題になってたねんどろいど初音ミクマジカルミライ2016Ver.(通称 幕張ちゃん)ですが、うちには迎えないよと思ってヨドバシカメラ梅田へ行くと、棚に置いてあった。
 そしてこうなった。

 続きはパッケージの画像です。
続きを読む

ブログネタ
ボーカロイド に参加中!
2017052801Nostalogic(MEIKO-SAN mix)がミリオン達成!
 2017.5.28 2:44 「Nostalogic(MEIKO-SAN mix)」(yuukissさん)がニコニコ動画で100万再生達成。

 私が確認したときには既にミリオン達成した後でした。
 100万再生達成おめでとうございます!

 この「Nostalogic(MEIKO-SAN mix)」は「ハジメテノオト」と並んで、私にとってVOCALOIDの金字塔です。
 この曲は私がMEIKOさんファンになるきっかけの曲であり、ねんどろいどやfigmaがうちにあるのもこの曲があったから。
 そう思うと、この100万再生達成を見られたことは非常に感慨深い。

ブログネタ
ねんどろいど に参加中!
2017052702figma MEIKOさんがやってきた。1
 昨年11/25、グッドスマイルカンパニーのウェブサイトに登場したfigma MEIKOさんが今日ついに我が家に到着しました。

2017052703figma MEIKOさんがやってきた。2
 とりあえずみんなで歓迎。

2017052704figma MEIKOさんがやってきた。3
 かんぱーい!

2017052705figma MEIKOさんがやってきた。4
 さあ、みんなで飲みましょう。

2017052706figma MEIKOさんがやってきた。5
 歩く姿は・・・。

 ねんどろいどとは違って、関節がたくさんあって決められるポーズが多いので、様々な撮影シーンに対応できると思います。
 それが生かせるかどうかは私次第ですがw

 続き以降はパッケージの写真置き場です。続きを読む

ブログネタ
ねんどろいど に参加中!
2017052603figma MEIKO待機。
 ついにこの時が来た。

 先日、グッドスマイルオンラインショップからのメールで、予約していたfigma MEIKOさんのの出荷予定日が5月26日だと知りました。
 ということは明日5月27日にはfigma MEIKOさんに会えるってことですね。

 世間ではねんどろいど初音ミクマジカルミライ2016Ver.の話題でもちきりですが、私としてはfigma MEIKOさんが気になって仕方がない。(幕張ちゃんも気になるところですが、うちに来る予定はないので。)

 確認すると、配達時間指定してて、しかも18-20時にしてた。
 いやー、午前中にしておけばよかった。

ブログネタ
ボーカロイド に参加中!
2017052504愛Dee
 ルカー!

 実はマジカルミライ2016のブルーレイで初めて聴いた曲。
 Mitchie Mさんの曲は「Freely Tomorrow」「アゲアゲアゲイン」を繰り返し聴いてたけどその他の曲は聴いてなかった。この「愛Dee」も存在は知ってたけど聴いたことはなかった。

 Mitchie Mさんの違和感のない調声とノリのいい音楽、ミクさんの歌にルカさんが英語ラップという組み合わせの妙。そしてyama_koさんのクールな映像(YouTubeのみ)。
 どれをとっても素晴らしいの一言。

 Mitchie Mさんと言えばボカロを人間のように歌わせる調声に定評がある。
 初音ミク「Freely Tomorrow」を初めて聴いた時はホンマびっくりした。
 ボカロの不自然な歌声に抵抗がある人でも多分大丈夫じゃないかなと思う。
 そして今回の「愛Dee」は巡音ルカが英語ラップで入るという面白い構成。
 ほんまうまいことまとめてはるなぁと感じる。

 以前も書いたかと思うけど、ミクさんがルカさんの歌い出しの前に「ルカー!」って呼びかけてるのがめっちゃ好きで、先日行ったされみあさん宅初音ミクライブ上映会でコールできてとても満足した次第。

愛Dee
 作詞:Mitchie M・Cotori
 作曲:Mitchie M
 編曲:Mitchie M
 唄: 初音ミク ・ 巡音ルカ

 ニコニコ動画


 YouTube

ブログネタ
ボーカロイド に参加中!
2017052226マジカルミライ2015Blu-ray限定盤。

 以前、大阪日本橋のとある店でこれを見かけたのだが、その頃は買うには及ばないだろうとスルーしてしまった。
 先日のされみあさん宅初音ミクライブ上映会でこの映像を見たのだが、これは是非手元に置いておかなければならないと探していたら見つけてしまったので買ってきました。

ブログネタ
ボーカロイド に参加中!
第4回されみあさん宅初音ミクライブ上映会。
 2017.5.20
 13:00-20:00
 されみあさん宅

<上映ライブ>
 1.夏祭初音鑑
 2.初音ミク×鼓童 スペシャルライブ
 3.マジカルミライ2015
 4.リクエストコーナー
  霞さんのダンス(初音ミク「ありふれたせかいせいふく」、初音ミク「どうぶつ占い」(マジカルミライ2013))
  ミクダヨーさんの大トロボタンと絡む映像
  初音ミク「ray」(マジカルミライ2016)
  KAITO、鏡音レン「erase or zero」(マジカルミライ2013)
  MEIKO「ピアノ×フォルテ×スキャンダル」(マジカルミライ2013)

<交流会>

----------------------

2017052011されみあさん宅初音ミクライブ上映会。1
 これが噂の飛び出しミクさん。

2017052012されみあさん宅初音ミクライブ上映会。2
 祭壇が自然発生。

 会場のされみあさんの自宅前に飛び出し坊やならぬ飛び出しミクさんがいた。
 これが噂の飛び出しミクさんか。
 そこにドールやぬいぐるみが置かれ、祭壇ができる。
 祭壇は自然発生的に起きるもの、らしい。

 会場に入る。
 前にでっかいスクリーン。いや、すごいな、これは。
 集合場所や会場までの移動中は会話に入ることができずにいたけど、隣にいた人を捕まえて話してみたりする。
 すみません、名前を聞かないままになってしまいました。

 周りを見ると、みんなペンライトを持ってる。
 もしかしてライブに行ったことがないのっておれだけ?
 これはまずいと思い、ペンライトをされみあさんに借りる。
 すんません。

 しばらくして、ライブ上映が始まった。
 一つ目は「夏祭初音鑑」
 私が認識していないライブ。後で調べると2013.8.21-29秋葉原で開催されたそうだ。

 流れてくる曲、全く知らない。
 でも周りに合わせてペンライト振ったりコールしたりしていると楽しいぞ、これ。
 こういうのって、外部から見ているとうわって思ってたけど、中にいるとめっちゃ盛り上がって楽しいよね。

 「秘密警察」の「みうー!」を堪能した後の「カンタレラ」って曲、初音ミクさんとKAITOが出てた。KAITOが出てるなら・・・と思ってたんだけど残念。
 「SWEET MEMORIES」がかかった時、誰か後ろで「ペンギン」って言ってたけど、それがつながる人は・・・。わかりますけど。

 エンドロールで一人いないMEIKOさんを思うとさみしい。

 二つ目のライブは「初音ミク×鼓童 スペシャルライブ」
 これは一度見ているし、安心感がある。コールも何となくわかってきた。
 知ってる曲は大体何回もリピートしていて歌詞が頭に入ってるから口が動いてしまう。

 「裏表ラバーズ」で飛び入りでダンスが入ってきた。さすが出てくるだけあってキレのあるダンスが見ごたえあった。霞さんありがとう。
 「ワールドイズマイン」の「おひめさま!」、「39」の「39!」っていうコールしてみたかったんだ。とても満足。

 和太鼓の音がかなり響いてる。
 大画面、そして会場の盛り上がりだけでも迫力があるのに、太鼓の音がしっかり響いて臨場感が半端ない。
 こういうところをしっかり加工されているところがすごい。されみあさんありがとう。
 そして、総合で流れた「アンコールはないからね」をBSの映像に挿入して上映するというサプライズ。違和感なく入ってた。されみあさんありがとう。

 三つめは「マジカルミライ2015」
 日本武道館のライブだ。実は私はこれも見てない。多分ここにおられる方は見ているんだろうけど。
 セットリストもあまり知らない。
 でもあの曲とあの曲があるってことは知ってる。

 最初から「Tell Your World」「ラズベリー・モンスター」「はじめまして地球人さん」っていやがおうにも盛り上がるよな、これは。
 これらの曲でペンライト振れて、コールできたのはホンマ良かった。
 「はじめまして地球人さん」はミクダヨーさんに目を向けるきっかけになった曲だから感慨深い。

 「リモコン」って盛り上がるよな、と思いつつ次はと思ったら、MEIKOさんじゃないか。おれがMEIKOさんファンになったきっかけの曲「Nostalogic」だよ、来てよかった。
 ペンライト赤くして「M・E・I・K・O M・E・I・K・O」ってやりたいとマジカルミライ2016の映像見た時に思ったんだが、ここで実現することができた。
 赤いペンライト振って、思い切り声張り上げてMEIKOさんを応援。なんと素晴らしい時間。
 ありがとうMEIKOさん、ありがとうされみあさん、ありがとうここにいるみんな。

 ミクさんとルカさんの掛け合いがとても素敵な「愛Dee」。
 ルカさんの英語のラップとミクさんが「ルカー」っていうところが好きで、そして「ルカー」っていうところはコール入るんだろうなと思って心の準備してたらやっぱり入ってくれてよかった。なくてもおれだけでもコール入れてた。

 ラストの「ODDS&ENDS」から何か視界がぼやけてきたなぁ。
 アンコールの時の「ミク、ミク」ってのはクラシックコンサートの時の拍手みたいなもんだよな、なんて思いつつ。

 アンコール1曲目の「Hand in Hand」。
 この「Hand in Hand」のコールもしたかったんだよな。
 いいよなぁ「Hand in Hand」。
 そして次の「39」の「39!」のコールも堪能して・・・

 ラストが「ハジメテノオト」。
 ここにあるのは知ってたけれど、やっぱり泣けてくるよな。
 周りから鼻をすする音が聞こえる。
 みんなで合唱してた。
 この曲はおれがミクさんを知り、傾倒したきっかけの曲だから。
 ここにいるのもこの曲があったから。
 おれにとって絶対的存在。

 リクエストコーナー。
 されみあさんのたっての希望で霞さんのダンス。
 マジカルミライ2013から「ありふれたせかいせいふく」「どうぶつ占い」で霞さんのダンスを堪能。おれが一生練習してもあんな素敵なダンスはできなさそう。

 その次はミクダヨーさんがあの大トロボタンを押す姿が大画面で上映される。
 ダヨダヨされた人大絶賛。

 そして会場のリクエスト「ray」「兄さん」の声に応えて「ray」(初音ミク)、「erase or zero」(KAITO、鏡音レン)が上映。
 これで終わりか(その次もお願い)と思っていたら、引き続き「ピアノ×フォルテ×スキャンダル」(MEIKO)が!
 うれしいうれしい。もう感謝感激雨あられですよ。ありがとうされみあさん。
 MEIKOさんの曲で最後締めてもらえるとは思わなかった。本当に堪能しました。


 上映会の後の交流会で皆さんと話しさせてもらいました。

2017052013されみあさん宅初音ミクライブ上映会。3
 ミクダヨーさんタオル。
 ミクダヨーさんは存在感あるなぁ。
 埋もれてるのもミクダヨーさん(ナオミさん所有)
 ナオミさんにはMEIKOファンのねこまんじゅうさんを紹介していただきました。

2017052014されみあさん宅初音ミクライブ上映会。4
 初音ミクさんの切り絵(ケンサン所有)
 8周年記念にクリプトンからもらったという。
 イラストはよく見るけど切り絵ってのは見たことない。
 切り絵は結構好きだからまじまじと眺めてた。
 ねんどろいどMEIKOさんと一緒に撮影させてもらった。ありがとうございます。

 ねんどろいどMEIKOさんを持って行ってたんだけど、なかなか出す勇気が出なくてようやく撮影。
 ドールと一緒に撮らせてもらったらよかったなぁ。

 荷物置き場になってる台所へ行ったら、ピノキオピーさんのTシャツを着た人がいて、声を掛けさせてもらった。
 ピノキオピーさんは私もすごい人だと思ってるからそこら辺を話してみる。
 ヘッドホンもSONYのピノキオピーさんモデルのもの、そしてサインも書いてもらっているのを見せてもらった。
 Mapさん、話していただいてありがとうございます。とても楽しかった。

 後、やっぱり人気のミクダヨーさん。ミクダヨーさん談義は結構盛り上がる。
 今年の出演がまだなので、それを待ち望む声が聴かれた。

 ファンライブや同人誌即売会へは行ったことはあるものの、ほとんど人との交流はなかった。
 だから今回が実質初めての初音ミクファンとの交流だった。
 ネットでもほとんどコミュニケーションを取った事もなく、もちろん直に合うのは初めての人ばかり。当然のことながら集合場所でも会場までの移動中も溶け込めないでいたけど、上映会の休憩時間や交流会では話に加わることができてホッとした。

 最後に、モニターやスピーカーの装置設定から映像や音声の調整、適時にサイリウムを焚いたり、映像の○○砲に合わせてクラッカーで紙テープを発射するなど、場を盛り上げるためにいろいろ手を尽くしてくださったされみあさんには感謝の言葉でいっぱいです。
 後、ラストの方に氷の差し入れしていただいたのはありがたかった。重ねて御礼申し上げます。

 そして、この場を繋いでくれた初音ミクさんに感謝。
 あなたがいたからこの場がある。本当にありがとう。

ブログネタ
ボーカロイド に参加中!
2017051402初音ミク×鼓童スペシャルライブ@ NHK総合


 先週放送したものの再放送。
 BSプレミアムの放送はライブの抜粋放送だったけど、総合の方はライブ映像の間に、初音ミクと鼓童の解説やこのライブの制作過程を初音ミク側の関係者と鼓童側の関係者の方々のインタビューやメイキング映像を交えて行っていたのが特徴。
 こういう解説付きの番組をライブ番組とは別に作ってくれたNHKさんには感謝するしかない。
 CMで切られないところもいいよね。

 私としてはこの番組をBSのライブ番組より先に流した方がよかったんじゃないかなと感じた。
 この放送で、初音ミクと鼓童のことをさらっと知り、初音ミク×鼓童スペシャルライブの一部を見てもらって興味を持ってもらう。
 そして放送の最後に「BSプレミアムでライブ番組やります。」と言えばもっと多くの人がこのライブに触れてくれたんじゃないかと。

 デジタルの世界の「初音ミク」と日本の伝統の和太鼓の「鼓童」のコラボは一見合わないように感じたし、ライブもどうなんだろうなと思ってたけど、BSプレミアムのライブ放送やこの総合での番組を見るとこの場にいたらかなり楽しめたんじゃないかなと感じた。

 初音ミクはこれからも様々なジャンルとコラボして新たな価値を生み出して欲しいと思う。
 初音ミクを通して新たなジャンルの価値も見いだせたりするし、初音ミクとコラボした側からも初音ミク側にも足を踏み入れるきっかけになるから。

ブログネタ
ボーカロイド に参加中!
2016101406いい夢見ろよ!2
 酒と語らうMEIKOさん。
 今日、5月5日はMay 5th・・・めい、こ、って語呂合わせでMEIKOの日なんです。

 昨年9月24日にNostalogic(MEIKO-SAN mix)にてMEIKOさんに出会ってから、ねんどろいどに手を出してみたり、ボーマスに行ってみたり、様々なハジメテノコトをさせてもらいました。

 聴く曲も徐々に多くなってきました。
 次々と曲を開拓する人間ではないので、マイペースでいい曲と出会いたいと思ってます。
 これはMEIKOさんの曲に限らずですが。



ブログネタ
ボーカロイド に参加中!
2017050407これから回るから離れててね。
 これが正式?の使用法ですよね。

 ねんどろいど巡音ルカのパーツに有名曲の巡音ルカ「ダブルラリアット」のイメージパーツがついていたんだけど、私自身が「ダブルラリアット」を聴いたことがなく、正式のスタイルにしたことがなかったので今回やってみた。

 そして、この機会に「ダブルラリアット」を聴いてみた。

 ルカのイラストと言い、曲名と言い、チャラけた歌かとずっと思っていたけど、歌詞を読むとちょっとほろっと来た。
 PVのルカが手を広げてくるくる回ってるのを曲を聴きながらずっと眺めていたい。
 ニコニコ動画の方は何かギミックがあるみたいです。

ダブルラリアット
 作詞、作曲、編曲:アゴアニキP
 唄:巡音ルカ

 ニコニコ動画


 YouTube



ブログネタ
ボーカロイド に参加中!
2017050201壊セ壊セ。

 5/1の深夜のねんどろ撮影60分一本勝負の題は「こわれたもの」。
 ちょっと日をまたいでしまったが。

 思いついたことがあった。
 MEIKOさんの曲で「壊セ壊セ」という曲があるのを。
 名前だけ知っているだけで曲を聴いたことがなかった。

 ここで使うのだからもちろん聴く。
 おお、めっちゃええやんけ。
 初音ミクProject DIVA Arcadeにも曲が採用されていて、モジュールはブレイジング。
 あの声で壊せ壊せ・・・って言われたらぞくぞくするな。

 前奏のギターと冒頭はそういう雰囲気じゃなく、むしろ心地よく響くギターの音から始まる。
 それがどんどん不穏な雰囲気になっていく。
 何か追い込まれていくような気分。

 動画中に採用されているイラストで印象深いものがあった。とてもカッコよくてこの曲にピッタリ。
 セツジさんと言う方のイラストらしいのだが、採用されているイラストが掲載されていたピアプロのページもなくなっており、今はどうされているのかわからないのが残念。

 壊セ壊セ
 作詞、作曲、編曲:ユーキ(E.L.V.N)
 唄:MEIKO
 ギター:ヨー(E.L.V.N)

ニコニコ動画

ブログネタ
ボーカロイド に参加中!
2017042709Hello,Worker.1
 何がしたいかわからない。
 何ができるかわからない。
 いつもこの考えが頭の中を駆け巡ってる。それが心に引っかかって。

 就活に苦悩する若者の心の内を歌い上げたこの歌、マジカルミライ2016ライブBlu-rayで初めて聴いた曲でその時は引っ掛からなかったのだが、歌詞を意識した時に心につきささった。

2017042710Hello,Worker.2
 明日のことはわからない。
 昨日のことはかわらない。

2017042711Hello,Worker.3
 なら今日だけは この今だけは僕らの物。

 過去はやり直せないし、将来は見通せない。だから今だけは自分の思うように過ごしたい。
 その自分の時間が明日の自分を作っていくんだと信じて進むしかないよな。

 巡音ルカさんの落ち着いた歌声が耳に心地よい。
 PVにネクタイが写ってるのでそれに合わせてミクダヨーさんにネクタイ借りました。

 Hello, Worker
 作詞、作曲、編曲:KEI
 唄:巡音ルカ

 ニコニコ動画


 YouTube

ブログネタ
ボーカロイド に参加中!
2017042407次元の壁越えていつでも逢いに行く。
 巡音ルカ「ルカルカ★ナイトフィーバー」(samfree)より。

 深夜のねんどろ撮影60分一本勝負のこの日の題が「なくしたもの」だったので、ねんどろいどがなくしたものとして「次元の壁」を考えた。
 画面の向こうにいるルカさんがねんどろいどになって手で触れるようになったからね。

 巡音ルカ「ルカルカ★ナイトフィーバー」。
 曲はユーロビートでハイテンションものなんだけど、ルカさんの歌声は抑えめでシャウトした感じではなく、最初曲に乗り切れてないぞと思いつつ、聴いているうちにその抑えめの声質が味わい深くなった。
 ちょっと舌足らずなところもあったりして、そこらへん好き。

 この曲は私にとってターニングポイントとなった曲。
 2016年9月24日、下記のエポキシパテ(@epoxyputty)さんからのツイートがきっかけで聴いた曲です。




 私の記憶が正しければ、この日までミクさん以外の曲を聴いてなかったと思う。
 しかし、この曲をきっかけにミクさん以外のボカロ曲も聴き始め、そしてMEIKO「Nostalogic(MEIKO-SAN mix)」にたどり着いた。
 だからこの曲も感慨深い。

 そしてこの曲を作ったボカロPのsamfreeさんはこの日1周忌、このツイートはそのことを意識したものでした。その点でも感慨深い。

 この曲をアレンジした巡音ルカ(たこルカ)「たこルカ★マグロフィーバー」もゆったりした曲でのんびりできます。

 ちなみにツイートのエポキシパテさんはこの様な優しい絵を描かれる絵師さんです。
 この人の絵は見ていて安らぐ。

ルカルカ★ナイトフィーバー
 作詞、作曲、編曲:samfree
 唄:巡音ルカ

 ニコニコ動画


たこルカ★マグロフィーバー
 作詞、作曲、編曲:samfree
 唄:たこルカ(巡音ルカ)

 ニコニコ動画

ブログネタ
ギャラリー散策 に参加中!
201704230039
 大阪市立自然史博物館第2展示室。

 特別展「石は地球のワンダー〜鉱物と化石に魅せられた2人のコレクション〜」を鑑賞し、特別展記念講演会「鉱物の特徴と環境」を聴講した後は常設展を見て回ることにしました。

 まずは入り口前にいるこの子たち。

201704230036 201704230037
 ナガスクジラの「ナガスケ」(左)とマッコウクジラの「マッコ」(右)の骨格標本です。

201704230038
 建物の外部につるされているのでこんなお客さんもいらっしゃいます。

 中へ。

201704230039
 太古の巨大生物たちの骨格が並べられてます。

201704230040
 その中に、オオナマケモノの骨格。
 昔はこんなに大きかったし、多分「ナマケモノ」じゃなかったんでしょうね。
 その後ろに中途半端に写ってる象が「アメリカンマストドン」。
 ここ最近ネットで名前が挙がってるマストドンです。(違う)

201704230041
 アライグマです。昔は「ラスカル」今は「アライさん」ですかね。
 ずっと思ってんですが、ラスカルのイメージじゃないですね。色とか。

201704230042
 ヌートリア。カピバラさんと間違える人がいますが別人です。
 戦時中、毛皮用に輸入されたんだっけ。

201704230043
 大阪市立自然史博物館の常設展で必見なのはこのゴキブリの模型。
 でっかいです、うまく作られてます。
 こんなの這ってたら嫌だよな。嫌のレベルじゃないか。

201704230044
 初音ミク「ウミユリ海底譚」(n-buna)(YouTubeに飛びます)でおなじみ?のウミユリの仲間です。
 ユリと付いているから植物かと思いきや動物です。
 しかもタコよりもわれわれ人間に近い生物。

 何度も見ているので、最初はボケっと眺めていくつもりだったけど見ているようで見てないところがぎょうさんありました。
 まあこれだけ展示されていたら見切れない。
 暇な時にボケっと見に来るのもいいかも知れません。

ブログネタ
ギャラリー散策 に参加中!
特別展記念講演会「鉱物の特徴と環境」
 2017.4.23
 13:00-14:30
 大阪市立自然史博物館 講堂
 大阪市東住吉区長居公園1-23
 大人300円 高校生・大学生200円(博物館入館料)

 講師:地下まゆみさん(大阪大谷大学教育学部准教授)

 特別展「石は地球のワンダー」オフィシャルHP

---------------

特別展「石は地球のワンダー〜鉱物と化石に魅せられた2人のコレクション〜」の記念講演会として開催されるこの講演会を聴講してきました。
この講演会があるからこの日に展示を見に来たというわけです。

特別展記念講演会「鉱物の特徴と環境」

<岩石とは?鉱物とは?>
 岩石:火成岩(マグマがかたまってできる)、堆積岩(砂や石が堆積してできる)、変成岩(上記2つが圧力を受けてできる)
 鉱物:固体地球の最小構成単位で岩石の構成物質。
    天然に産出する無機質で一定の化学組成と結晶構造を有する固体物質。
    水銀は液体だけど鉱物に含む。

 鉱物の写真のスライド:銅、岩塩、蛍石、コランダム(ルビー、サファイア)、石英(水晶、オパール)。
 お見せできないのが残念だが、こういうのが自分の目で見られるのが特別展。です。

<鉱物の大小(結晶の大きさ)>
 大きい方。
 メキシコのナイカ鉱山にはセレナイト(石膏)の巨大結晶(最大で長さ10mくらい)がある。
 一定の環境が長時間維持されている洞窟の中で結晶が育った。
 スライドで写真を見たが、結晶と言うと小さいイメージしかないのでとても違和感がある。

 小さい方。
 カオリナイト(粘土鉱物)の2μm以下の極小結晶。
 アスベストの1μm以下の針状結晶。
 ちなみにこの結晶が肺組織に刺さってがんの原因になる。発がん性は青石綿>白石綿。

<鉱物の特徴と分類>
・化学組成による分類
 陰イオンが主要なのでそれによって分類される。
 元素鉱物(ダイヤモンド、硫黄など)、硫化鉱物(黄鉄鉱など)、ハロゲン鉱物(岩塩など)、酸化鉱物、炭酸塩鉱物、珪酸塩鉱物。
 地殻内の存在度:長石>石英>・・・

・結晶系による分類
 等軸晶、正方晶、六方晶、斜方晶。
 結晶模型をストローとゴムひもで作ると理解しやすいとのこと。
 これは面白そう。結晶とか関係なしに。

・硬度、光沢、劈開、比重、色、条痕色などによる分類
 硬度(モースの硬度計(相対的な硬さを示す))・・・石英より硬いものが宝石になることが多い。
 光沢:金属光沢、非金属光沢(ダイヤモンド、ガラス、真珠、脂肪、樹脂、錦糸)
 劈開:方解石など
 比重
 色(鉱物の色調):塊の色と粉末の色。
  着色の原因:特定の元素による光の吸収、結晶内の欠損による光の吸収、電荷の異なる陽イオン間での電荷移動によるもの
 条痕色(粉末の色を見る)
 蛍光:灰重石、方解石、蛍石。(紫外線照射で可視光を発する)
 虹色を呈する鉱物:オパール、ラブラドライト

<鉱物の生成>
 液体、気体からの結晶化。
 鉱物がさらに変性し、新しい鉱物になる。
 生物によって作られる。

 宝石となる鉱物の条件:岩石中には希少な元素を主成分とする。

<鉱物の採集>
 坑内掘り:中国の蛍石採集の様子をスライドで例示。
 露天掘り:ロシアでの採集の様子を例示。
 鉱物が多数算出する国はロシア、カナダ、アメリカで、日本列島では変成帯に比較的広範囲に産出される。
 隕石:宇宙からやってくる鉱物。
 基本的に地球上の物質と変わらないので、土の上に落ちると地球上の鉱物と見分けがつかない。
 ロシア チェリャビンスクの隕石は破片が雪の上に落ちたので区別できた。

<鉱物の利用>
 窯業(セラミックス)、金属資源、貨幣や装飾品、化学肥料、火薬。医薬品、研磨剤、建材、化粧品など多岐に渡る。
 その一方、鉱物採掘や精錬などによる環境破壊が起こる。
 2000年頃のロシアの銅精錬所の例。山の木は枯れ、川は酸性で真っ赤に染まっている。
 日本でも足尾銅山が挙げられる。
 鉱物の利用は環境破壊を少なからず引き起こしている。
 そのように得られた資源は大切に使わなければならない。

 最後に、鉱物は長時間かけて形成されるもので、見た目だけではない視点を持って見てもらいたい と講演を締めくくられました。

 幼少の頃から石に関心のあった先生の今も変わらぬ鉱物への関心の高さとその魅力を伝えたいという思いが伝わってくる講演でした。
 これは研究者や技術者にしばしばみられることだけど、自分の扱っている対象に対して「この子」と呼ぶ。先生もそうだった。
 こういうのをきくと鉱物に対する思いが伝わってきてほっこりします。

 講演中、鉱物の写真がたくさん出てきたが、百聞は一見に如かずで標本を自分の目で見るのが一番だと思う。どんなに言葉を尽くしてもこれは伝わらない。
 だから今回の特別展に足を運んでみてください。

ブログネタ
ギャラリー散策 に参加中!
201704230003


特別展「石は地球のワンダー〜鉱物と化石に魅せられた2人のコレクション〜」
 2017.4.22-2017.6.4 月休(5/1月は開館)
 9:30-17:00 入館30分前まで
 大阪市立自然史博物館 ネイチャーホール
 (花と緑と自然の情報センター 2階)
 大阪市東住吉区長居公園1-23

 観覧料:大人 300円、高校生・大学生 200円
 期間フリーパス:大人 500円、高校生・大学生 400円

 詳しくは特別展「石は地球のワンダー」オフィシャルHPを参照してください。

-------------------

 大阪市立自然史博物館にて鉱物と化石の展示会が開催されているので見てきました。

北川隆司鉱物コレクション
 故 北川隆司広島大学教授が収集した鉱物標本の一部を大阪市立自然史博物館および大阪市立科学館にて展示しています。
 展示は大きく分けて「岩石を作る鉱物」「金属になる鉱物」「宝石になる鉱物」「鉱物の形」。
 それぞれ見応えのある鉱物がありますよ。その一部を紹介します。

「岩石を作る鉱物」

201704230004 201704230005
 岩塩です。
 言わずと知れた食塩(塩化ナトリウム NaCl)の塊です。
 左側の標本の青い部分は長時間放射線を浴びて結晶構造に乱れができ、青く見えるとのことです。
 右側の標本の、食べることもできるが標本は失われるっていう説明に何とも言えん味わいが。

201704230006
 普通角閃石です。
 あれ、植物の化石か?と思ったんですが違います。
 シダ植物の化石みたいに見えた。

201704230007 2017032704横田真希展@Maruzen Button Galleryのお知らせ。
 ぶどう石です。(左写真)
 ぶどうの実のような形の石。
 先日の横田真希展での作品に用いられていた石(右写真)を思い出したんだけど、その石(グレープアゲード)とは異なる。

「金属になる鉱物」

201704230008
 自然銅

201704230009 201704230010
 胆ばん(左) 藍銅鉱(右)
 銅の色と言えば10円玉の色とか思い浮かべるのですが、普通では化合物で産出されるのでこんなきれいな緑や青の鉱物が見られます。

201704230011
 菱ニッケル鉱。
 緑色の蛍光ペンのようなラインの部分が菱ニッケル鉱。
 石にこんな色のラインがあったら上から誰かが塗ったんじゃないかと思ってしまう。

「宝石になる鉱物」

201704230012
 ラズライト(ラピスラズリ)
 ラピスラズリと言えば天然ウルトラマリンの原料。
 フェルメールブルーですね。
 宝石になる鉱物という項目を見た時からあるかなと思って見てました。
 あってよかった。

201704230013 201704230014
 コランダム(左) スピネル(右)
 コランダムってなんだと思ったらルビーやサファイヤのことなんですね。
 赤いコランダムをルビー、それ以外をサファイヤと言うらしいです。
 これだけでも何か勉強になったなぁと。
 そんでそのルビーに間違えられそうなのがスピネル。

201704230015
 石墨

201704230016 201704230017
 ダイヤモンド
 同じ炭素なのにこんなに違うのは面白いよね。

「鉱物の形」

201704230018
 オーケン石
 なんだこのカビみたいなのは。でもこれも結晶らしい。
 触ってみたいな。

201704230019
 針鉄鉱
 この黒い針状の結晶、白い透明な水晶の中でとても目立って見栄えする。

201704230020 201704230021

 石膏(砂漠のバラ)(左) 石膏(右)
 石膏ときいてイメージするのが骨折したときにお世話になるギプス。
 砂漠のバラも形状が面白いけど、右側の透明の結晶が石膏だって言われてもという感じがする。
 そういう意外性も楽しいもんです。
 ちなみにギプスなどに使われるものは「焼石膏」と言い、鉱物の石膏を熱して水分を飛ばしたものだそうな。

 結晶も様々な形があって面白い。同じ物質でも結晶構造が違うと外見が全く異なってしまう。

 ここに展示されている標本で約170点、流して見るだけでも鉱物って色々な種類があって、いろいろな形があって色があって面白いものだなと感じます。
 これだけあったらお気に入りの石が見つかるはず。
 さわれないのが残念だけど。
 ここに紹介した以外のものもたくさんあります。是非展示会へ。 

金澤芳廣化石コレクション
 金澤芳廣氏が四国を中心に収集された化石標本約600点の一部が今回展示されています。
 和泉層群と呼ばれる中生代白亜紀後期の地層からの化石が多い。

201704230022 201704230023
 最も目を惹くのがアンモナイトですね。
 昔から代表的な化石として名が挙がってますし、猫好きな人なら猫が丸まって寝ている姿をアンモナイトの形状になぞらえて「アンモニャイト」や「ニャンモナイト」というのは知ってるかと。

201704230024 201704230025
 このアンモナイトは変ですね。
 異常巻きアンモナイトと言うそうですが、これが一般的なら「アンモニャイト」や「ニャンモナイト」と言う呼び方は生まれなかったでしょうね。

201704230026 201704230027
 この標本の見せ方はかっこいいですね。
 化石の周りはノジュールと呼ばれる硬い石の塊でそこから化石だけを取り出します。

201704230028

201704230029 201704230030
 エビ、カニ、ウニ。
 いいですね。海産物の宝箱やー、って感じです。
 エビなんて伊勢海老じゃないですかね。
 カニの形がしっかり残ってるところは素晴らしい。
 基本的な形はこの時代から変わってないんですね。

 他にも植物の化石や魚類、そして恐竜の化石もそろってます。

 過去にこの地球に生きていた生物たちの痕跡が悠久の時を経てこのように姿を現す。
 化石として見つかった生物たちはその時代やその生物種の代表になってしまうんだよな。

 47都道府県の石
 都道府県の鳥や花はあるのになぜ石がないの?ということで、日本地質学会が各都道府県の岩石、鉱石、化石を選定したそうです。
 その中で展示できるものは展示、できないものは写真などで紹介という形で展示しています。
 また、日本の石としてひすいが選ばれています。(日本鉱物化学会が選定)

 私は兵庫県在住なので、とりあえず兵庫県の石を見よう。

201704230031
 丹波竜は順当なところ。これを選ばずして何を選ぶのかというくらい。
 アルカリ玄武岩と言えば玄武洞、玄さんのいるところですね。
 玄武岩の玄さん知ってますか?知らない人は検索してください。
 黄銅鉱、明延鉱山今も採ってんかね、って1987年に閉山でしたか。

 後、目を惹いた石を紹介。

201704230032
 カオリンです。
 愛知県の石、ごめん、名前だけで選びました。
 でも、この石があったから瀬戸物があるんですよね。

201704230033 201704230034
 三重県の石(左) 長野県の石(右)
 三重県の石で目を惹いたのが「ミエゾウ」の化石。
 ミエゾウと言う象がいたってこと自体が初耳だったんで。
 ナウマンゾウとかに比べるとマイナーじゃないですか。
 三重総合博物館に全身復元骨格があるそうです。

201704230035
 ひすい
 日本の国石として選ばれたそうです。
 このひすいに関する講演会が5月14日にあります。興味がある方は聴講されてはいかがでしょうか。
 第34回地球科学講演会「国石になった翡翠について」

 詳しくは「県の石」「ひすい」を我が国の「国石」として選定も参照ください。

 自分の出身の都道府県の石を眺めても普通の人はピンとこないとは思いますが、この展示を見て自分たちのいるところの地下に眠っている石のことを思いめぐらせてもいいかなと思います。


 この特別展を観覧し、鉱物、化石を通して、自分たちの住んでいる地球の営みに触れることができたのはとても有意義なことでした。
 博物館なんて、と思っている人でも一度訪れてみるのもいいかも知れません。


 この後、特別展記念講演会「鉱物の特徴と環境」を聴講しました。


(追記 2017.5.20)
 特別展「石は地球のワンダー 〜鉱物と化石に魅せられた2人のコレクション〜」をブログで紹介いただいています vol.2(2017.5.19)にてこの記事をリンクしていただいております。

ブログネタ
ボーカロイド に参加中!
2017041902マジカルミライ2016Blu-rayを視聴。1
 今日4月19日、マジカルミライ2016Blu-rayをやっと見ることができました。
 (購入は3月23日封を開けたのは4月15日。)

 1からのカウントアップ、39になって始まる初音ミク「39みゅーじっく!」(みきとP)
 カウントが10を過ぎた時に、39か!と気づいて盛り上がっていく様が心地よい。
 ”もう一度名前呼んで”「初音ミク!」のところでみんなで「初音ミク!」ってコール掛けたかった。
 でもいつも家で聴いていてその後の「おう!」ってところで声が出てしまうのはナイショ。
 それはミクさんのコールだ。

 続いての初音ミク「ゴーストルール」(DECO*27)。実はライブBlu-rayで初めて聴いた。
 その時はあまり印象に残らなかったが、翌日くらいに曲が頭をぐるぐる回ってた。
 こういう形で心に残る曲っていいねぇ。PVの絵がとっつかなくて聴いてなかったんだ、この曲。
 その次の初音ミク「ヒビカセ」(GigaReol)も有名曲だけど、私はライブBlu-rayで初めて聴いた。
 前奏で惹きこまれた。こういうの好きなんだな、おれは。
 このタイトルも絶妙だと思う。

 初音ミク「すろぉもぉしょん」(ピノキオピー)
 名前はよく聞くけど聴いたことなかった。こんな曲を作らせたら天下一品だなこの人は。
 モジュールは「はいふぃいばぁ」。さっきの初音ミク「Strangers」(Heavenz)の「サイレントボイス」とは打って変わってかわいい服。
 続いての初音ミク「独りんぼエンヴィー」(koyori(電ポルP))
 これ、ゾクゾク来る曲だ。この曲調いいなあ。癖になりそう。

 初音ミク「タイムマシン」(1640mP)の冒頭のキーボードのピアノ音がとても心に響く。
 確かに涙ぐみそうになるよな、この冒頭部は。

 そして、巡音ルカさんが登場。
 巡音ルカ「Hello, Worker」(KEI)のオリジナルのクールさと、続く巡音ルカ「どりーみんチュチュ」(emon)のかわいさとのギャップがいい。
 このモジュール(フレッシュスター)は反則だな。
 カッコいいルカさんもかわいいルカさんも好きです。

 初音ミク、巡音ルカ「愛Dee」(Mitchie M)
 ルカさんの英語ラップがめっちゃカッコええ。
 ミクさんがルカさんに「ルカー!」って呼びかけてるところ、めっちゃ好き。
 何度聴いても”Hey lonely boy”が「ペロリボーイ」って聞こえる。

 続いて「レクイエム」に身を包んだKAITO君が登場。
 KAITO「ドクター=ファンクビート」(nyanyannya)
 めっちゃ早口。これは人間だったら大変やわ。
 曲とは関係ないけど、後のボーナストラックのインタビューで出てきたnyanyannyaさんの格好がすごかった。KAITO君よりあなたがまさにドクター=ファンクビートじゃないかと。
 後でPV見たらこれがドクター=ファンクビートのコスチュームなんだね。本当にドクター=ファンクビートだった。

 KAITO君には悪いけど出てきた時からもう次の曲に気持ちは飛んで行ってた。
 もちろん、MEIKO「Nostalogic(MEIKO-SAN mix)」(yuukiss)に。
 MEIKOさんが登場してからずっと食い入るように画面見てた。
 赤いペンライト振ってM・E・I・K・Oって叫んでたぞ、心の中で。
 ステージのブルークリスタルのMEIKOさんが輝いて見えた。

 PVで階段を上るところは新しいダンスにして、時間も少し短くなってたけど、ダンスは基本的にPVと同じ。
 PVでは背景があったり撮影の方向がいろいろあったりで惹きこまれたのだが、ライブはバックが真っ黒でそういう要素が全くないにもかかわらずステージ上のMEIKOさんもめっちゃいい。
 涙出てきた。
 これは生で感じたかったな。多分Blu-rayの方があちこちよく見えるとは思うけど。
 赤いペンライト振ってM・E・I・K・Oってコール掛けたいよ。
 やっぱりMEIKOさんはいいなぁ。
 巻き戻して少なくとも3回見た。これは一度きりのライブとは違ういいところ。
 ねんどろいどMEIKOさんと写真も撮ってたからそれを含めると何回再生させたかわからん。

 初音ミク「どうぶつ占い」(すこっぷ)のボーイッシュなミクさん、初音ミク「Calc.」(ジミーサムP)の白いギター(と言ってもTVジョッキーじゃない(古))を持っての出演と続き、初音ミク「ウミユリ海底譚」(n-buna)で前奏から心つかまれた。ライブBlu-rayで初めて聴いたけど癖になるこれ。
 この曲でようやくNostalogic (MEIKO-SAN mix)の余韻から解放された感がある。

 ここで鏡音リン・レンが登場。
 鏡音レン「テレカクシ思春期」(HoneyWorks)のホワイトエッジもカッコよかったし、その後の鏡音リン「スイートマジック」(junky)のマジックシェフってのがこれはもう反則だなあと言うくらいかわいらしかった。ふらっと行きそうだった。なんだよ、パッパッパラッパッパッパラッパって!!
 そして、鏡音リン・鏡音レン「リモコン」(じーざす(ワンダフル☆オポチュニティ!))
 ああ、これがツイッターで伝え聞く「リモコンのお兄さん」(初音ミク×鼓童)のリモコンかーと。おもろい曲だな、これ。

 バンド紹介を挟んで、初音ミク「Baby Maniacs -Eight Mix-」(八王子P)初音ミク「ラズベリー*モンスター」(HoneyWorks)と続く。
 Baby Maniacsはツインテールがリボンのようなブリリアント・バタフライ、ラズベリー*モンスターはラズベリーイズムと特徴的なモジュール。

 そして、初音ミク「39」(sasakure.UK × DECO*27)で、ああ知ってる曲だと。
 おれはボカロ曲をほんま知らないよなと。
 これが上のディスプレイにミクさんのイラストが次々に出て、最後に3:39って再生秒数とか上に出しちゃう演出。
 ライブ会場で「39!」って叫びたい。

 年少組3人の初音ミク 鏡音リン 鏡音レン「shake it!」(emon)は年少組らしく元気の出る曲、ダンスで楽しませてくれる。レン君が動きあるよな。

 そして、ミクさんが「最後の曲です」って言って歌い始めたのが初音ミク「ray」(BUMP OF CHICKEN)。ここにはBUMP OF CHICKENはいないのでミクさんのソロ。
 え?もうこの曲で終わり?ってマジ思った。
 ここで半分くらいかなとか思ってた。

 まあ、ここで本当に終わりじゃなくて、もちろんアンコールがある。

 マジカルミライを象徴するキューブから現れた仮装大会かっていう感じのモジュール「DE:MONSTAR」で歌うのは初音ミク「Satisfaction」(livetune)、引き続いては二人並んでベース持って歌う鏡音リン 初音ミク「なりすましゲンガー」(KulfiQ)

 そしてアンコールの最後の曲はマジカルミライを象徴するような曲、初音ミク「Hand in Hand」(livetune)
 人々の手をつないでいる写真が次々に上のディスプレイに映る。
 これは締めにふさわしい曲だと改めて思った。

 最後の最後、エンドロールの初音ミク「Tears River」(みきとP)が流れる。
 この人たちがいてこそマジカルミライ2016が開催できたんだなとしみじみ。
 そして最後の最後の最後、メインビジュアル担当のLENA[A-7]のイラストは涙した。

 知ってる曲は26曲中6曲で知らない曲がほとんどだったんだけど、どれだけあるかわからないくらいある曲の中から選ばれて、それをブラッシュアップしているだけあってどの曲も聴き応えある。
 そしてバーチャルシンガーたちの存在感がすごい。
 まさにミクさん、リンちゃん、レン君、ルカさん、MEIKOさん、KAITO君がここに存在していると感じた。

2017041903マジカルミライ2016Blu-rayを視聴。2 2017041904マジカルミライ2016Blu-rayを視聴。3 2017041905マジカルミライ2016Blu-rayを視聴。4

ブログネタ
ボーカロイド に参加中!
2017041503ねえ、いつ見るの?1
 3月27日に購入したマジカルミライ2016Blu-ray限定版、なかなか機会がなくて見ることができません。

2017041504ねえ、いつ見るの?2
 実は封も開けてませんでした。
 と言うことで、ようやく封を開けました。

 でも今日も見れません。

ブログネタ
ボーカロイド に参加中!
2017041306初音ミク10周年サイトメインビジュアル公開。1
 今年2017年は初音ミク10周年。その特別サイトにメインビジュアルが公開されました。
 やっぱりここはKEIさんやわなぁ。
 ミクさんの一番最初のキャラクターデザインがKEIさんだもんね。

 うちのミクさんもちょっとこのスタイルをマネして。
 背中のリボンは用意できなかったよ・・・。

2017041307初音ミク10周年サイトメインビジュアル公開。2
 あたしもするヨー。

2017041308初音ミク10周年サイトメインビジュアル公開。3
 いやーめでたいねぇ。
 そうですねぇ。

2017041309初音ミク10周年サイトメインビジュアル公開。4
 今年も楽しませてもらいます。

ブログネタ
ボーカロイド に参加中!
2017040901ハジメテノオト記念日。1
 その曲はまさに私にとって「ハジメテノオト」。

2017040902ハジメテノオト記念日。2
 2016年4月9日、NHKの番組で聴いた曲が自分の価値観を変えた。

2017040903ハジメテノオト記念日。3
 昨年、この曲を聴く前に今の自分が想像できただろうか。

2017040904ハジメテノオト記念日。4
 自分でもまだ不可思議。

2017040905ハジメテノオト記念日。5
 maloさん、「ハジメテノオト」を生み出してくれてありがとう。

「ハジメテノオト」
 作詞、作曲:malo 歌:初音ミク


ブログネタ
ボーカロイド に参加中!
2017040805「マジカルミライ」5周年メモリアルチケット当選。1
 当たってる・・・・ マジか!・・・ルミライ2017。

 先日4月3日にエントリーした「マジカルミライ」5周年メモリアルチケット
 今日4月8日に結果がメールで届くとのことでしたが、ご覧の通り当選いたしました。

2017040806「マジカルミライ」5周年メモリアルチケット当選。2
 ホントに当たってるんでしょうね・・・・

 大丈夫ですよ・・・。

 手に入るのはまだまだ先です。

ブログネタ
ボーカロイド に参加中!
2017040304「マジカルミライ」5周年メモリアルチケット抽選エントリー。1
 ポチっとな。

 マジカルミライ2017は今年2017年9月1日から9月3日まで幕張メッセで開催されます。
 多分参加することになるんじゃないかと言っていた(■マジカルミライ2017。(2017.3.17))のですが、本日4月3日、そのための行動を開始しました。

 今年は初音ミク10周年、そしてマジカルミライが5周年と言うこともあり、メモリアルチケットが販売されます。
 ただし、抽選にエントリーして当選しなければ購入できません。
 もちろん、この後にもチケット自体の販売はあるのですが、「マジカルミライ」5周年を記念したメモリアルピクチャーチケットはこの機会にしか手に入りません。

 初音ミク10周年だし、マジカルミライも5周年だし、どうせ行くならここはいっちょ景気づけに、と抽選にエントリーしてみました。

 当たるといいなぁ。

2017040305「マジカルミライ」5周年メモリアルチケット抽選エントリー。2
 私も押してみよっと。

2017040306「マジカルミライ」5周年メモリアルチケット抽選エントリー。3
 私たちも押したかったなぁ・・・

 注)エントリーしたのは1枚だけです。

 結果はこちら
(2017.4.26追記)

ブログネタ
ねんどろいど に参加中!
2017032708SACLAミク・・・ダヨー。
 深夜のねんどろ撮影60分一本勝負 3/27の題は【さくら】。
 と言うわけでSACLAです。
 SACLA:SPring-8 Angstrom Compact Free Electron Laser、X線自由電子レーザー施設。

 今年も第25回SPring-8/SACLA施設公開が2017年4月30日(日)に開催されます。

ブログネタ
ボーカロイド に参加中!
2017032304マジカルミライ2016Blu-ray限定盤。
 ヨドバシカメラで見つけたので購入。

 購入してから、自分の部屋にはBlu-rayドライブ搭載のPCもないし、Blu-rayデッキもないし、テレビすらないことに気が付いた。

ブログネタ
ボーカロイド に参加中!
2017031702マジカルミライ2017。
 マジカルミライ2017の本サイトがオープン。メインビジュアル公開。

 私がボーカロイドに関心を抱くようになってから2回目のマジカルミライが9月に開催される。
 昨年のマジカルミライ2016の時はライブに参加するのはどうもなぁと思っていたんだけど、楽しんできた人たちの言葉を聞いていると行った方がよかったんじゃないかなぁと。

 そんで今年はまだ動いてないけど、多分行くことになるんじゃないかなと。
 今年は初音ミク10周年だし、マジカルミライも5周年のメモリーイヤーだからね。

 マジカルミライ2017のメインビジュアルはiXimaさん。
 初音ミクV3、V4Xのビジュアルも担当しているiXimaさんはメモリーイヤーに適任だと思う。
 原点回帰でKEIさんもいいんじゃないかなとか思ったけどね。

 マイクが魔法少女が持ってそうなスティックかなんかに見える。
 「マジカルミライ」だからそんな感じ。

このページのトップヘ